◤福寿千歳 長者盛 - 純米吟醸 黒ラベル 生酒 28BY ── dಠಠb「心底ガッカリ」 




検索ワード:



choujazakari_black28by3.jpg 実は「新潟地酒」に対する印象というのは、かの「八海山 特別本醸造」も含め、別に悪くはない──「謙信」「山間」「鶴齢」「村祐」「至」「ゆきつばき」。そればかりか、普段なら絶対買わないような新潟酒を通販の機会に同梱で嬉々として取り寄せるほどだ。特に「ゆきつばき 純米大吟醸 しぼりたて 生原酒 28BY」なんかは、この不毛な7月に飲んでいたなら、思わず☆4.5を付けていたかもしれない。

 というわけDE、今回も「恵信」&「鶴齢」ついでに「何かもう1本!」と、普段は絶対に買わないような酒を選んでみた。店主によるブログ発信が積極的かつ熱量多めなので、ネット上の在庫もSOLD OUTのモノが多く、おそらく地元でも人気の酒屋なんだと思う。新潟銘醸は「長者盛」の他に「越の寒中梅」という酒も造っていて、たぶんデパートなんかでは何度も見かけてるはず──たしかイケセイにもあったような。


 この「福寿千歳 (ふくじゅせんざい) 」は地元新潟県内の約50店舗ほどの酒屋で組織する「福寿長者盛会」が限定販売している特別ブランドのようだ。新潟県が「山田錦」と「五百万石」を掛け合わせて15年の歳月をかけて開発した酒米「越淡麗」を55%まで磨いた──おそらく加水してALC.15度に調整した──純米吟醸、生酒です。

「謙信」や「鶴齢」や「山間」にしても「越淡麗」の酒はその蔵の野心作としての表情を垣間見せることもしばしばなので、それなりには期待しておきます。




choujazakari_black28by1.jpg

choujazakari_black28by2.jpg
 bottle size:720ml





【408】福寿千歳 長者盛 ふくじゅせんざい ちょうじゃざかり- 純米吟醸 黒ラベル 生酒 28BY <新潟>

新潟銘醸株式会社:http://www.niigata-meijo.com


Moukan's tag:



※それは金曜夜の出来事──。


choujazakari_black28by4.jpg 立ち香──トゥワンっ♪ 明利系の唾香キタぁ──! つうか、ちゃんと書いとけよな。たしか使用酵母は「非公開」なのかな。今さら調べる気にもならん──調べたところでこの香りが変わるわけではない。これは「牛乳@お花畑」警報🚨鳴りまくりです

 (捨てる) 覚悟を決める──。

 うん、クワナリどうでもいいけど、吐き出すまではいかないけど、本当にどうでもいい酒ですね。たとえば日本酒を2年も3年も真面目に飲んで来て、未だにこんな酒を美味しく (心躍らせて) 飲めるとしたら、ある意味、それ才能だわ──「何かを愛しつづけるという才能」←結婚向きです。(おそらく) 加水してるだけあって、さすがにドッカン指数は低めだけど、どうなのこれ、酒屋の有志団体がわざわざ蔵元に造らせるって (笑) 。なんか今からmoukan1973♀が帰ってくるみたいだけど、これは彼女には絶対に無理!

 しかしまあ、わざわざ「越淡麗」を使ってこういう酒を造る (造らせる) 意味が全く理解できん。大義名分としては「山田錦には負けないぜ〜」と言いながら「山田錦の背中」を追うという田舎者の屈折。違うんだよ。「山田錦」に出せない味と香りを目指すんだよ。あああもう、どうして田舎者はこうも卑屈なんだ。いいか、よく聞いておけ。コンプレックスやルサンチマンというのはな、誰かに認められることではなく、自分自身で自分自身を認めることでしか超克できないんだよ! もっと自信を持て。そして、オレたちエンドユーザーを甘く見るな。むしろ先鋭的な我々のようなユーザーは常に驚きを待ってるんだよ。「越淡麗だけど、山田錦に負けてねえだろ?」──こういうカウンター、マジで要らねえから

choujazakari_black28by5.jpg なんかねえ、もう腹立たしいくらいクソつまらん酒。逆にソツなく「こんなもんでいいかい?」みたいな、その決して低すぎないクオリティに心底ゲンナリするという。なんなの? 褒められたいの? 認められたいの? つうか、自分のやりたいことも自分にしかできないこともロクにしてないくせに、ただそこそこな物を造ってそこそこ認められて何が嬉しいの? バカじゃねえの、マジで。自分で自分に感動してみろよ、死ぬまでに一度や二度。そんなに他人の評価が必要か? 下らねえな、そんな臆病。人にスゴいと思われたいと思った瞬間から自身の中に眠る凡人気質はますます膨張するんだよ──これは宇宙の真理です

 もはや精神的には☆1ですね。まさに思考停止の、ある意味で泣ける酒。同郷の「謙信」だって「越淡麗」で攻めてる酒を造ってるじゃねえか。「山田錦」モドキな薄っぺらい華やか吟醸を造ってドヤ顔してんじゃねえよ。あああもう、こういうところがホント田舎者根性丸出しでイヤなんだよ。実はオレたち東京人は憧れてるんだぜ? 日本中どこに行っても呑める東京の地酒なんて存在し得ねえもの。

「山田錦」の背中──脳内で膨張した根拠のない「美酒の偶像」──を追うのは、もうヤメレ。これも「全国新酒鑑評会・金賞」という餌が撒き散らした副作用だな。また好きなんだよな、田舎者は──「勲章」という餌が。元々は「技術の向上」が目的だったのに、今じゃ「金賞を取ることが目的化」してるという皮肉。

 こんな酒を飲むくらいなら派手に何かに失敗してる野心的な酒を飲んだ方が、まだ「何がどう失敗してるのか」を探る酒探偵気分を味わえる分、飲んでて実り多いわ。☆3です。





 1973チャレンジ!!!
choujazakari_black28by6.jpg



 オレの感想や下書きは伏せた状態で飲ませてます──。

 ♡☺♡「あたしの鼻がおかしいのか、お花畑を感じるんだけど・・・。えええ〜、率直に言うと、牛乳@お花畑を感じたんだけど・・・悲しい・・・」──「あああ、粉っぽいのが残る。そして、一言、速醸はもういいや。上喜元をまた飲みたい! 含んだ瞬間にウワっと匂いがヤバイ。もうこういう酒はマジでいらない。結構この手の酒はさんざ飲んだよね。牛乳@お花畑の典型。粉っぽい

 徐々に味が開いて、跳ね返りも強くなって来た。野暮っと華やかに香って加水なりの削げた軽さでゴクリとやったら酒感豊かなイヤな余韻がボワ〜んという、まさに典型的な田舎吟醸ライクな味曲線と液性。「とりあえずこのくらいの酒を造っとけば大丈夫」みたいな保守志向にヘドが出る。残りの3合は「肉茹での臭み消し」に使います。





 このままではオワレナイ!!!
choujazakari_black28by7.jpg


◤Sierra Nevada / シエラネバダ ペールエール (ALC.5.6%) <USA>


choujazakari_black28by8.jpg 香りは柑橘系だけど、爽やかでそこまでのエッジ感はない。含むと派手なラベルとは異なり、柔らかなアタックで泡もクリーミイで、酸味と苦味は控えめで、むしろちょい蜜のような甘みもある。

 個人的にはもう少しパキっとした柑橘系の酸味があってもいいけど、泡も柔らかいし、〆にまったり飲むにはちょうどいいわ。さすがは540円 (笑) 。「伊勢角屋ペールエール」の方が香りもフルーティネスも骨格も凛としているけど、これはこれで気に入りました。少なくとも「伊勢角屋ペールエール」以外でちょいちょい買ってるクラフト・ビールの中では一番旨いかな。もちろん「ブリュードッグ PUNK IPA」なんかより綾瀬はるかに繊細な造りです──高いけど。これのIPAもマチダヤにあったので、さっそく次に行ったら買ってみよう。

 クソな日本酒の後に飲む旨いクラフトビールによる癒され感、ハンパねえっす。


moukan1972♂






日本酒 長者盛

Comment

Add your comment