【日本酒コラム】なぜ去年旨かった酒は今年それほどでもないことが多いのか。 


※「本日の転入生」用の前説の下書きが少し長くなったので、コラムとして単独UPします。


疑問画像1
 photo: GATAG フリー画像・写真素材集 4.0




 毎度アクセスありがとうございます。


 最近わかった (感じてる) ことがあって、つまりはこういうこと。

 なぜこうも去年より出来の悪い酒ばかりなんだ!?

 これ、論理的に突き詰めていくと案外単純なことで、

 

 ① 旨い酒ができます。
  →来年も買います。

 ② 旨くない酒ができます。
  →来年は買いません。

 ※旨い酒は滅多にできません。



 頭のイイ人ならこれでピカーンと来ると思うけど、そもそもの大前提「旨い酒は滅多にできません」──これが最大のネック。つまり、去年旨かった酒が今年も同じように旨いということは「滅多に起きない事象」であるというわけだ。だから、去年旨いと思った酒と同じモノを今年も飲んで「去年よりも旨い!」と思えることは非常に難しい。

 なぜなら!──※旨い酒は滅多にできません。

 そして「美酒との遭遇」をさらに困難にする悪魔の条件こそが、②の「旨くない酒ができます。→来年は買いません。」ということにあるわけだ。つまり、逆の現象があることを我々は忘れがちなんだな。

 去年出来の悪かった酒が今年は旨く仕上がってる可能性を見落としている!

 でもこれ、仕方なくね? オレほどの勇者でも、去年「マズイ」と感じた同じ酒を今年も買おうとは思わないもの。必然、同じ酒を買うなら「去年旨いと思った酒」を買うわけだろ? しかしこれが厄介。なにせ「※旨い酒は滅多にできません。」──これが宇宙の法則なんだから。

 結論!


 ⓐ 去年旨かった酒はクワナリの確率で今年はそれ以下になる。
 ⓑ 去年不味かった酒はそれなりの確率で今年はそれ以上になる。




 もちろん、1年の間に嗜好の変化や舌が肥えるということはあるでしょう。ただし、それだけじゃ説明できないこともあり、それらをキレイに説明する定理として、まずは「※旨い酒は滅多にできません。」ということを頭に入れておくと、案外スッキリする──少なくともオレは今、非常にスッキリした。

 たとえば!

 昨今、日本酒に関しては、以下のような言説がありとあらゆる場所で溢れかえっている。

 日本酒は今、歴史上、最も旨い時代に突入している──。

 ある意味で、これは正しい。だが、それはあくまでも「全体」の話であって、旨い酒に遭遇する確率が上がり、それを実感する機会が増えただけで、その酒が来年も同じように旨いことを保証するものではない。実際、2014年の7月頃から、我々夫婦もそれなりには旨い酒にありつけたとは思ってる。だがしかし、その陰で、そうでもない酒もたくさんあった。それでもその旨い酒は──1年生なのだから必然──、去年との比較はできないわけだ。

 たとえば去年との比較ができない1年生状態で200本の酒を飲む。そのうち、70本が「十分に満足できるほど旨かった」としよう。残りの130本は「そこまで満足はできなかった」が、相対的な比較は無理なので、どういう風に不出来なのかは窺い知れない。

 そして翌年、去年大いに満足した70本を再飲する。するとどうだ。あの宇宙の法則が情け容赦なく襲い掛かってくる。

 ※旨い酒は滅多にできません。
 ※旨い酒は滅多にできません。
 ※旨い酒は滅多にできません。

 さあ、困った。この70本の中に、一体どれだけ去年の出来を上回る酒があるのだろう。実際、オレに限って言えば〝ほぼZERO〟になるんじゃないだろうか。

 ところが!

 はいそこ、正解。去年飲んで別に感動できなかった130本、それらの方が去年の出来を上回る酒が多いことは必然。そして、それが去年の70本レベルに並ぶことだって十分にあり得る。

 当然、ここには「米の出来」や「蔵の環境変化」という要素も複雑に折り重なるが、常に「※旨い酒は滅多にできません。」という宇宙の法則に立脚して物事を考えれば、だいたいの説明は付く。実際、去年出来の悪かった「長陽福娘 雄町」は今年の方が旨い。

 モウカンよ、今さらそんなことに気づいたのか?

 悪かったな、気づくの遅くて (笑) 。オレはな、こう見えても、もともと物事を理解するのが遅いんだよ、昔から。ただし、一度わかれば、どんなジャンルでも人前で講演できるレベルにまで理解が深まります。

 さて、この理論をどう名付けよう。そうだな・・・。

『美酒は幻』理論──。

 ひとまずは仮でこう名付けておこうか。


moukan1972♂






Comment

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.27 Wed 21:35
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To ぽんちゅうさん



毎度です。


──『仙禽』はワインに憧れていますよね、日本酒を愛してほしい。『冩樂』は120点獲ってやろう、という野心が無いですよね。

「仙禽」の薄井氏は元ソムリエ学校の講師ですからね (笑) 。まあ、カブれてる部分がないとは言わないですが、僕はそれでも「新政」や「澤屋まつもと」なんかよりは買ってるんですよ。「日本酒らしさ」という観点から素直に評価できるかは微妙ですが、そもそも「らしさ」なんてものは歴史的時間経過の結果としての集積に過ぎないわけで、長い目で見れば不変であることの方が難しいくらいです。

「冩樂」はそれこそ〝遅れてきたトラッド派〟という感じじゃないですかね。僕が旨いと思う冩樂は少ないですが、27BYの「なごしざけ」や28BYの「純米 初しぼり生 11月ロット」は良い酒でした。杜氏さんはこちらがたじろぐほどシャイなんですよね。本当はいろいろ訊きたいんですが、まるでこちらが尋問してるみたいな感じになっちゃうんですよ (笑) 。


──『松の司』は、自分が買うのは「あらばしり」と「生もと(生or火入)」あたりです。吟醸クラスの火入れは味が乗ってないと後悔するレベル。

「あらばしり」は他の読者さんも飲んで旨いと言ってました。参考にします。ありがとうございます。


──『開運』なら永福駅からちょっと行ったところのコンビニがオススメです。

行ったことないですが、その店は知ってます (笑) 。通販したこともあります。


──僕は速醸でもいいんです。でも、過度にG/A麹、低脂麹などに頼った造りがどうなんだろう、と。

僕は最近徐々に高グルコアミラーゼ系の造りの酒が苦手になりつつあって、もちろん、それに縛られない酒もありますが、どれも似たような酒ばかりで、味や香りに意識が向かいにくい「山廃」や「生酛」の方が飲んでて疲れないんです。それこそリアルな果実感 (フルーティネス) を得たいならワインやシャンパーニュを飲みますよ。


──よくできた酒に対する物足りなさの根拠が自分でもわからないので、もどかしいです。

それは自身の意識を拡張してくれないからですよ。簡単に言うと「爪痕を残してくれない酒」です。多少不恰好でも、バランスが悪くても、魅せられる酒というのはあって、そういう酒は何某かの新しい知見へと飲み手を導いてくれるんです。

特にぽんちゅうさんなんかは僕よりも遥かに様々な酒をこれまでに飲んでると思いますが──経験を積むと簡単に感動できなくなることは事実ですが、そうなったらなったで、これまでの知識の整理方法に関する新しいヒントを与えてくれる酒というのもあります。その酒が直接どうのというより、その酒を通じて他のあれやこれの意味が整理される体験です。最近だと、同じ酒の熟成状態違いを飲むことで僕はそうした経験を得てます。


──『三連星』に山廃が出たら100%買いです、僕は。『美冨久』は山廃で既にハイレベルなので、そのうち出てくると思います。

いつも使ってる酒屋で扱いがあるので、今度買ってみます。「三連星」は飲んだことありますが、僕には少しボヤけた味に感じましたね。たしか26BYの「純米大吟醸 山田錦50生」でした。「美冨久」の山廃は未飲です。

2017.09.23 Sat 02:56
Edit | Reply |  

Name - ぽんちゅう  

Title - To moukan1972♂さん 連投失礼いたします。

ご丁寧なお返事ありがとうございます。

『仙禽』はワインに憧れていますよね、日本酒を愛してほしい。
『冩樂』は120点獲ってやろう、という野心が無いですよね、無難なところ狙うから着地点も(←て、上から目線が酷過ぎる。でも、杜氏さんの「ものすごくイイ人」な人柄が現れてて、嫌じゃないですよ、僕は。

『松の司』は、自分が買うのは「あらばしり」と「生もと(生or火入)」あたりです。吟醸クラスの火入れは味が乗ってないと後悔するレベル。

『開運』なら永福駅からちょっと行ったところのコンビニがオススメです。結構いいのが売り切れにならずに置いてあったり(あぁ、東京に戻りたい~)。『國香』在庫もたぶん次期によっては日本一(笑。

>「生酛/山廃ルネサンス」の行方に期待
僕は速醸でもいいんです。でも、過度にG/A麹、低脂麹などに頼った造りがどうなんだろう、と。
といっても、もう自分自身がそれに慣れてしまったところもあって。想い出の『相模灘』山田荒走り19BYをタイムワープさせて『津島屋』の❤雄町28BY生と並べて飲んだら、あの時の感動があるかというと、際どいな、と。
よくできた酒に対する物足りなさの根拠が自分でもわからないので、もどかしいです。

『三連星』に山廃が出たら100%買いです、僕は。『美冨久』は山廃で既にハイレベルなので、そのうち出てくると思います。
今『ラヂオ正宗』の口が開いているのですが、弁別閾地より極僅かに高い老ねがあるけど、凄くいいです。なんだかとっても美味しいです。




2017.09.22 Fri 22:17
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To ぽんちゅうさん



ぽんちゅうさん


こちらこそ初めまして。moukan1972♂です。
楽しい独自の認識を披露して下さり、誠にありがとうございます。こうした言説こそが僕が日本酒マスコミ全体に求めるモノなんですね。


──時々「物凄く美味しい酒」に出逢います。
──沢山の失敗(でもないんですが、楽しんでいるので)をして


時々」と「でもないんですが、楽しんでいるので」というあたりにスゴ〜く親近感を覚えます (笑) 。僕は口汚いのと文章が他人より巧みに書けてしまうのとで誤解されがちですが、実は誰よりも楽しんでるんですよ、クソ酒を (笑) 。正確に言えば「興じる」というニュアンスですけどね。


──★小さく纏っている蔵からはmiraculousは発生しない。

確かに (笑) 。「不味くはない程度の酒」から「とんでもなく旨い酒」は生まれないですね。それでも「仙禽」や「冩樂」はもう少し打率を上げろよとは思いますが (笑) 。


──例えば、『くどき上手』大吟系は甘々フルーティ系では「ここまでいくとクドイだろ」というのは有っても好みの問題で、クオリティは非常に高くハズシが無い印象です。ただ、今のところどれも想定の範囲内です。ちょっと傾向の異なる命や澱絡みも含め。

他人の書いた文章で自分の頭の中が整理されることは滅多にないですが、これは「その通り」の認識ですね。ある意味で「くどき上手」は、いつでも「くどき上手」上手であるという (笑) 。かれこれ2年くらい飲んでませんが、僕らも25BYと26BYで5〜6本は空けましたかね。ま、当時は普通に楽しんで飲んでましたが、今は無理でしょうね (笑) 。


──『松の司』は飲み時のベスト!が難しくも、どれもハイレベルなのですが、時々凄い旨いのを出してきます。純吟火入れだったり生元酉生だったり、一貫しないのが面白いところですが。

「松の司」も飲んでみたいんですよね。なにかイイやつがあれば気軽にご紹介ください。


──何度飲んでもmiraculousレベルに美味い天竺の渡船生or愛山生のようなお酒もあれば、奇跡でもなんでもなく物凄く美味しい波瀬の首吊りのようなお酒もあります。

おっと「天竺」・・・。結局今年も買ってないですね。実は前々から気になってるんですよ。生は近所で見たことないんですよね。「開運」も結局・・・。今度の日曜にマチダヤ試飲会で平井社長と話す機会もありそうなので、詳しいリリース時期を訊いてきますよ。


──★miraculousはその年の米の出来に大きく左右される。

29BYも8月が雨ばっかでしたし、厳しいようですね。28BYは9月に雨ばかりでしたが。27BYも26BYよりも出来は悪いようで、これで3年連続でハズレYearになりそうですが、中には素晴らしい酒もあるので、なんとかお互い大当たり引きたいですね。

個人的に速醸の酒でアタリを引くのが徐々に困難になってますので、今は「生酛/山廃ルネサンス」の行方に期待という感じです。ここ数年はあちこちの蔵で初チャンレジが敢行されているので、向こう10年はそこそこ楽しめそうです。

また気軽にどうぞ〜。


moukan1972♂


2017.09.19 Tue 12:13
Edit | Reply |  

Name - ぽんちゅう  

Title - 「走り抜けて、風」と美酒

初めまして。
重度の日本酒マニアです。ぽんちゅうと申します。

すごい面白いです。洞察が鋭い!!
たしかに、色々な銘柄、種類を飲んでいると、時々「物凄く美味しい酒」に出逢います。
翌BYにそれを期待して飲むと、大概がっかりするのですが。

沢山の失敗(でもないんですが、楽しんでいるので)をして、傾向がわかってきました。

★明らかに年度やタンクでブレの大きい蔵とブレ幅の小さい蔵がある。
★高いレベルをキープする蔵でもmiraculousが出ない蔵がある。
★ブレ幅の大きい蔵は、主にアッパーミドル以上※にmiraculousが発生する。
★miraculousは山田錦の酒で、その発生率が極端に高くなる。
★小さく纏っている蔵からはmiraculousは発生しない。
★miraculousはその年の米の出来に大きく左右される。
・・・エトセトラ。
※山田55水準のスペック以上。

例えば、『くどき上手』大吟系は甘々フルーティ系では「ここまでいくとクドイだろ」というのは有っても好みの問題で、クオリティは非常に高くハズシが無い印象です。ただ、今のところどれも想定の範囲内です。ちょっと傾向の異なる命や澱絡みも含め。

『松の司』は飲み時のベスト!が難しくも、どれもハイレベルなのですが、時々凄い旨いのを出してきます。純吟火入れだったり生元酉生だったり、一貫しないのが面白いところですが。

かつての『不老泉』は結構ブレが大きくて、どう飲んでも変化のどの断面もすごい旨かった初年度の渡船などあれば、???な初年度の雄町もありました。横坂さんはわりときっちり纏めてきそうです。

何度飲んでもmiraculousレベルに美味い天竺の渡船生or愛山生のようなお酒もあれば、奇跡でもなんでもなく物凄く美味しい波瀬の首吊りのようなお酒もあります。

タイトルは、幼少期に読んだ児童書で、データ分析でくじ引きで自転車を当てに行くお話です。この話のように、お酒もハズすときは外すのですが。

長文・駄文、失礼しました。







2017.09.19 Tue 00:01
Edit | Reply |  

Add your comment