もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

「太陽目線法」を伝授します。
〜 日本酒の家呑みレポート&本日の1曲、時々メガネ警察〜

◤大治郎 - 純米 CUP 花見酒 ── ♡☺♡「チャーミングな酸とライトな旨口が心地良い生酒CUP」#Nigori 




 毎度マチダヤの地酒CUPです。数は少ないですが、中には生酒タイプのCUP酒もあります。大治郎は火入れ純米が通年で常備されていますが、こちらは春限定のうすにごり生酒です。本当はお燗用に火入れの方を買うつもりだったんですが、せっかくなので限定ヴァージョンを。はじめての銘柄ですが、ちょっとイレギュラーなチョイスになってしまいました。


daijiro_hanamicup1.jpg

daijiro_hanamicup2.jpg
 bottle size:180ml



【081】大治郎 -だいじろう- 純米 CUP 花見酒 うすにごり 生 27BY <滋賀>

畑酒造有限会社 (酒蔵日記) :http://blog.goo.ne.jp/20150304


Moukan's tag:




 使用米は滋賀の酒造好適米「吟吹雪」。玉栄と山田錦のDNAを受け継いだ吟醸造りに適したお米のようです。

 立ち香は微かにフローラル感のあるセメダイン系です。さほどツンケンしていないので、フルーティーさもチラリと顔を出します。わたし自身はセメダイン臭が少し苦手ですが、ちょっとしたバランスでフルーツになったり花になったり、面白いです。

daijiro_hanamicup3.jpg オリは気持ち程度です。新酒の直汲みなんかでは、特に謳っていなくても、この程度のオリは普通にあったりします。CUPなので、最初から攪拌します。

 あ、酸っぱい。まだ温度が冷たいので、かなりキリっとしてます。含んだときの香りは立ち香よりも穏やかです。カジュアルな食中酒としてイイ感じです。純米スペックですが、ほんのり吟醸マナーな風味が上品ですね。チャーミングな酸の中に軽やかな旨みが溶け込んでいます。

 熱伝導率の高い錫 (すず) チロリの特性を活かして、秘技アタシ燗で酒の温度を上げます。人肌は36℃前後ありますので、軽く20〜30秒ほどで15℃くらいになります。あ、柔らかい甘やかさが出てきました。ちょっと三千櫻を思わせる甘酸っぱさも感じますね。

 このCUP酒だけでは大治郎がどういうお酒かまでは分かりませんが、機会があれば他のスペックも飲んでみたいです。


moukan1973




大治郎

Comment

Add your comment