◤房島屋 - 純米吟醸 兎心 (ところ) White/ホワイト 無濾過生原酒 28BY ── dಠಠb「正直、篠峯のマネキンに房島屋の服を着せたいよ」#Shuwa-Shuwa/Nigori 




 前回の「純米 超辛口おりがらみ 無濾過生原酒 28BY」がさすがにゴリゴリ&ギシギシな喉越しでピキっとビシっと辛口過ぎたので──それでも今の我々には魅せられる要素がないわけじゃない銘柄だったので、今回はややキャッチーめな造りの「兎心 (ところ) シリーズ」の、通称「ホワイトラベル」を買ってみた、房島屋 (ぼうじまや) です。シャキっと7号酵母でレッツ・セメダイーン! (レッツ・コンバイーン!) 、苦味上等の五百万石100%の60磨き、なんとか上澄みをハントして、シュワっとフルーティーな輝きに満ちた「夏の酔える聖水」を届けてくれればそれでいい。

boujimaya_tokoro_white28by3.jpg 同じモノを外呑みした読者さんからは「ガスがないと、モウカン夫妻にはちょっと甘いかもです。甘いのを飲みたくなったときに開けてみてください」という素晴らしく気の利いたアドバイスを頂戴してますが (笑) 、この手のシュワニゴリ酒は日に日にシロップ化していくので、開けたての上澄みに関しては心配してません。

 数値は「日本酒度:±0.0、酸度:2.1」なので、どちらかと言うと「酸っぱい感じ」を想定してるんだけど、さてどうだろう。だいたいは味がしなくてテカっと苦いんだけど、☆4なら満点というライトな感覚で開栓します。ちなみに「白い兎心 (ホワイトラベル) 」はチャレンジ酒のような扱いで、今年は「久々の生酒」という感じみたいね。




boujimaya_tokoro_white28by1.jpg
 ▲三幸製菓の中でもオレが絶対に買わない『チーズアーモンド』の明らかなる亜種「チーズON」はメーカーのHPにも掲載されてないので、おそらく100円ローソン企画の商品かなんか。それでも見つけたら最後、買わざるを得ないのがセンヲタ (煎餅オタク) の悲しいサガ。やや地雷な煎餅Death。ちなみにブログで取り上げるようになる前から、こんな感じのペースで新商品やレアなスポット商品は日々買いまくってます。単に「知られざるオレの日常」が顕在化しただけ。いつもの事です。


boujimaya_tokoro_white28by4.jpg
 ▲軽く「うすにごり」くらいのオリの量です。


boujimaya_tokoro_white28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆

【402】房島屋 -ぼうじまや- 純米吟醸 兎心 (ところ) White/ホワイト 無濾過生原酒 28BY <岐阜>

所酒造 合資会社:http://www.ibi.or.jp/~bojimaya/


Moukan's tag:



 ※3本を同日中に開けてますが、記事は個別にUPします。初日はパパっと飲みます。
ag_clave_7_12.jpg
 


boujimaya_tokoro_white28by5.jpg
 ▲残念ながら我が家では「大変なこと」は起こらず。ただ、徐々にmoukan1973♀が虜になりつつあります、松居一代に・・・。



boujimaya_tokoro_white28by6.jpg 立ち香──おっと、さっそく来ました、セメダイン林檎。少しテロっとした甘みの先読みあり。この銘柄がそうなんだろうけど、香りの発散は穏やか。酸のエネルギーも特にオレを事前の歓喜へといざなうレベルではない。シュっと程よくフルーティー。そこまでシャキシャキでもないかな。でも全然OKですよ。もはや飲まなくても香りだけで味のほとんどが見渡せる──くらいにはわかりやすい。

 ♡☺♡「もはやセメ (セメダイン) の香りだけで安心する自分がいる

 栓がユルユル、これはなんとかしろ──上澄みハント可能。

 ♡☺♡「この手の酒にありがちなイヤな苦みがない。甘酸苦のバランスがいい。ちょっと甘いけど、甘すぎないのがいいわ。そりゃ、日本酒だし、ちょっとの甘さは必要だからー



boujimaya_tokoro_white28by8.jpg



 問題なく旨いし、ややスレンダーな凝縮感。ガスはあるけど、この手のジャンルとしては少なめ (普通の直汲みならタプーリめ) 。これはよく冷やして口開けを上澄みで飲むべき酒だろうね。先読み通り、そこそこ蜜のような甘さも伸びてくるけど、酸のテンションがいい感じ。ただし、モダン山廃のような力強いプレス感はない。それでも速醸としては頑張ってる方だとは思う。これで山廃ならそこそこの傑作になるんじゃないだろうか。前回の「超辛口」にもあった「房島屋」らしい通奏低音は探せる。ややゴリっとミネラリーで液の切面がギザギザしたニュアンス。この酒に関しては全体に甘めに振れてるので、そこまでマッチョでスパルタじゃないけど、特に苦みのルックは似てる──同じ銘柄だし当たり前か (笑) 。

 ♡☺♡「冷たい方がいい。上がってくると少し甘くなる。でも久々のクイクイ系です!

 徐々に慣れてくると思うのは、やっぱ少し酸が足りない、ということ。「酸」というより「凝縮感」だな。ここまで甘くするならもう少し上から旨みを潰しにかからないと、ジューシネスが完璧には形成されない。もしもこの甘さやキュートさを維持しつつ味をタイトにまとめたいなら、少なくとも「酸度:2.4〜2.6」は必要。それか酸度はそのままに「日本酒度:+2〜4」は欲しい。それでも十分に甘みは出ると思うけど──おそらくそういう種麹 (高グルコアミラーゼ系) を使ってるはずだし。

 ♡☺♡「は?
 dಠಠb「☆4かな。これなら花巴や酉与右衛門の方が上。でもこれはこれで別に旨い。なんというか、歴然とこっち (我々) 寄りの酒 (笑) 。
 ♡☺♡「同じ同じ!


boujimaya_tokoro_white28by7.jpg これは「山廃」でやるべき酒。やや足腰がフラつく。たぶん2日目以降にダラしなくなるタイプのシュワシュワ酒だ。ゴリゴリした水質でミネラルも感じるが、ストラクチャーに堅牢さがない。だから甘みが少し流れる (味覚からこぼれる) 。その意味では「篠峯 ろくまる 雄山錦うすにごり 26BY」のフレッシュ・コンディションこそがこの酒に対するパーフェクトな回答を与えてくれるとは言える。「而今 にごり 27BY」の上澄みなんかもシャキシュワなキラキラ酒としてはパーフェクトに近い。

 ♡☺♡「わかる。堅牢じゃないよね。あたしもわかってきた!? 言おうと思ってたのに!!
 dಠಠb「先に言わないと〝得点〟にはなりません


 でも問題なく美味しい。「旨さ」と「楽しさ」と「季節感」のバランスが「3:3:4」みたいな (笑) 。液性の輝き、エナメル質のテカり、ライトなシュワネス、全体にはドライな香りの設計──言っちゃえば、これだけで飲ませる酒。甘いのか酸っぱいのかフルーツなのかスイーツなのか、もう少し五味にメリハリがあると、酒としての魅力は増す。結局、足腰の弱さ、耐震性のないストラクチャー、これらの不備が味乗りを中途半端なモノにしていると思う──それぞれの味や香りがバシっと収まるためのそれぞれの個室が用意されてない。ちょっと微調整するだけですぐに☆4.5になる酒。来季に期待 (2日目には不安)





── 2日目。

boujimaya_tokoro_white28by11.jpg
 ▲そもそも「えびせん」なんだから「えび」が主役の新味は手抜き過ぎだろ。クラシック菓子なんだから、そこまで無理に新作を出す必要はない。頭悪い (アイディア欠乏症) と思われるよ。☆3です。



boujimaya_tokoro_white28by9.jpg 2日目は先に「九郎右衛門の生酛&山廃」を呑んでからここに来てます。ボチボチ満腹なので、一杯だけかな。

 濃いな (笑) 〜。予想に反して──この順番もあるとは思うけど──、結構ビシバシ&ゴリゴリの、いかにも「房島屋」な表情が出て来た。ガスはまだあるよ。うーん、やっぱレモンの一滴は欲しいねえ。なんかガスの刺さり方が昨日より鋭いのは気のせいか。

 重い・・・。ごめん、これに比べたら「九郎右衛門」は確かに軽いわ (笑) 。これヤバイ。完全に飲む順番を間違えた。もはや頭がクラっと来てるんすけど。。。

 まあ、ちょっと甘いかなー。ガリガリ君の──あるとして──「大人の青リンゴ味」みたいな感じ。そして、甘さを感じた瞬間に足腰の弱さが露呈されるんだよな。正直、篠峯のマネキンに房島屋の服を着せたいよ


boujimaya_tokoro_white28by10.jpg 撹拌Version──。

 圧倒的に上澄みの方が旨い。やっぱねえ、少し糠臭さが出るよね。ま、すでにオレが半分以上を上澄みで飲んでることによるバランス崩壊も大きな原因ではあるけど。

 もちろん、にごり好きの感性は否定しない。ただ、オレは歴然と上澄みハンターであるということ。もしも「好きな日本酒のタイプは?」と誰かに訊かれたら、冗談めかして「発砲ニゴリの上澄みです!」と答えるくらいの気構えは常にある。

 ううう、ヘヴィー。明日は最初に飲む・・・





── 3日目。

boujimaya_tokoro_white28by12.jpg



boujimaya_tokoro_white28by13.jpg 立ち香──セメダイン林檎&ジョリジョリ・ピーチ (なんだそれ?) 。

 ガスは少し残ってる。予想に反して軋むようなミネラル感もあるけど、液表面はテロっと甘く、骨格はややフラフラだけど、ギシギシした苦み&粉っぽさはこの銘柄ならではで、まあ、この場合、そこそこ必要不可欠なアクセントにはなってるのかな。

 相変わらず「篠峯 ろくまる 雄山錦 うすにごり 26BY」の出来損ないの感じはあるけれど、こんなもんかな。細部で諸々が雑な酒だけど、そこが「房島屋」らしいワイルド感ではあるのかな。そんなに嫌いじゃないけど、何が何でも追いかけたいほどの魅力はないかな。初日の一合が一番旨い。





── 4日目。

boujimaya_tokoro_white28by14.jpg
 ▲亀田製菓『つまみ種 ソルトMIX』はマサカのmoukan1973♀推し。この裏切り者め。彼女曰く♡☺♡「一つ一つのネタがいい!」ということなんだが、肝心の出来栄えが。。なんというか、ソフトリーなメジャー感というか、特にピーセンとか、イマイチ腑抜けてるんだよ。全体に女々しい輪郭の味わい。確かにバラエティ感は楽しいけれど、オレが好んで買うことはない。小包装タイプもあるようだけど、気にしてないから見た記憶がない。☆3.5ですね。






boujimaya_tokoro_white28by15.jpg さすがにガスは抜けた。そして少し砂糖甘いな。そのくせギュインと喉ティンコファイヤーという (笑) 。でも、まあ、こんなもんでしょう。飲めます。初日の上澄みが一番いいかな。

 ♡☺♡「悪くないっす。今日は少し喉がイガイガなので、静かな1973です

 まあ、総じて好きな部類です。「ガス無しで甘い」というコンディションはさすがに「ふぬけ状態」です。口開けの上澄みはそれなりに7号酵母らしくキラン☆としてます。ただし、ここの酒はもうちょい垢抜ける必要があるかな。まだまだ荒削りだし、その荒さが個性だと勘違いしてる節がある。「荒さ」より「鋭さ」を目指せば一流の酒になれると思います。

 他の酒をまた買います。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 房島屋

Comment

Add your comment