ტ 本日までの転入生 ── dಠಠb「新潟酒を3本と三幸製菓のレア煎餅を2種!」#DATE SEVENも買えた/西荻窪 日南水産 飫肥屋 




 毎度アクセスありがとうござます。


 金曜にマチダヤに電話したら「DATE SEVEN EPISODE III」はまだ入荷してないということなので──案内FAXすら来てない?──、暑いし、今週はひとまずこんなもんで──全部「同梱」です。しかし今季の伊達酒はなんとなく売る側 (蔵元たち) の「煽り」というか「勢い」を感じるので、意外に買えなかったりして・・・。それはないか。

※↑と下書きしたのは金曜。本日7/8 (土) に「西荻窪」へ刺身とハムとサラミを買いに行くついでに三ツ矢酒店を覗いたら (14時頃) 、シレっと売ってました。そういや「墨廼江」の扱いあったわ。1800mlは見当たらず。「花邑」の酒未来もあったな。




転入生2017_7_7a

転入生2017_7_7g
 ▲ついでにイセカドも買い増し。「すし酢」は野菜の酢漬け (和風ピクルスみたいなもん) を作るのに使う。米酢と純リンゴ酢と3種類のブレンドだけど、実は要が「すし酢」で、これがないとコクが出ない。ちなみに「昆布だしVer」はダメ。


転入生2017_7_7h
 ▲「中トロ - 1,000円」「赤貝 - 1,000円」「縞あじ - 700円」「いさき - 700円」をお買い上げ。


転入生2017_7_7i

転入生2017_7_7j

転入生2017_7_7k
 日南水産 飫肥屋──JR「西荻窪」の高架下を荻窪方面に歩いて4〜5分。つうか、店の名前、今日はじめて知ったわ (笑) 。西荻時代はここから徒歩2分のところに住んでた。我々にとっては「なくなると非常に困る店」の筆頭。もちろんクーラーBOX持参です。途中、魚屋の手前にあるナチュラル・ローソンで「保冷剤」代わりに「冷凍枝豆 - 100円」を2つ買うのがお決まり。ちなみに店でも氷はもらえます (セルフ) 。





ტ 本日までの転入生


◤福寿千歳 長者盛 純米吟醸 黒ラベル 生酒 28BY <新潟>
◤鶴齢 特別純米 越淡麗55 生原酒 28BY <新潟>
◤君の井 恵信 (ゑいしん) 山廃仕込み 純米大吟醸 直汲あらばしり 生原酒 28BY <新潟>
◤DATE SEVEN -7- EPISODE III 〜美酒なないろに輝いて〜 純米大吟醸 生酛 28BY <宮城>

◤三幸製菓「チーズアーモンド チップス 濃厚ピザ味
◤三幸製菓「ひとくち のり塩煎



転入生2017_7_7b 長者盛 (ちょうじゃざかり) は初呑み。「雪中梅」と間違えやすい「越の寒中梅」という銘柄も造ってますが、この「福寿千歳」という冠が付くと、それは新潟の約50店の酒屋が参加している「福寿長者盛会」が蔵元に造ってもらった「新潟限定オリジナル」ということになるらしい。今、知りました。「恵信」1本だけ取り寄せるのもアレなので、なんつうか、新潟旅行 (出張) のお土産気分で (笑) 。どうしてこれを選んだかというと、店主がブログで薦めてたから。相変わらず深い理由はありません。

 鶴齢は先日の「純米吟醸 山田錦50 生原酒」がクワナリどーでもいい酒だったので、去年☆5を付けた「越淡麗55」でリベンジ。まさかこの酒で「牛乳」はねえだろうな。だったらセメダイン・フィールド全開の方がまだマシ。近場で売り切れてたのでナイス同梱。

転入生2017_7_7c というわけDE、こちらが真打ち、恵信 (えいしん) です。読者さんの薦めで27BYを呑んで☆4.5。開けたてはガスもあってなかなかにハっとする酒ではあったけど、10ヶ月ほど寝てる状態で呑んだので、今年はフレッシュ・コンディションで、よりスッキリしたジュース・パートを楽しめれば。

 表記はないけど、実は「山廃」仕込みらしく、聖蹟桜ケ丘の「小山商店」のオリジナル。27BYは都内2店舗&新潟での扱いもほとんどなかったようだけど、今季はだいぶ増えて全部で12店舗くらいに拡大中。720mlもあるけど、旨いと1日でなくなるので漢らしく1800mlで。基本的に甘口の酒だけど、さて今の我々にはどんな感じでしょう。少なくともシャンパーニュと同時には飲まない方がいいかも (笑) 。


 DATE SEVEN (だてせぶん) はネットでは売り切れ続出みたいなので、無理に買うつもりはなかったんだけど、予期せずサクっと拾えたので。今年は萩野酒造 (萩の鶴/日輪田) がリーダー蔵だし、ツルピカ淡麗そうな生酛 (一回火入れ、日本酒度:+3.5、酸度:1.3、アミノ酸度:0.6) だし、ちょっと〝ただの水〟で終わる危険性も高いけど〝消える魔球〟に期待を込めて。美山錦33で720mlが2,000円 (税抜) なので、そこまで高くはないのか。

転入生2017_7_7d 三幸製菓はライフワークなので、見たことないヤツに出会ったら、甘いタイプでない限りは、基本、黙って (or 騒いで) 買います。実は「高田馬場駅」周辺はあまりウロつかないんだけど、先週末、ケンタッキーついでにBIG BOXの100円ショップを覗いたら、またもや発見! マジでこの店は三幸との癒着がパンパない。特に「チーズアーモンド チップス 濃厚ピザ味」の方は期待を込めて2個買いしてます。しかし見たことねえーな。「チップス」言っても「米チップ」タイプなので、要するにBodyは「濃厚チーズ気分」や「新潟仕込み こだわりのほんのり塩味」なんかと同じでしょう。☆4.5を目指します。


転入生2017_7_7e ちなみに、あらかじめ言っておくと、オレへの手土産は「レアな三幸製菓一発」で十分なので、予算は100円〜で済みます (笑) 。今オレが一番食べてみたいのは「充実じゃこ気分」と「厚釜ソフト 旨塩味」と「米ひびき ソフトです。ネットで取り寄せればいつでも食べれるし、近所のスーパーで取り寄せることも可能っちゃ可能なんだけど、やっぱ不意のスポットで「超特価!! 99円」なんかに遭遇することが楽しいわけで。当然「熟成サラダ」は2つ買い増してます。これは不動の☆5で、我々の中では旨安サラセンKINGです。





 夏だ、泡だ、シャンだ!!!
転入生2017_7_7f

Serge Mathieu / セルジュ・マチュー ブリュット ブランド・ノワール NV
Brun Servenay / ブリュン・セルヴネイ ブリュット セレクション NV



 今週末も我々はシャンパーニュと洒落込みますが、日曜は「九郎右衛門 金紋錦60」を27BY (山廃火入れ) と28BY (生酛生) で味クラーヴェする予定です。記事にするのは月曜か火曜になるかな。

 それでは皆さま、酔い週末を。






 


 さすがにこれは当たりに行かないと思うけど、いろいろ攻めてますね、最近の米鶴は。



 


 この人、最高ですね (笑) 。今うちでスゲえ流行ってます──「キテるキテるキテる、ビンビン感じてる」という言葉の汎用性がハンパない。


moukan1972♂






日本酒 鶴齢 恵信 長者盛 生酛 山廃

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To あらまさん



毎度です。

ちょっと遅くなりましたが、今季は扱い店も増えたようで、小山商店には行かず、27BYに引き続き、ラクして通販です (笑) 。


──27BYのときのような熟っぽさはないと思いますが、もうひと押しの酸が欲しい、そんな感じかと思います。シャンはダメ、ゼッタイ! 笑

今季も水飴なんですかね。もともと果実味を形成する酸の出てる酒ではないと思ってますので、あの〝一口目のアガりっぷり〟こそ重要です。夏祭り仕様のツルテロ・ジューシイをイメージしてますが、さて。

シャンと同時には飲みませんが、三連休のどこかで開ける可能性は高いです。ただ、九郎右衛門の金紋錦が予想に反して人懐こく甘かったので、もしかしたら連休中の1800mlは「酸っぱい酒」を開けるかもしれません。僕の勝手なシナリオでは、九郎右衛門で酸味の満腹感を得て、シャンでダメ押し、日曜か月曜に癒しを求めて「恵信」だったんですが、なかなかうまく行きません (笑) 。


──濃厚ピザうまそうですね。ピザに形を寄せて、いじらしいじゃないですか。しかしこれ、どこにアーモンドが・・・クラッシュしてつぶつぶを練り込んであるのかな??

「雪の宿」もそうですが、「チーズアーモンド」は三幸クラシックスなんですよ。なので、ネームバリューとして絵的に必要だっただけみたいな (笑) 。ま、日清の「カップヌードルごはん」みたいなもんじゃないですか?──これはタイトルに負けずリアリティありましたが。

実は一袋は開けてます。2袋目は酒記事の中にカットインさせますので、お楽しみに〜。


2017.07.13 Thu 22:43
Edit | Reply |  

Name - あらま  

Title - 恵信

恵信とうとうですね~楽しみ。

27BYのときのような熟っぽさはないと思いますが、もうひと押しの酸が欲しい、
そんな感じかと思います。シャンはダメ、ゼッタイ! 笑

濃厚ピザうまそうですね。ピザに形を寄せて、いじらしいじゃないですか。
しかしこれ、どこにアーモンドが・・・クラッシュしてつぶつぶを練り込んであるのかな??
2017.07.13 Thu 21:41
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん



毎度です。

お気遣いありがとうございます。


──ところで、伊達7を飲みながら、ふと阿櫻を思い出しました。(伊達7には似ていません)

なんと「阿櫻」とな。それはなかなかイイ接点にアクセスしましたね。確かにここの酒、僕も「イケセイ限定 純米吟醸 美郷錦 中取り 無濾過生酒 27BY」しか飲んでないですが、ちゃんと酸っぱいですよね。試飲イベントで蔵元に露骨に素人扱いされてムカついて以来買ってませんが──露骨な素人のくせに (笑) ──、近場で手に入るなら面白いんじゃないでしょうか。こうした恣意的な飛躍や連結はすごく重要だと思います──自分にしか意味を成さない〝相関〟こそ宝の知識だと思います──まさに私的暗号。

【175】阿櫻 純米吟醸 美郷錦 中取り 無濾過生酒 27BY <秋田>
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-376.html


ただ、さすがにkappaさんの飲んだ26BYの状態ではエグさも割増かもしれないんですね (笑) 。ここの酒、僕が飲んだモノでもなんとなくカカオなビター感が出てたので、銘柄癖かもしれません。


──1年前とは逆の好み〜最近は細身で香り穏やかながらパリッとした酒が好き〜。moukanさんは篠峯という定点観測銘柄がありますが、自分は未だに自身の好みが良くわかりません。去年とは真逆だし

細身で香り穏やかながらパリッと」──長陽福娘の山口9E/28BYならまだ買えますね。今こそ飲むべき酒ですよ。27BYには及びませんが、イイ酒です。

自分は未だに自身の好みが良くわかりません」──別にそんなの普通ですよ。周囲を見渡しても「結局アータ何が好きなの?」という人はよくいます。日本酒に関しても、特定銘柄への偏愛を隠すどころか、むしろそれを「美徳」だと思ってギャーギャー騒ぎ立ててるのは極々少数派じゃないですかね (笑) 。

まあ、正直、僕は飲んでる量が違いますからねえ。あとは飲み方ですか。僕も本当は銘柄数を稼ぎたいんですけど、性格でしょうか、何事にも〝狭く深く〟が脳内の基本OSなんですよ。そういう意味でシャンパーニュにはNVという「お得なランチ」みたいな、明確な「入口商品」があるので楽ですね。


──藪漕ぎも愉しいですが、何かベース銘柄が欲しくもあります。

28BYでそれに出会うのは非常に難しいとは思いますが、そのうち何か見つかりますよ。単純に確率の問題もあるので、引きですよ (笑) 。

でもまあ、kappaさんくらいのペースなら、その時その時でパパっと買ってそれなりに楽しんで「はい次っ!」でいいと思いますよ。自分で言うのもなんですが、僕はすべての点で異常ですから。

2017.07.10 Mon 14:49
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - 阿櫻

moukanさん

毎度です。


>しかしkappaさん、相変わらず買ってすぐ飲みますね (笑) 。最速の家呑みレポありがとうございます。


普段このブログを通してmoukanさん、そして読者の皆様から有用な情報を多々拝受しているので、たまーに先駆けした時には何らかの情報発信をしたいなと思う次第です。特に限定ものですと、直ぐに入手できなくなりますので。


ところで、伊達7を飲みながら、ふと阿櫻を思い出しました。(伊達7には似ていません)

昨年9月に阿櫻 特別純米無濾過生原酒中取り26BY(日本酒度+4、酸度1.9)を飲んだ際、エステル〝セメダイン〟臭と、激しい酸味のダブルパンチに、当時花邑や射美を飲んでファットで美味いと悦に浸っていた自分は、阿櫻二度と買うか!と思ったものです。

昨日、伊達7でセメダインを感じたら、今阿櫻を飲んだら一体どう感じるんだろう?と妙に興味が湧きました。(阿櫻は読者さんのコメにも出てきたこと無いですよね?)

一年前とは逆の好み〜最近は細身で香り穏やかながらパリッとした酒が好き〜。

moukanさんは篠峯という定点観測銘柄がありますが、自分は未だに自身の好みが良くわかりません。去年とは真逆だし。

藪漕ぎも愉しいですが、何かベース銘柄が欲しくもあります。
2017.07.10 Mon 14:16
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん



毎度です。

なんとか買えたみたいですね。ネットへのアプローチの少ない店は穴場になるので何かと使えます。「越の誉」は僕も探しましたが見当たりませんでした。


──冷酒から常温まで試しましたが、肌冷え位の温度域が一番良いと思いました。

いろいろやってみますが、ワイングラスでクルクル (スワリング) させながら飲んだ方が良さそうですね。スリムな味幅に比して跳ね返りが相対的に強く感じそうなあたりは、まあ、この手の酒にはよくあることなので、ド頭の1秒の中にどこまでロマンを感じるかの酒ですかね (笑) 。


──薄いけれども、水ではなく、飲み飽きない。関西風の饂飩の汁に例えるならば、色や塩っぱさは薄いけど、出汁(旨味)で飲ませる、そんな酒です。

ま、リトマス酒を用意しておく必要がありそうですね。我が家の陽子が遂に「バナナ化してフルーティーになる」という予想外な展開を見せてますが、もうなくなりそうです。


──でも、シャキシャキセメダインの様で、夏バテ気味のこの時期にはうってつけ。飲んでいるときには酸味を強く感じることはないのですが、飲み終えて3分くらい経つと、舌の上に乳酸をしっかりと感じます。面白い酒、モダン生酛の一つの形でしょうか。

「シャキシャキセメダイン」は割りと宮城流ではありますね。愛宕の松 (伯楽星) あたり、意外に今の我々夫婦にはピタっと収まったりして (笑) 。当時から「ひと夏の恋 26BY」はそこそこ好きではあったんですが。

他の読者さんも「寝かせた方が」みたいなこと言ってましたし、ひとまずこれを開ける前に「日輪田三兄弟」でも取り寄せますわ。

DATE SEVENは「2,000円でどこまでやるか」みたいなコンセプトも根底にあるので、初年度は確か磨き30%の純大でしたし、2年目はスパークリング。必然、高精白になるので、酒質の方向性に少し自由度が少ないような気もします。別に磨き65でも旨ければそれでいいんですけど。イマドキ「磨き」に特別感を得る飲み手も少ないと思いますけどね。

しかしkappaさん、相変わらず買ってすぐ飲みますね (笑) 。最速の家呑みレポありがとうございます。


2017.07.10 Mon 09:32
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - シャキシャキセメダイン

moukanさん

どうもです。
moukanさんの記事を見て、慌てて三ツ矢にダッシュ。お陰様で、伊達7 ゲットすることができました!有難うございました。
先日、三ツ矢で買ってとても気に入った
越の誉YOUNG生酛のお代わりをしたかったのですが、売り切れていました⤵︎

伊達7
土曜、日曜〜気がつけばもう月曜〜と飲んで、今残り1合くらい。
開栓して2日目の方がバランス良し。
冷酒から常温まで試しましたが、肌冷え位の温度域が一番良いと思いました。

初日は、立ち香は極々薄い乳酸系。含むと生酛そして純米大吟醸由来の細く薄い液質、その後粉っぽいザラつきと引けの辛味の出力量が気になり、正直なところバランスが悪いと感じました。

二日目、立ち香はセメダイン。
含むと、粉っぽさも無くなり、引けるまでの甘辛苦味のバランスが改善され、美味しく飲めました。

薄いけれども、水ではなく、飲み飽きない。
関西風の饂飩の汁に例えるならば、色や塩っぱさは薄いけど、出汁(旨味)で飲ませる、そんな酒です。

完全に水で何の旨味も感じない、仙禽カブトムシとは違い、こちらの方が数段美味いです。

味わいがかなり繊細な酒なので、食前若しくは食後に〝この酒だけ〟で愉しむタイプだと思います。
他の酒を飲むと、この酒は単に薄いだけとしか感じられないでしょうし、濃い味のアテと飲むと、その味に負けるので、食中酒向きでは無いかもしれません。

含んでから引けるまでの変化の幅が一定なので、変化量で発現する削げている感はありませんし、果実味やクリスタル感もありません。
でも、シャキシャキセメダインの様で、夏バテ気味のこの時期にはうってつけ。
飲んでいるときには酸味を強く感じることはないのですが、飲み終えて3分くらい経つと、舌の上に乳酸をしっかりと感じます。

面白い酒、モダン生酛の一つの形でしょうか。

2017.07.10 Mon 00:34
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん

毎度です。

アドバイスありがとうございます。もう飲みましたか。早いっすねー。マチダヤの入荷状況がアヤフヤなので、ひとまず720mlで1本だけ買いましたが、ま、去年や一昨年のDATE SEVENも忘れた頃に店に並んだので、そこまで旨ければ買い直してもいいんですが、現時点では少し味が暴れてるみたいですね。まあ、他に飲む酒がたくさんあるので、少し休ませます。

今日は「九郎右衛門 金紋錦」は開けられそうもないので──さっき日本酒を少し飲みすぎました (笑) ──、水曜に開けると思います。

しかし今年は動きが早いですね。Twitterとか見ないので世間の動きには疎いですが、なんか三ツ矢酒店のオヤジも問い合わせの多さに驚いていたようです。

2017.07.09 Sun 15:27
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - DATE SEVEN episode3

こんにちは。

一昨日は朧のイベントを逃し、購入の危機すら覚えたのですが、はせがわと下記のお店で3本は確保しました。

(ここだけお一人様2本買えます/在庫あり)
さくらもと商店@札幌
https://www.saketen.co.jp/shop/item.php?id=I00000525

というのも、7/7の夜に近所の日本酒バルへ行ったところDATE SEVENがあり、5勺だけ呑んでみたらなかなか魅力的な面があったからです。

高精白なのでスッキリしていて、乳酸効果なのかすいすい呑めました。

美味しくて好みなのですが、作られる過程によるイメージからか、ちょっとまとまりがない感じもした。「我々が実際に買うか買わないか」というモウカンさんのBlogの視点から言えば、既に需給の面でかなり買いづらいということもありますので、個人的には少し寝かせてまとまりが出るのを待ってから開ける方がより楽しめそうな気がしました。

ホシザキの奥の方に押し込むのをお勧めしますね。美味しかったですけど。
2017.07.09 Sun 13:34
Edit | Reply |  

Add your comment