◤竹雀 - 槽搾り 山廃 純米吟醸 雄町 無濾過生 28BY ── dಠಠb「カラスにレモン食わせたら幸せの黄色いハトに変身したけど、26BYの青い鳥には遂に出会えず」 



検索ワード:


takesuzume_yamahai_omachi50_28by3.jpg 幸せの青い鳥は何処へ、藪烏 (竹雀) の、これが崩れるとオレの美しい想ひ出がすべてカラスにひきちがれる、勝負の山廃雄町50です。昨日開けた「山廃 純米 無濾過生 28BY」がムワサカ (まさか) の大ハズレというわけDE、緊急登板となりました。本日moukan1973♀は帰りが遅いようですが、事前に「チャレンジしろ」とは伝えてあります (スパルタ教育) 。

 ただ、少し懸念材料が・・・。これ、どういうわけか日本酒度が「±0」という。ちなみにオレが「老ね or 醸造ミス判定」した27BYは「+8」で、オレが初めて「山廃生」というジャンルで感動した26BYは、そもそも覚えてもいないし写真も残ってないけど、少なくとも味わい的には「+4〜5」はあったはず──ちなみに今調べたら25BYの生熟は「+4」だね。どうしてこれが「懸念材料」かというと、この酒の魅力がシャキっとしたクリスタルな輝きと美しいキレにこそにあると思ってる (記憶してる) から。 だから「±0」という日本酒度でこのピンと伸びた背筋を表現できるのか、そこが心配。

 まあ、いいさ。26BYと別物であっても普通以上に美味しく飲めれば。




takesuzume_yamahai_omachi50_28by1.jpg
 ▲空から見た「白駒の池」。

 ▼オレたちの見た「白駒の池」。せっかく「旅行記」の続きを書くために1800mlを開けてラクしようと思ってたのにこれだよ。


takesuzume_yamahai_omachi50_28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆

【399】竹雀 -たけすずめ- 山廃 純米吟醸 雄町 無濾過生 28BY <岐阜>

大塚酒造 株式会社:http://www.ikeda-net.or.jp/mall/otsuka/Twitter


Moukan's tag:




 夫婦で獅子座でーす!!!
takesuzume_yamahai_omachi50_28by4.jpg
 ▲「気になる人には積極的にアピール」──まさかの不倫推奨・・・。


takesuzume_yamahai_omachi50_28by7.jpg
 ▲安易な浮気はやめておきます・・・。



※もしも不味かったら無理せずにビールに切り替える。頼むから普通に呑ましてくれ。もはや味も軽さも山廃じゃなくていいから!


takesuzume_yamahai_omachi50_28by5.jpg 立ち香──ちょっとまだ冷たいですが、香りは穏やか。なんかうっすら粉っぽいイチゴを感じるのは気のせいか。グラスに注いで液面を動かしてもほぼムシュウーダ。でもなんかちょっと木香っぽいツンケン感の先読み。頼むぞオイ。

 お、重い・・・。たぶん、ある読者さんは、この含み香を「ゴムっぽい」と言うんだと思う。今わかった (笑) 。ダメダメダメダメ!!!!! MJK (マジか) !? 


takesuzume_yamahai_omachi50_28by6.jpg タダアー今のところ「純米」よりは飲める。オレの求める軽さは微塵もないけど、結果的に磨き50的なアドバンテージなのか、液性が薄いから、ドカドカ攻め込まれずに済むみたいな。うわー、スゲえ消極的な評価 (笑) 。もう笑うしかないね。オホホホホホホ、ウケケケケケケ、ブヘヘヘヘヘヘ、ドフフフフフフ、ホキョキョキョキョキョキョ。

 一瞬、何かの拍子にジューシイな飲み口を感じる瞬間もあるんだよね。うーん、でもなあ、徐々に「純米と共通のノイズ」が出てきた。なんか変な話、4〜5日経った家庭の麦茶みたいなエグみ? いやー、27BYよりは重くないけど、26BYの想ひ出には全く浸れない。おいおいおい、頼むよ、もはやヒヨコでいいから。(※これの26BYはオレの中から初めて「カロリーオフ」という言葉を導き出させた銘酒。

takesuzume_yamahai_omachi50_28by12.jpg なんかねえ、「黒澤 赤」で感じた桜チップのような焦げみもありつつ、それよりも不快というか。。。

 温度が上がるとますますエグいねえ。「純米」と同じ含み香が出てきた。なんかね、これ言ってどうなのか知らないけど、オレの素直なインプレッションは「どぶ川」なんだよね。母方の実家が西東京の東久留米で駅から30分くらい歩くんだけど、その時、必ず通るんだよ、どぶ川。あの澱んだ紫がかった灰色のような水。オレの幼少期は1970年代だから川の水もMAX汚かった時代だとは思うんだけど、なんか昨日からそればっか想ひ出してる。洗濯物の生乾き系とも言えるけど・・・。


takesuzume_yamahai_omachi50_28by8.jpg もうダメ、一度そこに気づくと、もう飲めない。逆にこの甘さがアダになる・・・。純米──まだ熟した果実味はこっちの方がある。でもマズイ。今オレの目の前に「十六代 九郎右衛門 純米吟醸 愛山」が出てきたら☆5を付ける自信あるわ (笑) 。雄町──ちょっと「純米」とは別のイヤな感じが出てきたね。ああ、27BYもこの感じあったなー。最後がベタっと甘いし、これ最悪だわ。下手すりゃ純米より酷いかもリトマスさわ子──これはこれでクセの強い酒だけど、やっぱちゃんと飲めるもんなー。この3本を並べて「竹雀」の方が旨いと感じる人、この世に存在するのだろうか。



takesuzume_yamahai_omachi50_28by9.jpg



 一応、明日の状態を確認してから☆を付けるけど、厳しいね。これぞ「Not Well-Made」のお手本のような粗雑な酒。造った本人は何を思う!?

 一口だけ陽子──強い女だよ。仕方なく飲んでる「黄桜 京都麦酒 ペールエール」は「ペールエール」なのに味も香りもしないという、無濾過で少しワシャワシャしたテクスチャーのスーパードライという感じ。これで300円は洒落にならん。しかしスゲえな、たった2日マトモな酒が飲めないだけで、この信じられないほどの心的ストレス。moukan1973♀じゃないけど、これで土曜のシャンがなかったらやってられんぞ (笑) 。





 炎の1973チャレンジ!!!
takesuzume_yamahai_omachi50_28by10.jpg



takesuzume_yamahai_omachi50_28by11.jpg ♡☺♡「ねえねえ、ちょっと牛乳@お花畑きてない? とにかくキレイじゃないよ」──純米の加水ヴァージョンは普通に飲めたようだが──「ねえねえ、なにこの不思議な味??? ちょ待てよ。ねえ、これさあ、ここまでの味、呑んだことない。醤油みたいな感じ? ゆっていい? これは純米より飲めない。これ酷いじゃん。これなに??? つか、そもそもタケスズ (竹雀) 、やばい? どっちか呑まないといけないなら、あたしは純米。雄町はドス黒い醤油。いけないモノを口に含んだ感じ。アンタが言うようにドブ。一言ゆっていい? ゴミ

 このタイミングでオレは、加水して「酒」と「水」を1日ほど馴染ませた「純米」を飲んだんだけど、そしたらあ〜ら不思議なんともブドウなフルーティネスが浮かんできてオレでも飲めるようになってた (笑) 。詳細は「純米の2日目の記事」を御参照あれ。





── 2日目の夕食前。


takesuzume_yamahai_junmai28by15.jpg DE、ついさっき2日目を軽く確認したんだけど、この雑穀な香り、あれと同じ、泡盛。いくらなんでも醸造酒でこの香りは重すぎる。オレがここでいちいち酒探偵として推理を働かせても意味ないんだけど、一つの仮説として、ここの山廃生は、もしもリリース直後が美味しく飲めるとすれば、恐ろしく劣化スピードが速いということ。まだ27BYほどの磯臭いエグみまで行ってないけど、すでに開栓時にはなかった「泡盛臭」も出てるし──実は1973チャレンジ時にも少し出てた──、これは造りに問題アリと見なすべき酒だと思うな。あまりにもオレが飲んだ26BYと違い過ぎる。今は完全に老ねてる27BYと同じニュアンスが出てきてるし、実際、27BYも初日は飲めたんだよな。

 杜氏にメールするのも面倒臭いし──単に謝られても得るものがない──、かつての「鍋島 純吟 山田錦 25BY」の時のようにCOOL便で蔵元に長い手紙を添えて送り返す情熱もないし (笑) 、一応、オレは今ここで「竹雀」に対する考えを改めるわ。この「雄町50」も10%ほど加水してレモンを一搾りしておいたけど、それはこれから呑む。たぶんダメだろうなあ。このままだと☆2は免れない。完全なる地雷銘柄





── 2日目の夕食時。

takesuzume_yamahai_omachi50_28by13.jpg



※約10%の水 (約40ml) とレモン1/6を搾った果汁をチロリ経由でダイレクトに瓶の中へ投入。瓶底にはレモンの果肉のチリが浮遊してる、まさに自家製無濾過ヴァージョン (笑) 。まだブレンドしてから数時間しか経ってない状態。


takesuzume_yamahai_omachi50_28by14.jpg 立ち香──当たり前だけどレモンの匂いがするわ (笑) 。泡盛臭は奥にひっこんだな。ちょっと水を入れすぎたかもしれないけど、まあ、そのままじゃ〝捨て確定〟だし、気にする必要もない。

 うん、綾瀬はるかがオレと結婚したくなるくらい飲めるようになってます。こんなニュアンスの低アル酒 (白麹やワイン酵母の酒) 、実際にあるよね。たぶんブラインドなら「仙禽 かぶとむし 28BY」に余裕で勝てる。よく真面目なのか臆病なのか知らんけど、出された酒をそのまま飲まないと「造った人に失礼」とか言う人いるけど、もう一度ここで確認しておきます。一番「失礼」なのはマズイ酒を造った蔵元です。それに買った酒をオレがどうしようがオレの勝手。イヤなら売るな。


 レモンの苦みと渋みが泡盛パートをホールドした (押さえつけた) 感じ。たぶん今これ、ALC.14度くらいじゃないかな。もともと甘め (日本酒度:±0.0) の仕上がりなので、そことのバランスもなかなか。ブっちゃけ、今の状態なら「加水純米」よりオレはこっちの方が好き。これがこのまま売ってて買ったとしたらムカつくけど、初日のドブ酒からの巻き返しという意味では軽く感動的ですらある。当然だけどジューシイです (レモン果汁と果肉入り) 。

 それでも☆2でフィニッシュしておきます。ここまでクソ酒に世話を焼く飲み手もそうはいないと思うし、問題提起の足跡は残しておきたい。隠れて蔵元が見てるかもしれないし──「竹雀 山廃」のGoogle検索で1位になるし (2017年7月8日時点) 。

 それでもカブトムシよりは旨い──と感じる。いや、リアル果汁が添加されてる分、間違いなくオレスズメの方が旨い。飲み会から戻ったmoukan1973♀に飲ませたら、♡☺♡「ナニコレ!? 普通に旨いんですけど! かぶとむし? あんなのより全然うまいよ」と言ってたので、少なくとも我々夫婦にとっては真実。26BYの青い鳥を探すのはもうやめます。



 


moukan1972♂






日本酒 生酛 山廃 竹雀 雄町

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。連投ありがとうございます。どんと恋。


──「米鶴 生酛 純米 中取り生 仕込み22号」ももちろんレマコムで安眠中です。「篠峯 愛山 純大 26BY」とどっちを先に開けようかと悩み中です。

「篠峯」は日に日に育ってるので、すでに2年4ヶ月熟成状態ですし、いつ開けても問題ないと思います。ただ、めいさんの買った酒屋の冷蔵庫温度はそこまで低くないと思いますので (経験上たぶん) 、そこそこ熟してる可能性はありますが、運良く「紅茶」になってれば最高の仕上がりです。僕が去年の秋に呑んだ時はガスも残ってましたが、やや「糖分が酵母の餌食」になってる感じはあったので、ガスのギザギザした苦味が気になるようなら、開栓後、そのままレマコムで1週間とか放置しても大丈夫です。まあ、かりに熟していたとしても、ちゃんとしたコンディションで飲めれば、僕がどうしてこうまで「うるさい」のか分かると思いますよ (笑) 。他のすべての酒が色褪せるのが26BYの「篠峯」です。

「九郎右衛門」のストックがあれば「米鶴 生酛」と飲み比べるといいですよ。「米鶴」は開栓直後は少しギスギスしてますが、徐々に開いて柔らかくなります。これが「九郎右衛門 金紋錦 生酛」より下とか、僕の中ではアリエナイですね。個人の嗜好は関係ないと思いますよ。そういう次元の話ではないです。同じ路線なので、その差は歴然としています。


──これからもガンガン当たりに行くので、イマイチなお酒をお勧めするかと思いますがご容赦のほどを…

別に気にしないで下さい (笑) 。自分で買っててもロクな酒に当たりませんので、相互的な情報交換できるだけマシです。僕も500本を超えたあたりからようやく諸々がわかって来た感じなので、めいさんも今は「手当たり次第」という感じじゃないでしょうか。

やはり「得意銘柄」に出会えるかどうかが分かれ目だと思いますね。自分なりの「中心銘柄」というか。常に「それより甘い、酸っぱい、辛い、苦い、軽い、重い、濃い、薄いか」という「リトマス酒」のような銘柄と出会えれば一気に視界は開けると思いますが、ただ何となくいろいろ呑んでるだけの人の方が多いのが実際だと思います。

僕も25BYと26BYで「篠峯」を30本以上飲めたのは偶然でしたし、その偉大さを真に理解したのは去年の暮れあたりからです。運良く26BYをリピートできたのがラッキーでした。当時は「その旨さ」が「当たり前」だと思ってましたからね。

300mlは味見には最適ですが、同じ酒でも720mlの方が旨いですし、720mlよりも1800mlの方が旨いですし、器がデカイ方が酒には有利です。

「夏のヤマト」・・・結局、新酒の純吟直詰だけが旨かったんですよね。「恵信 あらばしり」は27BYも呑んでるので、縦の比較はできます。「花巴 純大」は僕も好きな酒ですね。「芳水 山廃純米生」あたりも同じ路線ですので、見かけたら当たりに行ってみても面白いかもしれません。28BYは呑んでませんが、マチダヤに入れば拾いたいんですよね。27BYはそこそこ熟してる状態で飲みましたが、僕の中では「山廃最強プレス感」の酒ですね。

しかし720mlを1日で空けるとは、なかなかの酒豪っぷり (笑) 。ウラヤマシイです。


2017.07.15 Sat 22:58
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

連投失礼します。

米鶴 生酛 純米 中取り生 仕込み22号ももちろんレマコムで安眠中です。
篠峯 愛山 純大 26BYとどっちを先に開けようかと悩み中です。
一升瓶の部には鳳凰美田 秋田流生酛 純吟 かすみ本生も松の司 心酔 生酛 純吟25BYもあって、どれも呑んでみたいのですが、-6℃安定のレマコムに頼りっきりでつい二の足を踏んでしまいます。

それよりはお代わりで買った恵信 あらばしりとか松の司 あらばしりとかゆきの美人 活性にごりを先に開けてしまいそうです。

日本酒2年生の私は身体が非速醸に換装中なので、今年の速醸にありがちな牛乳@お花畑の渋味・苦味が少なく感じたお酒をずんずん呑みながら経験値を積み、ようやく初級者になりつつあるのかなあと思っています。
これからもガンガン当たりに行くので、イマイチなお酒をお勧めするかと思いますがご容赦のほどを…

最近当たってイマイチだったのは都美人 Miracle Rose、不老泉 木桶仕込 山廃純大(マチダヤの300ml)… 28BY低アルに当たり無しですかね…

良かったのは南部美人 純吟 愛山(マチダヤの300ml)と、やまとしずく 夏のヤマトで、やまとしずくは初日で呑みきるならガスもあって美味しいと思います。私より鼻が効く嫁や後輩によると、最近では恵信 あらばしりと花巴 純大の評判が良かったです。

四合瓶を一日で空けるようになったのはこの5月からです。コンナカラダニダレガシタ…
2017.07.15 Sat 21:52
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

やっぱダメですか。
「傷んだ昆布」とな (笑) 。
どうしてこうなったのか、27BY、28BYと連続でダメですね。
もはや「26BYとは何だったのか問題」勃発中です・・・。

後で記事にしますが、九郎右衛門の金紋錦は27BYの山廃火入れの方が圧倒的にイイ酒ですね。28BYの生酛は正直微妙です。これなら思考停止気味に「愛山」をアホ飲みした方が気楽です。

僕らの中では「米鶴 生酛 純米 中取り生 仕込み22号」の方が遥かに上です。



2017.07.14 Fri 22:24
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

これ、先ほど開けました。

一口目で目が覚めますね(笑)。
傷んだ昆布のような…「ゴムっぽい」も分かりますね…

はい、次!次!
2017.07.14 Fri 21:27
Edit | Reply |  

Add your comment