◤竹雀 - 槽搾り 山廃 純米 無濾過生 28BY ── dಠಠb「粗野な藪烏をカワイイ雀のように手なづける方法とは?」 



検索ワード:


takesuzume_yamahai_junmai28by3.jpg さーて、ここが大きく崩れると、我々夫婦としてはますます飲める酒がなくなってくる、どうか裏切らないでクレヨン、竹雀 (たけすずめ) です。

 6代目の大塚清一郎氏は東京農業大学を卒業後に「酒屋八兵衛」の元坂酒造で修行し、蔵に戻ってから、22BYより自らのブランド「竹雀」を立ち上げたという、今の若手杜氏ヒストリーの王道を行くような人です。


 サテスズメ、実はオレにとってもメモリアルな銘柄でして、嘘ナニコレ!?モダン山廃って軽いじゃん、誰だ濃厚だのドッシリだの言ってたバカ舌は!?、と初めて感じさせてくれたのが26BYの「山廃 純吟雄町50」だったわけだけど、残念ながら27BY (写真左) は老ねてました──あるいは醸造ミス。DE、この「純米60」に関してはまったり日本酒道さんがコメント欄より「おりがらみ生」の最速レポを送ってくれてますが──彼のfacebook上の酒レポはコチラ──、とりもなおさず、かの「米鶴 山廃純大」の青い鳥も一瞬くらいは目の前を通過してくれそうなので、そこそこ期待してます。

 おりがらみVersionも買えたんだけど、同梱都合で今回は通常版を。ただし、スペックや数値や出荷時期も彼が飲んだ「おりがらみ」と全く同じなので、まあ、基本的には同じ酒だと思います。今夜も口開けからmoukan1973♀がいるので、昨晩「十六代 九郎右衛門 愛山」を呑んで、♡☺♡「もう日本酒は山廃と生酛だけでいいよ!」などとヌカした、そのドライ鬼女なキラーぶりに注目です。




takesuzume_yamahai_junmai28by1.jpg
 ▲人のことは言えないが、これでリュック背負って両手に紙袋を持ってたら不審者。ちなみに「要冷蔵」シールは酒屋が自主的に付けたもの。マメや (笑) 。


takesuzume_yamahai_junmai28by2.jpg
 bottle size:1800ml




SAKE GRADE:☆☆☆

【398】竹雀 -たけすずめ- 山廃 純米 無濾過生 28BY <岐阜>

大塚酒造 株式会社:http://www.ikeda-net.or.jp/mall/otsuka/Twitter


Moukan's tag:




takesuzume_yamahai_junmai28by4.jpg



takesuzume_yamahai_junmai28by5.jpg 立ち香──すでに赤茶けたニュアンスあるね。つうか滲むような渋みの先読み。モダン山廃的なクリアネスやフルーティネスは皆無。香りはクワナリ穏やかながら、むしろゴワゴワした重い速醸酒のような香りの縞模様。赤い果実もうっすらあってそこそこ酸っぱそうだけど、美酒の先読みはナシゴレン。

 九郎右衛門・愛山と続けて飲んでます──。

 ♡☺♡「んっ!? ゆっていい? 濃い! これは濃いし重い! ブランデーみたい。ちょっと呑んでよ。なにこの造り。ちょ待てよっ (キムタク調) 。あー、わりとねえ、辛くもあるしー、強いなあ。わりと辛いよ。全然ヤマハイっぽくない。ちょっと喉にツンっと来るよ

 水曜ドラマ『ちょ待てよっ』(初回15分拡大スペシャル) ──。


takesuzume_yamahai_junmai28by7.jpg ヒリスタル (ひりすたる=非クリスタル) 。ガスは微か。これ、アミノ酸度タカーメ。なんか「残心 特別純米 袋吊り 無濾過生原酒 27BY」の出来損ないという感じ──つまりベキバキにドカスカと重い。これダメだな、全然カロリーオフじゃない。まずね、清く正しく酸っぱくないし、フルーティネス皆無。ゴワゴワしたノイジーなアミノ酸だけが口の中でザラつくという。これはダメ。もう飲めない。

 どうしてこうもコンディションに差が出るのかオレはわからないが、今ここでオレと一緒にこれを飲んで「旨い!」という人は100人中3人もいないと思う。moukan1973♀なんかさっきから静かになっちゃってるよ (笑) 。もはや辛口なら──甘くさえなければなんでも「旨い」とか言う彼女が、時折顔をしかめてゲホゲホやりながら、♡☺♡「最後に喉が焼けるような辛みが来るよね・・・」と小声で囁いてるよ。液としての重さというか、口の中のサイズ感が27BYの「山廃雄町50」と似てるんだよな。つうかオレが飲んだ26BYの青い鳥は何処へ・・・。

 飲めたもんじゃない。このままだと☆2です。



takesuzume_yamahai_junmai28by8.jpg
 ▲先日の「さば缶トマト カレー風味」に特製ドレッシングを薄く和えたパクチーをドサっと。今回はサイコロ状に小さく刻んだセロリも一緒に投下してます。ドレッシングは「ごま油、レモン、ポン酢、醤油 (極少) 、リーペリン・ソース (極少) 、マスタード、砂糖、おろしニンニク」をアナタのセンスでアッサンブラージュ。あまり知られてないけど──ここを見てる人以外は誰も知らないだろうけど──「ポン酢×マスタード×リーペリン・ソース」のアッサンブラージュは至高。砂糖は必須です。





 コノママデハオワレナイ (このままでは終われない) !!!
takesuzume_yamahai_junmai28by9.jpg



 ♡☺♡「今日、口にした酒の中でダントツに旨い。つうか、旨かったのこれだけ (笑) ? これで安心して寝れる。せっかくのノーザンデーを美しく終わらせたいじゃない?





── 2日目の夕食前。

takesuzume_yamahai_junmai28by10.jpg
 ▲チロリに入れて「RS」と「JO」で確認します。お燗は夕食時に。



 立ち香──ようやく乳酸っぽい輪郭が出てきたけど、なんか糠っぽさもあって、これ、ほんのり火落ち菌ライクな香りだな。正直「試飲」ならぬ「試嗅」だけで弾くレベル。これね、ちょうど3年前にmoukan1973♀が上京してる友人の宿泊先のホテルで部屋飲みして残りをお土産に持って帰ってきた「自然酒 五人娘 生酛仕込 無濾過純米酒 火入れ」を1週間くらい夏場に常温放置して飲んだ時と似たような香り。あの頃は「生酛」も「火落ち菌」も──下手すりゃ「火入れ」も「生」もよくわかってなかったけど、残念ながらマズイ酒の記憶の方が残るんだよ (笑) 。27BYの「山廃 雄町50」の2日目のような老ね香までは進んでないけど、イマドキの山廃生でこれはない。こうも2本連続で腐造スレスレの酒を掴まされるとは、もはや銘柄として何かが起きてるな。

 RS (れいしゅ) ──こんなんで酔いたくないから吐き出しスタイルで。火入れのエグい「Old Schoolな山廃」という感じ。渋いっつうか、スーパーや八百屋で巨峰を買うと必ず2〜3粒くらい変色してグジュっとしてるヤツ、混じってるじゃん? あんな感じのエグさなんだよ。しばらく口の中でモグモグやってると「ドイツの黒パン」みたいな焦げた酸味が出てくる。最後に少しだけ含むけど、全く旨くない。このままだと☆2です。


 JO (じょうおん) ──つうか完全に生熟の香り。逆に舌にビリビリ来る。これはダメ。とにかく旨いと感じる瞬間が1秒もない。もはや「十旭日 純米 改良雄町70 生原酒 25BY」の方が綾瀬はるかにスッキリしてる。かのヘロキだってド頭の0.5秒は旨かったというのに・・・。夕食時にマジ飲みしたくないので、レンジ燗もしてみたけど、これが一番飲める。飲めるというか、それぞれの味がクッキリするだけで、別に旨いとは思わない。喉ティンコ目掛けて辛みの手裏剣が飛んできます。

 予定にはなかったけど、今夜は急遽「竹雀 槽搾り 山廃 純米吟醸 雄町 無濾過生 28BY」を開けることにした。これがダメなら「竹雀」については考えを改める。単に26BYの想ひ出が美化されてるだけだって? オレの犬鼻、舐めんなよ。今目の前に10本の違う酒が出てきても余裕で当てるわ。

 お燗の痺れの余韻が、冗談ではなく5分以上も続いてます。これは山廃初心者がトラウマになる不味さ。このままだと☆2は避けられない





── 2日目の夕食時。
takesuzume_yamahai_junmai28by11.jpg
takesuzume_yamahai_junmai28by12.jpg



takesuzume_yamahai_junmai28by14.jpg 立ち香──少し茶色く熟れたリンゴも出てきたけど、やっぱ全体に澱みを感じる。

 今夜もカラスはカラスのままか???──。

 うーん、もう呑みたくないし──「呑みたくない」というより、むしろ書きたくない。なんでこうなった!? イマドキここまで重い生酒も滅多にないよ。ミネラル成分 (雑穀風味?) も過剰。「黒澤チョーク」なんてもんじゃないよ。

 というわけDE、リトマスさわ子を招聘しているけど、ブっちゃけ、この流れで呑むと旨すぎ (笑) 。スゲえクリア。藪烏──この雑穀感・・・。ダメ。☆2!


takesuzume_yamahai_junmai28by13.jpg ちなみに「ミニサラダ 山わさび味」だけど、ワサビ・パートはR-15な辛さ (笑) 。まあ、このシリーズはサイズだけが魅力なので、味に関しては「三幸製菓」として並かそれ以下。やや簡易な作りなので、オイル (油の潤い) が足りてない。ま、煎餅の形したライトなスナックですね。ただし、ワサビは効いてます (笑) 。レアだから見かけると買ってしまうが、いつでも買えれば買わない商品。☆3.5です。





 一度は☆2を付けたのだが・・・。
takesuzume_yamahai_junmai28by15.jpg



 オレはこの後「雄町50」に以降してmoukan1973♀の帰りを待っていたわけだが、異なる時空で呑んでいるmoukan1973♀に電話をすると、昨日あれだけ嫌悪していたくせに、♡☺♡「それが意外に飲めるのよ (笑) 。旨くはないけど、今日は飲める。☆3」とヌカしやがる。

 あまりここで詳しくは話せないが、実は初日に開けたとき、軽くロックで呑んだりしたのよ。オレはそこまで変化はないと思ったから面倒だし記事には書かなかったけど、moukan1973♀が♡☺♡「こっちの方が飲める」と言うもんだから、それで彼女の2日目にはオレが加水したモノを持たせたというわけ──どういう意味かは各人想像してね。

 というわけDE、moukan1973♀が帰宅後、オレもその「加水ヴァージョン」を呑んでみたら、dಠಠb「飲めるじゃん (笑) 」となった。 ♡☺♡「でしょー?

 なんというか、味幅が細くなった分、イイ感じに果実的な酸っぱさが前に出て、簡単に言うとフルーティーになった。特段に旨いわけではないが、退屈なブドウ系酸っぱ酒にはなってくれたので、これなら飲めるカナートいう感じ。実はこれ、オレも昔は焼酎をお湯割りなんかで呑んでたから知ってるんだけど、お湯割りにしたモノを敢えて一晩冷蔵庫で寝かせて──「酒」と「水」をよく馴染ませて、それを翌日呑むと旨いという話があるじゃん? 要するに、ロックなんかだと「酒」と「水」がちゃんと混ざってないから、それで今ひとつ効果が出なかったんじゃないカナート。

 そんなこんなDE、残りの4合強は約10%ほど加水して馴染ませることにしました。元がゴワゴワした重い酒なので、あえて南アルプスの軟水で (笑) 。それにしても、オレの中の「竹雀像」が大きく揺らぐというか、再考を余儀なくされてる。というのも、この後に呑んだ「雄町50」が酷くてね・・・





── 3日目。

takesuzume_yamahai_junmai28by16.jpg



※加水する前に少し舐めたら甘みがだいぶ出てたんだけど、それでも重いので迷わず約10%の水 (約80ml) を一升瓶に入れた。数時間しか経ってないので、まだ「水」と「酒」が一体化してないかなー。まあいいや。味見。


takesuzume_yamahai_junmai28by17.jpg 立ち香──ややミルキーだけど、ホロ苦さもあって、そこまでイヤじゃない。ノイズはだいぶ減ったかな。ポヨみの先読みあり。液に光沢感も出てきたような──濃い酒は薄めると逆に甘くなったり香りが立つことがよくある (マメ知識) 。

 飲める (笑) 。酸のコアにアクセスしやすい。加水してからまだ5〜6時間しか経ってないからなのか、少しホワホワしてるかな。昨晩のmoukan1973♀版の方が酸がピーンとしてた。それでもこの酒、やっぱ少しゴワゴワしたアミノ酸パートあるよな。今はちょうどALC.15くらいだと思うけど、この状態でも収斂先に少しアタック強めの渋みがある。だいぶ跳ね返りや雑穀フレイヴァー (ドブ、泡盛臭) は減ったけど、別に旨い酒ではないな。

 どう考えても☆3という感じだけど、何も手を施さなければ、中には1〜2合だけ呑んで捨てる人もいるくらいの出来。まあ、今回もいろいろ経験値を上げさせてもらったわ。さすがに一升瓶に直接水を入れるヤツはなかなかいないだろ (笑) 。



takesuzume_yamahai_junmai28by18.jpg



 三幸製菓『三幸の海苔巻 (期間限定ごはんですよ!使用) 』──これ系の小包装シリーズは、普段は柿の種なんかとブレンドしてます。亀田なんかより軽いので、酒のアテには程良い。ただ、2流 (永遠のNo.2) 企業らしく、たまにピーナッツ率が80%を超えたりするので、そこは注意が必要。ごはんですよパートは醤油タレに溶けてる感じかな。いつもより少しだけテカっと甘い感じ。まあ、これは我々にとってはカヤク (トッピング) のような存在。所詮は☆3.5ポテンシャルの商品ですが、スポットで安くあればそこそこ入手します。おばあちゃんたちの「お茶うけ」としてが本来的な活躍の場だとは思います。

 このスズメは引き続き捨てずに経過観察します。ま、ここからの巻き返しはないし、かりにあったとしても世話焼かせ杉なので、☆3でフィニッシュしておきます。問題は雄町50だよ・・・。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 生酛 山廃 竹雀

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To まったり日本酒道さん



毎度です。

青い鳥 (かわいいスズメ) を探しに行ったら、藪の中で粗野なカラスに襲撃されたmoukan1972♂です (笑) 。

しかしこれ、なんともヘヴィーな酒でした。加水しないと飲めないですね。特に「雄町」は「香り、足りてない芸人」のまったり日本酒道さんが嗅いだら鼻がひん曲がると思いますよ (笑) 。火入れで1〜2年くらい寝かせた少しクセのある純米酒なんかでたまに出会う雑穀なニュアンスではありますが (つまり、そこまで独特でもない=泡盛みたいだし) 、それでも雄町の生酒でこれは凄まじいインパクトですね。

ご存知の通り、27BYの「雄町50」は「老ね or 醸造ミス」という判断でしたが、26BYの想ひ出だけは確かだと (幻ではない) 思っていて、まあ、そこが僕の「モダン山廃探求」のStart地点であって、単純な話、これが旨くなかったら、今もここまで山廃の酒を追いかけてはいないわけで、少なくとも26BYが旨かったことだけは確かなんですよね。

そんな中での「米鶴」──からの「竹雀 おりがらみ」ですね。これ、話のつながりとしては完璧というか、やっぱ27BYの雄町は変だった、ということで美しくリスタートできると思ってたんですが、再び27BY的な不味さに出会ってしまったという (笑) 。一体どっちが本物なのか──とも思いましたが、おそらく「同じ酒の別の顔」なのではないかと、そう考えないと辻褄が合いませんね。

じゃあ、どうしてここまで別の顔になるのか──これは全くの謎なんですが、論理的に考えて「劣化 (変化) 」と判断するしかないわけです。しかし、どうして最初クリスタルだったはずの酒がここまで重苦しい酒になるのか。これまで不要の酒を常温放置で実験的に老ねさせたりして味の劣化を観察してきた僕からすると、要冷蔵の生酒がたった数ヶ月でここまで劣化するというのはイメージできないんですよね。

まったり日本酒道さんが飲んだ「おりがらみ 28BY」と僕が飲んだ「雄町50 26BY」は同じ方向性の酒だと思うんですよ。これは間違いない。でも、僕が飲んだ2本の28BYは27BYの雄町寄りという (笑) 。まあ、それでも「純米」の方がキレイですかね。「雄町」は徐々にレモンアシストが駆逐されつつあります。


──なんと今日運の良いことに、「篠峯 純米吟醸 山田錦『蒼』 夏色生酒 28BY 」を外飲みできました。篠峯28BYはこれが初めてだったのですが、骨格というかフレームがものすごくしっかりしてますね(笑)。ちょっとだけガスもありました。

おっと、またしても先越された (笑) 。杜氏が「葡萄感たっぷり」みたいなこと言ってたのでそこに乗っかったんですが、まだ細いみたいですね。

「兎心」は確か「日本酒度:±0」ですね──今見たらそうです。酸度は2.1。まあ、これは上澄みハントして低い温度でガブガブ飲めればいいかなと思って買ったんですけど、意外にナヨっとした酒ですか (笑) 。やはり「房島屋」はゴリっとビシっと辛口が本命ですか。でも「酉与右衛門」なんかに比べると、ちょっと重いんですよねえ。

「白木久 black swan」──これ、黒麹じゃないですか。そういや「五橋 黒96」がまだ出ないんですよね。この手の「梅酒風」の味わいは嫌いじゃないです。それこそロックなどで加水するとイイ感じにスッキリするんですよね。「五橋 黒96」もストレートだとカルピスの原液みたいなニュアンスありましたので (笑) 。

これは頭に入れておきます。ありがとうございます。


──で、400回記念は「篠峯」ですかね(笑)。

はい。ほとんどヤラセですね。半ば無理やり開けましたよ (笑) 。

2017.07.10 Mon 10:12
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - うーむ。。

毎度です。

いつもリンクありがとうございます!

なんか気の利いたことでも書こうと考えてたんですが、何も出なかったです(笑)。僕が飲んだおりがらみの方は、米鶴の山廃純大の青い鳥が見えるくらい確かに旨かったんですがねぇ。。僕が飲んだ時は、外飲みで一升瓶の残り2合だったので、何日か置かれてたのが逆に良かったのかもしれません。モウカンさんが飲んだのが、なぜこうなってるのかは、分からないです。。

で、400回記念は「篠峯」ですかね(笑)。なんと今日運の良いことに、「篠峯 純米吟醸 山田錦『蒼』 夏色生酒 28BY 」を外飲みできました。篠峯28BYはこれが初めてだったのですが、骨格というかフレームがものすごくしっかりしてますね(笑)。ちょっとだけガスもありました。

飲み比べセットを注文して、篠峯の他は、
・兎心(たぶんモウカンさんが買ったやつ、ちょっと濁ってました)
・白木久 black swan
の2つです。

篠峯に比べると、兎心はだいぶ柔らかいし甘いです。白木久は数値が異常値のいわゆる変態酒ですね(笑)。最初酸っぱくて甘すぎてやばい酒だったんですが、温度が上がってくるとなじみ初めていい塩梅でした。

瓶を持ってきてくれなかったので、兎心がどれくらいの減り具合か確認できなかったのですが、僕の飲んだものにはガスがほぼなかったのですが、あれにガスがあればいい具合に飲めると思います。ガスがないと、モウカン夫妻にはちょっと甘いかもです。甘いのを飲みたくなったときに開けてみてください。

飲めば明白なんですが、兎心と房島屋はけっこう違います。蔵元として作りたい酒は房島屋だそうで、でも、兎心はよく売れるとのことでした(笑)。僕も兎心が好きです(笑)

篠峯は、味はまだあんまり出ていなかったかな。もし開けてないなら、もっと引っ張ったほうが良さそうです。最初に兎心を飲んだせいでそう感じるだけかもですが(笑)。
2017.07.10 Mon 01:08
Edit | Reply |  

Add your comment