◤篠峯 - 純米吟醸 五百万石 中取り生原酒 ── dಠಠb「篠峯にしては珍しくドライなセメダイン系だが、食中酒としてのポテンシャルは極めて高い」#Fresh, Dry 




 酒屋スタッフの評価が高いわりに、意外と日本酒ブログというワールドに登場しない篠峯。別に玄人好みな味わいというわけでもないのに不思議。特にろくまるシリーズなんかは分かりやすくキャッチーだし、通常の篠峯だって決して難解な酒質じゃない。実際、オレが本格的に日本酒にハマるキッカケになった銘柄なわけだし。

 まあいいさ、だったらオレが宣伝部長になってやる!



shinomine_jungin_gohyaku1.jpg

shinomine_jungin_gohyaku4.jpg
 bottle size:1800ml



【080】篠峯 -しのみね- 純米吟醸 五百万石 中取り生原酒 27BY <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:




 26BYに初登場した「純米吟醸 中取り 生原酒」。他の商品のようにラベルで使用米を高らかに歌わないのは、そのコンセプトが「原酒でアルコール度数が15度台」というところにあるから。必ずしも低アルコールというわけでもないけど、他の篠峯の生原酒系に比べると明らかに飲み口は軽やか。26BYは雄山錦のみの展開だったが、27BYには五百万石が加わった。

 だが注意が必要!

 ラベルが両方とも同じで、しかも使用米のクレジットがない。じゃあどうするんだ?という話だけど、販売店で確認して下さいとしか言えない。

 26BYは雄山錦を飲んだので、27BYは五百万石を買ってみたワケじゃなくて、単に五百万石の方が2週間ばかり先にドロップされたので、「なんだ27BYは米違いか」と思って買ってしまっただけ (笑) 。

 立ち香は──

 あれ? 篠峯にしては珍しくセメダイン系?

 11月リリースの酒を今まで寝かしていたから?──いやいや、寝かせてセメダインが成長するとか、そんなワキャあるまいよ。

 我が家の習わしとして、夫婦で乾杯した後、まず最初に♡☺♡ (妻) に飲ませる。彼女は基本バカ舌なので、先にオレが飲んでアーダコーダ言うと自分の感想をオレになびかせてしまうから。だいたい「うわっ」とか「ああ!」とかしか言わないから、決まってオレが「甘い?酸っぱい?苦い?」と聞き直してはじめて「甘い!」だの「酸っぱい!」だの言う。というわけで、本日のmoukan1973♀のファースト・インプレッションは如何に──。

♡☺♡「うわ、かなり熟してる


shinomine_jungin_gohyaku3.jpg それではワタクシもいただくとしますか。

 約5ヶ月ほど引っ張ってみたけど、篠峯特有のやや強めのガス感は健在。ちょっとした百春や風の森くらいはある。基本強い酒なので、半年くらいじゃビクともしません。

 ああ、確かに少し熟感あるな。よく雄町なんかで感じるドライフルーツ感がさりげなく出てる。ただ、味のプロポーションが崩れてないから、果実がブチャっと柔らかく潰れたような熟感はない。セメダイン的な香りもあるにはあるが、あくまでもクリアな酸なので、苦手な人が気になるレベルではないと思う。リリースに五百万石らしい粉っぽい苦みもあるけど、これはこれでタイトな飲み口を支えてる感じだ。今日は前半戦で花陽浴の純大山田錦を飲んだから、余計にドライ感が強調されやすいんだけど。

shinomine_jungin_gohyaku2.jpg おっ、飲み進むにつれて味が開いてセメダイン的な酸にバニラリーな甘やかさが追走しはじめたぞ。ジュワっとしたガス感と相まって一気にジューシーさが全開に。篠峯にしては硬いっちゃ硬い酒質だけど、このシャープでドライなタッチは、食中酒としてはエレガントかつスマートな表情に映る。篠峯のド定番「凛々 (雄町60生原酒) 」の26BYもややドライなタッチだったけど、これはそれよりドライな設計かな。つうことは27BYの凛々はどうなってんだろ? 冷蔵庫が落ち着いたら720mlで飲んどくか。

 とはいえ、温度が上がってくるとグングン香りに甘やかさが出てくる。嗅覚がセメダインに寄り添うと鶴齢チック、バニラに寄り添うと風の森/山田錦60や長陽福娘/辛口山田錦60あたりのフルーツ感も顔を出してくる。それらよりライトな飲み口だけど、決してボディが痩せ細ってるわけじゃない。カチっとメリハリのある味設計の中に様々な要素をバランス良く無駄なく詰め込むあたりは流石。やっぱ好きだわ、篠峯。

 篠峯初心者にこれを薦めるかと言われると微妙ではあるけど、長陽福娘や風の森のドライな部分に寄り添うことのできる飲み手なら一度は口にしておいて損はないかな。実際、フラっと入ったフレンチやイタリアンの食前酒にこれがシャンパングラスで出てきたら、

 やるじゃねえかコノヤロウ──

というハイテンションには包まれるな、少なくともオレは。でもまあ、はじめての篠峯なら「純吟雄町60凛々」とか「純大雄町50明利酵母Ver」とか「純吟八反生」とか「ろくまる山田錦/八反」あたりを薦めておきます。

 明日はもっと甘くなるかな。タノチミ (楽しみ) 。






── 2日目。


 オヨ? 立ち香からセメダインが消えたな。かき氷の苺シロップみたいな、ちょい果実風味のある甘やかさも。だけど、含むとまだまだ硬い。ガス感のある少し粉っぽい苦みはまだ溶存中。原酒としてのライトネスがあるから、割にゴクゴク/ガブガブ飲めちゃう危険なタッチ。

 グラスを放置しておくと初日にはなかった酸っぱみも顔を出す。♡☺♡は今日の方が旨いと言ってるが、オレはどうだろ、初日のカッチリしたラインの方が2日目よりは好きかな。なんとも掴みどろこのない2日目だ。角度によってはエラくCOOL BEAUTYに見える酒だが、メイクの落ちはじめる夕方以降の顔はまだ出てきてない。




── 3日目。


 ガスもセメダインも完全に消えた。初日のセメダイン、あれ何だったんだろ?

 ちょい水っぽくなったものの、相変わらず心地良い舌触り。この旨すぎない感じは意外に重宝する。あんま篠峯っぽさは感じられないんだけど、これはこれで。

 明日でなくなります。




── 4日目。


 なんかある意味、前時代的な〝酒感〟出てきたな。これ、吉田類なら間違いなく「ああ〜、こうスゥ〜と喉に辛口が入って来ますねえ」とか言うタッチじゃねえの (笑) ? 普段こういう酒を口に入れないから、なんか逆に新鮮だわ。篠峯らしいエレガンスを保持しつつ、ワンランクツーランク上の辛口オヤジ酒つうか。全体にはほんのりフルーティーでオサレだけどな。オレが酒屋なら「辛口の酒ありますか?」言う年配の客にシレっとこれ薦めるわ (笑) 。なんだかんだ楽しめたけど、篠峯ビギナーには薦めないかな。


moukan1972♂




🔖 関連記事

【049】風の森 山田錦 純米吟醸しぼり華 27BY <奈良> (2016/2/19)
【055】長陽福娘 限定直汲 純米辛口 山田錦 無濾過生原酒 27BY <山口> (2016/2/27)


📖 参照記事

【つーたんの“一期一会”】「篠峯」醸造元 千代酒造 堺哲也氏を迎えて (2007/10/8)


篠峯

Comment

Add your comment