◤米鶴 - 純米 発泡にごり 生酒 28BY ── ♡☺♡「この手のジャンルは、たいてい同じ味がする (爆笑) 」#Shuwa-Shuwa, Nigori 



検索ワード:


yonetsuru_nigori28by2.jpg 本当は「貴ニゴリ」と味クラーヴェしようと思ってたんだけど、1週間経っても上澄みが完全分離しないので、サクっと連続で開ける、米鶴です。

 販売部の渡部さん (写真右) によると、地元の酒屋以外ではあまり出回ってないそうで、この酒の前に開けた「純米 亀の尾65 生原酒 28BY」同様、たぶん都内の攻めてる地酒屋なんかでは逆に買えないタイプの商品です──同じ醪のブルーラベル「夏の生酒」は割りとネットでも見かけるけど──と思ってたら、このニゴリ、馴染みのある、某奈良の酒屋で売ってらあ。やるな、オヤジ (笑) 。


yonetsuru_nigori28by1.jpg 使用米は「麹米:出羽の里、掛米:出羽きらり、酵母:協会1801号+協会901号」で磨き65、数値は「日本酒度:+3、酸度:1.3、ALC.15」で、試飲イベントのときに渡部さんに訊いたら、たしか加水してると言ってたな。もうあれから2ヶ月か。彼が言うには「飲み頃はまだ先」という話だったけど、瓶内二次発酵系は酵母の働き方が読めないので、ガスが増えるか、甘みが減るか──またはそれらの逆か、複合か、開けてみるまでわからないけど、試飲した感じだと素直な乳酸系という印象なので、爽やかな☆4を希望。

 最近は味のしないニゴリばかりを引いてるので、ちゃんと上澄みがキャッチーにフルーティーなら夫婦で笑顔になってみせるよ。




yonetsuru_nigori28by3.jpg
 ▲これは本当に偶然だけど、似てる!!!


yonetsuru_nigori28by5.jpg
 ▲なかなか素敵なメガネですよ〜。サイズ感もバッチリ。白も枯れた老人には似合ってます。


yonetsuru_nigori28by4.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆½

【396】米鶴 -よねつる- 純米 発泡にごり 生酒 28BY <山形>

米鶴酒造 株式会社:http://yonetsuru.com


Moukan's tag:



yonetsuru_nigori28by7.jpg
 ▲開栓は余裕。上澄みハントも可能。



yonetsuru_nigori28by6.jpg 立ち香──穏やかっすねえ。まだ冷たいということもあるし、撹拌してないので、そこまで露骨なカルピスはないかなあ。液性にキラン☆とした輝きの先読みあり。

 前日にたらふくシャンを飲ませたから文句は言わせない──。

 ♡☺♡「普通に旨い。イヤな感じも一切ない代わりに、このジャンルとして特筆すべきものもない──けど、別に美味しく飲める。でも、たぶんアンタは『苦いな』と言うと思う


 苦いな (笑) 。うーん、結構ドライかなー。どうしてもこの手のシュワシュワ酒にはキラキラしたフルーティネスを求めてしまうんだよねえ。ま、基本的にイベントで試飲した時と同じ印象で、あの頃と状態がほとんど変わってないぞ。つまり、全く熟成が進んでない。

 ガスはそこらの直汲みをメガ盛りにしたくらいはあるので十分だと思います。そして、いつも言ってるし書いてることだけど、「いかに萩の鶴 別撰 27BYが旨かった」かという──この一言に尽きるんだよね。もうこの手のジャンルはココを超えて来ない限り我々が感動することは一生ないだろうね。横でmoukan1973♀も頷いてるよ。



yonetsuru_nigori28by9.jpg



 撹拌して──ほんの「うすにごり」程度です。

 こっちの方が甘みが増してカルピス感が出るカナート。まあ、苦しゅうない☆3.5という感じ。

 ♡☺♡「この手のジャンルは、たいてい同じ味がする (爆笑) 」──この人、遂に言ってしまったよ、みんな心の底では思ってたけど我慢して黙っていた禁句を。ま、シャキっとドライで、ほんのりツルんと甘くて、味幅もスリムの一歩手前で、旨口ほどの広がりはなく、そこそこ楽しい乾杯酒としての使命はギリギリ果たせそうだし、ノイジーな飲み口はどこにもないので、まあ、別に飲めます。

 日曜だし、ポジティブに楽しんで行くよ





そして突然に始まる味クラーヴェ!!!


 ◤米鶴 - 米の力 純米 亀の尾65 生原酒 28BY
yonetsuru_nigori28by10.jpg



 ♡☺♡「ドライフルーツ感、バリバリ。でも酸が足りてるから旨い。でもクリアだね。食事には合う
 dಠಠb「ドライフルーツじゃねえよ、焦げた砂糖だよ。ミルクキャラメルだよ

 アフターはホロ苦いけど、コアにはハチミツみたいな甘みもある。酒としては甘いけど、キャラメルとしては甘さ控えめみたいな、そんなバランス。ちょっと跳ね返りは辛いけど、基本的にはイイ酒だと思います。何度も言うが、イマドキの地酒を扱う攻めてる酒屋の冷蔵庫からサクっとこれよりモダンでキュートな純米65生が出てくるとは簡単にはイメージできない。ま、そこは店主のセンスにもよるが。





 ◤黒澤 - 生酛 純米 直汲み生原酒 仕込45 赤ラベル 28BY
yonetsuru_nigori28by11.jpg
 ▲300mlサイズにカスタマイズしたラベルが異様にカワイイ件。


 ♡☺♡「かなりソリッドじゃん。超ソリッドなんすけど──スーパーソリッドきたー! 好みはこっちかなー

 軟水仕込みなのに少し過剰なミネラル感がそうさせてるのか、かなりの鉄筋コンクリートな骨格を感じる。香りも味もこの流れで含むと全く日本酒っぽくない。そして、このサイズに移してからもう10日くらい経つけど、全然劣化してないあたりは生酛的な強さか。香りは完全に「草」「ハッカ」と言った感じ。面白い。

 ♡☺♡「草感、あるねえ。オカワリするならアタシは黒ちゃん

 米子返し──。

 ♡☺♡「あれ? 旨いな (笑) 」──キャラメル・マキアート。初日の一口目は絶対にグイ呑みでクリスタル探しが至上命令だが、甘みが出てキャラ変した後はワイングラスの方がいいね。オレの中では「米鶴 生酛 純米 中取り生 仕込み22号」と「六十餘洲 雄町生」のちょうど中間に位置するような酒。





 ◤リトマス陽子
yonetsuru_nigori28by12.jpg



 ♡☺♡「これは別格。これが一番旨い。ロシアのサンクトペテルブルグで飲んだグルジア産の白ワインの味にそっくり」──うちの近所にグルジアのワインが飲める店があったんだけど、去年の7月に閉店してらあ。

 無駄がない。見晴らしの良さがハンパない。なんかどんどん良くなってるな。液体としての統一感、一体感がツーランク上ですね。こうして飲み比べるとこれが一番スリムでピターンと背筋が伸びたストラクチャーです。熟香や熟味も乗ってくるけど、芯がしなやかだから味が暴れないよ。





 ◤ギィ・チボーとナタリー・ファルメのNVを1:1でブレンド
yonetsuru_nigori28by13.jpg



 シャン記事は以下を御参照ください。

 ◤Guy Thibaut / ギィ・チボー ブリュット グラン・クリュ NV 2本目!
 ◤Nathalie Falmet / ナタリー・ファルメ ブリュット NV 2本目!





── 2日目。

yonetsuru_nigori28by14.jpg
 ▲後ろに黒船瓶が・・・。



 立ち香──ちょっとグレープフルーツみたいな「甘・苦・酸」の形成。香りの質量は今日の方が多め。

 なぜか月曜の19時45分から家にいる泡姫──。

yonetsuru_nigori28by15.jpg ♡☺♡「旨いな (笑) 。いい苦み。これ、飲んじゃうな

 まあまあかな。昨日よりは甘みというか、全体に味が出てる。それでもまあ、普通に普通を上書きして、それでも足りずに普通を100回書き足して尚、それでも普通の出来栄えですね。

 泡としてのチャーミングさには欠けるものの、特に不快に感じる要素もないので、普通にノーストレスに呑めることは喜ばしいけれど、酒そのものに特段の喜ばしさはヌワイ。☆3.5ですね。良くも悪くも米鶴的な優等生的フィネスが裏目に出た感じです。もっと遊んでいいと思います。梅津社長、見てる? もうすぐオレの方が「米鶴」のこと分かり出すと思うよ (笑) 。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 米鶴 メガネと酒

Comment

Add your comment