もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 遂に今年2本目の☆6が降臨。←失礼、3本目 (笑) 。
〜 日本酒の家呑みレポ&本日の1曲、安センベイ評、時々メガネ警察〜

◤花巴 - 山廃 純米大吟醸 酵母無添加 無濾過生原酒 28BY ── dಠಠb「今季もスプラッシュは地雷の模様、この透明な純大は決して凄い酒ではないが、凄くいい酒」#Fresh, Fruity, Wine Oriented 



検索ワード:



 ◤仁義なき戦い
仁義なき戦い


 ◤エグザイル/絆
エグザイル絆




hanatomoe_yamahai_jundai28by3.jpg ついにアタリを引くのか花巴 (はなともえ) です。よくmoukan1973♀が「花邑 (はなむら) 」と間違えますが、今日を以て二度と間違えることはなくなると思います。なぜなら酸ファイヤー (Sun-Fire) な──そう「牛乳@お花畑」とは対極にあるような酒質であり、むしろ今後は「花邑」を見て♡☺♡「あ、花巴!」と間違えて欲しいと思います。

 専務兼、蔵元杜氏である橋本晃明氏 (20BYより杜氏に就任) の希望で17BYより始めたという「山廃における酵母無添加仕込み」は、今では「速醸」にも波及してます──乳酸菌だけ投与して酵母は蔵付きを使う。他にも「水酛 (菩提酛) 仕込み」など、とにかくエクストリームに酸っぱい酒を醸す銘柄として有名です。生産規模は25BYの時点で150石ほどなので、思ってたより小さな蔵。というのも、たまたまうちの近所には扱い店がゴロゴロ (池袋西武・新宿伊勢丹・地酒屋ごだま) あるから、日本酒初心者時代から逆にあまり注目して来なかったのは皮肉というか怠慢。


 去年呑んだ「山廃 純米大吟醸 Splash (スプラッシュ) 生酒 27BY」が味のしないダメ泡だったので再飲の機会が遅くなってしまったけど、もはや我々夫婦にとっては「新たな安心銘柄」になるポテンシャルを秘めているんじゃないかと思っていたところ、非速醸推しの読者さんが先に当たりに行って「カロリーオフ」を感じたらしいので、うちらも乗っかりました。

 この前説は呑んだ後に書いてるけど、これ「日本酒度:±0、酸度:3.7」だったのな。そりゃちゃんと酸っぱいはずだわ (笑) 。




hanatomoe_yamahai_jundai28by1.jpg

hanatomoe_yamahai_jundai28by2.jpg
 bottle size:720ml


 酸FIRE - Keep Rockin' My Love (1982)
 




SAKE GRADE:☆☆☆☆½

【392】花巴 -はなともえ- 山廃 純米大吟醸 酵母無添加 無濾過生原酒 28BY <奈良>

美吉野醸造 株式会社:http://www.hanatomoe.com


Moukan's tag:




 金曜に9本も日本酒が届くし「酉与右衛門」も買いたいし、いいかげん「日輪田 (萩の鶴の山廃Ver的な酒) 」の28BYにもエントリーしたいしで──ストックを見渡しても篠峯の28BY以外はそれほど地雷な酒もなさそうだし──、今週はサクサク飲んでサクサク書いてサクサク☆4以上を付けたいカナート思ってますが、スワテ。



hanatomoe_yamahai_jundai28by4.jpg

 
 ▲どうでもいいことだけど、一応、コレが謎歌の種明かしということらしい (笑) 。



 立ち香──そんなにグイグイと攻め込んで来るわけじゃないけど、明るく健康的に溌剌と、赤よりは白いブドウ。ちょっとテロっと舌に乗っかる蜜っぽい甘さの先読みあり。なんか思ってたよりも甘そうな感じ。「昇龍蓬莱 槽場直詰シリーズ」「酉与右衛門」なんかを呑んだことある人にとっては取っ付きやすい香りです。乳酸フレイヴァーはそこまで感じないけど、酸っぱさを象るクッキリした酸のオーラはある。でもなんとなく甘さのニュアンスの方が強いような。

 まずは呑んでみる──。


hanatomoe_yamahai_jundai28by5.jpg うわ、結構濃いな (笑) 。ガスはあるっちゃあるレベル──これがあることでガス人間が騒ぐことはない。たとえば「大倉 山廃 純米大吟醸 雄山錦 直汲み 無濾過生原酒 28BY」なんかに比べてストラクチャー (酒の骨格) は堅牢。やはり先読み通りのテロっとした粘度のある甘みが舌に絡むが、そこは山廃、旨みは過剰に膨らまず、液にテカリを与えるだけにとどまって、着地はジューシイな渋み──雑巾を絞って出てきた果汁のような力強い酸のコアに吸い込まれていく。

 一つ言っておくと、これはアミノ酸度は低くないです。むしろ高めのはず。

 とはいえ、いいですね。オレンジ・ピールのような苦み&渋みが逆に酒の中のフルーティネスを裏側から支える感じ。ちょうど「酉与右衛門 亀の尾 (速醸Ver) 」がその味や香りに関する属性を引き継いで山廃になっていたとしたら、こんな感じのソリッドさを獲得していたんじゃないかな。ただし「花巴」の方が南国チックな明るいトーンの酸です。スプラッシュの上澄みにもこの明るさがあればいいんだけど。

 DE、「カロリーオフ」に関する話だけど、旨みに対するプレス感がそこそこ効いてるのと──味の膨らみ (五味の暴れ) が山廃的な酸によって程よく押さえつけられてる──、精米歩合50による雑味の少なさ+高酸度+山廃という諸々の要素が総体として「軽さ」を感じさせるだけであって、むしろ舌にジュっと焼きつくこの渋み、これが高アミノ酸度由来の──フルーツの皮のような実体感です

 たとえばアミノ酸度が低めに推移すると、酒の液性が滑らかでシルキーになるので──その代表格が「十四代 特別本醸造 本丸」とも言える──、その場合、ここまでの「フルーツの皮」は味として質的に表現されない。もちろん、ミネラル成分とのバランスもあるので、一概には法則化することはできないけれど、少なくともこの酒は、液面にヌルっとしたテカリこそあれど、液性そのものが一部の山形吟醸のようにツルピカで軽いわけではない──つまり、アミノ酸度は高い、はず。よって、残念ながら「米鶴 山廃純大」とはカロリーオフネスとクリスタルネスの表現において「同じ組」にすら入れません

 もしも今、目の前に「米鶴 山廃純大」があって同時に飲み比べたなら、この「花巴」はさっきまでの印象が単なる錯乱だったと怖くなるほどに重い酒に感じると思う。むしろこの酒は高酸度由来のアクセンテッドなプレス感とポヨみ豊かなテカる甘みとの拮抗感こそを楽しむ酒で、軽さや滑らかさを楽しむ酒ではない。高アミノ酸度由来の舌に焼きつく力強い着地感は、いわばこの両者の甘酸バトルを厳しく見つめるレフリーのような存在で、そう考えると、実は数値が表すほどピーキーな酒ではなく、あくまでも張り出した数値同士の不思議なほどの友好的な拮抗感 (バランス感) によってイイ酒たり得ていると言えるかもしれない。酸っぱいだのなんだのはあくまでも表面的な属性に過ぎないし、そんなもんは白人を見て「色白ですね」──黒人を見て「色黒ですね」──酔っ払いを見て「顔赤いですね」と言うようなものだろう。



hanatomoe_yamahai_jundai28by6.jpg
 アーモンドよりマカダミアの方が好み。なぜかこっちからは「夏のお祭り」を感じる。たぶんアーモンドはもう買わない。ほとんど同じだけど僅かなニュアンスの違い。☆4です。






 ワイングラスで──。

hanatomoe_yamahai_jundai28by7.jpg 話がマニアックな方向にズレたけど、酒そのものは大満足の☆4.5。まさにデイリーユースで気軽に楽しめ、かつ歴然とサンタリーテ (単純に酸っぱい・笑) で、これは絶対に同じ値段の白ワインではなかなか太刀打ちできない液体だと思う。

 おや、ワイングラスだと甘みの第二波がある。琥珀カラーな米の旨みの球体にも出会う。これは文句ナシにいい酒。完成度高いです。とにかくバランスがいいし、一切の無駄がない。個人的にはもっと軽くていいけど、温度が上がってくると浮遊感 も出てくるので──抑圧されていた五味が蠢き出す──、酸の拘束力が弱まって柔らかさ (愛らしさ) も前に出てくるかな。決して凄い酒ではないが、凄くいい酒です



hanatomoe_yamahai_jundai28by8.jpg



 まさかこれとの比較でリトマス陽子の方が軽いはないよな──。

 まあ、軽いのは、当然、花子でしょう。花子──とにかくフィニッシュにおける、高アミノ酸度由来の舌へのジュっとした根性焼き感がいいんだよね。そりゃシャンのブラン・ド・ブランには適わないけど、このジュっと舌表面の味覚レセプターが一瞬縮こまる着地感こそが心地良い。陽子──うん、さすがに軽さで花子に負けた。そりゃそうか (笑) 。ジュース・パートは熟々だけど、味曲線は優雅で美しい。酸も力強いね。


 花子──この対決においては超絶カロリーオフ (笑) 。それでもモダン山廃としてのクリスタルネスは「米鶴 山廃純大」には遠く及ばないかな。でも、これはこれじゃない? むしろ酉与右衛門・亀の尾組が飲むべき酒。いろいろ見えてくると思いますよ。クリスタルネスな方向性での軽さではなく、単純に砂糖不使用のジャムとしての差異──ま、この意味おいてはカロリーオフではあるか。あとは「巖 生酛 特別純米 赤ラベル ”改” 本生 28BY」ね。この山廃が美しいカロリーオフネスを体得していないとしても、この生酛に比べれば圧倒的に軽いです。

 同じ銘柄の同じ酒米の同じ精米歩合の同じ酵母使用の「速醸/山廃」比較が思ったより面白くないのは、仕上がりの味や香りにおいて「純粋にそこだけの違い」が現れるわけではなから──そこはコーラやポカリスエットのダイエット版とは違う。たとえば映画で言えば、それはまるで同じ監督のサスペンスとラブストーリーを比較するようなもので、だったら違う監督の似たような方向性の作品同士を比較した方が実り多い。つまり、同じバイオレンス・アクション映画として、コテコテな暴力表現 (速醸) とスタイリッシュなそれ (山廃) との比較というか。同じ銘柄で同じ酒米で同じ磨きなら似たような酒になるというのは、発想としては少しナイーブでした。

hanatomoe_yamahai_jundai28by9.jpg オレ的にこの酒に☆5を付けるとしたら、あと何を求めるだろう。それは驚きかな。正直、ジュース・パートに関しては他のいろいろな銘柄の酒を想ひ出してしまう。たとえば先週の金曜に飲んだ「長陽福娘 限定直汲み 純米吟醸 山口9E酵母 27BY」なんかは、もう含んだ瞬間にオレをアナザーワールドに連れてってくれるわけ。

 やっぱちゃんとした甘みもあるね。☆4.5です。「米鶴」以降、一連の非速醸トピックスをオレや読者さんと一緒に楽しんできた人は飲んでおいた方がいい。たとえば「木戸泉 白玉香」なんかよりは都会的でチャーミングですね。「昇龍蓬莱 槽場直詰シリーズ」よりは圧倒的に軽いです。そして、キング米鶴の地位が揺らぐことはない。所詮「大倉 純大 雄山錦45 直汲み」は子供騙しだと思います──それでも最初の一合の煌めきだけは真実であって、刹那の美しさと楽しく戯れることがきたという意味では、買って飲んで体験して記事にできてよかったと思ってる──つうか、これこそアミノ酸度の低い酒だよ。


hanatomoe_yamahai_jundai28by10.jpg しかしまあ、2017年における夏酒とは山廃生のことなんじゃないの? 10年後に「而今」や「鍋島」や「十四代」も夏酒オンリーで山廃をやる未来が訪れれば楽しいけど、連中はこういう酒をちゃんと定点観測してるんだろうか。

 おっと「黒澤」の香りは超スパイシー (笑) 。含むと諸々が凄まじい。まるで生姜のシナモン漬け。これはこれで強烈。花子は奈良の美味しいレモン水です──というのは冗談で、やっぱストラクチャーは堅牢。これは熟成にも耐えられる酒質だと思います。どのパートがどういう風に膨らむのか──あるいは削げるのか、それはわからないけど、ヘナヘナにブチャけてヘタることはないと思う。ま、そこそこミネラル成分がサラニガの粉塵をまき散らしてるので、スモーキーなタッチは表に出てくるだろうね。ああ、今、飲みたい、陽子27歳の山口9E──私を異世界に連れてって。 

 最後に──これ意外に重要なことだと思うけど──、この酒、無理に「無濾過」で瓶詰めする必要はないと思う。むしろ少し濾過した方がビューティー指数が上がって、この酒質には相応しい輝きを得られると思うな。まだ1合弱あるので、2日目、飲めます。しかし長えな。オレは軽く済ませたいんだよ。いろいろわかりすぎても逆に疲れるな。酒に関しては遠視気味だよ、最近。





── 2日目。


hanatomoe_yamahai_jundai28by11.jpg



 立ち香──やっぱ甘さに乗っかって来るような立体感あるなあ。この手の山廃にあっては十全とフルーティー。

 甘さに少し砂糖の結晶化のようなタッチもあるけど──少しダレそうになる瞬間もあるが──、ちゃんと山廃ライクなプレス感によって諌められるから、甘ダレようとする酒の背筋にバシっと酸の竹刀が打ち込まれる。アクセンテッドな着地感は相変わらず力強い。まあ、今日のこのコンディションに関してはカロリーオフなニュアンスもあるっちゃあるけど、やっぱアミノ酸度はしっかりしてると思う。

 今日もいいっすね。残りが一合切ってるので参考程度だけど、やや水っぽい今日の感じも偽装クリスタルというタッチで美しいです (笑) 。なんか今日はやたら軽く感じるな。「秋鹿 純米 多酸 生原酒 26BY」と比べたいから、ちょっと移動するわ。続きはそっちで。

 ☆4.5でフィニッシュです。


moukan1972♂






日本酒 生酛 山廃 花巴

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To おみずさん



毎度です。


──スプラッシュ飲みました・・・何かうっすらと花巴を感じますが苦みが酷いっす。そして飲み切れず捨てました・・・

ここにも被害者が (笑) 。そう考えると27BYは上澄みハントできて味がしないだけマシという感じですかね? ホント、普通の純大の味と香りでそのままスプラッシュすりゃ凄まじい傑作になるんですけど、やっぱ二次発酵系で輝かしくフルーティーに仕上げるのは難しいようですね。普通の純大は口の中が眩しくて夏向けのイイ酒です。キンキンに冷やしてビーチで飲んだら最高でしょうね。バーベキュー (肉) なんかにもバッチリ合いますよ。


──石川の天平寺ってニゴリも最近飲んだのですが例年甘酸で良い感じらしいのですが苦みしかなくてダメでした。花巴のスプラッシュなど赤子!ぐらいの苦みでみんなで1合飲んで9合捨てました・・・(´・ω・)

その苦み、知ってますよ。子供が泣き出すレベルの苦み (笑) 。僕も「三千櫻」と「木戸泉」でヤラれたことありますが、ほとんど罰ゲーム状態という (笑) 。「三千櫻」の山田杜氏には面と向かってハッキリ言ったんですが、なんかはぐらかされましたね。彼が言うには「買ってすぐに飲んだ方がいい」と言ってましたが。。

ニゴリはなかなか当たりの引けないジャンルですが、そう考えると「居谷里 山廃純米吟醸 ばくだん」なんかはマシというか、普通に旨かったですね。「仙禽 ゆきだるま」も面白くはないですが、ジュースとしてはキャッチーなので、一定の役目は果たしてるカナート。


2017.07.06 Thu 16:38
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - No title

スプラッシュ飲みました・・・何かうっすらと花巴を感じますが苦みが酷いっす。
そして飲み切れず捨てました・・・
26byはちゃんと甘酸あって美味しかった記憶があるんですが28byはもう2年前の影すらないですね。
ちなみに純大のほうも買ってあるのでそちらは楽しみです。

石川の天平寺ってニゴリも最近飲んだのですが例年甘酸で良い感じらしいのですが苦みしかなくてダメでした。
花巴のスプラッシュなど赤子!ぐらいの苦みでみんなで1合飲んで9合捨てました・・・(´・ω・)
酒屋の感想では良い出来だったらしいのですがロット差なのか・・・
この滓からくるであろう苦みの原因は何か知りたいな~と思ってます(笑)
2017.07.06 Thu 15:57
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To マイルドさん



毎度です。

たった半年前まで「酸味強調系は苦手」と言っていたマイルドさんが車で40分かけて「酸度:3.7」の酒を買いに行くんですから、世の中、何が起きても不思議はありません──冗談です (笑) 。

しかしスプラッシュまで行くとは!
これ、同じ醪の可能性大ですが、ちょっとキャラが違い過ぎますよね。27BYは上澄みハントできたのでまだマシでしたが。


──単純に砂糖不使用のジャムとしての差異──これは刺さりました(笑)

正直「酉与右衛門・亀ノ尾の速醸/山廃違い」より、花巴を酉与右衛門の速醸にブツけた方が充実した比較ができるでしょうね。この、山廃的な味の膨らまない平面ジャムという (笑) 。それでも美山錦には果敢に当たりに行きますけど。


──私は「アミノ酸高め」系は苦手ですが「フルーツの皮の苦味」なんかは平気でちょっと新しい味覚の幅の発見がありました(笑)

どうやら杜氏は狙ってやってる感じらしいですが、中間域が軽い──ていうかペタンコなので、全体のバランスとしてはいいんじゃないですかね。一口目は「甘い、濃い」と思ったんですが、この高アミノ酸度による舌へのアタックがあるのでダレずにスイスイ飲めました。今季は他のスペックを2〜3本は飲んでみようと思ってます。


──ハチミツドレッシングの根菜ローストを合わせましたが、かなり良かったですよー、うまし。

偶然とはいえ、すべてのアクションが「記事とほぼ同時」という (笑) 。さすがです。素早い。

2017.06.29 Thu 01:19
Edit | Reply |  

Name - マイルド  

Title - 

こんばんは

これはたまたま近く(といっても車で40分くらい)に
入っていたので「スプラッシュ」と同時にゲットしてました。
ちなみに「スプラッシュ」は、残念でした。
この純大に炭酸入れりゃまだいいだろって思いました。

単純に砂糖不使用のジャムとしての差異──
これは刺さりました(笑)

私は「アミノ酸高め」系は苦手ですが
「フルーツの皮の苦味」なんかは平気で
ちょっと新しい味覚の幅の発見がありました(笑)

ハチミツドレッシングの根菜ローストを合わせましたが
かなり良かったですよー、うまし。
モウカンさんの読み通り。
ってかこれたまたまうちの人が飲み会のお惣菜を
持って帰ってきただけのやつですがね、、、(笑)

2017.06.29 Thu 00:24
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To NTさん



毎度です。


──花巴は過去に2,3度家のみしたことがあるのですが、いずれも、日本酒度が-10近く、酸度が3以上というかなり振り切れたスペックで、強烈に甘酸っぱく、飲みにくかったので、そういう酒だと思い込んでたのですが

水酛もなかなか振り切れてますね (笑) 。この純大は舌に渋みの着地感あってアクセンテッドですが (フルーツの皮みたい) 、旨みがペタンコに潰れる感じは山廃らしさ出てますね。甘みも液に対してのツヤ出しとして乗ってくる感じなので、重さはないです。ま、酸っぱいは酸っぱいですが、蜂蜜をアテに飲んでも旨そうではあります (笑) 。

露骨な乳酸 (重めのヨーグルト感) もないので嚥下はスムースです。夏酒を謳ってるそこらの夏酒よりよっぽど上質カジュアルな夏酒じゃないですかね。少なくとも「飲みにくい」ということはないと思いますよ。

ただし、速醸とは旨みの立体感が別物です。ここをどう感じるかでしょうね。


2017.06.28 Wed 14:13
Edit | Reply |  

Name - NT  

Title - 花巴

花巴は過去に2,3度家のみしたことがあるのですが、いずれも、日本酒度が-10近く、酸度が3以上というかなり振り切れたスペックで、強烈に甘酸っぱく、飲みにくかったので、そういう酒だと思い込んでたのですが、登酒店でスペック確認すると、そういう振り切れたスペックなのは4段仕込みだけで、その他は、日本酒度は0以上だったんですね。 なかなかよさげなので、来週当たり、在庫ないか、いきつけに探しに行こうかと思っとります。
2017.06.28 Wed 14:00
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

奈良の「登酒店」はよく使う店なので、花巴はいつでも同梱の準備できてました──イケセイで買えという話もありますが (笑) 。なかなか自分で当たりに行けないので、いつも助かってます。ありがとうございます。今回の純大はmoukan1973♀も超気に入ったようで、また飲みたいと言ってます。初日の方が味が出てましたが、2日目の薄まった状態の方がクリスタルの夢が見れますね (笑) 。いずれにせよ、堂々の☆4.5です。美味しく頂きました。


──当たってみて、お勧めできるのをお知らせして、もう一本買っておいて、記事を拝見しながら追体験…って、これじゃあ通信教育だ(笑)

最終的には自分が美味しく飲めればそれが正義なので、僕の記事はあくまでもサブテキスト程度に楽しんでくれればと思いますが、これから再飲するのなら、是非、この酒の中にある「高アミノ酸度パート」が「フルーツの皮的な苦み」にコネクトしている点を感じてみて下さい。最後に舌に残る、少し雑味やエグ味に近い渋み、これが高アミノ酸度由来のザラつきです。

結局はバランス次第ですが、この雑味 (エグ味) をもう少し小さくすると、この酒はもっと良くなると僕は考えてます。そのために「無濾過」を卒業することも一つの選択です。蒙昧的な「無濾過生原酒信仰」には、さしたる根拠やアドバンテージもないと僕は考えます──単にみんながやってるからそうしてるだけ。


──恵信 純米大吟醸 直汲み あらばしり生原酒は四合瓶を3本リピートして待ち構えておりますのでこちらもどうぞよろしくお願いします(笑)

そういや「恵信」が残ってましたね (笑) 。その前に九郎右衛門が4本来るので、そっちから行きますか。金紋錦は27BYの山廃火入れVerも同時に手に入れてます。27BYの山廃生は手に入りませんでした。28BYの生酛生は手配済みです。


2017.06.28 Wed 00:27
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 醍醐味

おばんです。

採用していただきありがとうございます。私基準で言うところだと、二日というか一日半で空いた、ということは合格点なのですね(笑)

当たってみて、お勧めできるのをお知らせして、もう一本買っておいて、記事を拝見しながら追体験…
って、これじゃあ通信教育だ(笑)

恵信 純米大吟醸 直汲み あらばしり生原酒は四合瓶を3本リピートして待ち構えておりますのでこちらもどうぞよろしくお願いします(笑)
2017.06.27 Tue 23:13
Edit | Reply |  

Add your comment