◤Thomas Morey (トマ・モレイ) AOC Bourgogne「Chardonnay」2017 

 ▲moukan1973♀の母親から鎌倉ハムの『布巻きロースハム詰合せ』が送られて来た。この手のハムは自分じゃ買わないけど、貰って食べる分には好き。基本、加工肉や練りモノ (カマボコ、薩摩揚げ、ちくわ、魚肉ソーセージ) 系は値段の高い安いを問わず、好きです。ちなみに、長澤まさみって、酒のCMは初めてなんだって。意外。野菜は酢漬け (ピクルス風) にします。←もちろんオレが。 毎度アクセスありがとうございます。 実は4,000...
Read More

◤Domaine du Vissoux - Pierre-Marie Chermette (ドメーヌ・デュ・ヴィスー - ピエール=マリー・シェルメット) AOC Moulin à Vent (Cru Du Beaujolais)「Les Trois Roches」2018 

 Q32. 浮気は許せる? 許せない? 「許せません !!」←浮気されそ (笑) 〜。 Q45. 世界で一番怖いものは? 「人間」←面白い。同種同士で互いをバカスカ殺し合う唯一の動物、それが我々ホモサピエンス。 Q74. 共演してみたい人は? 「髙嶋政宏さん、政伸さん!」←同じ事務所のパイセンを如才なくヨイショ。[雑誌『mini』JULY 2020「浜辺美波に100問100答 !!」より] ▲2020年6月25日の日本で最もハイコントラスト (ゲス&ピュア)...
Read More

◤本日の1曲♪【NU HOUSE/DISCO DUB】Idjut Boys - Girth Soup / DJ Harvey - Keep On Trying (1996)  

genre tag:INST/DUB HOUSE, FUNK, RETRO DISCO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎イタロハウス漁りは小休止。なんの脈絡もなく、作業用に昨日ずっと聴いてたので。Idjut Boysは、当時そこそこモテ囃されて、その後、中古価格でも〝そのカルトぶり〟を発揮したUKの「Nu House」ムーヴメントの中心的な人物ですね。いわゆる「Re-Edit系Boogie」の元祖的なサウンドだけど、1991年頃からUKでは既にそういう動きはありました。昔はあま...
Read More

◤Radacini (ラダチーニ) Moldova「Blanc de Cabernet」2018 #日新製菓『ふくべ煎 うまみ醤油味』vs 三幸製菓『からり庵 こだわりの天つゆ味』 

 ▲実は兄弟で東宝芸能。所属したての東宝シンデレラ (新人) を集めたワークショップでは講師を担当することも。[懐かしのテープ音源]←元妻に誘導されたらしいけど、コレをキッカケに悪役としての才能を開花させて行ったんだよな (笑) 。「怪我の功名」とはまさにこのこと。 毎度アクセスありがとうございます。 近所の「信濃屋」のスポット商品。値段を考えても「期待」とかは一切ヌワイんだけど、この白、ぬわんとカベルネ・...
Read More

◤Domaine Marcel Deiss (マルセル・ダイス) AOC Alsace「Engelgarten」1er Cru “Le Jardin des Anges” 2013 

 ▲まるで美波ちゃんと北村くんの織りなす恋愛映画みたいな案内だから、原作を知らない人から「予告詐欺」と言われないようにね。[公式HP][予告 - 90秒][映画『思い、思われ、ふり、ふられ』動き出すポスター【青春篇】] 毎度アクセスありがとうございます。 フランスの各アペラシオンには必ず〝象徴的な造り手〟というのがいて、アルザス地方 (AOC Alsace) で言えば、それがMarcel Deiss (マルセル・ダイス) ということに...
Read More

◤Charles Dufour & Françoise Martinot (シャルル・デュフール & フランソワーズ・マルティノ) AOC Champagne Extra Brut「Bulles de Comptoir #7」NV(Dégorgement:2019/03) 

 毎度アクセスありがとうございます。 Dufour (デュフール) は野心的な造り手 (RM) がひしめく、今やシャンパーニュ地方で〝最もアツい刺激的なエリア〟と言っても差し支えないのない──というより、このエリアのRMシャンパーニュを飲まないと「今、シャンパーニュ界で何が起きているのか」を知ることそのものが難しいとさえ言える──Côte des Bar (コート・デ・バール) 地区の「Landreville (ランドゥルヴィル) 」のRM。コート・...
Read More

◤Thorne & Daughters (ソーン・ドーターズ) Elgin, South Africa「Rocking Horse」Cape White Blend 2017 

 ▲結婚祝い (2005年) に友人に貰った「Melitta “LINIA UNICA” JCM-1209」は極めて堅牢な作りで、未だに全然使えるんだけど、盲点だった。プラスチック製のフィルター部分がボロボロになって割れ始めて来たので、それで仕方なく新しいヤツ (Aroma Fresh Therm AFT1021-1B) に買い換えた。「LINIA UNICA」は2010年に生産終了しているので、部品交換ができず。今までありがとう! ▼ムーヴメントの強度やボディの作りからして、今度...
Read More

◤Fournier Père & Fils (フルニエ・ペール・エ・フィス) AOC Sancerre「Les Belles Vignes」2017 #金吾堂製菓『ほろほろ焼 和塩』vs 三幸製菓『からり庵 すだち香る旨み塩味』 

 毎度アクセスありがとうございます。 我が家には「煎餅警察 (せんべいけいさつ) 」という言葉があって、その名の通り、スーパーや100均の近くを通ったら、必ず「その店の煎餅コーナーを警察 (チェック) する」という意味です。ちょうどこの日も霊感にも似た一瞬のインスピレーションを得て、ちょっと目的地に対して遠回りにはなるんだけど、ある種の勤勉的なルーティーンで〝そのスーパー〟に向かいました。 まずはスポット・...
Read More

◤Thierry Germain - Domaine des Roches Neuves (ティエリー・ジェルマン - ロッシュ・ヌーヴ) AOC Saumur Champigny「Les Mémoires」2014 

 ▲KALDIの人気レトルトTOP5『第5位 - レモンライスの素』。セブンプレミアムゴールド『金のマルゲリータ』は期待ハズレ。食べる前が一番旨い。 photo: fwines 毎度アクセスありがとうございます。 フランスはロワール地方の中流エリア「Anjou & Saumur (アンジュー&ソーミュール) 」地区のアペラシオン「Saumur Champigny (ソミュール・シャンピニ) 」です。「Touraine (トゥーレーヌ) 」地区の「Bourgueil (ブルグイユ) 」や...
Read More

◤Elementa Bob (エレメンタル・ボブ) Hermanus, South Africa「My Cosmic Hand White」2015 

 ▲実写映画『思い、思われ、ふり、ふられ』より場面写真が到着。原作とは異なり、だいぶ映像のトーンやテンポがシットリしてそうな気配。[M-ON! Press][映画『思い、思われ、ふり、ふられ』動き出すポスター【青春篇】][アニメーション映画『思い、思われ、ふり、ふられ』 特報] ▼何気に王道系 (正統派) で同い年の東宝シンデレラがダブルでメインキャスティングされるのは極めて稀。原作だと、どちらかと言うと福本莉子ち...
Read More

◤L. Aubry Fils (L. オブリ・フィス) AOC Champagne Brut「Le Nombre d'Or - Campanae Veteres Vites」2013 

 ▲濃厚接触を避けるため、この和装ビジュアルは別撮りの合成だそうな (笑) 。画像クリックでデカサイズの素材写真。撮影は再開されたようだけど、話数が減らされないことを願う。ま、原作は終わってないので、ヒットすれば「シーズン2」や「劇場版」も制作されるだろうけど。[映画ナタリー][新水曜ドラマ『私たちはどうかしている』公式サイト][公式Twitter][デイリー新潮「遂に『SUITS』も放送中断 『春ドラマ』の放送回...
Read More

◤Domaine Tabordet (タボルデ) AOC Pouilly Fumé「Blanc」2018 

 ▲生まれて初めて「胡麻ドレッシング」なるモノを買ったけど、このままだと甘過ぎて使えない。ま、元々ブレンド用に買ったんだけど、世の中の人々はこんなもんをデフォで使ってるのか。  毎度アクセスありがとうございます。 西荻窪に出向く用事があったので、三ツ矢酒店で「扶桑鶴 特別純米酒」と一緒に買って来ました。 この「Pouilly Fumé (プイィ・フュメ) 」は、昨日の「Sancerre (サンセール) 」同様、ロワール地方の東...
Read More

◤Lucien Crochet (リュシアン・クロシェ) AOC Sancerre「Les Calcaires」Blanc 2017 

 毎度アクセスありがとうございます。 ロワール地方の東の果て──というより中央フランスに位置するCentre Nivernais (サントル・ニヴェルネ) 地区のアペラシオン「Sancerre (サンセール) 」の白です。白は「Sauvignon Blanc (ソーヴィニヨン・ブラン) 」、赤とロゼは「Pinot Noir (ピノ・ノワール) 」で仕込まれます。 前回飲んだ「2016」が2,618円で満足できる1本だったのに比べると、今回の「2017」は〝やや過熟気味〟という...
Read More

◤扶桑鶴 - 特別純米酒 2017 (H29BY) <島根> #Unique/Spicy/丸彦製菓『あつい煎餅』vs 日新製菓『ふくべ煎 旨だし しお味』 

 ▲豆苗を再生中。10〜14日で食べれるまで戻るらしい。[ホラン千秋オフィシャルブログ「Chiaki's Canvas」より『豆苗の悲劇。』] 毎度 JJM (熟成純米) でスミマセン──とは思っていない、扶桑鶴 (ふそうづる) の2017 (H29BY) です。 西荻窪に出向く用事があったので、三ツ矢酒店で買って来ました。特に理由はありません。生酒ハンターにとっては──720mlが少ないし──「買うモノがない・・・」というタイプの地酒屋ですが、火入れ...
Read More

◤François Chidaine (フランソワ・シデーヌ) AOC Montlouis-sur-Loire「Clos du Breuil」2013 

 ▲【hygge (ヒュッゲ) 】・・・デンマーク語だけど日本語でコレに相当する言葉はないみたい。敢えて訳すなら──「親しい仲間や家族と〝ゆったり〟〝まったり〟〝しっぽり〟とリラックスした時間や食事やお茶や酒を (居心地の良い空間も込みで) 静かに楽しむこと」──みたいなことなのかな。そういう意味では、我が家の週末の夕食は、どちらかと言うと「宴」に近いですね (笑) 。休日15〜17時のmoukan1973♀は常に〝宴待ち〟状態で、...
Read More

◤Domaine Raymond Dupont-Fahn (レイモン・デュポン・ファン) AOC Meursault「Les Tillets」2016 

 毎度アクセスありがとうございます。 Raymond Dupont-Fahn (レイモン・デュポン・ファン) はMeursault (ムルソー) の人気生産者ですが、その味わいは、透明感がありながらもタイトで緊張感に満ちたもの (コッテリ濃厚なんてトンデモヌワイ!) 。区画こそ「AOC Bourgogne」ながら、実質的には「村名ムルソー」に匹敵する「Chaumes des Perrieres (ショーム・デ・ペリエール) 」が看板キュヴェなので、もう楽天では買えないけど、...
Read More

◤澤屋まつもと - 守破離 山田錦「ID1502」2017 (H29BY) <京都> 

 勝手に「2018 (H30BY) 」だと思っていたけど、よく見たら「2017 (H29BY) 」だった澤屋まつもとです。よく見りゃ表のラベルの左端に「Vintage 2017」と書いてある。 (※意外に見ないヤツ。)  というわけDE、澤屋まつもと最終決戦 (我が人生最後の「澤屋まつもと」になる可能性大五郎) です。ココの酒を褒め讃える人は数多いわけなので、そういう人たちが頑張って応援してイケばイイんじゃない de ショウカ。オレはもういいや。「...
Read More

◤Bouchard Père & Fils (ブシャール・ペール・エ・フィス) AOC Chambolle-Musigny 2017 

 ▲最近はすっかり『VoCE』の常連だけど、遂に2020年6月22日発売の8月号で初表紙。さて、グラビア上では縦向きで掲載されてる写真だけど、重力の向きを見るに、おそらく寝そべっての撮影でしょう。ちなみに卵は近所のオオゼキで一番高いヤツ (税抜399円) を買ってみたけど、サミットの「濃厚赤たまご (税抜298円) 」の方が (少なくとも「卵かけゴハン指数」では) 綾瀬はるかに上です。[『VoCE』2020年7月号の記事][8月号の予告...
Read More

◤Petitjean Pienne (プチジャン・ピエンヌ) AOC Champagne Brut「Cœur de Chardonnay (シャルドネの心) 」A Cramant Grand Cru Blanc de Blancs NV(Dégorgement:2019/4/18) 

 ▲浅草橋の「水新菜館」は「町中華」という呼ぶには中華街ライクな値付けの一品が並ぶが、6代目はホテル勤務経験のあるソムリエで、隣で「水新菜館」の料理も注文できる「水新はなれ 紅」というワインバーを経営してる。今宵は高田秋 (たかだしゅう) ちゃんのために「Piper-Heidsieck “Essentiel” Blanc De Blancs NV」を華麗なソムリエ手捌きでスマートに抜栓。手で取った方がいい早いアルミのカバーまでソムリエナイフでくり抜...
Read More

◤Daniel et Julien Barraud (ダニエル・エ・ジュリアン・バロー) AOC Saint-Véran「En Crèches」2016 

 ▲アンチ胸毛フェチのmoukan1973♀に捧ぐ。三幸製菓『醇米ほろり こだわりの醤油味』は至ってフツーだけど、例えば火葬場の待合室に置いてあるフリーのお茶請けであれば、そこそこ上質 (オレは食う) 。 ▼胸毛クラシックス。  ▼Julien Barraudと (たぶん) 奥さん。 毎度アクセスありがとうございます。 ブルゴーニュ地方全体の南半分エリアにある「Mâconnais (マコネ)」地区」の人気生産者ですね。アペラシオン表記だと「Mâcon...
Read More