もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 低アル志向の「菊鷹」は一定の成果を上げているだけに、山本杜氏の移籍は痛い・・・。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤MONTHLY REPORT - 2019/9 (日本酒:仙禽/醸し人九平次/昇龍蓬莱/篠峯/黒澤/菊鷹etc.) 

MONTHLY REPORT ── 2019年9月に呑んだ日本酒のまとめ ▪︎2019/9月 (合計12本=1升瓶×1本、4合瓶×11本)JUMP:INDEXOn ListNot On List? ☆=marvelous (ワールドクラス、驚くべき酒)  ◎=excellent (特に優れている)  ◯=good (問題ない)  △=insufficient (物足りない)  X=faulty (失敗している)  ー=indeterminable (判定不能) ※「On My List」の酒に「X=faulty」はない。「Not On My List」の酒に...
Read More

【追記:2本目】◤菊鷹 - 純米 8号酵母「菊一文字」無濾過生酒 30BY 1&2本目! <愛知> ── dಠಠb「30BY2本目のon my list - excellentの実力は飲んで確かめるべし」#Fresh/Furuity/Clear/Women 

 ※2019年9月29日 (日) に2本目を開けたので、こちらに追記します。[2本目] 毎度アクセスご苦労様です。 29BYで少しだけ「おっ?」と思わせる何かを内在していた菊鷹の8号酵母です。先に結論を言いましょう。これ、720mlがあれば大ヒット間違いナシゴレンですね。今季は「低アル設計」になっていて、これが大成功ランドの管制室という感じでコイサー (最高) です。 温度が少しでもアガると我々には少し甘いけど、いやー、久々...
Read More

◤Erwin Winkler (アーウィン・ウィンクラー) DAC Kremstal「Ried Vordernberg」Grüner Veltliner 2017 

 Embed from Getty Images 毎度アクセスありがとうございます。 フィラディスで「12本まとめ買い」したうちの1本。Grüner Veltliner (グリューナー・フェルトリーナー) はオーストリアではメジャーな品種で、国内の白ブドウ品種としては最大の栽培面積を誇ります。正直、あまり期待してなかったんだけど、この価格帯のフィラディス・ワインとしては久々のヒットという感じでした (笑) 。◤アーウィン・ウィンクラー DACクレムス...
Read More

ტ 本日までの転入生 ── dಠಠb「珍しく〝ひやおろし〟も1本」#天穏/菊鷹/篠峯/あべ 

 毎度アクセスありがとうござます。 先に1本だけ出先で買っていた「天穏」を一緒に撮影し忘れたので強引に合成。720mlです。あと、シャンパーニュ (Comte Hugues) は日本酒の同梱。この店で買えるシャンパーニュは今のところ3種類しかないので、これでコンプリート (笑) 。ტ 本日までの転入生◤無窮天穏 生酛 純米吟醸 ひやおろし 30BY <島根>◤菊鷹 純米 8号酵母「菊一文字」無濾過生酒 29BY <愛知> ◤菊鷹 純米 8号酵母「菊一...
Read More

◤Château Mont-Perat (シャトー・モン・ペラ) AOC Bordeaux Blanc 2013&2016 #浜辺美波・主演『約束のネバーランド』をオレは徹底的に擁護するぞ、頑張れ! 

 ▲ナレーションが星野源じゃなければ観に行くのに、なんでこんな小物を。。[特報] photo: 酒類の総合専門店フェシリティー 毎度アクセスありがとうございます。 六本木のメガネ屋に用があったついでに「ワインショップソムリエ」を覗いたら「訳有りプライス」で安かったので「2013」と「2016」を買って来ました。この白は以前に諏訪のワイン王が薦めていたこともあり「2015」を飲んでますが、別に普通でした。それでもあの頃...
Read More

◤裏篠峯 - ろくまる 八反 無濾過生酒 30BY <奈良> #浜辺美波・主演『約束のネバーランド』をオレは徹底的に擁護するぞ、頑張れ! 

 ▲新作も安定のツマラナサ。そもそも星野源がビジュアル的に余計。彼の今の人気は明らかにキャパオーバー。キミもYMO信者なら『テレビスターの悲劇』というタイトルの新曲でも作ってみようか。[「星プロの緊張」篇][Making][バグルズ - ラジオスターの悲劇] ▼CMの代表作がない美波ちゃんにとっての起爆剤となるか。  ▼と思ってたら、今朝、もっと凄い爆弾が投下された (笑) 。  というわけDE、ろくまる (精米歩合60の...
Read More

◤黒澤 - 生酛 純米大吟醸 金紋錦 2017 (29BY) 2本目! <長野> ── dಠಠb「ついでに2016 (28BY) と味クラーヴェ」 

▼「ぴあ」の抽選をmoukan1973♀が当てたので、2019年9月20日 (金) に映画『HELLO WORLD』の初日舞台挨拶@TOHOシネマズ日比谷に二人で参加 with 双眼鏡×2。「!」の隅に肉眼で見えないくらい小さく「祈願!」と書いておけば逆に話題になるのと (Nice自虐!) 、より情報の質は素直で正確なモノとなった (笑) 。北村くんと松坂桃李は生で観ても〝TVのまんま〟で期待していたほどの驚きはなかった──特に北村くんは。一方の松坂桃李はTV...
Read More

◤Vaziani Company Makashivili Wine Cellar (ヴァジアニ・カンパニー - マカシヴィリ・ワイン・セラー) 「Rkatsiteli」2015 

 毎度アクセスありがとうございます。 ジョージア (旧グルジア=元ソビエト連邦の構成国で1991年に独立) の、いわゆるオレンジワイン──ざっくり言うと「白ブドウで作るロゼ」みたいなもん──です。独立した今でも「グルジアワイン」と呼ばれることが多いですね。 旧グルジア (現ジョージア) は「ワイン発祥の地」としても知られ、なんと8,000年以上も前からワインが飲まれていたんだとか。中でも特に有名なのが「クヴェヴリ」と...
Read More

◤Francis Boulard (フランシス・ブラール) AOC Champagne Brut Nature「Les Murgiers」Blanc de Noirs NV(Dégorgement:2015/07/03 - Base:2012) 

 ▲昭和の18歳アイドル。 毎度アクセスありがとうございます。 Francis Boulard (フランシス・ブラール) はランスの北西、ヴァレ・ド・ラ・ヴェル地区のCauroy-les-Hermonville (コロワ=レ=エルモンヴィル) のネゴシアン・マニピュラン (NM) だけど、おそらく家族間で遺産分割した畑が各所に点在してるので、そこで獲れたブドウを使えるように登記上は「NM」にしてるんでしょうね。実質的にはレコルタン・シャンパーニュという...
Read More

◤篠峯 - 田圃ラベル「Blanc (白) 」純米大吟醸 伊勢錦50 無濾過生原酒 30BY 2本目! <奈良> 

 ▲清純でぇ〜す。9月25日(水) 00:08 配信終了。[9月17日 (火) 放送分・ウチのガヤがすみません!] 毎度チヨメンで失礼します。 7月にfacebook上でやり取りした時に──「評価の低かった櫛羅純米吟醸やBlancなども再評価してみて下さい!」──と堺杜氏に言われたのもあるけれど、個人的な興味として、あの〝ちゃんと固まってないゼリーみたい〟だったユルユルの「Blanc」が〝どこまで固まるか〟ということについて少なくない興味...
Read More

◤Vincent Couche (ヴァンサン・クーシュ) AOC Champagne Extra-Brut「Elégance」NV 4本目!(Dégorgement:2018/10/04) 

 ▲〝ある物〟を1tプレスで煎餅に (笑) 。 毎度アクセスありがとうございます。 Vincent Couche (ヴァンサン・クーシュ) は、は、シャンパーニュ地方の最南エリアに離れ小島のように広がるコート・デ・バール地区のBuxeuil (ビュクセイユ) のRM。2008年からは完全にビオディナミ栽培に移行してますが、日本に輸出されてるミレジメ商品の最新ヴィンテージは「2004」なので、移行後の当たり年である「2008」や「2009」のキュヴェは...
Read More

◤篠峯 - 田圃ラベル「Vert (翠) 」純米吟醸 亀ノ尾55 無濾過生原酒 30BY <奈良> ── dಠಠb「少なくともこの時期のコンディションとしては過去3ヴィンテージの中で一番イイ」#Fresh/Fruity/Clear 

 ▲手頃な価格で〝明らかな違い〟を体感できる「高級爪切り・匠の技」はオススメです。 毎度チヨメンで失礼します。 30BYから「ニゴリVer」がラインナップされた「田圃シリーズ」だけど、逆に「通常Ver」が買い難くなってる店もあって──だいぶ不便──、人々はそんなに濁った日本酒が好きなんでしょうか。ま、物によっては上澄みが余計にシュワシュワしてて「旨い」ケースもあるけれど、オレ自身は〝ニゴリそのもの〟にはあまり興...
Read More

◤Charles Noellat (シャルル・ノエラ) AOC Ladoix Rouge 2006 

  ▲『HELLO WORLD』のサントラはあくまでもOKAMOTO'Sが中心の音楽プロジェクトなので、最も大衆的でキャッチーな作りである「Official髭男dism - イエスタデイ」を大々的に前面に押し出して刷り込めない (音楽ベクトルでの洗脳的な印象付けができない) という問題 (主題歌が3つあること) がここへ来て小さくない障害に。先に配信した「OKAMOTO'S - 新世界」なんかまるでチャートインしてないけど──普通の人々の「OKAMOTO'Sは洋楽...
Read More

◤Charles Noellat (シャルル・ノエラ) AOC Ladoix Rouge「Les Briquottes」2008 

 毎度アクセスありがとうございます。 Côte de Beaune (コート・ド・ボーヌ) 地区の北に位置するアペラシオン「Ladoix (ラドワ) 」の「2006」と「2008」を味クラーヴェしてますが、Charles Noellat (シャルル・ノエラ) はネゴシアン (ブドウやワインを買い付けて瓶詰めする業態) なので、たぶん両ワインの生産者 (ブドウ栽培者) は別です。評価が異なるのでそれぞれ個別にUPしてますが、初日までの内容は同じです。 結論を先に...
Read More

◤篠峯 - 純米 愛山66 無濾過生原酒 30BY <奈良> ── dಠಠb「別に普通に飲めるけど、おそらくこの酒としては正しい状態ではヌワイ」#透明瓶、やめたら? 

 ▲松坂桃李 (30) なんかオレたちからすりゃ単なる兄ちゃんという感じだけど、19歳と21歳に挟まれるとシッカリおじさんに見えるという軽い絶望・・・。 毎度チヨメンで失礼します。 造り手の名誉のために先に書いておきますが、この瓶のこの状態でも別に普通に美味しく飲めるとは思うものの、敢えてチヨヲタの視点で言わせてもらえば、楽天のKTRで買ったこの瓶は、おそらく正しいコンディションではありません。たかだか1月リリ...
Read More

◤篠峯 - 純米 伊勢錦 うすにごり 無濾過生原酒 30BY 2&3本目! <奈良> ── dಠಠb「ジャンル酒としては完璧、ようやく30BY4本目のon my list - excellent」#Fresh/Fruity/Shuwa-Shuwa/Nigori 

 ▲「HELLO WORLD 京都プレミア in 東本願寺」、宣伝効果、弱エ〜。いくら作品の舞台が京都だからって、レッド・カーペットのプレミア試写は東京でやるべきだろ。情報発信力の密度の桁が違う。それこそプロジェクションマッピングで京都の町並みを再現すりゃいいのに。。東京タワーで始まるプロジェクションマッピングによるコラボ・イベント (CITY LIGHT FANTASIA) と絡めることはできなかったのか。案の定、毎度「TOKYO POP LINE...
Read More

◤昇龍蓬莱 - 生酛 純米大吟醸 山田錦 2014 (26BY) <神奈川> ── dಠಠb「大いなる問題──それは〝この高級品が正しく日本酒ファンの元に届くのか〟ということにある」#Fruity/Clear/High Grade/Well-Cured 

 ▲遂には岩塚製菓自身が自己模倣する始末 (笑) 。今、煎餅界は地味に「花椒 (ホアジャオ) 」ブーム。次は亀田が「柿の種」で絶対にパクる。←いや、そういや既にやってたな (笑) 。[柿の種 花椒香る シビ辛ラー油味] 『伊勢丹ストーリーは突然に』シリーズの1本、昇龍蓬莱 (しょうりゅうほうらい) です。蔵の二枚看板である「残草蓬莱 (ざるそうほうらい) 」が「速醸」に対して、こちらは「生酛」で醸されます。 お値段は「日本...
Read More

◤醸し人九平次 - 純米大吟醸 山田錦「EAU DU DÉSIR」2018 (30BY/2019.8@伊勢丹新宿) & 雄町「SAUVAGE」の2本目! <愛知> ── dಠಠb「基本、コチラは用ナシ」#Fruity 

 ▲さっそく三幸がパクって来やがった (笑) 。岩塚製菓『麻辣美味仙』はオレ的「煎餅AWARD 2019」のMVP候補。ただし、そこそこ辛いので、日本酒にはあまり合わない。 まさかの「九平次」2連発で失礼します。 伊勢丹新宿で買った「2019.8.」の「雄町50」が予想外に良い出来だったので、興に乗って「山田錦50 (EAU DU DÉSIR=希望の水) 」も買ってみました、醸し人九平次 (かもしびとくへいじ) です。 この手の人気メジャー銘柄は...
Read More

◤Vincent Couche (ヴァンサン・クーシュ) AOC Champagne Brut Nature「Chardonnay de Montgueux」NV(Dégorgement:2018/10/04) 

 毎度アクセスありがとうございます。 Vincent Couche (ヴァンサン・クーシュ) は、は、シャンパーニュ地方の最南エリアに離れ小島のように広がるコート・デ・バール地区のBuxeuil (ビュクセイユ) のRM。2008年からは完全にビオディナミ栽培に移行してますが、日本に輸出されてるミレジメ商品の最新ヴィンテージは「2004」なので、移行後の当たり年である「2008」や「2009」のキュヴェはこれからのリリースになります。 この「C...
Read More

ტ 本日までの転入生 ── dಠಠb「久々のチヨメン漁り」#昇龍蓬莱/醸し人九平次/篠峯 

 毎度アクセスありがとうござます。 久々のチヨメン漁り。割りと素直に初回出荷コンディションの瓶が残ってたので、比較するには好都合。あとは時期を見て「菊鷹」あたりを拾ってれば新酒シーズン到来ですね。もう年末が見えました。ტ 本日までの転入生◤昇龍蓬莱 生酛 純米大吟醸 山田錦 2014 (26BY) <神奈川>◤醸し人九平次 純米大吟醸 雄町「SAUVAGE」2018 (30BY) <愛知>◤醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦「EAU DU DÉSIR」20...
Read More

◤醸し人九平次 - 純米大吟醸 雄町「SAUVAGE」2018 (30BY/2019.8@伊勢丹新宿) <愛知> ── dಠಠb「ビックリするほど良い出来」#Fresh/Fruity 

 今回も「転入生非経由」で失礼します。 結論を先に言っておくと、今この瞬間に「伊勢丹新宿」で売っている「2019.8.」のロットはアタリです。つい先ほど蔵元に電話で問い合わせたところ、裏ラベルに印字されている「84」という数字は「仕込番号」ではヌワイのでご注意下さい。これは単なる蔵側の「管理番号」だそうで、消費者にとって意味のある数字ではないそうです。ちなみにこの「雄町50」には年間を通じて「約30ほどの仕込...
Read More

◤MARTINI (マルティーニ) Sparkling Wine「Brut」NV 

 ▲「限界突破×サバイバー=氷川きよし」と全てを同じ式に収めた方が風味が増す。 毎度アクセスありがとうございます。 北イタリアはピエモンテ州で1863年に創業した老舗ブランドが造る超メジャーなスパークリング・ワインです。飲んだのは月曜。この夏、意外に飲んでしまいがちだった缶ビールにも飽きて来た頃──日本酒はガブガブ飲めないし──、さすがに平日に一人でシャンパンを開けるわけにはイカないしで (笑) 、家の近くのセ...
Read More

◤クラシック仙禽 - 生酛 亀ノ尾 無ろ過原酒 瓶囲い瓶火入れ 2019 (30BY) <栃木> 

 ▲マイケル・ジャクソンと同じ誕生日。まだ19歳か・・・オレは予備校サボってレコード屋 (主に新宿アルタのCISCOと池袋のWAVE) ばっか行ってたな。[modelpress][ドワンゴジェイピーnews][19歳の長澤まさみ][19歳の綾瀬はるか][19歳の新垣結衣][19歳の夏目雅子] 毎度アクセスご苦労様です。 30BYを買うのは初めてかな、仙禽 (せんきん) です。デイリー用の適当な日本酒ストックがなくなったので、他の用事も絡めてチ...
Read More

◤Vigneti Del Salento (ヴィニエティ・デル・サレント) Vino Rosso「Tre Icone 663」#Farnese 

 ▲勉強になります。 毎度アクセスありがとうございます。 大人気の旨安ワイン「Casale Vecchio (カサーレ・ヴェッキオ) 」を手掛けるFarnese (ファルネーゼ) が南イタリア産の3種のブドウ (アブルッツォ州のモンテプルチアーノ・ダブルッツォ、プーリア州のプリミティーヴォ、シチリア州のネレッロ・マスカレーゼ) をブレンドして造るワインということで、原産地呼称 (格付け) やヴィンテージ表記はありません。 ちなみにワイ...
Read More

◤Chartogne Taillet (シャルトーニュ・タイエ) AOC Champagne Brut「Sainte-Anne」NV(2015 Base, Dégorgement:2018/04) 

 毎度アクセスありがとうございます。 フィラディスの6本セットのうちの1本。ただこのセット、ちょいちょい中身が入れ替わるので、今の内容がベストというわけでもありません。 Chartogne Taillet (シャルトーニュ・タイエ) は、いわゆるセロシアン (セロスと共に働き直接大きな影響を受けた弟子達のシャンパーニュ) と呼ばれる──どうもこの響きが個人的にアレ (笑) ──、ジャック・セロスで修行したアンセルム・セロスの弟子の...
Read More

◤Frédéric Magnien (フレデリック・マニャン) AOC Chambolle-Musigny「Vieilles Vignes」2015 

 毎度アクセスありがとうございます。 Frederic Magnien (フレデリック・マニャン) は「信濃屋」が推してるネゴシアンながら、輸入元のHPにも書いてある通り──「畑の所有者から委託を受け、栽培チームを派遣し畑の管理を全て自分達で行う新しい形のネゴシアン。書類上はネゴシアンだがドメーヌと変わりない仕事をしている。」──という、ちょうどシャブリのCloserie Des Alisiers (クロズリー・デ・アリズィエ) なんかにも近いア...
Read More

◤Baptiste Dutheil (バティスト・デュテイユ) AOC Chinon「Les Délices」2015 

 毎度アクセスありがとうございます。 Chinon (シノン) はロワール中部のアペラシオンで、白やロゼではなく赤がメインです。ボルドーではブレンド品種として使われるカベルネ・フランを主に使用します。近年ではサッパリとエレガントな飲み口のモノも増えてるとかで、安いし試しに買ってみたものの、思ってた以上に芳醇かつ濃醇でした。 実は一部のエリアでピノ・ノワールなんかも栽培されてるので、次はサンセールのピノでも手...
Read More