もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 おっと、楽天の某酒屋が一部スポット的に「篠峯」の扱いを始めてた。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤MONTHLY REPORT - 2019/8 (日本酒:篠峯/黒澤/澤屋まつもと/菊鷹/etc.) 

MONTHLY REPORT ── 2019年8月に呑んだ日本酒のまとめ ▪︎2019/8月 (合計8本=1升瓶×5本、4合瓶×2本、その他×1本)JUMP:INDEXOn ListNot On List? ☆=marvelous (ワールドクラス、驚くべき酒)  ◎=excellent (特に優れている)  ◯=good (問題ない)  △=insufficient (物足りない)  X=faulty (失敗している)  ー=indeterminable (判定不能) ※「On My List」の酒に「X=faulty」はない。「Not On My Lis...
Read More

◤黒澤 - 生酛 純米「Type N (謎) 」直汲み生原酒 たぶん29BY同士のブレンド <長野> ── d++b「記憶にございません!」 

 ▲ヤバイ。永ちゃんの密着ドキュメンタリー、超オモロイ。この部屋は彼所有のクルーザー内の一室。取材をMYクルーザーで受けるとか、どんだけカッコイイんだよ (笑) 。背後の「E. YAZAWA ®」が眩い。 珍しくボケボケ侍で候。 開けるまで全く気づかなかったし、そればかりか、今の今までずっと「新品」として認識していたけれど──だって瓶の中身が〝ほぼ満タン〟なんだもの──、これ、すでに開栓済の瓶でした、Type-9の29BYです。...
Read More

◤Domaine de Terres Blanches (テール・ブランシュ) AOC Coteaux du Giennois「Alchimie」Sauvignon Blanc 2017 

 毎度アクセスありがとうございます。 ここのドメーヌの入り組んだ歴史は輸入元のHPに詳しく書いてるので興味のある人はそちらをご覧頂くとして、この「Coteaux du Giennois (コトー・デュ・ジェノワ) 」というアペラシオンはロワール川を挟んで「Sancerre (サンセール) 」のすぐ北にあるエリアで「総栽培面積は200ha足らず、生産されたワインも8割以上がフランス国内で消費されるとあって、知名度は低い」とのこと。 正直、こ...
Read More

◤黒澤 - 生酛 純米 金紋錦「Type K」直汲み生原酒 30BY 4本目 1800ml! <長野> ── dಠಠb「やはり、ロックが旨い」#Fruity 

  ▲どぉ〜れだけ打てばいいのですか〜、嗚呼、届かぬ針を〜♪ ▼何度も打つよ〜、残さず打つよ、液が溢れてるぅ〜♪ 迷わずに〜、Buy Yaku〜♪  毎度アクセス御苦労Summerです。 3本目かと思ってら4本目でした、「Type-K」です (笑) 。とはイエイ、1800mlは初めてです。前回 (3本目) の記事の中で「夏場は焼酎グラスでロックもいいかもしれない。あとはカルピスと炭酸水で割る」と書いていたことだけは覚えていて、今回は素直に...
Read More

◤Moutardier (ムータルディエ) AOC Champagne Brut「Carte d’Or」NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 Moutardier (ムータルディエ) はヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区のLe Breuil (ル・ブルイユ) のNM。いつも「日本酒」を買ってる「登酒店」が販売する〝たった3本のシャンパーニュ〟のうちの1本です。現在、楽天での販売SHOPはナシゴレン。過去には3,601円で扱ってたSHOPもあったようだけど、中身に照らせば、正直これは非常にお値打ちでした。モダン・ムニエ!! エペルネから西へ20km、ヴァレ...
Read More

◤Chinchilla (シャンシーラ) AOC Champagne Brut「Blanc de Blancs」Grand Cru à Oger NV 2本目! 

 ▲ようやく映像解禁。なにげに中村倫也はブレイク後、初のメイン級での映画出演 (『アラジン』の吹き替えを除いて) なので、今こそ倫也ガールズたちの真の実力 (経済的行動力) ──Twitter上にUPされた〝あざと可愛いオフショット〟にハぁハぁ言いながら「いいね」してるだけじゃ貢献度ゼロリアン──が試される。さすがに菅田将暉よりは金を落とすタニマチ的なファンが多いだろ。神木くんも安定した〝ヒット請負人〟なので──彼の出演...
Read More

◤Lou Dumont (ルー・デュモン) AOC Bourgogne「Cuvée Umemura “A la vôtre !” 」2016 

 ▼ウメムラの「6本2万セット」で、左の2本はリクエスト、あとはお任せ。合計で30,253円分。 毎度アクセスありがとうございます。 ウメムラの「お任せ6本2万」のうちの1本。今回はシャンパーニュを2本リクエスト (指定) して、残りの4本は「ACブルゴーニュ赤×1、国や地域を問わずの白×3」で頼んでみた。今回の4本はコレで最後。結果的には一番高いAlain Chavy (ブルゴーニュ白/6,980円) が一番満足度の高いワインだったわけだけ...
Read More

◤篠峯 - 純米大吟醸 雄町 参年熟成 26BY 2本目!(2018年4月出荷分) <奈良> ── dಠಠb「ま、普通ですけどね」#Well-Cured  

 ▼東出くん、足ナガぁー。 毎度あくせくアリガトウゴザイマス。 ちょうど同じ26Yの熟成酒があったので開けてみました。ま、こっちは300mlという情けないサイズしか存在しないので、マトモに張り合わせる気もないんですが。 ご存知の方も中にはいるとは思いますが、26BYのチヨメンは、もはや「伝説」としか言いようのない素晴らしい成果を持っているわけだけど、それは「生酒全般」の話なので、この「参年熟成」に関しては、正...
Read More

◤澤屋まつもと - SHUHARI JUKUSEI × YAMADANISHIKI 2014 <京都> ── dಠಠb「初心者卒業の〝はじめての熟成酒〟には最適な1本」#Well-Cured/主演:浜辺美波・ドラマ『ピュア!〜 一日アイドル署長の事件簿 〜』雑感 

 ▲『ピュア!〜 一日アイドル署長の事件簿 〜』「第3話 (最終話) 」で漸く (ようやく) ドラマとしてのリズムが整った感じ。編集にもテンポが出て来たし、美波ちゃん自身による〝脱力チューニング〟もいよいよ最適化されて、ラストシーンにおける東出くんの〝素で〟はにかんだような表情を自然に引き出すことに成功した。ま、スタッフ全員が美波ちゃんに対して素直に平伏す (ある意味、月川監督のように自分の力でコントロールしよ...
Read More

◤菊鷹 〜雌伏 (しふく) 〜 山廃 純米 夢錦「酵母無添加Ver」無濾過生酒 30BY <愛知> ── dಠಠb「素っ気ないけど黙って飲んでいられるダンディーなモダン山廃」#Dry/Spicy 

 ▲『ピュア! 〜 一日アイドル署長の事件簿 〜』「第2話」から徐々にドラマ内における固有の映像文法が整い始めたものの、相変わらず演出は雑──というより〝されてない〟と思しき間延びしたシーンが散見される。美波ちゃんもちょいちょいアドリブっぽい動きを挟んで来るんだけど、それはアドリブで動きを足さないと絵が静的になることを彼女なりに感じてのことで、逆に言うと「監督は何してんだ?」という話。しかも、それをキチン...
Read More

◤Giacomo Grimaldi (ジャコモ・グリマルディ) DOC Langhe「Sauvignon」2017 

 ▲『ピュア! 〜 一日アイドル署長の事件簿 〜』はクワナリ期待ハズレ。いちいち脚本 (特にメイン二人の人間関係に対する設定や作り込み) が甘いのと、監督の絵作りが雑。美波ちゃんも東出くんも〝彼らの (『TRICK』的な) 世界観〟に対する外様感 (迎合感) が強く、なんか手探りで演ってる雰囲気が滲み出てて──「監督、こんな感じでいいんですか???」的な──、諸々が中途半端。それと、この手のオフビートなシュール系コメディを...
Read More

◤Domaine Raymond Usseglio & Fils (レイモン・ユッセリオ) AOC Châteauneuf-du-Pape Rouge 2015 

 毎度アクセスありがとうございます。 Châteauneuf-du-Pape (シャトーヌフ・デュ・パプ) は南ローヌ地方 (フランス南東部プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏ヴォクリューズ県のコミューン) の高級アペラシオンなので、たとえば2,000円台のキュヴェなんかはありません。基本的には4,000円前後から、上は50,000円を超えるものまであります。そういう意味では、シャンパーニュなんかとレンジ幅が似てるかも。 フラン...
Read More

◤Lincourt Vineyards (リンコート・ヴィンヤーズ) AVA Sta. Rita Hills「Rancho Santa Rosa」Chardonnay 2015 

 ▼ウメムラの「6本2万セット」で、左の2本はリクエスト、あとはお任せ。合計で30,253円分。 毎度アクセスありがとうございます。 ウメムラの「お任せ6本2万」のうちの1本。今回はシャンパーニュを2本リクエスト (指定) して、残りの4本は「ACブルゴーニュ赤×1、国や地域を問わずの白×3」で頼んでみた。2,000円前後の気軽に飲めるヤツをリクエストしたつもりが、合計で3万円分くらいのワインが届くので、4,000円オーバーの瓶が2...
Read More

◤Derot-Delugny (デロ・ドゥリュニー) AOC Champagne Brut「Cuvée des Fondateur 」Pinot Gris NV  

 ▲セブンプレミアム『チーズのうま味がクセになる堅揚げポテトチップス』はさすがにクセがあり過ぎ (笑) 。 毎度アクセスありがとうございます。 Derot-Delugny (デロ・ドゥリュニー) はヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区の西の端「Crouttes-sur-Marne (クルット=シュール=マルヌ) 」のRMで、この蔵が持つ唯一にして最大のトピックは、何と言っても「Pinot Gris (ピノ・グリ) 100%」で造られる〝超珍品シャンパーニュ〟の存在で、...
Read More

◤澤屋まつもと - 守破離 山田錦 30BY <京都> 

 ▲これはエリンギなのか?[番組公式HP][『どーも、NHK』版PR動画]←レア。更にレア→[CDの小道具][限定タンブラーの小道具] ▼こっちが通常のPR動画。  毎度アクセスご苦労様です。 せっかくなので──あまり得意な銘柄ではないけれど──4本ほど取り寄せてみました、澤屋まつもとです。この定番の「山田錦」はマチダヤなんかにも〝ほぼ〟1年中置いてあるけど (通年商品?) 、幾つかのロット違い (田んぼ違い) があるみたい...
Read More

◤菊鷹 〜Hummingbird〜 純米 無濾過生酒 30BY <愛知> ── dಠಠb「初心者向けのイマドキなジューシイ生酒」#「風の森」が好きな人には〝どストライク〟です。 

 ▲最初、勝手に兄貴が結婚したのかと思った。つうか、41の割りに目尻のシワが・・・。 ▼まるで〝うらなり〟──再現VTR──の郷ひろみ。 bottle size:1800ml【812】菊鷹 -きくたか- 〜Hummingbird〜 純米 無濾過生酒 30BY <愛知>藤市酒造 (by 日本酒専門店 Sake芯) :http://sake-sin.blog.so-net.ne.jpMoukan's tag:菊鷹28BY30BYの8号酵母▪︎酒米/精米歩合:富山県産 雄山錦100%/70%▪︎酵母:金沢酵母▪︎備考:「乳酸発酵」...
Read More

◤篠峯 - 純米大吟醸 雄町 参年熟成 25BY 4本目 1800ml! <奈良> ── dಠಠb「やはり最後に勝つのは1800ml」#Well-Cured/Unique 

 トータルで4本目です、サヨナラ瓶です、25BYです、参年熟成ですが6年目です、一回火入れです、もう売ってないです。 とはイエイ、1800mlは1本目 (2017年12月) 以来なので、実はクワナリ久々です。さすがにこの段階になると、まあ、滑らかですし、全ての要素が美しく溶け込んでますね。そこまで派手な熟香も熟味もなく、元々そうだけど、ますます面白いバランスの「雄町50」になってます。 途中、1本目の1800mlを720mlが打ち負...
Read More

ტ 本日までの転入生 ── dಠಠb「澤屋まつもと最終決戦!」#菊鷹/澤屋まつもと 

 毎度アクセスありがとうござます。 約1ヶ月ぶりに日本酒を買いました。「菊鷹 〜Hummingbird〜」と「SHUHARI JUKUSEI × YAMADANISHIKI 2014」は読者さんからの「推薦」という認識でいるけど、気まずい事にならないことだけを祈ってます (笑) 。「no title」も2年くらい前に (←やっぱりそうだ) 他の読者さんが薦めてたけど、まあ、ヴィンテージが違うので、何が出て来るかは開けて飲むまではわかりません。ტ 本日までの転入生◤菊...
Read More

◤CLAU de NELL (クロー・ド・ネル) AOC Anjou「Cabernet Franc」2012 Anne Claude Leflaive 

 毎度アクセスありがとうございます。 コンディション不良なのか、我々の経験や知識が足りないのか、これは「判定不能」としか言いようのない出来映えなので、自身のために情報だけまとめてササっと通過します。ルフレーヴのアンヌ・クロードが認めたロワールの偉大なテロワール ▲黄金期を支えた三代目当主アンヌ・クロード・ルフレーヴ女史は2015年に他界。[参考1][参考2][参考3] クロー・ド・ネルはもともと、2000年代...
Read More

◤Chateau d'Antugnac (シャトー・アントニャック) IGP Languedoc-Roussillon (Vin de Pays d'Oc)「La Closerie des Lys」Pinot Noir 2017 

 毎度アクセスありがとうございます。 週末はmoukan1973♀も居たりして食卓がバタバタするので、平日ではありますが、カジュアルにデイリーレンジのピノ・ノワール3本で味クラーヴェです。そのうち2本はリピート酒なので、記事はChateau d'Antugnac (シャトー・アントニャック) の中に書きます。 「安い順に飲むべき」という話もあるだろうけど、すでに今回で4本目である「アラモス (アルゼンチン) 」を軸に、そこから「フィリッ...
Read More