もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 今季の「山鷹 (山廃の菊鷹) 」は軽く仕上がってるヤツが多そうな予感。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤昼下がりの1曲♪【INST HOSUE/CHILL OUT】Knee Deep - All About Love (2008)  

genre tag:INST HOUSE, DEEP HOUSE, CHILL OUT/AMBIENT  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日からの流れで。Knee Deepと言えば個人的には「Julie McKnight - Home」のDubなんだけど、こういう音も作れたのか。しかしこれ、なんでこんなにアナログの12inchが高いんだ!? 確かにクオリティは高いけど、ここまで高い理由がイマイチ見えん。Ibiza系のCHILL OUTコンピかなんかに収録されてるのだろうか。 VOCAL HOUS...
Read More

◤本日の1曲♪【INST HOUSE】Michael Jackson - In The Closet (Touch Me Dub) 1992 #Tommy Musto/Victor Simonelli 

genre tag:INST/DUB HOUSE, DEEP HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日たまたま転入生の記事の中でマイケルの話が出たんだけど、そうそう「Michael Jackson meets NY House」の名リミックスでこれがあることをスカーリ忘れてました。マイケルのHouse Remixの中ではこれが一番好きです。リミックスを担当したのはTommy Musto大先生で、Victor SimonelliがEditで参加してます。全く音楽的な訛りのないパーフェクトなNYサウン...
Read More

◤本日の1曲♪【FUSION DISCO】Herbie Hancock - Saturday Night (Special Disco Remix) 1980 

genre tag:FUSION, DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Benny Golson - I'm Always Dancin' To The Music」絡みで。まあ、Jazz界からDisco/Funkのジャンルに流入してきた人間の中で、一番商業的に成功したのはHerbie Hancockじゃないだろうか。Roy AyersやDonald Byrdほどの〝溶け込み具合〟はないけれど、この人の独特のポップ・センスは侮れない。まあ、Roy Ayersなんかは完全に「再評価組」だけど。この「...
Read More

◤今夜の1曲♪【CHILL OUT】Jesse Futerman feat. Byron The Aquarius - My Favourite Merchant (2016)  

genre tag:INST HOUSE, DEEP HOUSE, CHILL OUT/AMBIENT  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき。「My Favourite Merchant」という曲にByron The Aquariusが参加してます。シンセベースでも弾いてるのかいな。Jesse Futermanは今回はじめて知ったけど、なかなか良いです。ブログで取り上げた中だとJack JとかBenedekとかの新世代アンビエント意匠とも通じる美しさ。しっとり秋の夜長に旨い酒と共に。 ...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZ FUNK】Benny Golson - I'm Always Dancin' To The Music (1978)  

genre tag:FUSION  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎先日「Positive Force - We Got The Funk」の記事の中で「Jazzで飯が食えなくなった連中がFunkやDiscoを取り入れたとのは真逆のアプローチ」と書いて、あくまでもPositive ForceやPanachèを「FunkyなJazz」ではなく「JazzyなFunk」と位置付けたわけだが──つまりこれらのサウンドの重心はあくまでも「Funk」にあり、表面的な「Jazzness」はあくまでも音楽的意匠や装飾へと還元さ...
Read More

◤本日の1曲♪【HIP HOP】Arrested Development - Mr. Wendal (Perfecto Mix) 1992 

genre tag:HIP HOP/RAP, UK SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎世界的にバカ売れしたアルバム『3 Years, 5 Months & 2 Days In The Life Of ...』からの大ヒット曲「Mr. Wendal」の、正規盤未収録のUKリミックスで、うちのブログだと「Yo Yo Honey - Groove On (1991) 」や「Movement 98 - Joy And Heartbreak (1990) 」なんかで取り上げたPaul Oakenfold率いるPerfecto Productionが手掛けてます。後年、このヴァージョンは『...
Read More

◤今夜の1曲♪【DEEP HOUSE】Byron The Aquarius - The Sun Of God (Detroit Mix/2018) 

genre tag:INST HOUSE, DEEP HOUSE, TECHNO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき。やっぱByron The Aquariusは才能ありますね。「The Sun Of God」で決まりですが、他の2曲も十分に刺激的。ボトムラインの質感にはKerri Chandler的な風味もある。そういう意味で「The Sun Of God」は極めてNY的──ハーモニーに関しても。まさにピュア。音楽的訛りなんか微塵もヌワイ。 VOCAL HOUSEDEEP HOUSELATIN HOUSE...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZ FUNK】Panache - Sweet Jazz Music (1979)  

genre tag:RARE GROOVE/FUSION, SOUL/FUNK  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎一昨日の「Positive Force - We Got The Funk」で軽く触れたけど、これぞ「FunkyなJazz」ではなく「JazzyなFunk」の究極盤。もうかれこれ本格的に発掘/認知されて10数年は経つはずだけど、今でもオリジナルの12inchは買取で6万以上する (笑) 。1979年の (当時の) ウルトラマイナー盤で、完全に「思い出作りの自主制作」と言った趣き。もちろん当時は全く...
Read More

◤本日の1曲♪【FUNK!!!】Positive Force - We Got The Funk (U.S. Re-edit) 1979 

genre tag:FUNK, DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎すっかり言うの忘れてたけど、昨日の「C&C Music Factory - Do You Wanna Get Funky 」はこの曲のセミ・カバーみたいなもん。これ、Dance Musicの世界ではよくあるんだけど、「カバー」と「パクり」の中間ゾーンで露骨なオマージュ作品を仕立てるんだよ (笑) 。オレの知る限り、この手の「影響受けまくりな愛の溢れるオマージュ作品」が裁判なんかでモメた案件は...
Read More

◤本日の1曲♪【DOWN TEMPO HOUSE】Drizabone - Brightest Star (David Morales Classic 12'') 1994 

genre tag:UK SOUL, DOWN TEMPO HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎話のついでにもう一丁Down-TempoモノのDavid Moralesを。これ、ExtendedはアナログだとUK盤のPromoのみ。Album Versionは忘れた頃にDJ KIYO──実はmoukan1973♀と小学校の同級生 (笑) ──の伝説的なMIX TAPE『Higher Level Vol.4 R&B Joint (1997) 』に収録されて、信じられないことに一時は10,000円なんつう値段でも見かけたな──こんなもん、Houseリスナーなら...
Read More

◤本日の1曲♪【FUNK!!!】Reggie Griffin - Be Myself (1982)  

genre tag:FUNK DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎「女・子供は黙ってスっこんでろ!」系の便秘によく効くウンチぼっとんファンクの超絶チューン。日本酒換算だと「生酛純米 酵母無添加 阿波山田錦70 参年熟成」のような曲。オレが20歳の時、学祭最終日に所属してたサークル主催のディスコでMUMMY-Dがプレイして真の意味で「ファンク・バージン」失いました (笑) 。まあ、日本酒もそうだが、初心者時代というのは、...
Read More

◤今夜の1曲♪【JAZZ HOUSE】Byron The Aquarius - Aquarian Voyage (2016)  

genre tag:INST HOUSE, DEEP HOUSE, JAZZY VIBE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎Theo Parrishが主宰するSound Signatureより、昨日タマタマ出会ってしまったので。これコイサーですね。サウンド意匠は極めてシカゴ的だけど、Byron The Aquarius自身はアトランタ在住のキーボーディストみたいね。本格的なキャリアスタートが2016年なので、これからガンガン来そうですね。自宅での創作風景を撮影した動画で彼のスキルが確認できま...
Read More

◤本日の1曲♪【VOCAL HOUSE】Black Box - I Don't Know Anybody Else (1989) #Martha Wash 

genre tag:VOCAL HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎どういう経緯でこういうことになったのかは知らないけど、昨日紹介したTwo Tons O' FunのMartha Washが、なぜか1989年にイタリアの地でHouseを歌うことになった。ジャケの女性 (?) はゲイのモデルというのがもっぱらの定説。Dance Musicの世界ではこうしたビジュアル的なダミーを前に立たせる戦略は珍しくないんだけど、爆発的に売れてグラミー賞とか取っちゃうとMilli Va...
Read More

◤本日の1曲♪【VOCAL HOUSE】C&C Music Factory - Do You Wanna Get Funky (C.J.'s Full Length Version) 1994 

genre tag:VOCAL HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎1989年にBlack Boxへの参加を通じて突如イタリアから逆輸入されることになったMartha Washだけど、実はC&C Music Factoryのメンバーでもある。かのウルトラ大ヒット曲「Gonna Make You Sweat」で「Everybody Dance Now〜♪」と歌ってるのは彼女 (笑) 。その後は1992年に『Martha Wash』で念願のソロデビュー。Houseの12インチも何枚か出して良作もあるけれど、大きなヒット...
Read More

◤本日の1曲♪【DOWN TEMPO HOUSE】Richard Darbyshire - This I Swear (Morales & Knuckles Radio Mix) 1993 #Lisa Stansfield/Frankie Knuckles/David Morales 

genre tag:UK SOUL, DOWN TEMPO/R&B HOUSE, AOR/BLUE-EYED SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎この機会にDavid Moralesのちょっと痒いところをさらってます (笑) 。DEF Mixモノが得意とする、いわゆる「Down Tempo」系のハウスの中でも抜群の完成度を誇るマイナー盤。2000年前後のUK SOULバブルの際に掘り起こされてますが、2000年に出た再発盤以外ではアナログ未収録のAlbum Version (Original Version) がなかなかイイじゃな...
Read More

◤本日の1曲♪【AFTER HOURS】Two Tons O' Fun - Just Us (1979)  

genre tag:AFTER HOURS, FUNK, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎「Sharon Ridley - Changin'」同様、このへんもNY派のHouseリスナーにとっては子守唄レベルにド定番です。Two Tons O' FunはMartha WashとIzora Armsteadの女性デュオで、'80年代にはThe Weather Girlsとしてもヒット曲を出したみたいだけど、そっちはマトモに聴いたことない。アッパーディスコなGarage Classics「I Got The Feeling」は今でもHouseネタにな...
Read More

◤昼下がりの1曲♪【FUSION】Ojeda Penn - Happiness Is Having You Near (1980)  

genre tag:FUSION/RARE GROOVE, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎スッキリしない天気の昼下がりにマターリ聴くのに最適なライト・グルーヴ。以前紹介した「Lesette Wilson - Corrida "Ai No Corrida" (1981) 」あたりと併せて聴きながらシャンパンでも開ければコイサー。 VOCAL HOUSEDEEP HOUSELATIN HOUSEDOWN TEMPO/R&B HOUSEINST/DUB HOUSEJAZZY VIBETECHNO/ELECTROAFTER HOURSCHILL OUT/AMBIENT ...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Evans Pyramid - Never Gonna Leave You (1978)  

genre tag:RETRO DISCO, SOUL/FUNK,DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Ms. Sharon Ridley - Changin'」の関連動画を何となくクリック。Introの3秒を聴けば完全にロン。これ、ヤバイです。1978年でこのモダニティは奇跡ですね。1番の2番の間に2分弱のブレイクがあるという、通常のポップ・ミュージックではありえないマナーなんだけど、これが実にリリカル。しかも2番かと思ったら何となく歌っただけで再びブ...
Read More

◤本日の1曲♪【FUSION BOOGIE】JPQ - E-Jam Sammich (1983) 

genre tag:FUNK, FUSION/RARE GROOVE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の流れを少し汲んで、たまたま上手く出来ちゃった系のフュージョンなんぞを──Atmosfearは確信犯だけど。JPQってバンドの詳細は全くの謎。アルバム1枚しかリリースされてないし、再発も出てないし、コンピなんかにも未収録。YouTubeにも3曲しかアップされてないから全体像は見えないんだけど、ギターの使い方が白人的というかロック寄りなので、西側のサウ...
Read More

◤本日の1曲♪【AFTER HOURS】Ms. Sharon Ridley - Changin' (1978)  

genre tag:RETRO DISCO, AFTER HOURS, SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎まあ、結局のところ、昨日の「Stephanie Cooke - I Thank You」のBlazeリミックスはこの曲へのオマージュだろうね。なにせ彼ら、同じTabu Recordsの名曲「Brainstorm - We're On Our Way Home」のことを「人生で最も影響を受けた曲」と言ってるくらいだから。泣く子も黙る、黙る大人も漏らす名曲中の名曲。12inchはPromoより格下のTest Pressのみで...
Read More

◤本日の1曲♪【VOCAL HOUSE】Stephanie Cooke - I Thank You (Shelter Blaze Voc Mix) 2002 

genre tag:VOCAL HOUSE, DEEP HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Martin Solveig - You Are My Friend」で少し話が出たので、もう何度も名前が出てるオレの大好きなクリエイターBlazeの胸キュンなボーカルハウスをお一つどうぞ。このへんは初心者向けでありながらも玄人筋からも愛される、日本酒で言うと、まさに26BYの「篠峯ろくまる」のような立ち位置の曲 (笑) 。Stephanie Cookeもイイ曲オッパイありますね。と...
Read More

◤本日の1曲♪【BRIT JAZZ FUNK】Atmosfear - Alternative II (1981)  

genre tag:RARE GROOVE/FUSION, JAZZY VIBE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき。Atmosfearによるダークでアヤシイ、スモーキーな傑作。同EP収録の「Invasion」のDub/Instヴァージョンに相当するようなトラックだけど、やはりボーカルは不要です。後年、同じ『Invasion』というタイトルでリリースされた12inchに1980年レコーディングの「Internal Stimulation」という曲が入っていて、これがまたコイサーにカッコイイ、...
Read More

◤本日の1曲♪【BRIT FUNK】52nd Street - Look Into My Eyes (1982)  

genre tag:DANCE CLASSICS, 80's MODERN SOUL, FUSION/JAZZ FUNK,UK SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき。52nd Streetのデビュー曲で、ボーカルはBeverly McDonald。12inchのみでアルバム収録はなく、しかも未再発なのでそこそこレアです。ややダンクラやハッシュ系NYサウンドのニュアンスもあるけど、実際はUKの「80's Jazz Funk/Fusion (Brit Funk) 」の流れを汲む意匠。(売れたという意味での) このジャンルの...
Read More

◤本日の1曲♪【DEEP HOUSE/ACID JAZZ】Corrnina Joseph - Live Your Life With Me (1996)  

genre tag:ACID JAZZ, VOCAL HOUSE, DEEP HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎中古レコードでイイ曲を安く買うのに必要なのは勘とセンスと知識と運と執念と才能だけど、もう一つ重要なのは、違うジャンルに振り分けられた箱の中から自分寄りのジャンルに近いサウンドを引っこ抜くという道場破り的な掘り方だ。つまり、Houseリスナーであれば「SOUL/R&B」の箱に振り分けられたHouse的なモノを探し出し、R&Bリスナーであればその...
Read More

◤本日の1曲♪【ACID JAZZ】Escalators - Your Love Brings A Smile To Me (1994)  

genre tag:DOMESTIC, UK SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎もう1曲だけ「渋谷系」にカテゴライズされるかもしれない国産モノで好きな曲あったわ。このへんを知ってる人は相当なマニア。当時よく12" EPがDISK UNIONの100円コーナーに売ってて後輩に買わせてたわ (笑) 。歌詞が英語でサウンド・スタイルもThe Cardigansみたいだけど、なんだかんだで英語歌詞は売れない。12inchにはInstヴァージョン (カラオケ) が収録されてる...
Read More

◤本日の1曲♪【80's ELECTRO FUNK/GARAGE CLASSICS】52nd Street - Twice As Nice (1983)  

genre tag:TECHNO/ELECTRO, DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎「Bruno Mars - 24K Magic」なんかじゃなくて、ホンモノのピコピコエレクトロの名盤を教えてやるぜ。よくCool Down Zoneの前身バンドみたいな言い方をされるけど、この頃はまだDiane Charlemagneは未加入で、ボーカルはBeverly McDonaldです。そして誰が何と言おうが、この曲に関してはDub Versionの「Twice As Nice」で決まりでしょう。この時代のUK産...
Read More

◤本日の1曲♪【DEEP HOUSE】Martin Solveig - You Are My Friend (2002)  

genre tag:VOCAL HOUSE, DEEP HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のBasement Jaxxモノからの発展的話題はオレにはない (笑) 。そもそも「Corrnina Joseph - Live Your Life With Me」しか好きじゃないし。今日はどうすっかなーとか考える間もなく、ちょっとマニアックなフレンチ・ハウスの──Album Onlyの隠れた良作を、特になんの脈絡もなく。音を聴けば分かる人には分かる通り──「おい、まんまBlazeやんけ!」という (笑...
Read More

◤本日の1曲♪【DOMESTIC】 Pizzicato Five - The Night Is Still Young/東京は夜の7時 (Readymade MFSB Mix) 1994 

genre tag:DOMESTIC, VOCAL HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎当時も今も、いわゆる「渋谷系」と呼ばれる音楽には全く興味ないけど──田舎モノの虚栄心と東京モンのスノビズムをくすぐるだけの安易なポータブル・ミュージックだと思ってる──、オザケンが19年ぶりにシングルをリリースしたということで、オレの中で「まあまあかな」という渋谷系を1曲。この「Readymade Mfsb Mix」のアナログ音源はPROMO盤オンリーで意外にレア...
Read More

◤本日の1曲♪【80's POPS】Murray Head - One Night In Bangkok (1984)  

genre tag:ROCK/POPS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎直接的には決して昨日のつづきというわけでもないけど、想ひ出してしまったので。オレが小6か中1の時のヒット曲で、当時アメリカのビルボードでも5位まで行ったんじゃないかな。後から知ったけど、日本のディスコでも普通に流行ったみたいね。当時から子供なりに少し変わったサウンドだとは感じていて、大学に入ってから中古で拾って聴き返したら、やっぱ4つ打ちのエンジニア...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZY VIBE】Ujuzi - Sonny Daye (Restless Soulful Mix) 1998 

genre tag:UK SOUL/ACID JAZZ, FUSION, FUNK, JAZZY VIBE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎ジラしてるとあっさり事故で死んでしまうかもしれないので、イイ流れだし、究極の1曲をご紹介しておきます。昨日の「Restless Soul - After Ours」とは真逆の立ち位置の曲──というのも、これはUjuzi名義だけど、中身は〝ほぼ100%〟Restless Soulのサウンドで、原曲のエレメント&マテリアルは、曲の終盤にDub的にインサートされる♀ボーカ...
Read More