もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 もはや〝旨いということ〟だけが個性だ。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Patrick Adams Presents Phreek - Weekend (Album Verison) 1978 #Leroy Burgessの「熱血授業」動画付き 

genre tag:Leroy Burgessの「熱血授業」, RETRO DISCO ▪︎2004年にローマのMusic Schoolで開講されたLeroy Burgessの「熱血授業」の動画に登場したクラシックスを取り上げています。本日はその最終日。 ▪︎Phreekというグループ名が一応はあるけど、これ1発で終わったので、便宜的なクレジット以上の意味はないということで。要はPatrick Adams親分の下に舎弟どもが大集結して作ったアルバムです。「Weekend」のメイン...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Venus Dodson - Shining (Tee Scott 12''Remix) 1979 #Leroy Burgess 

genre tag:RETRO DISCO ▪︎まだまだ続くPatrick Adams一派によるNY Discoフィーヴァー。昨日のPhreekにもボーカルや作曲で参加していたVenus Dodson最大のクラシックスと言えばコレ。Leroy Burgessは作/編曲/プロデュース/バックコーラスで参加してます。当時の時代背景を考えれば、親分Patrick Adamsの書いたB-1「Night Rider」の方がメインストリームでの売れ線を意識した作りだけど、今じゃ誰も見向きもしないでしょう...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Convertion - Let's Do It (1980) #Leroy Burgessの「熱血授業」動画付き 

genre tag:Leroy Burgessの「熱血授業」, DANCE CLASSICS ▪︎2004年にローマのMusic Schoolで開講されたLeroy Burgessの「熱血授業」の動画に登場したクラシックスを取り上げています。 ▪︎Black Ivoryとしての活動を休止する中、いよいよ本格的にその音楽的才能を爆発させるLeroy Burgess。NYのDisco Musicにとって、1979年と1980年ほど隔離の激しい1年間はないでしょう。たった1年で、飛び出すサウンドはもはや別物。...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Fonda Rae - Over Like A Fat Rat (1982) #Leroy Burgessの「熱血授業」動画付き 

genre tag:Leroy Burgessの「熱血授業」, DANCE CLASSICS ▪︎予定を変更して、2004年にローマのMusic Schoolで開講されたLeroy Burgessの「熱血授業」の動画に登場したクラシックスを取り上げます。選曲する手間が省けて助かるわ (笑) 。 ▪︎さて、本日は、これまた説明不要の超絶クラシックスです。US盤はジャケ無しだけど、写真はRareなフランス盤を引っ張って来ました。どちらかと言うと、昔からHIP HOP系のDJに人気...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Black Ivory - Mainline (1979) #Leroy Burgessの「熱血授業」動画付き 

genre tag:Leroy Burgessの「熱血授業」, RETRO DISCO, DANCE CLASSICS ▪︎昨日に引き続きではあるけど、今日こそは、Patrick Adamsの舎弟でもあり、同じくNY DISCO界のレジェンドであるLeroy Burgessがキャリアの初期に在籍していたボーカル・グループBlack Ivoryの、一番有名で特大クラシックスのアレ──「Mainline」を取り上げます。もうこれ、超特大級のGarage Classics (Paradise GarageというNYのClubでプレイされて...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Black Ivory - White Wind (1976) #Leroy Burgess, Patrick Adams 

genre tag:RETRO DISCO ▪︎今日も関連事項として、Patrick Adamsの舎弟でもあり、同じくNY DISCO界のレジェンドであるLeroy Burgessがキャリアの初期に在籍していたボーカル・グループBlack Ivoryの、一番有名で特大クラシックスのアレ (Mainline) ではない、ちょっとマイナーな傑作を紹介。この曲には、後のLeroy Burgessが一気に開花させることになるモダニティ溢れるメロディーセンスが全て凝縮されていて、ま、ここか...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Donna McGhee - Mr. Blindman (1978) #ふかわりょう, Greg Carmichael 

genre tag:RETRO DISCO ▪︎今日は関連事項として、Patrick Adamsの盟友Greg Carmichaelが設立したRed Greg Records切っての名盤中の名盤「Donna McGhee ‎– Make It Last Forever」から、実は「ふかわりょう」がその昔、ネタのBGMに使っていたクラシックスを紹介。キャツ (奴) 、ああ見えても音楽エリートなんだよ。 ▪︎DE、このDonna McGheeのアルバム、オレがSOULやDISCOのレコードを買い始めた1992年の時点で、すでに...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Marta Acuna ‎- Dance, Dance, Dance (1977) #Patrick Adams 

genre tag:RETRO DISCO ▪︎今週は、Patrick AdamsとPeter Brownの黄金コンビが (おそらく) メジャーな仕事で得たマネーを投じて、1976年〜1984年という極めて短い期間に私設のアンダーグランドなインディーズ・レーベル、P&P Records、Queen Constance Records、Golden Flamingo Records、Heavenly Star Recordsからドロップした小さな秘密の宝石たちを紹介しています。 ▪︎驚くべき事に、この宇宙的傑作の中でボーカル...
Read More

◤本日の1曲♪【'80s MODERN SOUL】Cloud One - Flying High (1984) #Patrick Adams, Peter Brown 

genre tag:'80s MODERN SOUL ▪︎今週は、Patrick AdamsとPeter Brownの黄金コンビが (おそらく) メジャーな仕事で得たマネーを投じて、1976年〜1984年という極めて短い期間に私設のアンダーグランドなインディーズ・レーベル、P&P Records、Queen Constance Records、Golden Flamingo Records、Heavenly Star Recordsからドロップした小さな秘密の宝石たちを紹介しています。 ▪︎本日もCloud Oneの激RAREシングルを。...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Cloud One feat.Margo Williams - Don't Let This Rainbow Pass Me By (1981)  

genre tag:RETRO DISCO ▪︎今週は、Patrick AdamsとPeter Brownの黄金コンビが (おそらく) メジャーな仕事で得たマネーを投じて、1976年〜1984年という極めて短い期間に私設のアンダーグランドなインディーズ・レーベル、P&P Records、Queen Constance Records、Golden Flamingo Records、Heavenly Star Recordsからドロップした小さな秘密の宝石たちを紹介しています。 ▪︎Cloud Oneの12inchオンリーの激レア盤です──...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Cloud One feat. The Musicmakers - Jump, Jump, Jump (1979?) #Patrick Adams, Peter Brown 

genre tag:RETRO DISCO ▪︎ここ3日間に渡って取り上げてきたAVI Recordsの作品群 (El Coco、Eastbound Expressway) が「NYのSalsoul OrchestraやPhiladelphiaのMFSBとは異なり、腕利きの演奏者を多く抱えたオーケストラ軍団を率いての制作集団ではなく、より低予算でコンパクトなスタジオワークを感じさせるテイストがある」と書き、その上で個人的には「同時代のPatrick AdamsとPeter Brownの作品群の方が狂気じみた天才...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Eastbound Expressway ‎– Never Let Go (1978) #Ian Levine 

genre tag:RETRO DISCO ▪︎キリがないから、El Cocoでお馴染みAVI Recordsモノは、ひとまずコレで小休止。時間のあるときにYouTubeで全制覇しときますわ。なにせスゲえ数の楽曲がある・・・。しかし昔は舐めてたなあ。同時代のサウンドだと、やっぱNYモノに肩入れしてたし、Patrick AdamsとPeter Brownの作品群の方が狂気じみた天才性を感じていたし。でも、この軽い感じ、いいよね。日本酒で言ったらスイスイ飲めちゃう...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】El Coco - Cocomotion (1977)  

genre tag:RETRO DISCO ▪︎昨日はRinder & Lewis名義の少し攻めてる曲を紹介したけど、彼らの残した多くの作品の中で、NY系のDisco Musicフォロワーに最も名前が知れてるのはEl Coco名義の本作。とはいえ、当時、彼らの一連の作品の多くをリリースしていたAVI RecordsはLos Angelesのレーベルで、NYのSalsoul OrchestraやPhiladelphiaのMFSBとは異なり、腕利きの演奏者を多く抱えたオーケストラ軍団を率いての制作集団で...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW】Windjammer - Tossing And Turning (1984)  

genre tag:MELLOW, UK SOUL, SUMMER GROOVE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき。Windjammerと言えば、やっぱコレですかね。US産だけど、特にUKで人気のある曲だし、サウンド的にもそうしたフレイヴァーが強いので、あえて「UK SOUL」に振ってます。いろんなヴァージョンがあるのな。元ShakatakのNigel Wrightが手掛けた「'89 Remix」は全体には少し物足りないけど、後半 (4:42〜) のPianoソロは◎。ちなみにNigel Wrigh...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Rinder & Lewis - Blue Steel (1979)  

genre tag:RETRO DISCO, FUSION ▪︎一昨日の大野雄二へのアンサーソングとして。比べるのも本当に可哀想なんだけど、それっぽい音のすべてを「ルパンっぽい」とか言われるのも癪なので、国産の〝それっぽいだけの音〟と、海外の〝それっぽいだけの音を影で支配する音〟とを聴き比べてもらいましょうか。Laurin RinderとW. Michael Lewisと言えば、真っ先に話にあがるのはEl Coco名義の作品群だけど、本人名義「Rinder & L...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW FUNK】Windjammer - You've Got Me Dancing (1982) #山下達郎 

genre tag:MELLOW, DANCE CLASSICS, SUMMER GROOVE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の佐藤博を薄っすら受けて。そもそも一体どこでどうやってWindjammerを知ったのか覚えてないんだけど、昔から「ちょっと違うなあ」と思ってたらヤマタツのフェイヴァリットなんだって (笑) 。ほとんどの曲は田舎の勘違いファンクバンドらしい〝NY的なるもの〟からは離れる音ばかりだけど、奇跡的に「You've Got Me Dancing」だけには80's Da...
Read More

◤本日の1曲♪【アニソン】大野雄二 feat.ヒデ夕樹 - 夢の舟乗り (1978) #キャプテン・フューチャー 

genre tag:DOMESTIC ▪︎昨日たまたま話に出たので大野雄二のマイナーな作品を。ルパン三世のサントラをシラミ潰しに聴き返しても、意外にDJユースな楽曲って少ないんだよ。同時期のNY DISCOやFUNKと比べると、我が国のサウンドエンジニアリングは少年野球とメジャーリーグくらい違うから──ま、この差は今でもさほど変わらないけど。だったら〝マヌケなエピゴーネン感〟に一廉のファニーさの宿る「キャプテンフューチャー...
Read More

◤土曜午後の1曲♪【AOR】Hiroshi Sato/佐藤博 feat. Wendy Matthews - Only A Love Affair (1982)  

genre tag:DOMESTIC, MELLOW, SUMMER GROOVE, QUIET STORM, AOR  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎タマには昼間に。佐藤博です。2012年に亡くなってたんですね。このへんを得意としてる聴き手はこの世にオッパイいると思うので、サラっと通り過ぎます (笑) 。ま、個人的には「Only A Love Affair」以外はそこそこどうでもいいですが、これは本当に最高ですね。逆に日本人が日本語で歌った方がインパクトあったくらい。この季節 (梅...
Read More

◤本日の1曲♪【BLUE-EYED SOUL】Christian Gaubert - Sweet Maryline (1979)  

genre tag:AOR/BLUE-EYED SOUL, RARE GROOVE ▪︎最近UK続きだったので、おフランス産のキラーチューンを。FREE SOUL界隈ではレアで有名みたいだけど、2006年に日本盤で世界初CD化を果たしてます。FUNK/DISCOに限らず、FREE SOUL周辺のジャンルも「日本が世界初」というのは非常に多いです──2000年代に入ってからは完全にUKに負けてるけど。 VOCAL HOUSEDEEP HOUSELATIN HOUSEDOWN TEMPO/R&B HOUSEINST/DUB...
Read More

◤今夜の1曲♪【DUB HOUSE】Deee-Lite - How Do You Say ... Love (A Delicious Pal Joey Dub) 1990 

genre tag:DEEP HOUSE, INST HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき。浪人時代 (1991年) にHouseに目覚め、予備校をサボって輸入レコード屋ばかりに通っていたオレが奇跡的に第一志望の大学に合格し──第二志望は落ちた──、語学のクラスメイトの山本くんが「やっぱ大学に入れば1人はいると思ってた! オレもClub Musicが好きでディーライトとかよく聴いてるよ!」とオレに熱く興奮気味に語ってくれたわけだが、当然、...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZ FUNK】Light Of The World - Petes Crusade (1980) #Incognito 

genre tag:FUSION/RARE GROOVE ▪︎昨日のSun Palaceの2人 (Mike CollinsとKeith O'Connell) も裏方として参加していたLight Of The Worldの2ndアルバム (これには参加してない) から「唯一今でもフツーに使えそうな曲」を選んでみた。実は今まで (さっきまで) Light Of The Worldをまともに聴いたことがなかったんだけど、やはり、昔からの印象通り、なんか決め手に欠けるんだよな。その中で唯一これだけは現代的なユース...
Read More

◤今夜の1曲♪【DOMESTIC】Nokko - I Will Catch U (1992) #Towa Tei 

genre tag:DOMESTIC, VOCAL HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎ちょっと脇道に逸れてますが、それが人生なので。レベッカのノッコの12inchです。彼女ってば、オザケン同様、この時期はNYのナイトクラブでブイブイ言わせてたんですよね。テイ・トウワはネチネチとネット版権問題に対してセコイんでしょうか。YouTubeに肝心のヴァージョンがUPされてないので、持ち出しです。ファイル作成日は「2006年5月27日 (土) 8:30」ですね...
Read More

◤本日の1曲♪【CHILL OUT】Sun Palace - Rude Movements (1983)  

genre tag:CHILL OUT, FUSION ▪︎ここ最近セレクトしてたUK産のDance Fusionの完成型──というより、あらゆるFusion系Club Musicの究極型が本作。Sun Palaceとしての活動実態はなく、例によって例の如く「これ1発」で終了の単発ユニットです。元々Light Of The WorldというオサレFunkバンドに作曲/編曲/プロデュースで参加していたMike CollinsとKeith O'Connellの2人が遊びで作ったような──気軽にJamったような曲なんだけ...
Read More

◤人はナゼの1曲♪【DOMESTIC】ヒデ夕樹 - 駆けろ! スパイダーマン (1978)  

genre tag:DOMESTIC  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎冒頭19秒からの2小節はネタにできるな (笑) 。ここ2〜3日、なぜかよく聴いてる。ヒデ夕樹は以前に「夢の舟乗り」を紹介していた。オレ、子供の頃、これの超合金、持ってたわ。 VOCAL HOUSEDEEP HOUSELATIN HOUSEDOWN TEMPO/R&B HOUSEINST/DUB HOUSEJAZZY VIBETECHNO/ELECTROAFTER HOURSCHILL OUT/AMBIENT DANCE CLASSICSSOUL/FUNK'80s MODERN SOULRETRO...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZ FUNK】UK Players - Exit (1981)  

genre tag:FUSION/RARE GROOVE ▪︎このところ、1980年前後のUK Jazz Funkの紹介がつづいてますが、ま、音楽的にかなり重要なので。昨日のFreeezと並んで、UK Playersは'80s初期のコンテポラリーなUK産Dance Fusionを支えた功労者です──と言ってもアルバム1枚で消えたけど。もう少し時代が進むと、もろにUS産SOULフォロワーなサウンドに着手するんだけど、今回は2ndシングル「Midnight」のB面に収録された、完全Fusionな傑...
Read More

◤真夜中の1曲♪【暗黒DUB】Jimpster - Can't Stop Loving (2012) #Audiomontage 

genre tag:DEEP HOUSE, INST HOUSE, TECHNO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎Jimpster (本名:Jamie Odell) はAudiomontage名義でも傑作を残してますね。うちのブログでも「Snert」「What You Gonna Do?」を紹介済みです。今回はエッジの鋭い攻撃的なDubモノを真夜中にチョイス。危険な香りがオッパイです。しかしこの人は、ほとんどの作品は凡庸だけど、タマにスゲえことヤラかしますね。無視できません。 VOCA...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZ FUNK】Freeez - Carribean Winter (1980)  

genre tag:FUSION/RARE GROOVE, NEW WAVE ▪︎昨日の「Atmosfear - Dancing In Outer Space」が既存のJazz FunkやFusionを最先端のDiscoサウンドのフィールドに落とし込んだ流れに沿うように、'80sの幕開けと共にUKのナイトシーンで活性化したキーワードは意外にも「Jazz」であったわけだが、初期のFreeez最大の音楽成果が何かと問われれば、オレは疑いようもなく、この「Carribean Winter」を推す。微かに漏れ滲むUK的なN...
Read More

◤今夜の1曲♪【GARAGE HOUSE】Barbara Walker - Saved Me (2003) #Louis Benedetti/SoulShine 

genre tag:DEEP HOUSE, VOCAL HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎ちょっと脱線して昨日に引きつづきSoulShine Recordingsモノを。このへんは余りにも清く正しくオーセンティックかつトラディショナルにNYですね。どこをどう切り取っても〝正しさ〟しかないという有様。よく見るとキーボードのAlbert "Sterling" MenendezはMAWリミックスなんかにも頻繁に参加してのたのな。もはや、あれもこれも、の状況。そうだったのか。勉...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZ FUNK】Atmosfear - Dancing In Outer Space (1979)  

genre tag:FUSION/RARE GROOVE ▪︎昨日の「The Clash - The Magnificent Dance」は、残念ながらThe Clash自身による大発明ではありません。この頃のUKには、すでにJAZZ FUNKやFUSION DISCOを受け入れるような土壌があって、言うなら「JazzがDiscoに接近していた時代」というわけ。おそらくThe Clashのメンバー (関係者) たちも夜遊びを通じて、そうした最先端のサウンドに触れていた可能性は高いわけで、その源流が何かと...
Read More

◤今夜の1曲♪【DEEP HOUSE】Brent Laurence feat. Reggie Watts - Closer (Remixes) 2003 #Louis Benedetti 

genre tag:VOCAL HOUSE, DEEP HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎ちょっと時間を取れないのでLuxury Service Recordsの総ざらいは後回しにして、久々に歌モノなんぞを。まあ、このへんは「わかる人だけに」──という感じです。極上も極上。是非ここで出会って下さい。これだけの極上品ですら、アナログ1,000枚レベルの規模です。当然、CDなんか出てません。 VOCAL HOUSEDEEP HOUSELATIN HOUSEDOWN TEMPO/R&B ...
Read More