◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Patrick Adams Presents Phreek - Weekend (Album Verison) 1978 #Leroy Burgessの「熱血授業」動画付き 

genre tag:Leroy Burgessの「熱血授業」, RETRO DISCO ▪︎2004年にローマのMusic Schoolで開講されたLeroy Burgessの「熱血授業」の動画に登場したクラシックスを取り上げています。本日はその最終日。 ▪︎Phreekというグループ名が一応はあるけど、これ1発で終わったので、便宜的なクレジット以上の意味はないということで。要はPatrick Adams親分の下に舎弟どもが大集結して作ったアルバムです。「Weekend」のメイン...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Venus Dodson - Shining (Tee Scott 12''Remix) 1979 #Leroy Burgess 

genre tag:RETRO DISCO ▪︎まだまだ続くPatrick Adams一派によるNY Discoフィーヴァー。昨日のPhreekにもボーカルや作曲で参加していたVenus Dodson最大のクラシックスと言えばコレ。Leroy Burgessは作/編曲/プロデュース/バックコーラスで参加してます。当時の時代背景を考えれば、親分Patrick Adamsの書いたB-1「Night Rider」の方がメインストリームでの売れ線を意識した作りだけど、今じゃ誰も見向きもしないでしょう...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Convertion - Let's Do It (1980) #Leroy Burgessの「熱血授業」動画付き 

genre tag:Leroy Burgessの「熱血授業」, DANCE CLASSICS ▪︎2004年にローマのMusic Schoolで開講されたLeroy Burgessの「熱血授業」の動画に登場したクラシックスを取り上げています。 ▪︎Black Ivoryとしての活動を休止する中、いよいよ本格的にその音楽的才能を爆発させるLeroy Burgess。NYのDisco Musicにとって、1979年と1980年ほど隔離の激しい1年間はないでしょう。たった1年で、飛び出すサウンドはもはや別物。...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Fonda Rae - Over Like A Fat Rat (1982) #Leroy Burgessの「熱血授業」動画付き 

genre tag:Leroy Burgessの「熱血授業」, DANCE CLASSICS ▪︎予定を変更して、2004年にローマのMusic Schoolで開講されたLeroy Burgessの「熱血授業」の動画に登場したクラシックスを取り上げます。選曲する手間が省けて助かるわ (笑) 。 ▪︎さて、本日は、これまた説明不要の超絶クラシックスです。US盤はジャケ無しだけど、写真はRareなフランス盤を引っ張って来ました。どちらかと言うと、昔からHIP HOP系のDJに人気...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Black Ivory - Mainline (1979) #Leroy Burgessの「熱血授業」動画付き 

genre tag:Leroy Burgessの「熱血授業」, RETRO DISCO, DANCE CLASSICS ▪︎昨日に引き続きではあるけど、今日こそは、Patrick Adamsの舎弟でもあり、同じくNY DISCO界のレジェンドであるLeroy Burgessがキャリアの初期に在籍していたボーカル・グループBlack Ivoryの、一番有名で特大クラシックスのアレ──「Mainline」を取り上げます。もうこれ、超特大級のGarage Classics (Paradise GarageというNYのClubでプレイされて...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Black Ivory - White Wind (1976) #Leroy Burgess, Patrick Adams 

genre tag:RETRO DISCO ▪︎今日も関連事項として、Patrick Adamsの舎弟でもあり、同じくNY DISCO界のレジェンドであるLeroy Burgessがキャリアの初期に在籍していたボーカル・グループBlack Ivoryの、一番有名で特大クラシックスのアレ (Mainline) ではない、ちょっとマイナーな傑作を紹介。この曲には、後のLeroy Burgessが一気に開花させることになるモダニティ溢れるメロディーセンスが全て凝縮されていて、ま、ここか...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Donna McGhee - Mr. Blindman (1978) #ふかわりょう, Greg Carmichael 

genre tag:RETRO DISCO ▪︎今日は関連事項として、Patrick Adamsの盟友Greg Carmichaelが設立したRed Greg Records切っての名盤中の名盤「Donna McGhee ‎– Make It Last Forever」から、実は「ふかわりょう」がその昔、ネタのBGMに使っていたクラシックスを紹介。キャツ (奴) 、ああ見えても音楽エリートなんだよ。 ▪︎DE、このDonna McGheeのアルバム、オレがSOULやDISCOのレコードを買い始めた1992年の時点で、すでに...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Marta Acuna ‎- Dance, Dance, Dance (1977) #Patrick Adams 

genre tag:RETRO DISCO ▪︎今週は、Patrick AdamsとPeter Brownの黄金コンビが (おそらく) メジャーな仕事で得たマネーを投じて、1976年〜1984年という極めて短い期間に私設のアンダーグランドなインディーズ・レーベル、P&P Records、Queen Constance Records、Golden Flamingo Records、Heavenly Star Recordsからドロップした小さな秘密の宝石たちを紹介しています。 ▪︎驚くべき事に、この宇宙的傑作の中でボーカル...
Read More

◤本日の1曲♪【'80s MODERN SOUL】Cloud One - Flying High (1984) #Patrick Adams, Peter Brown 

genre tag:'80s MODERN SOUL ▪︎今週は、Patrick AdamsとPeter Brownの黄金コンビが (おそらく) メジャーな仕事で得たマネーを投じて、1976年〜1984年という極めて短い期間に私設のアンダーグランドなインディーズ・レーベル、P&P Records、Queen Constance Records、Golden Flamingo Records、Heavenly Star Recordsからドロップした小さな秘密の宝石たちを紹介しています。 ▪︎本日もCloud Oneの激RAREシングルを。...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Cloud One feat.Margo Williams - Don't Let This Rainbow Pass Me By (1981)  

genre tag:RETRO DISCO ▪︎今週は、Patrick AdamsとPeter Brownの黄金コンビが (おそらく) メジャーな仕事で得たマネーを投じて、1976年〜1984年という極めて短い期間に私設のアンダーグランドなインディーズ・レーベル、P&P Records、Queen Constance Records、Golden Flamingo Records、Heavenly Star Recordsからドロップした小さな秘密の宝石たちを紹介しています。 ▪︎Cloud Oneの12inchオンリーの激レア盤です──...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Cloud One feat. The Musicmakers - Jump, Jump, Jump (1979?) #Patrick Adams, Peter Brown 

genre tag:RETRO DISCO ▪︎ここ3日間に渡って取り上げてきたAVI Recordsの作品群 (El Coco、Eastbound Expressway) が「NYのSalsoul OrchestraやPhiladelphiaのMFSBとは異なり、腕利きの演奏者を多く抱えたオーケストラ軍団を率いての制作集団ではなく、より低予算でコンパクトなスタジオワークを感じさせるテイストがある」と書き、その上で個人的には「同時代のPatrick AdamsとPeter Brownの作品群の方が狂気じみた天才...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Eastbound Expressway ‎– Never Let Go (1978) #Ian Levine 

genre tag:RETRO DISCO ▪︎キリがないから、El Cocoでお馴染みAVI Recordsモノは、ひとまずコレで小休止。時間のあるときにYouTubeで全制覇しときますわ。なにせスゲえ数の楽曲がある・・・。しかし昔は舐めてたなあ。同時代のサウンドだと、やっぱNYモノに肩入れしてたし、Patrick AdamsとPeter Brownの作品群の方が狂気じみた天才性を感じていたし。でも、この軽い感じ、いいよね。日本酒で言ったらスイスイ飲めちゃう...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】El Coco - Cocomotion (1977)  

genre tag:RETRO DISCO ▪︎昨日はRinder & Lewis名義の少し攻めてる曲を紹介したけど、彼らの残した多くの作品の中で、NY系のDisco Musicフォロワーに最も名前が知れてるのはEl Coco名義の本作。とはいえ、当時、彼らの一連の作品の多くをリリースしていたAVI RecordsはLos Angelesのレーベルで、NYのSalsoul OrchestraやPhiladelphiaのMFSBとは異なり、腕利きの演奏者を多く抱えたオーケストラ軍団を率いての制作集団で...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Rinder & Lewis - Blue Steel (1979)  

genre tag:RETRO DISCO, FUSION ▪︎一昨日の大野雄二へのアンサーソングとして。比べるのも本当に可哀想なんだけど、それっぽい音のすべてを「ルパンっぽい」とか言われるのも癪なので、国産の〝それっぽいだけの音〟と、海外の〝それっぽいだけの音を影で支配する音〟とを聴き比べてもらいましょうか。Laurin RinderとW. Michael Lewisと言えば、真っ先に話にあがるのはEl Coco名義の作品群だけど、本人名義「Rinder & L...
Read More

◤本日の1曲♪【アニソン】大野雄二 feat.ヒデ夕樹 - 夢の舟乗り (1978) #キャプテン・フューチャー 

genre tag:DOMESTIC ▪︎昨日たまたま話に出たので大野雄二のマイナーな作品を。ルパン三世のサントラをシラミ潰しに聴き返しても、意外にDJユースな楽曲って少ないんだよ。同時期のNY DISCOやFUNKと比べると、我が国のサウンドエンジニアリングは少年野球とメジャーリーグくらい違うから──ま、この差は今でもさほど変わらないけど。だったら〝マヌケなエピゴーネン感〟に一廉のファニーさの宿る「キャプテンフューチャー...
Read More

◤本日の1曲♪【BLUE-EYED SOUL】Christian Gaubert - Sweet Maryline (1979)  

genre tag:AOR/BLUE-EYED SOUL, RARE GROOVE ▪︎最近UK続きだったので、おフランス産のキラーチューンを。FREE SOUL界隈ではレアで有名みたいだけど、2006年に日本盤で世界初CD化を果たしてます。FUNK/DISCOに限らず、FREE SOUL周辺のジャンルも「日本が世界初」というのは非常に多いです──2000年代に入ってからは完全にUKに負けてるけど。 VOCAL HOUSEDEEP HOUSELATIN HOUSEDOWN TEMPO/R&B HOUSEINST/DUB...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZ FUNK】Light Of The World - Petes Crusade (1980) #Incognito 

genre tag:FUSION/RARE GROOVE ▪︎昨日のSun Palaceの2人 (Mike CollinsとKeith O'Connell) も裏方として参加していたLight Of The Worldの2ndアルバム (これには参加してない) から「唯一今でもフツーに使えそうな曲」を選んでみた。実は今まで (さっきまで) Light Of The Worldをまともに聴いたことがなかったんだけど、やはり、昔からの印象通り、なんか決め手に欠けるんだよな。その中で唯一これだけは現代的なユース...
Read More

◤本日の1曲♪【CHILL OUT】Sun Palace - Rude Movements (1983)  

genre tag:CHILL OUT, FUSION ▪︎ここ最近セレクトしてたUK産のDance Fusionの完成型──というより、あらゆるFusion系Club Musicの究極型が本作。Sun Palaceとしての活動実態はなく、例によって例の如く「これ1発」で終了の単発ユニットです。元々Light Of The WorldというオサレFunkバンドに作曲/編曲/プロデュースで参加していたMike CollinsとKeith O'Connellの2人が遊びで作ったような──気軽にJamったような曲なんだけ...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZ FUNK】UK Players - Exit (1981)  

genre tag:FUSION/RARE GROOVE ▪︎このところ、1980年前後のUK Jazz Funkの紹介がつづいてますが、ま、音楽的にかなり重要なので。昨日のFreeezと並んで、UK Playersは'80s初期のコンテポラリーなUK産Dance Fusionを支えた功労者です──と言ってもアルバム1枚で消えたけど。もう少し時代が進むと、もろにUS産SOULフォロワーなサウンドに着手するんだけど、今回は2ndシングル「Midnight」のB面に収録された、完全Fusionな傑...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZ FUNK】Freeez - Carribean Winter (1980)  

genre tag:FUSION/RARE GROOVE, NEW WAVE ▪︎昨日の「Atmosfear - Dancing In Outer Space」が既存のJazz FunkやFusionを最先端のDiscoサウンドのフィールドに落とし込んだ流れに沿うように、'80sの幕開けと共にUKのナイトシーンで活性化したキーワードは意外にも「Jazz」であったわけだが、初期のFreeez最大の音楽成果が何かと問われれば、オレは疑いようもなく、この「Carribean Winter」を推す。微かに漏れ滲むUK的なN...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZ FUNK】Atmosfear - Dancing In Outer Space (1979)  

genre tag:FUSION/RARE GROOVE ▪︎昨日の「The Clash - The Magnificent Dance」は、残念ながらThe Clash自身による大発明ではありません。この頃のUKには、すでにJAZZ FUNKやFUSION DISCOを受け入れるような土壌があって、言うなら「JazzがDiscoに接近していた時代」というわけ。おそらくThe Clashのメンバー (関係者) たちも夜遊びを通じて、そうした最先端のサウンドに触れていた可能性は高いわけで、その源流が何かと...
Read More

◤本日の1曲♪【DUB DISCO】The Clash - The Magnificent Dance (1981)  

genre tag:UK ROCK, RETRO DISCO ▪︎昨日、約1ヶ月ぶりに『REMIX講座』の新しい記事が上がったので、1981年当時のNYのアンダーグラウンドなClubでWalter GibbonsやLarry LevanたちがPLAYしまくっていた他ジャンルのクラシックスを紹介。ご存知UKのパンクバンドThe Clashの「The Magnificent Seven」のDubヴァージョンです。イギリスの音楽誌Uncutが発表した『ザ・クラッシュのベスト・ソング TOP30』でも「The Magnificen...
Read More

◤本日の1曲♪【SOUL】Lou Rawls - Feel Like Makin' Love (1974)  

genre tag:SOUL, MELLOW ▪︎昨日のCarol Dubocに引きつづき、キリがないので、あと1発だけ「Feel Like Makin' Love」のカバーを。つか、これは泣けるわ。Lou Rawlsかあ。ちゃんと聴いたことなかったなあ。キャリアの長い人で、しかも自分でプロデュースをするわけじゃないので──作曲はたまに自分でもする──、時代時代でサウンドがコロコロ変わるんだ。時間のある日に、せめて'70年代のアルバムくらい全部聴いてみようかね...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW】Carol Duboc - Feel Like Makin' Love (2008)  

genre tag:R&B/MODERN SOUL, MELLOW, AOR/BLUE-EYED SOUL, JAZZ ▪︎「海外ラジオからたまたま流れきたシリーズ」です。曲自体は「一体何曲のカバーが存在するんだ!?」というほどのド定番ソング。個人的に「Smooth Jazz」というジャンルにはマターク興味がない。どれも似たようなテイスト──というより、どれもこれをも互いに似せることで、半ば共犯的に緩い絆でそのジャンル世界をなんとなく維持しているところに創作物と...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZ FUNK】Jo. Boyer - Isabelle and The Rain (1978)  

genre tag:FUSION/RARE GROOVE, RETRO DISCO ▪︎東京地方、今日は雨なので。詳細不明ながら、昔から12インチOnlyのJazzy Tuneとして人気でレアな1枚。Discogsに記載された僅かなクレジットを辿っていくと、どうもオジサン3人衆 (Mike Lang, Terry Harrington, Dennis Budimir) の「趣味の時間」という側面も垣間見えてくる。となると、一体「Jo.Boyer」なる人物は何者なのだろう。今も昔も謎です。それでも曲が偉大なら絶...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Rene & Angela - I Love You More (1981)  

genre tag:DANCE CLASSICS, SOUK/FUNK ▪︎昨日の「Janet Jackson - You'll Never Find (A Love Like Mine) 」で取り上げたRene MooreとAngela Winbushによる夫婦ユニット「Rene & Angela」最大のクラシックスと言えばコレで決まりでしょう。作曲から演奏からプロデュースまで自分たちでこなす、まさにスーパー音楽夫婦です。12inchはPromo Onlyで昔からレアで有名──中身はAlbum Verisonと同じなのにね。いやあ、このレン...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Janet Jackson - You'll Never Find (A Love Like Mine) 1982 

genre tag:DANCE CLASSICS ▪︎名曲/傑作/名リミックスに事欠かないJanet Jackson。ブっちゃけ、曲単位──特に12インチのリミックス──では兄貴のマイケルより傑作は多いんじゃないだろうか。一般的な人気がブレイクしたのは1986年の3rdアルバム『Control』以降だけど、本日は少しひねくれて1stアルバムからダンクラ (DANCE CLASSICS) 調の爽快Grooveをご紹介。作曲とプロデュースにクレジットされているのは、当時Rene & An...
Read More

◤本日の1曲♪【LIVE VIDEO】Incognito - Colibri (1992)  

genre tag:ACID JAZZ, FUSION, LIVE VIDEO/PV ▪︎昨日のBanda Black Rioで話に出たので、IncognitoのFusionライクな傑作を御紹介。本当は「Don't You Worry 'Bout A Thing」のシングルに収録されてるREMIXが一番カッコイイんだけど、YouTubeに上がってるヤツは音質が悪いので、LIVE音源をチョイスしてみた。1992年というのはLIVEではなく、曲そのもののリリース年です。Incognitoと言ったらオレ的には圧倒的にアレだけど...
Read More

◤本日の1曲♪【BRAZILLIAN FUNK】Banda Black Rio - Expresso Madureira (1978) #Incognito 

genre tag:FUSION, CLUB JAZZ/LATIN ▪︎ブラジルのFUNK/FUSION系バンドBanda Black Rioの人気曲。オレがカシオペアに興味を持てないのは、同じFusionというジャンルであっても、やっぱこういうGrooveの方が好きだから。実は演奏技術にはあまり興味ない。〝ヘタウマという美徳〟が音楽の世界にはあるからね。もちろん巧い演奏が嫌いというわけじゃないけど、ヘタだからと言って嫌いにはならないということ。この曲はAcid J...
Read More

◤本日の1曲♪【LIVE VIDEO】久保田利伸 meets カシオペア (Casiopea) - Timeシャワーに射たれて… (1989)  

genre tag:DOMESTIC, LIVE VIDEO, FUSION ▪︎最初に言っておくと、「久保田利伸」と「Casiopea」に対して、今も昔も音楽的な興味を持ったことは一度もありません。GA、この共演のもたらすケミストリーは尋常じゃないでしょ。昨日の「流星のサドル」に引きつづき、奇跡のLive Act第二弾です。1986年にリリースされた彼の2ndシングルだけど、当時日本でもそれなりに流行っていた12inchシングルというメディアでリリースされ...
Read More