◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Patrick Adams Presents Phreek - Weekend (Album Verison) 1978 #Leroy Burgessの「熱血授業」動画付き 

genre tag:Leroy Burgessの「熱血授業」, RETRO DISCO ▪︎2004年にローマのMusic Schoolで開講されたLeroy Burgessの「熱血授業」の動画に登場したクラシックスを取り上げています。本日はその最終日。 ▪︎Phreekというグループ名が一応はあるけど、これ1発で終わったので、便宜的なクレジット以上の意味はないということで。要はPatrick Adams親分の下に舎弟どもが大集結して作ったアルバムです。「Weekend」のメイン...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Venus Dodson - Shining (Tee Scott 12''Remix) 1979 #Leroy Burgess 

genre tag:RETRO DISCO ▪︎まだまだ続くPatrick Adams一派によるNY Discoフィーヴァー。昨日のPhreekにもボーカルや作曲で参加していたVenus Dodson最大のクラシックスと言えばコレ。Leroy Burgessは作/編曲/プロデュース/バックコーラスで参加してます。当時の時代背景を考えれば、親分Patrick Adamsの書いたB-1「Night Rider」の方がメインストリームでの売れ線を意識した作りだけど、今じゃ誰も見向きもしないでしょう...
Read More

◤本日の1曲♪【CHILL OUT】Frankie Valentine - Midnite Sun (F.V. Late Nite Mix/2000) 

genre tag:DEEP HOUSE, INST HOUSE, AMBIENT/CHILL OUT  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎一昨日のつづき。Frankie Valentineを初めて知ったのは1991年で、その頃は主にUS産のGarage HouseなんかをプレイするDJで、番組名は忘れたけど、深夜のFMラジオのワンコーナーで毎週20分くらいのMix Showがあったんだけど、その中で一番好きだったDJがFrankie Valentineだったんだよね。彼からは今でも重要な位置付けを保持しつづける様々な...
Read More

◤本日の1曲♪【UK SOUL/GROUND BEAT】 Gems For Jem - Time For Love (1993)  

genre tag:UK SOUL ▪︎今週は『ミニGROUND BEAT特集』で選曲してきましたが、ひとまずは本日が最終日です。今日は究極の1枚を御紹介します。とはいえ、何がどう究極なのかを語りだすと異常に長い話になるので、そこはあえて書き尽くしませんが、表面をなぞるなら、Paul Hardcastle以降のUKソウル的意匠の伝統に立脚し、一連のPrincess作品におけるPWLも消化し、Sade的なバンド感も含み持ち、当然SOUL II SOUL経由でAcid J...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Convertion - Let's Do It (1980) #Leroy Burgessの「熱血授業」動画付き 

genre tag:Leroy Burgessの「熱血授業」, DANCE CLASSICS ▪︎2004年にローマのMusic Schoolで開講されたLeroy Burgessの「熱血授業」の動画に登場したクラシックスを取り上げています。 ▪︎Black Ivoryとしての活動を休止する中、いよいよ本格的にその音楽的才能を爆発させるLeroy Burgess。NYのDisco Musicにとって、1979年と1980年ほど隔離の激しい1年間はないでしょう。たった1年で、飛び出すサウンドはもはや別物。...
Read More

◤本日の1曲♪【CHICAGO HOUSE】Glenn Underground feat. Leroy Burgess - Let Me Know You're Feeling Me (2006) #Patrick Adams 

genre tag:DEEP HOUSE, VOCAL HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき。太陽が沈む前に聴くような曲じゃないけど (笑) 。Chicago Houseの重要人物Glenn Underground (GU, Glenn Crocker) が尊敬する特大レジェンド2人 (Patrick Adams, Leroy Burgess) を自宅スタジオに招いて一緒に作っちゃいましたっていうトンデモナイ1曲。メイキング風景もあって、チラっとRon Trentと思しき人物も映ってますね──単に遊びに来てる...
Read More

◤本日の1曲♪【VOCAL HOUSE】M.O.D.E. feat. Leroy Burgess - Heaven (The Frankie Valentine Remix/2002) 

genre tag:DEEP HOUSE, VOCAL HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎「そういやコレあったな」っつう感じで昨日のつづき。そしてOriginal盤があったことを今日はじめて知った (笑) 。1990年産だけあって、初めてサンプラー触って大はしゃぎしてる子供みたいな作りだけど、1989-1991年頃のHouseは玉石混合というか、ジャンル横断というか、特にHip Hop的な手法との交錯が多いんだよな。しかもLeroy Burgess自身の代表作でもある「...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Fonda Rae - Over Like A Fat Rat (1982) #Leroy Burgessの「熱血授業」動画付き 

genre tag:Leroy Burgessの「熱血授業」, DANCE CLASSICS ▪︎予定を変更して、2004年にローマのMusic Schoolで開講されたLeroy Burgessの「熱血授業」の動画に登場したクラシックスを取り上げます。選曲する手間が省けて助かるわ (笑) 。 ▪︎さて、本日は、これまた説明不要の超絶クラシックスです。US盤はジャケ無しだけど、写真はRareなフランス盤を引っ張って来ました。どちらかと言うと、昔からHIP HOP系のDJに人気...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Black Ivory - Mainline (1979) #Leroy Burgessの「熱血授業」動画付き 

genre tag:Leroy Burgessの「熱血授業」, RETRO DISCO, DANCE CLASSICS ▪︎昨日に引き続きではあるけど、今日こそは、Patrick Adamsの舎弟でもあり、同じくNY DISCO界のレジェンドであるLeroy Burgessがキャリアの初期に在籍していたボーカル・グループBlack Ivoryの、一番有名で特大クラシックスのアレ──「Mainline」を取り上げます。もうこれ、超特大級のGarage Classics (Paradise GarageというNYのClubでプレイされて...
Read More

◤本日の1曲♪【未発表音源】Leroy Burgess - Hello It's Me/Midnight In The Streets/Scandal (2007) #Stan Lucas 

genre tag:80's MODERN SOUL, DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき。ギターにPatrick Adams軍団のStan Lucasがクレジット。2007年にリリースされた盟友Leroy Burgessの未発表音源集で、一応は「1979-1983年の音源 (楽曲) 」と正式アナウンスされてるようだけど、音を聴けば明白、そんなワキャないです。おそらく「作曲されたのが 1979-1983年頃」というだけで、実際のレコーディングは後年でしょう。1983...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Black Ivory - White Wind (1976) #Leroy Burgess, Patrick Adams 

genre tag:RETRO DISCO ▪︎今日も関連事項として、Patrick Adamsの舎弟でもあり、同じくNY DISCO界のレジェンドであるLeroy Burgessがキャリアの初期に在籍していたボーカル・グループBlack Ivoryの、一番有名で特大クラシックスのアレ (Mainline) ではない、ちょっとマイナーな傑作を紹介。この曲には、後のLeroy Burgessが一気に開花させることになるモダニティ溢れるメロディーセンスが全て凝縮されていて、ま、ここか...
Read More

◤本日の1曲♪【GARAGE CLASSICS】Rainbow Brown - Let's Go Another Round (1981) #Stan Lucas 

genre tag:RETRO DISCO, DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき。作曲/プロデュースにPatrick Adams軍団のStan Lucasがクレジット──というより、これはボーカルにFonda Raeを迎え入れた〝裏Inner Life〟とでも言うべきPatrick Adams総帥による課外授業ですね。2004年のUS盤CDにはTom Moultonによる「Let's Go Another Round (Extended Edit) 」が、2008年の日本盤CDにはRay 'Pinky' Velazquezによる「Till ...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Inner Life/Jocelyn Brown - Live It Up (1981) #Stan Lucas 

genre tag:DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき。作曲/プロデュースにPatrick Adams軍団のStan Lucasがクレジット。Inner Life (Vo:Jocelyn Brown) と言えば、とりあえずこの2ndが鉄板で、中でも「Marvin Gaye & Tammi Terrell - Ain't No Mountain High Enough (1967) 」を攻撃的なNY DISCOとしてブラッシュアップしたカヴァーは、言ってしまえば〝Garage Classics界の「ボーイズ・タウン・ギャング - ...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Donna McGhee - Mr. Blindman (1978) #ふかわりょう, Greg Carmichael 

genre tag:RETRO DISCO ▪︎今日は関連事項として、Patrick Adamsの盟友Greg Carmichaelが設立したRed Greg Records切っての名盤中の名盤「Donna McGhee ‎– Make It Last Forever」から、実は「ふかわりょう」がその昔、ネタのBGMに使っていたクラシックスを紹介。キャツ (奴) 、ああ見えても音楽エリートなんだよ。 ▪︎DE、このDonna McGheeのアルバム、オレがSOULやDISCOのレコードを買い始めた1992年の時点で、すでに...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Inner Life ‎- I Like It Like That (Special Club Version/Shep Pettibone Mix) #Stan Lucas/Jocelyn Brown 

genre tag:DANCE CLASSICS, FUNK  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき。作曲/プロデュースにPatrick Adams軍団のStan Lucasがクレジット。個人的にInner Lifeと言ったらコレしか考えられないくらい大好きな曲で、なんと言っても素晴らしいのはShep Pettiboneよるリミックスの、そのアイディアと完成度。この時代にここまでAlbum Versionと異なるOver Dubを施してるTrackはそう多いわけじゃない。まさに1982年頃のShe...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Marta Acuna ‎- Dance, Dance, Dance (1977) #Patrick Adams 

genre tag:RETRO DISCO ▪︎今週は、Patrick AdamsとPeter Brownの黄金コンビが (おそらく) メジャーな仕事で得たマネーを投じて、1976年〜1984年という極めて短い期間に私設のアンダーグランドなインディーズ・レーベル、P&P Records、Queen Constance Records、Golden Flamingo Records、Heavenly Star Recordsからドロップした小さな秘密の宝石たちを紹介しています。 ▪︎驚くべき事に、この宇宙的傑作の中でボーカル...
Read More

◤本日の1曲♪【'80s MODERN SOUL】Cloud One - Flying High (1984) #Patrick Adams, Peter Brown 

genre tag:'80s MODERN SOUL ▪︎今週は、Patrick AdamsとPeter Brownの黄金コンビが (おそらく) メジャーな仕事で得たマネーを投じて、1976年〜1984年という極めて短い期間に私設のアンダーグランドなインディーズ・レーベル、P&P Records、Queen Constance Records、Golden Flamingo Records、Heavenly Star Recordsからドロップした小さな秘密の宝石たちを紹介しています。 ▪︎本日もCloud Oneの激RAREシングルを。...
Read More

◤本日の1曲♪【BOOGIE FUNK】Ray Munnings - It Could Happen To You (1979) #Stan Lucas 

genre tag:SOUL/FUNK, RETRO DISCO, RARE GROOVE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎一昨日のつづき。作曲/プロデュースにPatrick Adams軍団のStan Lucasがクレジット。Ray Munningsはレア・グルーヴの古典「Funky Nassau」でお馴染みThe Beginning Of The Endの元メンバー。そんな彼がどういう経緯でStan Lucasとタッグを組むことになったのかは知らないけど、これ、完全にStan節だよね。細部に少しサザンソウル的な〝いなたさ〟も...
Read More

◤本日の1曲♪【BOOGIE DISCO】The Imperials - I Just Wanna Be Your Lovin' Man (1979)  

genre tag:RETRO DISCO, TECHNO/ELECTRO, SUMMER GROOVE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき──と言っても、今日はStan Lucasではなく、The Imperialsの激レア12inchをピック。個人的には「I Just Wanna Be Your Lovin' Man」の方が音楽的に優れてると思うわけだが、コレクター的には「Fast Freddie The Roller Disco King」を収録してる、こっちの盤が必要らしい。「I Just Wanna Be Your Lovin' Man」だけが必要ならUK...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Cloud One feat.Margo Williams - Don't Let This Rainbow Pass Me By (1981)  

genre tag:RETRO DISCO ▪︎今週は、Patrick AdamsとPeter Brownの黄金コンビが (おそらく) メジャーな仕事で得たマネーを投じて、1976年〜1984年という極めて短い期間に私設のアンダーグランドなインディーズ・レーベル、P&P Records、Queen Constance Records、Golden Flamingo Records、Heavenly Star Recordsからドロップした小さな秘密の宝石たちを紹介しています。 ▪︎Cloud Oneの12inchオンリーの激レア盤です──...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Cloud One feat. The Musicmakers - Jump, Jump, Jump (1979?) #Patrick Adams, Peter Brown 

genre tag:RETRO DISCO ▪︎ここ3日間に渡って取り上げてきたAVI Recordsの作品群 (El Coco、Eastbound Expressway) が「NYのSalsoul OrchestraやPhiladelphiaのMFSBとは異なり、腕利きの演奏者を多く抱えたオーケストラ軍団を率いての制作集団ではなく、より低予算でコンパクトなスタジオワークを感じさせるテイストがある」と書き、その上で個人的には「同時代のPatrick AdamsとPeter Brownの作品群の方が狂気じみた天才...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW】The Imperials - Do What I Gotta Do (1978) #Stan Lucas 

genre tag:SOUL/FUNK, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき。作曲/プロデュースにPatrick Adams軍団のStan Lucasがクレジット。The ImperialsはLittle Anthony & The Imperialsという名義で1958年にデビューしたコーラスグループみたいだけど、'70年代後半は名義を変えてディスコ寄りな作風の曲を残してます。ま、コーラスグループの宿命として、多くの場合、自分たちで楽曲プロデュースをしないゆえ、時代ごとに...
Read More

◤本日の1曲♪【AOR/FUSION】Dave Valentin - I Don't Wanna Fall In Love (I Just Wanna Dance) 1982 #Stan Lucas 

genre tag:FUSION, MELLOW, AOR/BLUE-EYED  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき。作曲にPatrick Adams軍団のStan Lucasがクレジット。Dave Valentin自体はJAZZ/FUSION系のフルーティストみたいだけど、極めてありがちな話で、この手のミュージシャンは時代ごとのコンテポラリーなメソッドを、良く言えば「柔軟に」、悪く言えば「節操なく」取り入れます (笑) 。なので1982年だとAOR的な意匠に寄り添いつつも、同時代のNY...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Eastbound Expressway ‎– Never Let Go (1978) #Ian Levine 

genre tag:RETRO DISCO ▪︎キリがないから、El Cocoでお馴染みAVI Recordsモノは、ひとまずコレで小休止。時間のあるときにYouTubeで全制覇しときますわ。なにせスゲえ数の楽曲がある・・・。しかし昔は舐めてたなあ。同時代のサウンドだと、やっぱNYモノに肩入れしてたし、Patrick AdamsとPeter Brownの作品群の方が狂気じみた天才性を感じていたし。でも、この軽い感じ、いいよね。日本酒で言ったらスイスイ飲めちゃう...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】El Coco - Cocomotion (1977)  

genre tag:RETRO DISCO ▪︎昨日はRinder & Lewis名義の少し攻めてる曲を紹介したけど、彼らの残した多くの作品の中で、NY系のDisco Musicフォロワーに最も名前が知れてるのはEl Coco名義の本作。とはいえ、当時、彼らの一連の作品の多くをリリースしていたAVI RecordsはLos Angelesのレーベルで、NYのSalsoul OrchestraやPhiladelphiaのMFSBとは異なり、腕利きの演奏者を多く抱えたオーケストラ軍団を率いての制作集団で...
Read More

◤本日の1曲♪【80's MODERN SOUL】James Perry - April Lady (1981) #Stan Lucas 

genre tag:SOUL/FUNK, SUMMER GROOVE, 80's MODERN SOUL, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎作曲にPatrick Adams軍団のStan Lucasがクレジット。Inner LifeとかLoggとかPhreekとかDazzleなんかの曲でしか深く意識したことはなかったけど、それなりに彼特有 (ギタリストだし) のメロディー癖がありそうなので、この機会にいろいろ漁ろうカナート思ってます。そもそもWAX経由でここに辿り着いたんだけど、どっちがOriginalで...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW】Windjammer - Tossing And Turning (1984)  

genre tag:MELLOW, UK SOUL, SUMMER GROOVE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき。Windjammerと言えば、やっぱコレですかね。US産だけど、特にUKで人気のある曲だし、サウンド的にもそうしたフレイヴァーが強いので、あえて「UK SOUL」に振ってます。いろんなヴァージョンがあるのな。元ShakatakのNigel Wrightが手掛けた「'89 Remix」は全体には少し物足りないけど、後半 (4:42〜) のPianoソロは◎。ちなみにNigel Wrigh...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Rinder & Lewis - Blue Steel (1979)  

genre tag:RETRO DISCO, FUSION ▪︎一昨日の大野雄二へのアンサーソングとして。比べるのも本当に可哀想なんだけど、それっぽい音のすべてを「ルパンっぽい」とか言われるのも癪なので、国産の〝それっぽいだけの音〟と、海外の〝それっぽいだけの音を影で支配する音〟とを聴き比べてもらいましょうか。Laurin RinderとW. Michael Lewisと言えば、真っ先に話にあがるのはEl Coco名義の作品群だけど、本人名義「Rinder & L...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW FUNK】Windjammer - You've Got Me Dancing (1982) #山下達郎 

genre tag:MELLOW, DANCE CLASSICS, SUMMER GROOVE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の佐藤博を薄っすら受けて。そもそも一体どこでどうやってWindjammerを知ったのか覚えてないんだけど、昔から「ちょっと違うなあ」と思ってたらヤマタツのフェイヴァリットなんだって (笑) 。ほとんどの曲は田舎の勘違いファンクバンドらしい〝NY的なるもの〟からは離れる音ばかりだけど、奇跡的に「You've Got Me Dancing」だけには80's Da...
Read More

◤本日の1曲♪【アニソン】大野雄二 feat.ヒデ夕樹 - 夢の舟乗り (1978) #キャプテン・フューチャー 

genre tag:DOMESTIC ▪︎昨日たまたま話に出たので大野雄二のマイナーな作品を。ルパン三世のサントラをシラミ潰しに聴き返しても、意外にDJユースな楽曲って少ないんだよ。同時期のNY DISCOやFUNKと比べると、我が国のサウンドエンジニアリングは少年野球とメジャーリーグくらい違うから──ま、この差は今でもさほど変わらないけど。だったら〝マヌケなエピゴーネン感〟に一廉のファニーさの宿る「キャプテンフューチャー...
Read More