◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Dayton - The Sound of Music (1983)  

genre tag:FUNK, DANCE CLASSICS, SUMMER GROOVE ▪︎最近ちょっとサウンド的にマニアックな曲ばかりを取り上げていたので、今さらこんな曲をPickすること自体が無意味なくらい有名な曲なんだけど、昨日の「Aurra - Such A Feeling」とは対極の──Aurraが「生酛70火入れ」なら、Daytonは「純吟55の直汲み生」──、とてもキャッチーで、もしかしたらこの曲をキッカケに'80sファンクに目覚めてしまうかもしれない超鉄板ソング...
Read More

◤本日の1曲♪【FUNK】Aurra - Such A Feeling (Shep Pettibone Mix) 1982 

genre tag:FUNK, DANCE CLASSICS ▪︎昨日の「Disco Elements - Mysteries Of The Loop」の女性ボーカル部分の元ネタにして、'80s NY FUNKの金字塔。HOUSE系リスナーにも人気です。とはいえ、ふだん国産のヌルい励ましソングばかりを聴いてる人には「えっ?」と思う要素も多々あると思います。ま、あれですよ、日本酒で言ったら「地元米使用・生酛純米70・火入れ・3年熟成原酒・7号酵母・日本酒度:+10・酸度:+1.8・ALC...
Read More

◤本日の1曲♪【INST HOUSE】Disco Elements - Mysteries Of The Loop (1992)  

genre tag:INST/DUB HOUSE ▪︎「オレ、日本酒ブログ内で一体ナニやってんだ!?」と我に返るほどにマイナーな曲です (笑) 。レーベルのAZULIそのものは、HOUSE好きなら知らぬ者はいない名門っちゃ名門だけど、この曲を狙い撃ちしてわざわざ取り上げる輩は、世界中でオレ以外、まずいないと思う。酵母じゃないけど、AZULI作品の一桁台はヤバイの多いです。ちなみにこれは6番。オレ的に一番ヤバイのは4番なので、そちらは今度...
Read More

◤本日の1曲♪【INST HOUSE】Loop 7 ‎– The Theme (1994) #Satoshi Tommie, 富家哲, Def Mix  

genre tag:INST/DUB HOUSE ▪︎昨日の「MFSB - Mysteries Of The World」のベースラインをそのまま拝借した、富家哲のLOOP 7名義による大ヒット曲を紹介。彼自身も昔から「Mysteries Of The World」をフェイヴァリットであることを公言していて、実際この曲は、発売される1年以上前から「Mystery」というコードネームで様々なDJによってPLAYされており、当時の我々からすると「ようやくリリースされたか」といった感じで、...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】MFSB - Mysteries Of The World (1980) #Dexter Wansel 

genre tag:RETRO DISCO ▪︎MFSB (Mother Father Sister Brotherの略) というのは、簡単に言えば「DISCO界のN響」みたいなもん──というのは冗談で (笑) 、1970年代のSOUL/DISCO黄金期を支えた、名門Philadelphia International Recordsというレーベルが所有していたスタジオ (Sigma Sound Studios) で活躍していたスタジオ・ミュージシャン軍団の呼称。要するに、当レーベルからリリースされた楽曲のオケ担当、それがMFSB...
Read More

◤本日の1曲♪【RARE GROOVE】Dexter Wansel - Theme From The Planets (1976)  

genre tag:FUSION/RARE GROOVE, SOUL/FUNK ▪︎昨日のMarilyn Scottでもチラっと名前の出てきたDexter Wanselの、クワナリこなれたアダルトなJazz Funkを紹介。ブっちゃけ、Dexter Wanselという人は捉えどころの難しい人だ。今度ちゃんと全曲聴いてみないとダメだ。ありふれた言葉を使うなら、もう〝鬼才〟ということね。全く枠に収まらないから、売る側からすると本当に困っちゃうよな (笑) 。今回のこの曲について、「SO...
Read More

◤本日の1曲♪【BLUE-EYED SOUL】Marilyn Scott - Let's Be Friends (1979)  

genre tag:AOR/BLUE-EYED SOUL ▪︎今日の東京地方、久々に晴れてますので、オレには珍しく、素直に爽やかな曲なんぞを。フリーソウル界隈では昔から人気の1曲。今では完全にJAZZ畑のMarilyn Scottですが、この1stアルバムではAOR/FUNKサイドに触れたGrooveがあって、そのへんがDJ連中の覚えめでたいところでもある。元々Tower Of Powerのバックボーカルなんかに参加していた経緯もあって、このアルバムでも、The Isley Bt...
Read More

◤本日の1曲♪【BRAZILIAN R&B】Cláudio Zoli - Pensando Nela (2005)  

genre tag:R&B, MELLOW ▪︎昨日の午後は、外苑前のメガネ屋で開催された、theoのPatrick Hoetのトランクショーを夫婦で覗いてきた。基本レンズ込みで10万オーバーだし、中には30万超えのセミオーダー (3Dプリンターで加工したチタンフレーム) もあったり、実物をお目にかかれる機会もそう多くはないので、簡単に買えるわけじゃないけど、まあ、目の保養ですね (笑) 。そちらの記事は追い追い。 ▪︎というわけDE、天気も...
Read More

◤本日の1曲♪【ACID JAZZ】Esperanto ‎– Don't Let Love Pass Away (1994)  

genre tag:UK SOUL/ACID JAZZ, MELLOW, SUMMER GROOVE ▪︎昨日のThe Apostlesに引き続き、ちょっとマイナーなAcid Jazzの良作を紹介したるぜドヤっ!などと粋がっていたら、マイナー過ぎて (アルバム1枚、シングル2枚で消えた) YouTubeに誰もUPしてないので、今回はオレ音源の持ち出しで。「2004/08/03/17:49」にMP3にしてるな。ああ、あの時代か。。レコードからなので少しノイズ混じりですが、CDも出てます──廃盤で再発...
Read More

◤本日の1曲♪【ACID JAZZ】The Apostles - Mercy Mercy Me (1992)  

genre tag:UK SOUL/ACID JAZZ, MELLOW, SUMMER GROOVE, FUSION ▪︎昨日のSnowboyではとんだヘマをしてしまいましたので──「オマエ普段偉そうなことばっか言ってるくせにあんなのも知らねえのかよ」的な大失態をかましてしまいましたので──、そのお詫びというか、名誉挽回も兼ねて、同年作の同じAcid Jazzレーベルから、かなりマイナーな隠れた名曲をお届けします。 ▪︎The Apostlesは、このアルバム1枚だけを残して散会...
Read More

◤本日の1曲♪【ACID JAZZ】Snowboy feat. Anna Ross - Girl Overboard (1992)  

genre tag:UK SOUL/ACID JAZZ, MELLOW, SUMMER GROOVE ▪︎なんか久々にスゲえ朝から爽やかに晴れてるし、さっきいつも聴いてるUKのSoulconnexionというネットラジオからたまたま流れてきて、不覚にもグっと来たので。1992年のUK SOUL/ACID JAZZなんて、当時のオレにとっちゃ得意中の得意のジャンルだったし、当然Snowboyも知ってたし、中古屋で何度も安い値段で見てたけど、なんでこの曲を知らずに今まで生きてきたんだろ...
Read More

◤本日の1曲♪【'80s MODERN SOUL】Atlantic Starr - Second To None (1983)  

genre tag:'80s MODERN SOUL, MELLOW, QUIET STORM ATLANTIC STARR特集 ▪︎1985年の「Silver Shadow」、1980年の「When Love Calls」、1982年の「Love Me Down」、1983年の「Touch A Four Leaf Clover」に引きつづき、'90年代的クリスタル感の源流を'80年代のAtlantic Starr作品に探す旅シリーズ、最終日です。個人的にAtlantic Starrと言ったら「Second To None」──まさにタイトル通り〝何ものにも劣らない〟完璧な曲。...
Read More

◤本日の1曲♪【'80s MODERN SOUL】Atlantic Starr - Touch A Four Leaf Clover (1983)  

genre tag:'80s MODERN SOUL, MELLOW  ATLANTIC STARR特集 ▪︎1985年の「Silver Shadow」、1980年の「When Love Calls」、1982年の「Love Me Down」に引きつづき、'90年代的クリスタル感の源流を'80年代のAtlantic Starr作品に探す旅シリーズです。なんか3rdアルバムとそっくりなジャケですが、こちらは1983年リリースの5thアルバムからのヒット曲。必ずしもオレにとってのBESTではないものの、おそらくこの曲がAtlantic ...
Read More

◤本日の1曲♪【'80s MODERN SOUL】Atlantic Starr - Love Me Down (1982)  

genre tag:80s MODERN SOUL, MELLOW, SOUL/FUNK ATLANTIC STARR特集 ▪︎1985年の「Silver Shadow」、1980年の「When Love Calls」に引きつづき、'90年代的クリスタル感の源流を'80年代のAtlantic Starr作品に探す旅シリーズです。1982年の4thアルバムの目玉はなんと言っても、みんな大好き「Circles」であることに異論はないけど、今回は別のアプローチで取り上げてるので、咄嗟に今、「CeCe Peniston - We Got A Love T...
Read More

◤本日の1曲♪【UK SOUL】Kudos - When Love Calls (1993) #Atlantic Starr 

genre tag:UK SOUL, DOWN TEMPO HOUSE ATLANTIC STARR特集 ▪︎「'90年代的クリスタル感の源流を'80年代のAtlantic Starr作品に探す旅シリーズ」を少し寄り道して、今日は少し派生情報なんぞを。Kudos言ってもグループとしての実態はありません。音楽プロデューサーであるSteve MacとJon Julesがコレ1曲だけのために使用した便宜上のユニット名と言ったところ。オリジナルは12inchシングルONLYの1993年産の糞マイナーなUK...
Read More

◤本日の1曲♪【'80s MODERN SOUL】Atlantic Starr - When Love Calls (1980)  

genre tag:'80s MODERN SOUL, MELLOW, SOUL/FUNK ATLANTIC STARR特集 ▪︎1985年の「Silver Shadow」に引きつづき、'90年代的クリスタル感の源流を'80年代のAtlantic Starr作品に探す旅シリーズです。1979年の2ndアルバムの中には全く存在しなかった新時代のメロディーがいよいよ発芽してくる、その最初の二葉がこの「When Love Calls」。当時のFUNK系グループにとって、アルバムA面の1曲目というのは選曲的に重要な位置...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Atlantic Starr - Fallin' In Love With You (1979) #山下達郎  

genre tag:SOUL/FUNK, DANCE CLASSICS ATLANTIC STARR特集 ▪︎'90s的なクリスタル感の源流としてのAtlantic Starrを再確認する旅に出る前に──自説を強固にする意味も込めて──、YouTubeでささっと1stと2ndアルバムの全曲を聴き直してみました。ブっちゃけ、「一体1980年のアルバムで何か起きたのか」レベルに、まだまだバタ臭くて洗練さとは程遠いサウンドメイクだったけど、2ndアルバムの中に唯一イイ曲があったので、オ...
Read More

◤本日の1曲♪【'80s MODERN SOUL】Atlantic Starr - Silver Shadow (1985)  

genre tag: '80s MODERN SOUL, MELLOW ATLANTIC STARR特集 ▪︎今日から始まったミニ企画「'90年代的クリスタル感の源流を'80年代のAtlantic Starr作品に探す旅シリーズ」の1発目です。昨日の「Frankie Knuckles - Rain Falls」や「Paul Hardcastle - Rain Forest」でも軽く触れたし、オレが事あるごとに口にしている〝クリスタル感〟という言葉──その源流として強く意識せざるを得ないのが、一部のAtlantic Starr作品な...
Read More

◤本日の1曲♪【VOCAL HOUSE】Frankie Knuckles feat. Lisa Michaelis - Rain Falls (Album Version) #Satoshi Tomiie, 富家哲, Def Mix 

genre tag:VOCAL HOUSE ▪︎なんか梅雨時期より雨が止まないので、ズバリな曲を。1991年という、Club Musicが一斉にスパークした年の名曲です。今から思うと、大手レコード会社のVerginがFrankie Knucklesなんかと契約しちゃうんだもんなあ。まさに〝HOUSEバブル〟と言っていいでしょう。この時はみんな思ってたんだよ──「ハウスは金になる!」ってさ。実際にはならなかったんだけど (笑) 。DE、この曲はFrankie Knuckles...
Read More

◤本日の1曲♪【INST HOUSE】Doug Willis - Down To The Disco (1996) #Joey Negro 

genre tag:INST HOUSE ▪︎昨日の「Candido - Dancin' And Prancin'」まんま使いの (そのまんまサンプリングした) DISCOハウスを御紹介。Doug WillisはUKを代表する世界的DISCOオタク&蒐集家であるJoey Negro大先生の別名。先生は2016年の今年、「George Benson - Love Ballad」のウルトラ傑作リミックスで感動を届けてくれましたが、こちらは先生自身も何度も何度も繰り返しネタしている「Dancin' And Prancin'」モノの...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Candido - Dancin' And Prancin' (1979)  

genre tag:RETRO DISCO, FUNK ▪︎昨日の「Thousand Finger Man」に引きつづき「千の指を持つ男=Thousand Finger Man」の異名を持つキューバ出身の伝説的なパーカショニストCandidoのもう1つの傑作DISCOサウンドを御紹介。まあ、NY HOUSE系のリスナーにとっては「西城秀樹 - Young Man (1979) 」並みに有名な曲──かはわかりませんが、サンプリング・ネタとしても非常に人気なので、もはやイントロ・クイズにもならないほ...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Candido - Thousand Finger Man (1979)  

genre tag:RETRO DISCO, CLUB JAZZ, FUSION, FUNK ▪︎昨日の「Gladys Knight and The Pips - It's A Better Than Good Time (Walter Gibbons Mix)」に引きつづき、'70年代DISCOの「ナニコレ、まんまハウスやん」シリーズです。左の精力絶倫そうなオヤジ (Candido) はキューバのパーカショニストで、1969年〜1973年の作品群においてはFUNK/RARE GROOVE寄りのサウンドメイクをしていたんだけど、この時代によくある流れ──な...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Gladys Knight and The Pips - It's A Better Than Good Time (Walter Gibbons Mix) 1978 #Theo Parrish 

genre tag:RETRO DISCO, AFTER HOURS, SOUL ▪︎何回にも渡ってずぅ〜〜〜っと『REMIX講座』に登場しているWalter Gibbonsの最高傑作と認識しているリスナーもきっと多いと思います。よく我々DJ的人種が'70年代のDiscoサウンドの中に現在にも通じるモダニズムを聴き取った時に発する言葉に「ナニコレ、まんまハウスやん」というものがあるんですが (笑) 、本日の1曲はその代表格と言ってもいいでしょう。SHICAAAMO (しかー...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZY VIBE】DJ Spen Presents Jasper St. Co. - Joze Jazz (1998) #Basement Boys 

genre tag:JAZZY VIBE, DEEP HOUSE ▪︎たとえばこの曲なんかも、史学的にも音楽的にもPaul Hardcastleへと簡単に回収され得る──たとえ直接的な影響は受けていなくても、文化的遺伝子による意匠の継承は存在する。ところでYouTube。オレなんかが得意とするジャンルに関しても、まあ想像を絶するようなレア盤や稀少音源も、ほぼ入手できる状況。逆に存在がメジャー過ぎると著作権的にNGのタレコミがあって消されるケースも...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZY VIBE/ELECTRO】Audiomontage - Snert (2000) #Jimpster 

genre tag:JAZZY VIBE, ELECTRO ▪︎Audiomontage名義としては唯一のアルバム『Snert』収録の1曲で、残念ながらシングルカットはされておらず、そして2016年9月13日現在、YouTubeに誰もUPしていないので、オレの持ち出し音源でご紹介。このおじさん、普段は主にJimpster名義 (本名:Jamie Odell) で活動してます。ま、あれですよ、本作こそ「Paul Hardcastle - Rain Forest」の正統的後継曲です、オレ的に。ただのオマージ...
Read More

◤本日の1曲♪【UK SOUL】Paul Hardcastle - Rain Forest (Remix) 1985 

genre tag:UK SOUL, DANCE CLASSICS, ELECTRO ▪︎今週は必ず『REMIX講座』のつづきを1つはUPするとして、今日のところは週始めだし、省エネ更新でやらせてよ (笑) 。というわけDE、本日は昨日の記事でUKソウルの源流として手厚く扱ったPaul Hardcastleの出世作である「Rain Forest」の、US盤LP収録のREMIXをご紹介。この曲の12inchは無駄に多くの種類が出てるからオレも正確には把握できていないけど、今回紹介する、通称...
Read More

◤本日の1曲♪【UK SOUL/GROUND BEAT】 Gems for Jem - Time for Love (1993)  

genre tag:UK SOUL ▪︎今週は『ミニGROUND BEAT特集』で選曲してきましたが、ひとまずは本日が最終日です。今日は究極の1枚を御紹介します。とはいえ、何がどう究極なのかを語りだすと異常に長い話になるので、そこはあえて書き尽くしませんが、表面をなぞるなら、Paul Hardcastle以降のUKソウル的意匠の伝統に立脚し、一連のPrincess作品におけるPWLも消化し、Sade的なバンド感も含み持ち、当然SOUL II SOUL経由でAcid J...
Read More

◤本日の1曲♪【UK SOUL/GROUND BEAT】Yo Yo Honey - Groove On (Perfecto Mix) 1991 

genre tag:UK SOUL ▪︎今週は『ミニGROUND BEAT特集』で選曲してます。昨日のリサスタは音楽的にはオレの本命ではない。あれは単にグラウンドビートの追い風に最も上手く乗った女性シンガーという意味で歴史的に価値があるのと、あとはBarry Whiteの「ウ〜ン、フ〜ン」みたいなボヤきが超ウケるから紹介しただけ。単なるボヤきが音楽の一部になるのは、後にも先にもエロ男爵Barry Whiteだけでしょ (笑) 。 ▪︎人の興味...
Read More

◤本日の1曲♪【UK SOUL/GROUND BEAT】Lisa Stansfield (Duet With Barry White) - All Around The World (1992)  

genre tag:UK SOUL, LIVE ▪︎今週は『ミニGROUND BEAT特集』で選曲してます。1989〜1990年頃のUKソウル界はグラウンドビート一色と言っていいほどの異常な状況。UKソウルが初めて獲得した音楽的アイデンティティーというわけではないが、ずっとUSソウルの陰に隠れて「ケっ、UK産か」とマニアに背を向けられていた時期が長かったから──もちろん、UKソウル界にも素晴らしいシンガーやグループは数多く存在していたが全体に...
Read More

◤本日の1曲♪【UK SOUL/GROUND BEAT】Donna Gardier - I'll Be There (Frankie & Judy's Dub) 1990 #Frankie Knuckles 

genre tag:UK SOUL, QUIET STORM ▪︎今週は『ミニGROUND BEAT特集』で選曲してます。この12inchシングルは色違いで2種類出ていて、音楽的に最も優れている「Frankie & Judy's Dub」はこの盤でしか聴けません。MAXI CD SINGLEにも未収録です。'90sのClub Musicはこんなんばっかなので一般リスナーには極めてハードルが高いんですが、今はYouTubeやSoundCloudがあるので、聴くだけなら非常に便利になりました。昔はレアなRE...
Read More