◤本日の1曲♪【MELLOW】Today, Tomorrow, Forever - Love Is Just What You Make It (1981)  

genre tag:FUNK, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき。Today, Tomorrow, Foreverはシカゴを拠点に活動したティーンエイジャー男女6人によるヴォーカル&インストゥルメンタル・グループみたいだけど、今回はじめて知りました。アルバム8曲中6曲がJesse Boyceによる作曲・プロデュース。おそらく当時はシングル候補として作られた粘っこい80'sファンクナンバーよりも、今回ピックした2つのミディアムの方がWell-Ma...
Read More

◤本日の1曲♪【UK SOUL/GROUND BEAT】Cool Down Zone - Heaven Knows (12'' Extended) 1990 

genre tag:UK SOUL ▪︎今週は『ミニGROUND BEAT特集』で選曲してます。昨日の「Soul II Soul - Keep On Movin'」からの流れを受け継いで、オレの一番好きなGround Beatを御紹介。覚えてる人は誰もいないだろうけど、Cool Down Zoneは「Nomad Soul - Candy Mountain」でリードボーカルを担当したDiane Charlemagneが在籍していたユニットで、プロデュース&作曲 (メンバーと共作) を担当しているのは、これまた「The Pasad...
Read More

◤本日の1曲♪【VOCAL HOUSE】 Reese Project - Direct Me (Joey Negro Disco Blend Mix) 1991 

genre tag:VOCAL HOUSE, INST HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎Reese Projectは、メジャー・シーンにおけるDetroit Houseの最初のスターかもしれないKevin SaundersonがInner Cityと並行して展開していたもう一つのプロジェクト。そして、リミックス作品としては、おそらくJoey Negroの最初の大ヒット曲がこれ。〝NY〟という景色をUKの川岸から見つめた最初のDetroit盤という見方もできなくない。1991年という、皆が皆、同...
Read More

◤本日の1曲♪【DETROIT HOUSE】The Seven Grand Housing Authority - The Question (Underground Resistance "Make My Day" Mix) 1993 #Terrence Parker 

genre tag:DEEP HOUSE, INST HOUSE, TECHNO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昼間から聴くような曲じゃないけど、話の流れで。Terrence Parkerの別名義ですね。このへんは当時NYのDJ連中がパワープレイしてましたが、ゴリゴリ&ジョリジョリのドライな質感はまさにデトロイト仕様。ネタはBruce Forestがベルギーで立ち上げたGrace Under Pressureのヒット曲「Make My Day」(1992) の冒頭部分。 VOCAL HOUSEDEEP ...
Read More

◤本日の1曲♪【UK SOUL/GROUND BEAT】Soul II Soul feat.Caron Wheeler - Keep On Movin' (Club Mix) 1989 

genre tag:UK SOUL ▪︎長くなっちゃったので、イタリック体を解除します (笑) 。今週は『ミニGROUND BEAT特集』で選曲してます。昨日の『REMIX講座』でもチラっと名前の出たSoul II Soulのエポックメイキングな傑作を御紹介。ま、日本酒で言ったら、ある意味、十四代の本丸を語るに等しいほどの曲ですが (笑) 、この手の音楽にまるで興味のないリスナーにとっては、もしかしたらこれがキッカケになるかもしれないので、そ...
Read More

◤本日の1曲♪【70's DISCO】Juice - Quiet Storm (1979)  

genre tag:RETRO DISCO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき。Jesse Boyceが手掛けたブラジル盤ONLYの珍品。一番「NY指数」のデカい「Quiet Storm」でも少し何かが変 (笑) 。「Brown Eyed Sammy Blue」もShow Time前の場内アナウンスBGMみたいだけど、展開部分とブレイクだけはそこそこカッコイイです。ついでに最高偏差値なアヴァンギャルドNY Disco「Pam Todd & Love Exchange - It Takes A Thief (1977) 」も併せて...
Read More

◤本日の1曲♪【RARE GROOVE/80's FUNK】Spunk - La Bimini/Expose Yourself (1981) #Frankie Knuckles 

genre tag:RARE GROOVE, SOUL/FUNK, DANCE CLASSICS, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎一応、昨日のつづき。昔から高額レア盤で有名なエロジャケのドFUNKだけど、ぬわんとFrankie Knucklesが「Mixing Consultant」として参加してたのな。ま、出来上がったマルチ音源をイコライジングする程度だとは思うけど。DE、さっき初めて聴いたんだけど、世間で評価されてる楽曲群とは全く異なるRare Groove調のメロウ・チューン「La ...
Read More

◤本日の1曲♪【VOCAL HOUSE】Tracy Hamlin - Never Too Much (2013) #Luther Vandross/DJ Spen 

genre tag:VOCAL HOUSE, DEEP HOUSE, R&B  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎ご存知Luther Vandrossのカヴァー。このへんの、微塵も音楽的訛りのないド真ん中サウンドの安心感たるや。日本酒もこういうモノばかりだと助かるんだけど、音楽同様、そのパーセンテージはクワナリ低い。 VOCAL HOUSEDEEP HOUSELATIN HOUSEDOWN TEMPO/R&B HOUSEINST/DUB HOUSEJAZZY VIBETECHNO/ELECTROAFTER HOURSCHILL OUT/AMBIENT ...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW】Michael Jackson - I Can't Help It (1979) 

genre tag:QUIET STORM, MELLOW, SOUL ▪︎ 昨日のQuincy Jonesとの絡みで一曲。さて、Quincy Jones meets Michael Jacksonの最高傑作は何か。人によって意見が分かれるだろうが、最後の決戦投票に掛けられるのは、おそらくアルバム『Off The Wall』収録の「Rock With You」と、この「I Can't Help It」の2曲であることに異論を挟む人はまずいないであろう。次点で「Billie Jean」あたりが食い込むかと言ったところ。マイ...
Read More

◤今宵の1曲♪【TECHNO】Jean-Luc Ponty - Computer Incantations For World Peace (1983) #『Love Love Love』と言えば「ドリカム」ではなくて「Those Guys」はオレの常識/Basement Boys/Timeline/Galaxy 2 Galaxy/Underground Resistance 

genre tag:DEEP HOUSE, INST HOUSE, AMBIENT, TECHNO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎やる気のある人だけ順番に聴いてくれれば。昨日の続きです。 VOCAL HOUSEDEEP HOUSELATIN HOUSEDOWN TEMPO/R&B HOUSEINST/DUB HOUSEJAZZY VIBETECHNO/ELECTROAFTER HOURSCHILL OUT/AMBIENT DANCE CLASSICSSOUL/FUNK'80s MODERN SOULRETRO DISCO R&B/MODERN SOULSLOW JAM/BALLADQUIET STORMMELLOWHIP HOP/RAP ...
Read More

◤本日の1曲♪【QUIET STORM】Quincy Jones - Sax In The Garden (The Secret Garden - Jazzy Instrumental Version) 1990 

genre tag:MELLOW, QUIET STORM, SLOW JAM, JAZZ ▪︎こうなりゃこのまま突き進むか。というわけDE、本日もQUIET STORM系の極上盤を御紹介。しかも12inch&MAXIシングル用のリミックスだぜ。誰かに「一番エロい曲を教えてください」と訊かれたら、オレの少ない知識を総動員して一番に挙げるのが今回のこのヴァージョン。これ、エロ過ぎだろ。もう、あまりにもエロ過ぎて、逆に笑ってしまって実用性に欠けるっていうかさ (...
Read More

◤本日の1曲♪【VOCAL HOUSE】Tongue 'N' Cheek - Tomorrow (Frankie Knuckles Warehouse Mix/1990)  

genre tag:VOCAL HOUSE, R&B HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき──というわけでもないけど、ちょっとオールド・スクールなDEFミックスを。1991年本格的に花咲く前のとりあえずの「完成形」ですね。リミックスはFrankie Knucklesで、アレンジの一部に「Maze feat. Frankie Beverly - Joy And Pain (1980) 」を取り入れてます。いや〜、これで約30年前の音。完成されてますね。 VOCAL HOUSEDEEP...
Read More

◤真夜中の2曲♪【DETROIT HOUSE】Galaxy 2 Galaxy - Hi-Tech Jazz, Journey Of The Dragons (1993) #Underground Resistance 

genre tag:DEEP HOUSE, INST HOUSE, TECHNO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎︎タマには深夜向けの曲も。昨日に引き続きUnderground Resistance関連です。これはもう、言わずもがなのクラシックスですね。専門外のオレでも普通に知ってます。25年前の曲なのに全く色褪せないとか、どうかしてる。「Hi-Tech Jazz」は2002年にリリースされた「Live Version」も◎。「Journey Of The Dragons」も併せてそれぞれを10回ずつ聴けば確実に...
Read More

◤本日の1曲♪【SOUL】Smokey Robinson - Quiet Storm (1975)  

genre tag:SOUL, QUIET STORM, MELLOW ▪︎昨日のChante Mooreや一昨日のTrelliniの流れを受け継いで、本日は〝いわゆる一つのQuiet Storm〟という音楽ジャンルの、その語源になったと言われている曲を紹介します。Wikipediaの「クワイエット・ストーム」によると、1976年にアメリカのラジオDJメルヴィン・リンゼイが自身の番組の1曲目でこの「Smokey Robinson - Quiet Storm (1975) 」を流して、以来、これが番組のテーマ...
Read More

◤本日の1曲♪【GARAGE CLASSICS】Imagination - Instinctual (Dave Morales Mix/1987) #Blaze 

genre tag:VOCAL HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづきというわけで、かつてLeee Johnがボーカルを務めていたUKのディスコバンドImaginationの、とある都市伝説が有名な1曲を御紹介。ホントかウソか知らんけど、インターネットが普及する前からよく言われていたのは、この曲が「Paradise Garage最後の夜のラスト1曲」というもの。Dave MoralesはDavid Moralesのことね。あと、キーボードでBlazeのJosh Milanも参加...
Read More

◤本日の1曲♪【DETROIT HOUSE】Jamerson - Got To Give It Up (1992) #Underground Resistance 

genre tag:INST HOUSE, TECHNO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎このパシャパシャと乾いた質感のサウンドがDetroit Houseの証 (笑) 。だからなんだと言わんばかりの、単に使い古されたHouse的クリシェを都合良く繋ぎ合わせただけのDemo Trackのような曲だけど、カッコイイんだから仕方ない。当時、大学の授業をサボって繰り出した地下2階時代の渋谷DMRで入って来たばかりの新着レコードが狭い店内で爆音で流れてた中の1つ。月曜夕...
Read More

◤本日の1曲♪【ACID JAZZ】Sunship - Sunship (1991)  

genre tag:JAZZY VIBE, ACID JAZZ  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎SunshipはCeri Evansの個人プロジェクトで、オレの記憶では、おそらくこれがデビュー曲。ところがこれ、シングルになっておらず、その後のSunship名義のアルバムにも収録されておらず、写真の『Totally Wired 7』というAcid Jazzのコンピのみの収録。このアナログが溝が細くて浅くて音圧の低いこと低いこと。音域レンジの広い12inchが存在してればマジで最高だっ...
Read More

◤本日の1曲♪【UK BOOGIE DISCO】Imagination - Album『Body Talk』(1981)  

genre tag:INST HOUSE, DANCE CLASSICS, RETRO DISCO, FUSION, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづきというわけで、かつてLeee Johnがボーカルを務めていたUKのディスコバンドImaginationの1stアルバムを聴いてイキます。1曲目の「Body Talk」からイキナリ〝キモい〟ですね (笑) 。まあ、このへんはスルーです。2曲目の「So Good, So Right」、はい、名曲。ソリッドな4つ打ちにAOR風味なブラコン・メロディーが重...
Read More

◤本日の1曲♪【QUIET STORM】Chante Moore - Love's Taken Over (Quiet Storm Mix) 1992 

genre tag:QUIET STORM, CHILL OUT, R&B ▪︎昨日の「Trellini - I Wanna Be Yours」と並び、OFF-BEAT系リミックス (今作った言葉) の傑作と言ったら、個人的に真っ先に上がるのがコレ。Chante Mooreのデビューシングルです。声質や発声スタイルにおいては彼女、どちらかと言うとJAZZ寄りかな。本国アメリカで当時どれくらい売れたか、そーゆーのは全く知らない──そこそこは売れたはずだけど。 ▪︎こちとら輸入レコード...
Read More

◤本日の1曲♪【QUIET STORM】Trellini - I Wanna Be Yours (Quiet Storm Mix) 1994 

genre tag:QUIET STORM, CHILL OUT, R&B ▪︎昨日の『REMIX講座』でBEAT-OFF (上モノだけ) のヴァージョンについて書いたので、その親戚の孫娘と同じ幼稚園に通ってるオトモダチくらいには相当するかもしれない関連作品をご紹介します。とはいえ、これは私論による音楽的血縁観に過ぎないから、直接のつながりや関連性は全くありません。要は、「ビートのないヴァージョンってカッコイイじゃん」という、今では極当たり前...
Read More

◤本日の1曲♪【UK BOOGIE DISCO】Imagination - Burnin' Up (1981)  

genre tag:INST HOUSE, DANCE CLASSICS, RETRO DISCO, FUSION  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづきというわけで、かつてLeee Johnがボーカルを務めていたUKのディスコバンドImaginationのウルトラ大クラシックスです。1990年代に中古でこのへんを普通にサクっと500〜800円で拾ってたか否かで結構「SOUL/FUNK」に対するアプローチが分かれますね。少なくともオレの周りではNY HouseやGarageを聴いてる人間以外からは悉く...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZ FUNK】Jack Ashford - Fremont Street (1978)  

genre tag:FUNK, RARE GROOVE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日に引きつづき、もう一丁Jack Ashford。映画のサントラです。まあ、日本映画もそうだけど、1974-1980年くらいのサントラの中には過剰にFunkな内容のモノもタマにあって、それらがメインストリームの同ジャンルの作品群を余裕でクオリティ面で抜き去ることはよくあります。そもそもレコードとして〝売れることを使命〟としていないので、ミュージシャンが純粋に音...
Read More

◤本日の1曲♪【R&B】Leee John - Sensuality (Skalp Remix/2005)  

genre tag:R&B, JAZZ  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日に引きつづきSkalp (Pascal Lemaire) です。ひとまず今日でオシマイ。Soundcloud上には他にもアンオフィシャル系のリックスがオッパイ上がってるけど、まあ、気になる人は自主的にチェックしてみて下さい。期待を裏切らず「George Duke - Brazilian Love affair」等のウルトラ王道系も用意されてます。さて、Leee John。Garage好きなら誰もが知ってるUKのナヨナヨ系ディ...
Read More

◤本日の1曲♪【FUNKY DISCO】Jack Ashford - Hotel Sheet (1977) #細かすぎて伝わらないモノマネ選手権/こがけん/UFO 

genre tag:FUNK, RETRO DISCO, RARE GROOVE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎Jack AshfordはMOTOWNの黄金期を支えた伝説のパーカッショニスト (特にタンバリンが有名) 。そんな彼がソロ名義でたった1枚だけ残したアルバムから、まるで同時代のBlack Musicのエッセンスをそのまま寄せ鍋にしたようなFunkyチューンを御紹介。ちなみに「Hotel Sheet」というのはJack Ashford本人が考案したお手製の楽器 (素材は薄い板) らしいので、...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW】 南佳孝 - 夜間飛行 (1978)  

genre tag:MELLOW, CLUB LATIN, DOMESTIC ▪︎一応、山下達郎、桑名晴子、そして今回の南佳孝で、1978年型国産MELLOWサウンドは最終章。もともとオレの専門分野じゃないし、興味の湧いた方は同系統のコンピレーションなんかもいろいろあるみたいだから、「和モノ, ライトメロウ, シティーポップ, JAPANESE GROOVE」あたりで検索するといいでしょう。個人的に「シティーポップ」という言葉には少し違和感あるけど (笑) 。 ...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Earth, Wind & Fire - September/Brazilian Rhyme/Runnin' (Skalp Remix/2017)  

genre tag:DANCE CLASSICS, SOUL/FUNK, SUMMER GROOVE, ACID JAZZ  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日に引きつづきSkalp (Pascal Lemaire) です。EWFの中でも大ネタ中の大ネタばかりをよくもまあ (笑) 。「September」そのものは聴いてるだけで恥ずかしくなる曲だけど、このリミックスは昨日の「Michael Jackson - Rock With You」同様、なんかスタジオ・ライブ風で結構イイ感じです。しかし「Runnin'」のバッキング・ギターは...
Read More

◤本日の1曲♪【和モノ】シミズ・ヤスオ - K.O (ノック・アウト) (1980) #あしたのジョー/村上龍 

genre tag:DOMESTIC  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎映画『あしたのジョー』の挿入歌。「作曲:ジョー山中、作詞:村上龍」という、特に『コインロッカー・ベイビーズ』時期の村上龍を使うあたりの時代感が微笑ましい。サウンド的には時代遅れ感の否めない70'sイズムに満ちてますが、この訛りの激しいファンク解釈の歪さこそが小西康陽の言う〝高品質のホツれ〟なのかね (笑) 。本当はTVアニメ『あしたのジョー2』の金竜飛のシ...
Read More

◤本日の1曲♪【SUMMER GROOVE】桑名晴子 - あこがれのSUNDOWN (1978)  

genre tag:MELLOW, SUMMER GROOVE, SAUDADE ▪︎昨日の山下達郎に引きつづき、上質な国産1978年型サウンドを紹介します──と言ってもプロデュース (元カラパナのMackey Feary) も演奏 (そのお友達) も外人だけど (笑) 。ちなみにこの女性、桑名正博の妹です。不定期長編連載『REMIX講座』でも取り上げたように、表ではピンクレディーなんかがバカ売れしてたけど、影でこういうサウンドも一部のマニアや玄人筋には評価があり...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW】山下達郎 - ついておいで (FOLLOW ME ALONG) 1978 

genre tag:MELLOW, DOMESTIC ▪︎昨日、不定期長編連載『REMIX講座』で1978年という時代の話をしたんだけど、そこで少し触れた、DJ的なサウンド志向において後に再評価されることになった何人かの日本人アーティストを関連事項として紹介しておきます。表ではピンクレディーがバカ売れしてたけど、影でこういうサウンドも一部のマニアや玄人筋には評価があったという話として。 ▪︎最初に言っておきます。オレは山下達郎...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Michael Jackson - Rock With You (Skalp Remix/2014) 

genre tag:MELLOW, DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日に引きつづきSkalp (Pascal Lemaire) です。どうやらプライベートで作っただけのラフ・トラックみたいだけど、なんかスタジオ・ライブ風で、これはこれでまあまあですね。ちなみに我々のような音楽的嗜好の持ち主にとってのMichael Jacksonと言えば、やはりStevie Wonderが作曲に絡んでる「I Can't Help It (1979) 」が最高傑作ということになります。異論...
Read More