◤Vina Errazuriz (ヴィーニャ・エラスリス) DO Aconcagua de Valley - Chile「Max Reserva」Cabernet Sauvignon 2016 

 ▲このコ (松田るか) ちょっと寄り目だなあ。そして茶髪 (皇伊月カット) の方が似合ってるっていうね。性格キツいけど、5年後に残ってるかどうか。そのへんを歩いてたらすぐにスカウトされるくらいにはカワイイけどね。 毎度アクセスありがとうございます。 というわけDE、アルザスの「Pinot Escobar」が完全不自然体だったので緊急登板です。試合後に先輩のお供でススキノのピンサロに行くことだけを考えていた控えのブルペン...
Read More

◤Domaine Jean Tardy & Fils / ジャン・タルディ・エ・フィス AOCブルゴーニュ・パストゥグラン ヴィエイユ・ヴィーニュ 2014 

 ▲少し前から神戸でのロケが目撃されて噂になっていた『思い、思われ、ふり、ふられ』が正式に実写化アナウンス。2020年8月公開 (すでに2019/4/20にクランクアップ済み) 。再共演の北村くんと〝キミスイ・コンビ〟などと煽られてるけれど──マスコミの質問も当然キミスイ・コンビに集中──、これは残りの2人 (特に第8回「東宝シンデレラ・オーディション」グランプリの福本莉子ちゃん) がクワナリ不憫──「浜辺が演じる1人目のヒロイ...
Read More

◤Catena / カテナ「Alamos / アラモス」Extra Brut NV 

 ▲それ、ややこしいけど「どら焼き」じゃなくて「ブラウン・マッシュルーム」です。[SMART TOUCH「常識くるり」篇 30秒Ver][Making][メニコン公式][SMART TOUCH][CMギャラリー]←おそらく有村架純は降板 (公式から画像が消えた) で美波ちゃんに一本化。Web CM担当からTV版に昇格。 毎度アクセスありがとうございます。 アルゼンチンの名門ワイナリー「Catena / カテナ」の廉価レンジ「Alamos」シリーズのスパークリン...
Read More

◤Les Vignerons d’Estezargues / エステザルグ協同組合 AOCコート・デュ・ローヌ「Les Grandes Vignes」Blanc 2017 

 ▲冷凍食品 (特に麺モノ) の新商品を見つけると、ついつい買ってしまう・・・そんなに食わねえのに (笑) 。「お水がいらない」←良い。 photo: Paris-Bistro.com 毎度アクセスありがとうございます。 以下、輸入元のHPから──「エステザルグ協同組合は、ローヌ河南部の街アヴィニョンの南西側に位置しており、加入者が10名たらずというフランス最小規模の協同組合です。協同組合といえば、多収量・低価格のブドウを生産者から買...
Read More

◤Domaine Alain Brumont / アラン・ブリュモン IGPガスコーニュ「ルージュ」タナ - メルロ 2016 

 ▲たまたま通り掛かったスーパーで日新製菓『ふくべ煎』を発見。歓喜。ついでにこの赤も買って来た。たぶん『サラダふくべ煎』の新パッケージ。和風だし系のサラセン。 ▼あのハリウッドスター。 photo: ENOTECA online 毎度アクセスありがとうございます。 引き続きフランスのマイナー産地「南西地方」のアラン・ブリュモンです。 さすがにトム・クルーズが買いに来るのはコレじゃないとは思うけど (笑) 、オレも10年以上前...
Read More

◤Catena / カテナ「Alamos / アラモス」シャルドネ 2017 

 ▲たまたま新商品だから買っておいたらCMキャラクターが木村文乃だったという。和服が映えるように色白補正がスゴイ (笑) 。あと、ちゃんと『大奥 最終章』を通しで観たんだけど、結果的に彼女のキャスティングには激しく納得できました。地味めの (頑張り屋な) 田舎者 (庶民派の側室) という設定なので、美波ちゃんとの女優力の差が役のままで、竹姫のイイ引き立て役に徹してました。まさに等身大。[竹姫回顧録] 毎度アクセス...
Read More

◤Noble Hill / ノーブル・ヒル「ソーヴィニヨン・ブラン」2017 

 ▲歌舞伎町ホストのローランド様でお馴染み『ソノサキ』の最終回より未公開シーン。シャッターチャンスは0.5秒以内 (中級レベル) 。[未公開シーン動画] 毎度アクセスありがとうございます。 ちょっと野暮用で池袋にチャリで出向いたので、ついでにサンシャインのShoppingモール (アルパ) 内にある「ヴィノスやまざき」というWine Shop (日本酒も少しだけあった) に行ってきた。直で目指せばチャリで15分くらい。新宿や池袋は...
Read More

◤Sherwood Estate / シャーウッド・エステート Waipara (ワイパラ)「Stratum / ストラタム」ピノ・ノワール 2017 

 毎度アクセスありがとうございます。 フィッチでシャンパーニュを買ったついでにアンダー2,000円の平日ワインを適当に拾ったうちの1本。他の店だと2,000円を少し超えることが多いみたい。NZのワイパラのピノ・ノワールです。割りとネット上に華やかな晴れ舞台が用意されてるワイナリーなので、興味のある人は検索すると、それこそ、ワイワイ、パラパラとアオリー (煽り) な言説が飛び交います。 かつて山本昭彦先生 (この人、...
Read More

◤Paul Jaboulet Aine / ポール・ジャブレ・エネ VdF (ヴァン・ド・フランス)「ヴィオニエ」2017 

 ▲姫 (浜辺美波) は女中 (木村文乃) を従えて久々にTVの番宣に降臨@3月25日(月) 19:00~『ネプリーグ』。2月に堀越高校 (うちの近所じゃねえか) を卒業したので、今後は馬車馬のように安月給で働かされます。いろんな所で大ファンだと (朝ゴハンを食べながら録画を観ていると) 公言する『科捜研の女 Season19』が4月18日から1年間のロングラン放映されるので、こりゃゲスト出演もあるで。東宝シンデレラ同士の共演は話題性抜群。...
Read More

◤Parxet / パルシェット DOカヴァ ブリュット「キュヴェ21」2016 

 ☆ロンドンのシャンパーニュ通を唸らせた高品質オーガニックCava!  ▲神アニメ『ダンボ』がティム・バートン監督で実写化。どうやら動物組は喋らないシステムか。 毎度アクセスありがとうございます。 誰にだって〝人肌恋しい夜〟があるように、オレにだって〝泡恋しい夜〟はある、スペインの馬鹿 (カヴァ=Cava) です。一応、シャンパーニュと同じ「瓶内二次発酵」タイプの泡モノですね。 さすがにオレもエチケットを見て〝...
Read More

◤Matteo Correggia / マッテオ・コレッジァ DOCGロエロ「Roero Rosso」2010 

 ▲サングラスとカツラを付けた出川哲朗ではなく、奥田民生です。 毎度アクセスありがとうございます。 イヤな予感はあったものの「シャトー・ラネッサン 2004」がまんまと逝ってたので、そうなると同じ店で買ったコレもアヤシイことになるわけだけど、今日はそーゆー日ということで、前向きに開けてみた。 2004年にDOCG (Denominazione di Origine Controllata e Garantita) に昇格した「Roero / ロエロ」です。ま、フランスの...
Read More

◤Ranch 32 / ランチ 32 モントレー「ピノ・ノワール」2015 

 毎度アクセスありがとうございます。 歌舞伎町の「信濃屋」で買って来たカリフォルニアの安ピノです。普段あまり店内にいないワインにそこそこ詳しい (たぶん) 同年代の♂スタッフが珍しくいたので──店長?──、フルーティーで軽めの2,000円以下のピノ・ノワールでオススメはないかと訊いたら、案の定、まずは「ドメーヌ・デ・グラス『Leyda』」を薦めて来たもんだから「それは好きじゃない」と言ったらコレになりました。 ▲2つ...
Read More

◤Clos des Fous / クロ・デ・フ DOイタタ・ヴァレー「 Pour Ma Gueule / プール・マ・ギュール」リースリング 2016 

 ▲どう考えても「au」や「Softbank」の方が勢いがある。特にマッケン (新田真剣佑) の無駄使い感がヒドイ。。星野源はメガネを掛けないとナマズだし長谷川博己は単なるオッサンだしで、なんだかんだで美波ちゃん頼みな方向に舵を取り始めた。マッケンはハイポテンシャルな肉体を駆使してド派手なアクションをカマすしかないだろ。 毎度アクセスありがとうございます。 チリのリースリング (白) です。オーナー兼地質学者のペド...
Read More

◤Catena / カテナ「High Mountain Vines」シャルドネ 2015 

 ▲日曜朝の『仮面ライダージオウ』枠でのみ流れる「光るそば篇」のCMで、毎週Twitterでトレンド入りしてます (笑) 。[引っ越ししたら光るそば]  ▲ネットでは「光るそばマン」と呼ばれてます (笑) 。  ▲美波ちゃんは箸をちゃんと持てるのに、ワザと変な持ち方してますね。以前オレが指摘した通り、ちゃんと持てると、逆に「ちゃんと持てない設定」ができるから、演じる上ではカードが1枚増えて強いんですよ。役柄によって〝...
Read More

◤Gil Family Estates / ヒル・ファミリー・エステーツ DOルエダ「Honoro Vera / オノロ・ベラ」ブランコ 2016 

 ▲余裕の〝下の名前で「くん」呼び〟&〝タメ口〟っていう。流石は朝ドラ女優。だけどな、北村くんは自身の主演映画で35億の大ヒット作があるんだぜ?  毎度アクセスありがとうございます。 Gil Family Estates / ヒル・ファミリー・エステーツは9つのワイナリーからなるプロジェクトを統合した名称みたいです。DE、これはその中の「Honoro Vera / オノロ・ベラ」シリーズの白で、セパージュはルエダの定番「ヴェルデホ」です...
Read More

◤Domaine de Gras / ドメーヌ・デ・グラス DOヴァレ・ド・レイダ「Leyda」ピノ・ノワール レゼルヴァ 2017 

 毎度アクセスありがとうございます。 チリ産のピノ・ノワールです。今回はアンダー2,000円のチリ&アルゼンチン (Catena) のピノ・ノワールを味クラーヴェです。両方とも近所の信濃屋で買って来ました。チリの方は店もポップなどで派手にプッシュしてましたね。アルゼンチンの方は適当に拾ってみました。結果、アルゼンチンの圧勝です。 楽天でも信濃屋でしか扱いがないようだけど、マイナーなんですかね。販売ページの説明を...
Read More

◤Condado De Haza / コンダード・デ・アサ (Grupo Pesquera 👑 Alejandro Fernandez / アレハンドロ・フェルナンデス) DOリベラ・デル・ドゥエロ「Crianza / クリアンサ」2014 

 photo: AsahiWine.Com 毎度アクセスありがとうございます。 「Condado De Haza / コンダード・デ・アサ」はアレハンドロ・フェルナンデスが1988年に「PESQUERA / ペスケラ」から20kmほど離れたところに土地を買い足して設立した2つめのボデガ (ワイナリー) です。セパージュは十八番の「テンプラニーリョ」100%、熟成はアメリカ産のオーク樽で18ヶ月、瓶内で6ヶ月。なにげに諏訪のワイン王がかつて取り上げてましたね。◤Condad...
Read More

◤Cantina Bolzano / カンティーナ・ボルツァーノ DOC Südtirol - Alto Adige / ジュード・ティロール - アルト・アディジェ「ミュラー・トゥルガウ」2015 

 毎度アクセスありがとうございます。 北イタリアは「Alto Adige / アルト・アディジェ」の白ワインです。ちょうどスイスとオーストリアと国境を共にするエリアで、日本語だと「南チロル地方 (Südtirol) 」という呼称の方が馴染み深いです。 セパージュの「ミュラー・トゥルガウ」はヘルマン・ミュラーという植物学者によって1882年に「リースリング」と「シルヴァーナ」を掛け合わせて作られた「新品種」ではあったが、最近のD...
Read More

◤Ca N'Estruc / カ・ネストラック DOカタルーニャ ブランコ 2017 

 ▲美波ちゃん採用の陰に実は「菅野美穂の花王降板」が潜んでいたとは。いずれにせよ、これで花王ファミリーの仲間入り。ゆくゆくは石原さとみに代わって「プリマヴィスタ」のCMも担当するでしょう。[Biore さらさらパウダーシート][Biore 冷シート] 毎度アクセスありがとうございます。 前回はコレの「2015」を飲んで、安いのに非常に好印象。いつの間にか酒屋のヴィンテージも「2017」に切り替わってたので、喜んで買って...
Read More

◤Cono Sur / コノスル ピノ・ノワール「レゼルバ・エスペシャル」2015 

 毎度アクセスありがとうございます。 自転車のロゴでお馴染み、どこにでも売ってるチリのコノスルです。これまでに「ソーヴィニヨン・ブラン」と「シャルドネ」と「リースリング」を飲んで来たので、今回は「ピノ・ノワール」を買ってみた。 この値段でも、一応安いシリーズの中では一番高い「RESERVA ESPECIAL / レゼルバ・エスペシャル」です。「一部の品種を除き、フレンチオーク樽での熟成によって、複雑で深みのあるエレ...
Read More

◤Baron Philippe de Rothschild / バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド AOCボルドー「Mouton Cadet Rouge Classique / ムートン・カデ・ルージュ・クラシック」2014 

 毎度アクセスありがとうございます。 これまた「シャトー・ラフィット・ロートシルト」を擁するバロン・ド・ロートシルト社と同様、ボルドーのメドック格付け1級の「シャトー・ムートン・ロートシルト (ロスチャイルド) 」のバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社が手掛ける廉価ラインの赤です。 この白いエチケット (ラベル) は発売当時のデザインを復刻した「Classique」というキュヴェで、通常ヴァージョンより少しだけ...
Read More

◤Michael David Winery / マイケル・デイヴィッド・ワイナリー「シャルドネ」2016 

 毎度アクセスありがとうございます。 輸入元のフィラディスのメルマガ内で、なんだっけな、何かのワイン会の場で「焼き鳥に合う」だの「お客さんに人気だった」だのの話があって、アンダー3,000円だったし、他のついでに同梱してみました。ここのワイナリーは「ジンファンデル」という品種をメインに使用した「セブン・デッドリー・ジンズ (上の写真の一番左) 」という赤ワインが2000年に大ブレイクしたそうで、どちらかと言う...
Read More

◤Telmo Rodriguez / テルモ・ロドリゲス DOルエダ「BASA」ブランコ 2016 

 ▲湖池屋『スゴーン』シリーズは総じてレベル高いです。 ༅ スペインで一番有名になった男、テルモ・ロドリゲス ༅ photo: Odex Japan 毎度アクセスありがとうございます。 ペドロ・エクスデーロに引き続き、スペインはカスティーリャ・イ・レオン (Castilla y León) 州の「DOルエダ」です。欲しいシャンパーニュがこの店にしか売ってなくて、元々そこまで安い店ではないものの、合計20,000円以上で使える「2,000円OFFクーポン...
Read More

◤Fattoria La Lecciaia / ファットリア・ラ・レッチャイア IGTロッソ・ディ・トスカーナ 2011 

 毎度アクセスありがとうございます。 イタリアはトスカーナ州・モンタルチーノ地区のワイナリーが手掛ける「お手頃ライン」の赤ですね。もちろん、ここも「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」を造ってるけど、そちらは4,000円台からです。これはブルネッロ (サンジョヴェーゼ・グロッソ):70%、カベルネ・ソーヴィニヨン&メルロー30%のブレンド。◤Fattoria La Lecciaia / ファットリア・ラ・レッチャイア IGTロッソ・ディ・...
Read More

◤Feudo Arancio / フェウド・アランチョ DOCシチリア「Pinot Grigio / ピノ・グリージョ」2017 

 ▲まるで充実感のない煎餅です。 毎度アクセスありがとうございます。 フェウド・アランチョはイタリアはシチリアの、トレンティーノに拠点を置く「Mezzacorona / メッツァコロナ」グループ (※1904年に創業、グループ全体でイタリア国内第6位の規模を持つ) が2001年に新天地を求めて新たに創業した旨安ワイナリーですね。先日飲んだ「Dalila / ダリラ」がそこそこ良かったので、次は上級キュヴェでも買おうと思ってたんだけど、...
Read More

◤Felix Solis Avantis / フェリックス・ソリス・アヴァンティス DOバルデぺーニャス「Diego De Almagro / ディエゴ・デ・アルマグロ」レゼルバ 2012 

 ▲徒歩6〜7分の「馬場FLAT HANARE」という通し営業のパン飲み系カフェに1,080円で持ち込み。パンはお通し扱いの540円でオカワリ自由。料理は素人レベル (カノジョ料理系) だけど、パンはそこそこ旨いです。 ▲田舎の大工場。 毎度アクセスありがとうございます。 ムカーシムカーシ (昔々) タマに買ってmoukan1973♀と飲んでたスペインの赤ですね。今から10年以上も前の話なので正確にはカウントしてないし、当然ブログ等の記録も...
Read More

◤Southern Boundary Wines / サザン・バンダリー・ワインズ Waipara / ワイパラ「The Springs」ピノ・ノワール 2017 

 毎度アクセスありがとうございます。 前回ココのピノ・グリが割安ながらもそこそこ笑顔で普通に飲めたのと、つい最近、決して安くはヌワイ薄っすいピノ・ノワールを飲んだのとの、約2つの復習テーマが重なったので、西荻帰りに拾って来ました。 醗酵はステンレス・タンク、熟成は50%がオーク樽で6ヶ月 (新樽比率10%) 、50%がステンレス・タンクで6ヶ月という醸造レシピですね。◤Southern Boundary Wines / サザン・バンダリー...
Read More

◤Inama / イナマ DOCソアーヴェ・クラシコ「ヴィン・ソアーヴェ」2017 

 ▲10年前のドラマとはイエイ、彼らの住む世界には「警察」という概念が存在しないのだろうか。そこそこ笑えて楽しめたのは6話か7話くらいまで。一応、最後まで観たけど (笑) 。再放送でやってた『ラスト・フレンズ』というドラマの話です。 毎度アクセスありがとうございます。 イタリアのヴェネト州の「ソアーヴェ地区」で作られる辛口の白です。〝ただのソアーヴェ〟と〝クラシコの付くソアーヴェ〟があって、後者の方がより...
Read More

◤Domaine Valerie & Philippe Jeannot / ヴァレリー&フィリップ・ジャノ AOCブルゴーニュ「Bourgogne - Pinot Noir」2016 

 ▲LINEの『NEWS AWARDS 2018』の「俳優・女優」部門に選出もナゼカ出席できずビデオでメッセージ。受賞者の中では最年少で世間でもまだまだ新人扱いなのに──乃木坂よりデビューは少しだけ先だけど──、クライアント主催の授賞式で、コレはそこそこ印象良くない。実質ダブルブッキングのようなもの。ま、何か深〜い理由でもあるんでしょう。丸1日抜けられないとしたら、今着てる衣装で新作CMの撮影か? ▶︎さて、半ば業界誌 (もしく...
Read More

◤KALTERN / カルタン DOC Südtirol - Alto Adige / ジュード・ティロール - アルト・アディジェ「シャルドネ」2012 

 ▲平日の夕方に再放送の始まった『ラスト・フレンズ (2008) 』は初見。彼らを観ていると、今の10代20代はみんなそこそこ──魅力ある演技かどうかは別にして──器用なのね、とは思う。しかし何だこのドラマは (笑) 。でも、この学芸会ノリは適当に観る分には決して嫌いじゃない──また上野樹里の男口調がイイ感じに学芸会ノリなんだ。瑛太くんだけが普通にやってます──裏を返せばこの時からあまり成長してない。長澤まさみは舌足らず...
Read More