◤Domaine Hudelot-Baillet (ユドロ・バイエ) AOC Bourgogne「Pinot Noir」2018 

 ▲『町中華で飲ろうぜ』はコロナ自粛明け1発目の新作。枝豆看板娘カワイイ (笑) 。 毎度アクセスありがとうございます。 前回の「2017」は〝moukan1973♀の💀ミイラ化〟を口実に〝独り二次会〟で勢いに任せて雑に開けてしまいましたが、今回は前日に「Roches Neuves “Clos de L'échelier” 2012」を1日で飲み干してしまったこともあり、特に味クラーヴェすることもなく、真っさらな状態で開けました。 この「2018」は随分と派手な...
Read More

◤Pierre Boisson (ピエール・ボワッソン) AOC Bourgogne「Aligoté」2016 

 ▲映画『思い、思われ、ふり、ふられ』メイキング写真一挙公開。画像クリックでデカ写真。真ん中は三木孝浩監督。美波ちゃんと映像作品で絡むのは実は5回目。『君の膵臓をたべたい』の撮影時、当初、美波ちゃんがなかなか思うように動けず、心配した月川監督は同じ「STARDUST DIRECTORS」の先輩である三木監督に相談したほど (笑) 。関係ないけど、オレの落書きは、起きた時、moukan1973♀から「汚した! フィルター忘れ >_< 」と...
Read More

◤Domaine Marcel Deiss (マルセル・ダイス) AOC Alsace「Engelgarten」1er Cru “Le Jardin des Anges” 2013 

 ▲まるで美波ちゃんと北村くんの織りなす恋愛映画みたいな案内だから、原作を知らない人から「予告詐欺」と言われないようにね。[公式HP][予告 - 90秒][映画『思い、思われ、ふり、ふられ』動き出すポスター【青春篇】] 毎度アクセスありがとうございます。 フランスの各アペラシオンには必ず〝象徴的な造り手〟というのがいて、アルザス地方 (AOC Alsace) で言えば、それがMarcel Deiss (マルセル・ダイス) ということに...
Read More

◤Elementa Bob (エレメンタル・ボブ) Hermanus, South Africa「My Cosmic Hand White」2015 

 ▲実写映画『思い、思われ、ふり、ふられ』より場面写真が到着。原作とは異なり、だいぶ映像のトーンやテンポがシットリしてそうな気配。[M-ON! Press][映画『思い、思われ、ふり、ふられ』動き出すポスター【青春篇】][アニメーション映画『思い、思われ、ふり、ふられ』 特報] ▼何気に王道系 (正統派) で同い年の東宝シンデレラがダブルでメインキャスティングされるのは極めて稀。原作だと、どちらかと言うと福本莉子ち...
Read More

◤Lucien Crochet (リュシアン・クロシェ) AOC Sancerre「Les Calcaires」Blanc 2017 

 毎度アクセスありがとうございます。 ロワール地方の東の果て──というより中央フランスに位置するCentre Nivernais (サントル・ニヴェルネ) 地区のアペラシオン「Sancerre (サンセール) 」の白です。白は「Sauvignon Blanc (ソーヴィニヨン・ブラン) 」、赤とロゼは「Pinot Noir (ピノ・ノワール) 」で仕込まれます。 前回飲んだ「2016」が2,618円で満足できる1本だったのに比べると、今回の「2017」は〝やや過熟気味〟という...
Read More

◤Daniel et Julien Barraud (ダニエル・エ・ジュリアン・バロー) AOC Saint-Véran「En Crèches」2016 

 ▲アンチ胸毛フェチのmoukan1973♀に捧ぐ。三幸製菓『醇米ほろり こだわりの醤油味』は至ってフツーだけど、例えば火葬場の待合室に置いてあるフリーのお茶請けであれば、そこそこ上質 (オレは食う) 。 ▼胸毛クラシックス。  ▼Julien Barraudと (たぶん) 奥さん。 毎度アクセスありがとうございます。 ブルゴーニュ地方全体の南半分エリアにある「Mâconnais (マコネ)」地区」の人気生産者ですね。アペラシオン表記だと「Mâcon...
Read More

◤Domaine Philippe Charlopin Parizot (フィリップ・シャルロパン・パリゾ) AOC Bourgogne「Cuvée Prestige」2016 

 ▲以前に住んでいた杉並区の「西荻窪」とは異なり、今の家の周囲には──新宿デパートの食品売り場を除いて──いわゆる〝パン好きが遠方からでも集まるようなパン屋〟がほとんどヌワイんだけど、実は「馬場FLAT」の他に、もっと近いところにあったことを、つい最近知った。つうか、何度も目の前をチャリで通り過ぎてたわ (笑) 。2016年オープンの小さな店。すでに大人気で食パンは予約で2週間待ち。[ticopain (ティコパン) ] 毎度...
Read More

◤Vereinigte Hospitien (フェライニヒテ・ホスピティエン/トリアー慈善連合協会) VDP Grosse Lage「Piesporter Goldtröpfchen」Riesling Spätlese Mosel 2015 #「村祐 - 常盤ラベル」が好きならフツーに飲めるでしょうね。 

 ▲右の「Francois Chidaine (フランソワ・シデーヌ) AOC Montlouis-sur-Loire “Les Choisilles” 2013」は3本目。2本目は少し瓶差が激しかったんだけど、今回は1本目に近いニュアンスで旨かったです。フィッチでは「売り切れては再入荷」を繰り返し、オレがブログで取り上げてから、もうかれこれ50本以上は売れてるじゃないか? 輸入元のボリニジャパンはコレ以降のヴィンテージは入れてないし、一体「2017」とかどこで買えるんだ...
Read More

◤Domaine Laurent Père et Fils (ドメーヌ・ローラン・ペール・エ・フィス) AOC Nuits-Saint-Georges「Les Deux Cerisiers」Vieilles Vignes 2013 

 ▲母親の死んだ翌日 (5/9) にmoukan1973♀と弔い酒ということで、今うちにある一番高いピノ・ノワールを開けました──と言っても10,000円もしないけど。背景は劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』より。 ▲旨かった順:Guillard (オレのリクエスト) >Frédéric Esmonin>Domaine Laurent (このワイン) >Bruno Clair>Maison Roche de Bellene>Gerard Seguin ▼毎月1日の「食フェス - 2,000円OFFクーポン」&「ポイント3倍ワンダフル...
Read More

◤Ca' del Console (カ・デル・コンソーレ) IGT Puglia Rosso「Appassimento」2017 #コンビニワイン (ローソン)  

 photo: My Wine Route 毎度アクセスありがとうございます。 南イタリアはPuglia (プーリア) 州のカジュアルワインです。貰い物 (引き取り品) です。ちょうどブーツ状の国土におけるカカトの部分がプーリア州になります。「プーリア、はて」と覚えがあったら、1年ほど前にも楽天トスカニー (1,663円) で買った「Anarkos - Felline (アナルコス - フェッリーネ) IGT Puglia “Rosso” 2016」という赤を飲んでました。 さて、今回...
Read More

◤Castell’in Villa (カステルイン・ヴィッラ) DOCG Chianti Classico 2015 #高田馬場ビール工房「満腹保証!お肉がっつり530g盛り (2〜3人前) 」 

 ▲マンションのポストに入ってたチラシにまんまと乗せられて──とうわけでもヌワイけど、店の前は何度か通ったことあったし、地域経済の活性化&料理負担の軽減を目的に予約して「満腹保証!お肉がっつり530g盛り (2〜3人前) 」テイクアウトしてみた。税込で1,859円。こう言っちゃ悪いが、思ってたよりどれも旨かったし (笑) 、この値段なら満足。ただ、大食い夫婦なら、こんなもん、一人一つでも足りるかどうか。うちらはバケット...
Read More

◤Domaine Raymond Dupont-Fahn (レイモン・デュポン・ファン) AOC Bourgogne「Chaumes des Perrieres」2015  

 ▲だいぶ前からオレの中で『藤井アナの過度なエモーティヴ問題』が裏の意味で話題だったわけだが、最近は表の世界でのトレンド入りも珍しくないようで。ある意味、政治家向き。最近の我が家では「藤井パッション」という新語が定着しつつある。 ▼このポップは「Firadis」が販売店向けに配布するモノだけど、今回は「藤原商店」という別のインポーターが入れた瓶を飲んでます。ココは「Puligny-Montrachet 1er Cru “Les Folatiere...
Read More

◤Bouchard Père & Fils (ブシャール・ペール・エ・フィス) AOC Gevrey-Chambertin 2016 

 ▲中村倫也、念願のプライムライム連ドラ初主演『美食探偵 明智五郎』──初回視聴率「10.0%」第2話「8.6%」──は、少なくとも内容そのものは『アリバイ崩し承ります』よりは面白い (笑) 。アリクズは美波ちゃん以外「全員脇役 (=どうでもいい存在) 」だったけど、こっちは逆に〝静の主人公・中村倫也 (明智五郎) 〟を取り巻く二人の〝陰と陽のヒロイン (陰=小池栄子/陽=小芝風花) 〟がイイ具合に明智を盛り立ててる。「第2話」...
Read More

◤Lise et Bertrand JOUSSET (リズ・エ・ベルトラン・ジュセ) Vin de France (VdF)「Vilain p'tit Ch'nin」2018 

 ▲近所の「おかしのまちおか」に〝令和の衝撃的銘品〟としてオレが激推しする『ノンフライこがし醤油味・特濃チーズせん』が再入荷。北村くんがイチオシのカレー屋『SPICY CURRY 魯珈』もうちの近所でmoukan1973♀は知ってた模様。消毒用アルコールは〝若かりし日の中古レコード掘り〟で培ったエスパー並の勘 (この店には必ず入る) を働かせて近所で先週の水曜に450円 (税抜) 。 photo: フィッチ ▼コチラは買い物の途中でタマタ...
Read More

◤J. Moreau & Fils (J. モロー・エ・フィス) AOC Chablis 2018 

 ▲地味ながら意外に使い勝手のいい『コク旨スープがからむ ねぎ塩鍋用スープ』は、言うなら「ほんのり魚系の塩ラーメン風」で、今回は水を少し足して固形コンソメをプラス、やや「洋風」に寄せてみた。鍋スープは料理の苦手な人が「カレーのベーススープ」に使うと家族から「今日のカレー美味しいね!」と言われること間違いナシゴレン。家で美味しい (スパイス系ではない) カレーを作る唯一のコツは「ルーを入れる前の段階で〝そ...
Read More

◤Feudo Arancio (フェウド・アランチョ) DOC Sicilia「Dalila」Riserva 2017 

 ▲dಠಠb「アンタの好きそうな下らないドラマ始まったよ。」──♡☺♡「ナニコレ、超面白い。毎週観る!」[新川優愛・主演『ギルティ ~この恋は罪ですか?~』]←美波ちゃんとは、映画『センセイ君主 (2018) 』で共演。意外に〝演技のできる〟モデルさん。 ▼恋敵 (柴門秋香/サイモン・シュウカ=新川優愛) に目潰しを食らわせようとする佐丸あゆは (さまるん=浜辺美波) 。 毎度アクセスありがとうございます。 Feudo Arancio (フ...
Read More

◤Clos Floridene (クロ・フロリデーヌ) AOC Graves「Rouge」2015 

 ▲遂に「二代目ボキャブライダー『浜辺美波』版 (2017年7月〜2020年3月) 」が最終回。最後は感傷に浸らず静かにサラっと終了。むしろ先週の方が (MaXwell Powersとの握手もあり) グっと来る内容ではあった。お疲れ様。そこまで真剣には観てなかったけど、いざ終わると (いよいよ「ドラマ」「映画」「CM」「雑誌」でしかブランニュー美波ちゃんを観れなくなるので) 少し淋しい。ちなみに『私たちはどうかしている』の撮影はコロキ...
Read More

◤Domaine Rossignol-Cornu et Fils (ロシニョール・コルヌ) AOC Volnay 1er Cru「Robardelles」2008【ドリフ早口言葉BGM元ネタ】Wilson Pickett - Don't Knock My Love PT. II (1971)  

 ▲桜の木に雪が積もる光景の目視は、たぶん、実体験としては、記憶にヌワイ。2020年3月29日 (日) の珍事。 毎度アクセスありがとうございます。 ヴォルネイ1級の「2008」が5,000未満だったので同梱してみました。ボルドーなんかもそうだけど、マイナー銘柄の「蔵出しオールド」にはタマに安いヤツありますよね。 正直、今はまだ、似たような値段の有名ドメーヌの味乗り良くフレッシュな出来良いACブル (Ghislaine Barthodとか)...
Read More

◤Domaine Henri Magnien (アンリ・マニャン) AOC Bourgogne Pinot Noir「Moutier」2015 

 毎度アクセスありがとうございます。 キュヴェの名前が違うけど、この「AOC Bourgogne “Moutier” 2015 」は先日に飲んだ「AOC Bourgogne Côte d'Or 2017」の以前のキュヴェ名です。 「2017」からは「AOC Bourgogne Côte d'Or」に変更されてます。この「AOC Bourgogne Côte d'Or」は2019年頃から市場に出回り始めた「新設アペラシオン」で、ぬわんと準備期間に20年も掛かったらしいです。[AOC Bourgogne Côte d'Or?] という...
Read More

◤François Chidaine (フランソワ・シデーヌ) AOC Montlouis-sur-Loire Brut「Méthode Traditionnelle」 

 毎度アクセスありがとうございます。 日本ではちょっとレアなFrancois Chidaine (フランソワ・シデーヌ) のスパークリングです。アペラシオンは「Montlouis-sur-Loire (モンルイ=シュール=ロワール) 」だし、先日の「Domaine Jean-Marc Toussaint (ジャン=マルク・トゥーサン) AOC Vouvray Brut “Cuvée Tradition” NV」もアペラシオンは「Vouvray (ヴーヴレ) 」だったので、どうやら「Crémant de Loire (クレマン・ド・ロワ...
Read More

◤Bernhard Ott (ベルンハルト・オット) Wagram「FASS 4」Grüner Veltliner 2017 

 ▲関係ないけど、この日、網を張って朝の日テレ番組を幾つか録画してたら、まんまとポシュレで包丁を買ってしまったぜ (笑) 。前々から新しい包丁を買おうと思ってたから逆に良いタイミングだった。オマケのスーパーストーンバリアシャープナー (包丁研ぎ) がTENGAカラーなのがアレだけど。 ▼おじさん、イケボ〜。あと、なにげにこの間から着ぐるみコナンが「コレ幸い!」と距離を詰めがち。[新手の〝着ぐるみセクハラ〟疑惑]...
Read More

◤Chateau Tayac (シャトー・タヤック) AOC Margaux「Cuvée Nicolas」2016 

 ▲『知らなくていいコト』の重岡大毅くん (野中春樹役) はジャニーズ史上最強の──そればかりか令和を代表する──役者になる可能性を秘めてる。嵐の二宮くんなんか目じゃない。特に第9話で見せた〝レジェンダリーにウザさMAXの怒涛のシーケンス〟は若くして〝神の領域〟へと近づきつつある。決して頭で考えてできるもんじゃないという意味で、彼は紛れもなく天才。あくまでも台本 (演出) 上は〝受けの芝居〟に徹する必要があるとは...
Read More

◤Christian Bergeret et Fille (クリスチャン・ベルジュレ) AOC Saint-Aubin 1er Cru「Les Murgers des Dents de Chiens」2015 

 毎度アクセスありがとうございます。 そこそこシャンパーニュもストックしてるし、あまり前向きにブルゴーニュの白を漁ったりして来なかったんだけど、今年はピンポイントで──もちろん1,800〜2,500円付近の鬼門ゾーンのキュヴェ (時間の無駄) は回避しつつ──幾つか拾って行こうと思ってます。そうだな、安くて旨いのがコイサー (最高) だけど、とりあえずの上限は「8,000円」かな。 実はこれまでに「Saint-Aubin (サン・トーバ...
Read More

◤Lucien Crochet (リュシアン・クロシェ) AOC Sancerre「Pinot Rosé」2016 #おかしのまちおか限定・関口醸造株式会社『ノンフライこがし醤油味・特濃チーズせん』 

 毎度アクセスありがとうございます。 ロワール地方の東の果て──というより中央フランスに位置するCentre Nivernais (サントル・ニヴェルネ) 地区のアペラシオン「Sancerre (サンセール) 」のロゼです。白は「Sauvignon Blanc (ソーヴィニヨン・ブラン) 」、赤とロゼは「Pinot Noir (ピノ・ノワール) 」で仕込まれます。モレ・サン・ドニのドメーヌ・デュジャックで研鑽を積んだジル・クロシェが本場ブルゴーニュと同様にピノ・...
Read More

◤Feudo Arancio (フェウド・アランチョ) DOC Sicilia「Syrah」2018 

 ▲平成元年の4〜5才の男の子が果たしてアントニオ猪木やジャイアント馬場のモノマネをするかどうかの検証は他の誰かに任せるとして、ドラマ『テセウスの船』は、カラダのデカイ男2人 (ホリプロの先輩/鈴木亮平186cm・後輩/竹内涼真185cm) が何度もブツかってはそのたびに何度も「俺はシンさんを信じる!」と仲直りするドラマとしてはホモセクシャルに暑苦しいものの、ストーリーそのものは割りと海外ドラマみたいなノリでオモロイ...
Read More

◤Clos des Fous (クロ・デ・フ) DO Aconcagua Costa「Pucalán Arenaria」Pinot Noir 2015 

 ワインスペクテーターが「現代のインディージョンズ」と呼ぶテロワーリスト! ▲「テロワーリスト」──最初「テロリスト」と読み間違えたわ (笑) 。 毎度アクセスありがとうございます。 そこまで「好き!」というわけでもヌワイんだけど──もちろん嫌いではない──、なぜか買って飲んでるClos des Fous (クロ・デ・フ) 、チリのピノ・ノワールです。なんというか、値段のスライド具合がキレイで分かりやすいので──2,000円前後<3...
Read More

◤Testalonga (テスタロンガ)「Baby Bandito “Keep On Punching” 」2018 

 ▲竹内涼真プライムタイム初主演『テセウスの船』より榮倉奈々の特殊メイク。タイムスリップ設定なので老若コンディションを行き来するのは仕方ないとしても、別に他の役者 (老人担当) を立てても良かったのではないか。そもそも我が日本に〝色黒の老年女優〟は存在しない。いつも言ってるけど、女優は〝色白〟が必須条件なので──30までは色黒でも通用するけど──、これは「色黒女優が老人役を演るとこうなる」ということへの稀有...
Read More

◤Joseph Verdier (ジョセフ・ヴェルディエール) AOC Vouvray「Trésors de Loire」2017 

 毎度アクセスありがとうございます。今回は同じアペラシオンの白を味クラーヴェです。 先日の「Francois Chidaine (フランソワ・シデーヌ) “Les Choisilles” 」の畑がある「Montlouis-sur-Loire (モンルイ=シュール=ロワール) 」とは川を挟んだ向こう岸にあるアペラシオン「Vouvray (ヴーヴレ) 」の「Chenin Blanc (シュナン・ブラン) 」です。意識して棚を見たら近所の信濃屋にもあったので拾って来ました。ロワールのシュナ...
Read More

◤Feudo Arancio (フェウド・アランチョ) DOC Sicilia「Cantodoro」Riserva 2016 

 毎度アクセスありがとうございます。 Feudo Arancio (フェウド・アランチョ) は、イタリアはシチリア州のトレンティーノに拠点を置く「Mezzacorona (メッツァコロナ) 」グループ (※1904年に創業、グループ全体でイタリア国内第6位の規模を持つ) が2001年に新天地を求めて新たに創業した旨安ワイナリーですね。 特に「カラフルな品種違いシリーズ」はそのへんのスーパーや酒屋でもよく見掛け、しかも値段が1,000円前後とアホ安...
Read More

◤Domaine Lécheneaut (レシュノー) AOC Bourgogne/Hautes-Côtes de Nuits「Rouge」2016 

 ▲BSの正月特番で観て、moukan1973♀と超ウケたんだけど、今は世知辛い時代ですね。とっくにYouTubeでネタばらし (営業妨害) されてました。どうりで最近、地上波のマジック系特番が減ったわけだ。別に種が分かっても普通の人には再現不可能だし、オレは好きなんだけどね、マジックもマリックもアート・オブ・ノイズも。 photo: wine-mart.net 毎度アクセスありがとうございます。 Domaine Lecheneaut (レシュノー) はNuits-Sai...
Read More