もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 その「Type-9」は我が家で引き取らせていただきました。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤Juillet-Lallement / ジュイエ・ラルマン ブリュット「セレクション」グラン・クリュ NV(Dégorgement:2017/6/14) 

 ▲右のピエロパン (DOCソアーヴェ・クラシコ) は特に記事にはしないけど2本目。改めて飲むと、やはりフランスワインとは明らかにタイプが異なる。優しくフローラルでチャーミングにフルーティー。アンダー2,000円としては上質なデイリーワイン。フィラディス推しのトラミンなんかよりも全然旨いし、そして安い。 毎度アクセスありがとうございます。 Juillet-Lallement / ジュイエ・ラルマンはモンターニュ・ド・ランスのVerzy ...
Read More

◤Lilbert Fils / リルベール・フィス ブリュット グラン・クリュ ブラン・ド・ブラン NV(2013年ベース/Dégorgement:2016〜2017年、冬) 

 ▲包装仕様が改悪された──小包装になり個数が8→7に削減──『マカダミアおかき』はそれでもパーフェクトな仕上がり。2018年の新作煎餅としてはブっち切りの傑作。これは間違いなく旨すぎる。  毎度アクセスありがとうございます。 Lilbert Fils / リルベール・フィスはシャルドネの聖地「コート・デ・ブラン」の「Cramant / クラマン (グラン・クリュ) 」に居を構える家族経営のRM。今は楽天でもあまり扱いのないドメーヌだけど...
Read More

◤Claude Cazals / クロード・カザルス グラン・クリュ「Millesime / ミレジメ 2009」ブラン・ド・ブラン(Dégorgement:2016/10/11) 

 ▲宿泊先のイタリアン・レストランに部屋から持ち込み。開栓手数料は15$。ワイングラスを下げてフルート (細長いシャンパングラス) を持って来ようとするから、ワイングラスのままでいいんだ、と制止するとアジア系のウェイターが怪訝そうな顔をしてな。この素人が (笑) 。 毎度アクセスありがとうございます。 Claude Cazals / クロード・カザルスはシャルドネの聖地「コート・デ・ブラン」のル・メニル=シュール=オジェ/Le ...
Read More

◤L.Aubry Fils / L.オブリ・フィス ブリュット プルミエ・クリュ NV ◤本日の1曲♪【ELECTRO】Justice feat. Aubrey Allegretti - D.A.N.C.E. (2007) 

 photo: 図書委員@Cinderella7th ▲ドメーヌは双子のピエールとフィリップ兄弟によって運営されている。さすが双子。ハゲ方まで同じ (笑) 。 毎度アクセスありがとうございます。 L. オブリ・フィスはモンターニュ・ド・ランス地区のジュイ=レ=ランス/Jouy-lès-Reims (プルミエ・クリュ) のRM。このドメーヌの名前を一躍世界的な位置にまで押し上げたのは、なにより、今ではほとんど使われなくなった古代品種である「ピノ・ブ...
Read More

【税抜き1,980円のシャンパーニュをビックロで買うの巻】◤Poilvert Jacques /ポワルヴェール・ジャック ブリュット NV 

 ▼家電量販店で初めてワインを買った (笑) 。[Twitter動画][めざましテレビ動画] 毎度アクセスありがとうございます。 ポワルヴェール・ジャックはコート・デ・ブランの南、コート・デ・セザンヌの北に位置する人口わずか100人足らずの村、Talus-Saint-Prix / タリュ=サン=プリのネゴシアン。 この日は旅行の準備で「新宿ビックロ」に行ったんだけど、ぬわんと試着したのにサイズを間違えて買ってしまい──なぜオレはMを...
Read More

◤Assailli / アサイィ アヴィーズ グラン・クリュ「キュヴェ・レゼルヴ」ブラン・ド・ブラン NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 アサイィはコート・デ・ブランのアヴィーズ村に1899年に設立された名門レコルタン・マニピュランで、正式名称は「Assailly Leclaire et Fils / アサイィ・ルクレール・エ・フィス」。1983年より、4代目となるパスカルとヴァンサンのアサイィ兄弟によって運営されています。 今回はフィッチの「お取り寄せメルマガ」経由で購入。その中の説明によると、 「キュヴェ・レゼルヴ」は、コート・...
Read More

◤Pierre Callot / ピエール・カロ ブリュット グラン・クリュ ブラン・ド・ブラン NV 2本目! 

 毎度アクセスありがとうございます。 ピエール・カロはコート・デ・ブランのアヴィーズのRMで、今でもボランジェにシャルドネの栽培を区画単位で任されているほどの実力者。ブドウ栽培家としてアヴィーズ村に定住したのは1784年で、自ら瓶詰めを始めた──レコルタン・マニピュランになったのは1955年。グラン・クリュ100%の上質ブラン・ド・ブランが4,000円ちょいで買える数少ないドメーヌ。最近フィッチに再入荷した。とはイエ...
Read More

◤J-M Seleque / ジャン=マルク・セレック エクストラ・ブリュット「Le Quintette / ル・キャンテット」ブラン・ド・ブラン NV 2013年ベース (Dégorgement:2017/2)  

 毎度アクセスありがとうございます。 セレックはヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区のPierry / ピエリー (プルミエ・クリュ) のRM。跡取り息子のジャン=マルクはアヴィーズの醸造学校を卒業後、カルフォルニアのナパ・ヴァレーとオーストラリアのヤラ・ヴァレーで各4ヶ月ほど研修に参加、2009年に実家に戻ってからは積極的にリュット・レゾネ栽培から実質的なビオロジー栽培およびビオディナミへの切り替えを行なっており、ここ最近は...
Read More

◤Lepreux-Penet / ルプルー・プネ ブリュット グラン・クリュ「ビュル・ノワール」ブラン・ド・ノワール NV 

 ▲実はmoukan1973♀はナンダカンダで30年以上もKYON2ウォッチャーを続けている。当時『生徒諸君!』もロードショーで観ているらしい (笑) 。映画『食べる女』[公式HP][予告][特報][The Stardust Memory]←昭和のアイドルの生歌は犯罪レベル (笑) 。 毎度アクセスありがとうございます。 飲んだのは先週の火曜で──開けるつもりはなかったけど客人の手土産が宿命的にオレの足をセラーに向かわせた──、とはイエイ、中身は「...
Read More

◤Michel Trugy / ミシェル・チュルジー ブリュット「ミレジメ2009」ブラン・ド・ブラン ル・メニル・シュール・オジェ #その他3本のスティルワイン 

 毎度アクセスありがとうございます。 ミシェル・チュルジーはシャルドネの聖地「コート・デ・ブラン」の中の、更にその聖地「Le Mesnil-sur-Oger / ル・メニル=シュール=オジェ (グラン・クリュ) 」のRM。実は1年くらい前にNVを飲んでますが、今回は2009のミレジメです。去年の9月頃に注文したウメムラの6本3万セット、最後のお任せの1本です。 使用するシャルドネは単一区画のメニル100%のミレジメなので、7,992円 (税込) ...
Read More

◤Pierre Gimonnet / ピエール・ジモネ ブリュット ブラン・ド・ブラン キュヴェ「フルーロン」2009 (Dégorgement:2015/1)  

 ▲TVで紹介された「GRACE EXTRA BRUT 2011」はイギリスのワイン雑誌『デキャンタ』が開催する世界最大のワインコンクール「Decanter World Wine Awards 2016」でスパークリングワインとしてアジア初の「プラチナ賞」と「ベストアジア賞」を受賞したらしいので、簡単に買えるなら冷やかしに飲んでもいいカナート思ったんだけど、TVの影響もあって、もともと品薄なのに更にレアになってるみたい。ま、国産のスパークリングのくせに7...
Read More

◤Vincent Couche / ヴァンサン・クーシュ エクストラ・ブリュット「ミレジメ2004」(Dégorgement:2018/1/22) 

 ▲岩塚製菓『マカダミアおかき』は近年稀に見る傑作。町中の木々に、なぜか実として成っているモノを、いつでも好き勝手に獲って食べたい──というファンタジーすら心の中を駆け抜けるレベル。 国内の小売りはヴェリタスがほぼ独占状態。 ▲この他にロゼのNV「デジール」と「サンサシオン1995」がヴェリタスにて入荷中。写真の「ロゼ 2004」は前回入荷分の売れ残りでデゴルジュが「2012/4/12」なので少し注意が必要。 毎度アクセ...
Read More

◤Vincent Couche / ヴァンサン・クーシュ ブリュット「ロゼ」ミレジメ 2004 (Dégorgement:2012/4/12)  

 毎度アクセスありがとうございます。 ヴァンサン・クーシュは、シャンパーニュ地方の最南エリアに離れ小島のように広がるコート・デ・バール地区のビュクセイユ/BuxeuilのRM。コート・デ・バールには格付けクリュはないけど、今も昔もピノ・ノワールの名産地であり、実際このエリアには多くの人気/実力シャンパン・ハウスが存在してます。[シャンパーニュ地方の全体地図] シャルドネに関しては下の地図の左上隅「モンギュー/...
Read More

◤Christian Etienne / クリスチャン・エティエンヌ エクストラ・ブリュット ミレジメ 2010 

 毎度アクセスありがとうございます。 クリスチャン・エティエンヌは、シャンパーニュ地方の最南部に離れ小島のように広がる、コート・デ・バール地区のムールヴィル/MeurvilleのRM。ちょっと格下に見られがちなエリアだけど、古くからピノ・ノワールの産地として名高く、このエリアにグラン・クリュやプルミエ・クリュがないことを不当と考えている人は多い。 これは先日の「ウメムラ6本セット3万」のオマカセ4本のうちの1本。...
Read More

◤Alfred Gratien / アルフレッド・グラシアン 「ブリュット」NV 

 ▲『あしたのジョー』連載開始50周年企画・アニメ『メガロボクス』より。本気モードになると唐突に「力石フェイス」になる勇利。夫婦で大爆笑。 毎度アクセスありがとうございます。 アルフレッド・グラシアンはシャンパーニュとっての実質的な首都とも言われるエペルネ / Épernayに拠点を置く1864年創業の老舗ネゴシアンで、約65のブドウ栽培農家と長期栽培契約を結んでおり、その総面積は約55ha分にも及ぶ。このエリアには、...
Read More

◤Michel Rocourt / ミッシェル・ロクール グラン・クリュ ブラン・ド・ブラン ブリュット NV 

 ▼30秒CM / WEB限定プレミアム動画 / CM NOW 2018年5月号 (4/10発売) さらに!!!  [15秒CM][メイキング][Movie1][Movie2][Movie3][Movie4] しかも歌って踊ってるじゃんかよ (笑) 。この流れが多方面に派生すれば、向こう10年 (5年?) で多くのアイドルたちが職を失うな──かつて隆盛を極めたクラドルという人種が今のアイドルたちに仕事を奪われたように。大人ってヤツは金を生むモノにしか興味ないから、変わり身だ...
Read More

◤Mathieu-Princet / マチュー・プランセ ブリュット 1er CRU (プルミエ・クリュ) ブラン・ド・シャルドネ NV 

 ▲上の3人は──特に両端は──ちょっとカワイイ幼稚園の先生レベル。もはやどっちが真正のアイドルなのかわからん。下の3人もCDがバカスカ売れる時代ならデビュー曲を同時お披露目してたわ。別に聴きたかないけど (笑) 、キャンディーズの「春一番」あたりのカヴァーで。それと言っとくけど、ピンクレディーはともかく、さすがにキャンディーズはリアルタイムじゃねえぞ (笑) 。[時事通信芸能動画ニュース]  ▲オレが3才、moukan1...
Read More

◤Roger Barnier / ロジャー・バルニエ ブリュット キュヴェ「セレクション」NV 

 ▲都会のド真ん中の住宅地の敷地内でワイングラス片手にシャンパンを飲んでると、そこそこ通りすがりの人に見られます。 毎度アクセスありがとうございます。 土曜に開けたベルジュロノー・マリオンとアグラパールの残りをブレンドして、散りゆく桜を惜しむように近所で日曜に花見。ところが、おそらく「アグラパール」の方が軽くブショネってたみたいで、まさかの2週連続で〝ブショ見〟となりました (笑) 。 ま、先週のブリュ...
Read More

◤Agrapart & Fils / アグラパール・エ・フィス「7 Crus」NV (Dégorgement:2016/3)  

 ▲初日は家で飲みました。 毎度アクセスありがとうございます。 アグラパールはシャルドネの聖地「コート・デ・ブラン」のアヴィーズ/Avize (グラン・クリュ) のRM。以前、諏訪のワイン王のセレクトで編纂した『ハレの日に飲むシャンパーニュ/ワイン特集』でも取り上げたけど、今となっては優先順位の高いドメーヌとは言えない──少なくもエントリークラスのNVに関しては。 我々のような〝か弱いエンドユーザー〟にアグラパール...
Read More

◤LAUNOIS pére & fils / ローノワ・ペール・エ・フィス「レゼルヴ」グラン・クリュ ブラン・ド・ブラン NV 

 ▲この二人でプロレス興行やって欲しいです。 毎度アクセスありがとうございます。 客人がうちを出るのにまだ少し (10分くらい?) 時間があるので、ポンポン開けまーす。せっかくなので、シャルドネ100%のブラン・ド・ブランを。ローノワはシャルドネの聖地「コート・デ・ブラン」のル・メニル=シュール=オジェ/Le Mesnil-sur-Oger (グラン・クリュ) のRM。メニルのシャルドネと言えば、全シャンパーニュ地方の中でも最高級...
Read More

◤Bernard Bremont / ベルナール・ブレモン「ブリュット・ロゼ」アンボネイ グラン・クリュ NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 ベルナール・ブレモンはピノ・ノワールの名産地モンターニュ・ド・ランス地区のアンボネイ/Ambonnayを拠点に置くRM。しかも所有する畑はすべてグラン・クリュ (アンボネイ=15.2ha、ブジー=0.3ha) で、ブジーのブドウはネゴシアン (NM) に供給しているため、自社のシャンパーニュは全てアンボネイ100%で造られる。去年、これのスタンダードNVを飲んだら超旨くて即行でリピートしたんだけ...
Read More

◤De Sousa / ド・スーザ グラン・クリュ「ブリュット・レゼルヴ」ブラン・ド・ブラン NV (Dégorgement:2015/12/9)  

 毎度アクセスありがとうございます。 土曜にブノワ・ライエと同時に開けてます。ド・スーザは人気と実力を兼ね備えたRM (レコルタン・マニピュラン=自家栽培醸造家) が数多く軒を連ねるコート・デ・ブランのアヴィーズ/Avize (グラン・クリュ) のドメーヌで、先のブノワ・ライエ同様、ビオディナミの実践者でもある。 登記上はNM (ネゴシアン・マニピュラン) だけど、実質的にはRMと変わらない。ポルトガル出身のこの一家がシ...
Read More

◤Benoit Lahaye / ブノワ・ライエ グラン・クリュ「ブリュット・ナチュール」NV (Dégorgement:2016/10)  

 毎度アクセスありがとうございます。 ブノワ・ライエはブジー/Bouzy (グラン・クリュ) に拠点を置くビオディナミの生産者として有名な造り手。畑を馬で耕し、4年かけて自力でセラーを掘り進め、今後は電気も自家太陽発電でまかなうという、過激なまでの超自然派 (笑) で、どことなくヴェット・エ・ソルベなんかとも被る印象のヴィニュロン (ワイン醸造家) 。 ちなみに、つい最近飲んだガストン・コラールはブノワ・ライエの愛...
Read More

◤Pierre Callot / ピエール・カロ グローヴ・レゼルヴ「ディヴェルシテ」NV 

 ▲凄く酔う赤提灯のレモンサワーとシャンパーニュのブラン・ド・ブラン。 毎度アクセスありがとうございます。 どうせカルフォルニアの泡モノ (ホワイトハウス御用達ワイナリーのNV) がダメだと踏んでいたので、ちゃんと保険も冷やしておきました。 ピエール・カロはコート・デ・ブランのアヴィーズ村のRMだけど、多くのRMがそうであるように元々は栽培農家で、自前でワインを瓶詰めし始めたのは1985年からと比較的最近の話。7...
Read More

◤Serge Mathieu / セルジュ・マチュー ブリュット キュヴェ・プレスティージュ NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 シャンパーニュ地方では少し南にジャンプしたエリアに広がるコート・デ・バール地区のアヴィレ=ランジェ/Avirey-LingeyのRMです。コート・デ・バールは上質なピノ・ノワールの産地として特に有名で、グラン・クリュとプルミエ・クリュは1つもありませんが──極めて不当な話──、逆にそれだけ競争の激しいエリアとも言えるわけで──グラン・クリュというブランド力だけでは勝負できない──、実...
Read More

◤Larmandier Bernier / ラルマンディエ・ベルニエ ブラン・ド・ブラン エクストラ・ブリュット「ロンギテュード」プルミエ・クリュ NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 今日こそササっと (笑) 。コート・デ・ブランのヴェルテュ/Vertus (プルミエ・クリュ) のレコルタンで、当主の奥さんはアンセルム・セロス (ジャック・セロスの現当主) とは幼じみとか。そんな縁もあってか、アンセルム自身もピエール・ラルマンディエの造るワインを高く評価しているという。「ノエル・ア・ラ・モード 2017 伊勢丹新宿店」で正規代理店の人が「アンセルム・セロスに何かオ...
Read More

◤Etienne Lefevre / エティエンヌ・ルフェーヴル キュヴェ「ブラン・ド・ノワール」グラン・クリュ NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 去年の11月に同じドメーヌのスペック違い (PN=75%、C=25%) を飲んでます。ちょっと我々にはキュートに甘やかだったので、今回はピノ・ノワール100%のブラン・ド・ノワールを飲みます。 エティエンヌ・ルフェーヴルはヴェルジー / Verzy (グラン・クリュ) で1977年に創設されたRM (レコルタン・マニピュラン=自家栽培醸造家) だが、一族のブドウ栽培そのものの歴史は1621年まで遡ると...
Read More

◤Gaston Collard / ガストン・コラール ブリュット グラン・クリュ NV #三幸製菓『よくばりあられ』 

 毎度アクセスありがとうございます。 新人系のレコルタンですね。蔵に戻ってドメーヌを継承したのは2012年みたい。キャッチコピー (売り文句) は「ブノワ・ライエの愛弟子!」というもの。所有する畑はすべてグラン・クリュのブジー (Bouzy) なので、必然、RMである以上、出来上がったキュヴェも全て「グラン・クリュ100%」になる。 ま、こればかりは御先祖様に先見の明があったことに感謝という一面もあります。なにせ有力な...
Read More

◤Jean Lallement (ジャン・ラルマン) 最終決戦! グラン・クリュ ロゼ レゼルヴ NV 2本目! 

 こんにちは、新宿のラル男こと、moukan1972♂です。 まさかジャン・ラルマンのNVをこの1年で7本も開けることになるとは、人生何が起こるか本当にわからないものだ。ワインそのものは劣化やハズレやブショネばかりだったのでアレだが、ジャン・ラルマンのコルクのことならオレに何でも訊いてくれ (笑) 。 このロゼ、前回は酷いブショネ (下の写真) で、オレにとっては完全にドブ (汚れた川の水) 。買った店はウメムラなんだけど...
Read More

◤Infinite Eight / インフィニット・エイト エクストラ・ブリュット2004 (Dégorgement:2016) 

 毎度アクセスありがとうございます。 飲んだのはちょっと前 (2018/1/13) なんですが、ちょうど来客があったので、うちで一番高いヤツを開けました。とはイエイ、これ1本を裸で買ったわけではありません。ウメムラの「社長セレクト・お任せ6本3万コース」の中に入ってたと、そういうわけです。箱付きが14,040 円 (税込) なので、さすがに自分で買うことはないです。 インフィニット・エイトは、前回「ドサージュ:16g/1L」の少...
Read More