◤長陽福娘 - 純米 山田錦 無濾過生原酒 26BY ── dಠಠb「ジュースを見るな、酒を見ろ!」#Well-Cured 

 前日の「限定直汲み 純米 山田錦 無濾過生原酒 28BY」が苦くて飲めなかったので、少し方向性は変わるが、桃ラベルの「純米 無ろ過生原酒 26BY」でリベンジを託された長陽福娘です。 この「山田錦60」は赤ラベルの直汲みと中身は同じで、その違いは「採り方」にあると、直汲みの記事の中で触れたわけだが、再度ここでおさらいをしておくと──詳細はコチラを読んでいただくとして──、「無ろ過生原酒」は「直汲み」以降の流れ出たお...
Read More

◤長陽福娘 - 限定直汲み 純米吟醸 雄町50 無濾過生原酒 28BY ── dಠಠb「これは予想外、27BYより遥かに良い出来!」#Fresh, Dry, Spicy 

検索ワード:長陽福娘 限定直汲み 純米吟醸 雄町 日本酒ブロガーの中では割りと飲んでる方だと思います、長陽福娘。26BYは呑んでないけど、27BYシーズンはそこそこ (9本) 空けました。 そして、自分で言うのもなんだけど、正直、造った本人よりも「長陽福娘」のことをわかってる自信があります。言うなら「作家」と「批評家」の関係に近いというか。まさか「造った本人=作家」が「酒=作品」のことを一番よくわかってるとか、イ...
Read More

◤みむろ杉 - 純米吟醸 露葉風 無濾過生原酒 中汲み 28BY ── dಠಠb「史上最大に地味な☆4.5! でも、しみじみ旨い!」#Fresh 

検索ワード:みむろ杉 純米吟醸 露葉風 無濾過生原酒みむろ杉 今西酒造 みむろ杉です。ほぼ初めて飲みます。マチダヤでも扱いあるし、奈良の酒屋はたまに通販で使うし、なんで今まで買わなかったんだろ。そーゆー銘柄、なんでかあるものだけど、心の中で<28BYは買いますぜ>と思っていたところ、たまたま読者さんが「みむろ杉(露葉風>雄町>山田錦) 」と明確な指針をくれたので、マチダヤに遅れて入ってきた3月出荷ロットを即...
Read More

◤米鶴 - 辛口純米 超しぼりたて生 28BY ── dಠಠb「これが矢崎智一氏プロデュースの28BYスピンオフ第一弾!」#Fresh, Fruity, Dry 

検索ワード:米鶴 辛口純米 超しぼりたて生 静かな前説にしようかな──ヒソヒソ。かつては「かっぱ」でお馴染みの米鶴でしたが、今は違うんです──ということが、最近の様々な研究によって徐々に解明されて来ました。ひとまず当ブログでは、オレが勝手に「矢崎スペシャル」と呼ぶ商品を中心に扱っていきます──オレが勝手に言ってるだけなので、酒屋にそう説明しても伝わらない場合があります。 今回の「辛口純米 超しぼりたて生」...
Read More

◤篠峯 - 純米大吟醸 山田錦 生詰 26BY ── dಠಠb「酒で勝ってジュースで負けた難儀な酒」#Well-Cured, Fruity 

 26BYの、篠峯の、一回火入れです。27BYシーズンに「1年熟成」としてリリースされた。たぶん遅くとも5月中には全ての上槽を終えてることを考えれば、なんだかんだで2年くらい寝てることになるけど、ぬわんと蔵出し (出荷) は「2017.02」という最高のコンディション──というのも、千代酒造には氷温管理できる冷蔵庫があるので、下手に酒屋で5℃くらいの環境で売れ残ってるよりも状態はいいというわけ。ただし、裏目に出ることもある...
Read More

◤篠峯 - 純米大吟醸 雄町 火入れ 参年熟成 24BY ── dಠಠb「彼女、裸は最高なんだけど、服のセンスがもう一つねえ・・・みたいな (笑) 」#Well-Cured 

検索ワード:篠峯 純米大吟醸 雄町 参年熟成 実は初めて呑む「参年熟成」の篠峯です。最近、読者さんもコメ欄から薦めてくれてました。今回はマチダヤの「プレミアム300ml」シリーズで買いましたので、試飲レベルです。いろいろ確認したいこともあったので、記事はいつも以上に内向的です──勝手に一人で諸々を納得するだけで終わるという (笑) 。 この「純大 雄町50」は、まず毎年3月に「中取り生」としてリリースされ、その後で...
Read More

◤六十餘洲 - 純米 山田錦 生酒 28BY ── dಠಠb「まるで清楚な美人がワンポイントでストレンジな古着を身につけてるみたいな異化がある」#Umakuchi, Okan 

検索ワード:六十餘洲 純米 山田錦 生酒六十餘洲 今里酒造 早くも今季2本目の六十餘洲 (ろくじゅうよしゅう) です。初呑み銘柄の素早いリピートはそれだけオレが実力を認めているということの証左なわけだが、今回はタイミングも良かった。前回の「純米吟醸 山田錦 生酒」同様、表参道ヒルズに入ってるメガネ屋 (LUNETTES du JURA) 帰りに無駄なく「はせがわ酒店」で拾えた──なんだかんだで通販は「同梱問題」あるから面倒臭い。...
Read More

◤やまとしずく - 純米吟醸 直詰生原酒 28BY ── dಠಠb「この酒にオレが与えるキャッチコピーは、ズバリ<偉大なる凡酒>だ」#Fresh, Fruity, Women 

検索ワード:やまとしずく 純米吟醸 直詰生原酒やまとしずく 出羽鶴秋田酵母 No12 1994年に秋田県内の有志酒販店と共に立ち上げた出羽鶴酒造の別ライン「やまとしずく」です。HPによると「米も水も特定地域のものだけを使用し、地域性と個性のはっきりした美味しい酒を造ることがやまとしずくのコンセプトです」とのこと。実は既に昨日 (3/7) に呑んでますので、これは後記的な前説。 先日「自然酒」を買った時に適当に同梱した...
Read More

◤長陽福娘 - 限定直汲み 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒 山口9E酵母 28BY ── ♡☺♡「クイクイ飲めます!」#Fresh, Fruity 

 いつもアクセスありがとうございます。moukan1973♀です。久々にわたし♡☺♡が書きます──実際に書いているのはmoukan1972♂です、推敲や加筆ではありません、100%moukan1972♂が書いています。 moukan1972♂節炸裂の長くて詳しい記事は「プチ味クラーヴェ - 長陽福娘」を読んでください。ここのページは☆付けする目的で書いていますので、わたしくしmoukan1973♀目線で簡単な回想録として書きたいと思います。 繰り返しになりますが、...
Read More

◤亀甲花菱 - 純米大吟醸 無調整原酒 本生 26BY ── dಠಠb「たかちよ黒がスーパーサイヤ人になるとコレになります」#Fruity, Well-Cured 

※こちらの記事は『第2回・味クラーヴェ大会』から個別にセパレイト&加筆したものになります。 毎度アクセスありがとうございます。 客人の家の近くの酒屋にたまたま「亀甲花菱」の扱いがあったようで、オレが好きそうであることを気遣ってお土産に買ってきてくれました。ありがとうございます。自分でも呑みたいと言うので、熱湯消毒した720mlの空き瓶に入れて分け合いました。DE、すでに3本の味クラーヴェが終わり、ぼちぼちイ...
Read More

◤長陽福娘 - 限定直汲み 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒 山口9E酵母 27BY ── dಠಠb「なぜか『クリスマスツリー理論』に『酸コラム』と、話がいろいろ逸れますが」#Well-Cured, Dry 

※こちらの記事は『第2回・味クラーヴェ大会』から個別にセパレイト&加筆したものになります。 毎度アクセスありがとうございます。 去年☆7を付けた「限定直汲み 純米吟醸 山田錦50 無濾過生原酒 9号酵母」だけど、今年は早めにドロップされたね。たしか去年は3月だったと思うんだけど。DE、オイオイ! なんか「純米60」よりなくなるの早くねえか (笑) ? 待て待て待て待て待て、最後にもう一度だけ待ちなさいよ! dಠಠb「まずは...
Read More

◤六十餘洲 - 純米吟醸 山田錦 生酒 28BY ── dಠಠb「酸による美しい輪郭の中で五味が手を取り合うバランスで、食卓をワンランク上のエレガンスに導く」#Fresh, Fruity, Women 

検索ワード:六十餘洲 純米吟醸 山田錦 生酒六十餘洲 今里酒造 かつて猪木がファンから生きたライオンをプレゼントされた話。 猪木ともライオンとも全く関係ないですが、長崎の六十餘洲 (ろくじゅうよしゅう) です。初めて呑みます。アッパーな文体で客を煽るのが大好きな某酒屋が前から推していて気になってたんだけど、基本火入れの酒が多いので──生酒ヴァージョンは新酒の時期だけで、しかも意外にすぐに売り切れるので──、26...
Read More

◤恵信 (ゑいしん) - 山廃仕込み 純米大吟醸 直汲あらばしり 生原酒 27BY ── dಠಠb「moukan1973♀、かく語りき、♡☺♡『今週呑んだ中で一番旨い!』──オレも強くそう思う」#Fresh, Sweet, Umakuchi 

検索ワード:恵信 純米大吟醸 直汲 あらばしり君の井酒造小山商店 喜八 「最近いいなと思ったお酒で、モウカンさんがまだ飲んでなさそうなの、一つあげてみたいと思います」 つまり、読者さんオススメの恵信 (ゑいしん=えいしん) です。初めて呑みます。最近は読者さんがいろいろ薦めてくれるので助かってます。おそらく読者さんも、自分の薦めた酒がまるでBOOKのような記事になることに快感を覚えはじめているのだろう──オレが...
Read More

◤不動 - 新酒しぼりたて 純米大吟醸 直汲み生原酒 28BY ── dಠಠb「確実にオレよりも好きだと感じる人が大勢いると推察される酒です」#Fresh, Fruity, Sweet 

検索ワード:不動 純米大吟醸 直汲み しぼりたて不動 鍋店1801号酵母 オレの育った千葉県の不動 (ふどう) です。初めて呑みます。「千葉育ち」とはいえ──生まれは一応「東京」──、東京湾側の埋め立て地エリアなので、実は青春期も大人時代も「千葉で遊んだ記憶」はほとんどない。特に京葉線が「東京」まで開通してからは、レコード集めもしていたし、1992年〜1994年頃に限っては、週の半分以上は「渋谷 宇田川町」にいました (笑)...
Read More

◤冩樂 - 純米 初しぼり生 11月ロット 28BY ── dಠಠb「一連の『シャラダイン (冩樂的セメダイン) 問題』については、こう捉えてみてはどうだろう」#Fruity, Wine Oriented, Women 

▼オレ自身が便利なので残します。それに、これがあっても別にたいした「手抜き」にならないし。検索ワード:冩樂 純米 初しぼり生宮泉酒造 冩樂夢の香 酒米 26BYに呑みまくって (9本?) 我ながら自らのミーハーぶりに辟易とし、27BYは2本しか買わなかったものの、「マチダヤ試飲会」で呑んだ「なごしざけ」が存外に素晴らしく──今思い出しても「十四代 極道諸高」より遥かに旨い──「もしかしてオレの<冩樂に関する27BY戦略>は間...
Read More

◤若竹屋 - Debut 純米 無濾過生原酒 27BY ── d@@b「協会1号より古い日本初の清酒用分離酵母<サッカロマイセス・サケ>使用の珍品」#Umakuchi 

▼オレ自身が便利なので残します。それに、これがあっても別にたいした「手抜き」にならないし。検索ワード:若竹屋 Debutサッカロマイセス・サケ・ヤベ矢部規矩治レイホウ 酒米 福岡の若竹屋 (わかたけや) です。初めて呑みます。とうとう「地酒屋こだまシリーズ」も最後の1本となりました。そして「店主お任せ3本」 (辰泉・永寶屋・若竹屋) のうちの1本でもあります。いつも言ってますが、こうして改めてこの8本を眺めると、壮観...
Read More

◤篠峯 - 純米吟醸 八反50 無濾過生原酒 26BY ── dಠಠb「飲み手の鷹揚な享楽を無下に掠め取るような、情け容赦ない力強い収斂性──これはフレッシュ・コンディションにはなかった力強さ」#Wine Oriented, Fruity, Well-Cured 

 噂の26BYの篠峯です。なんだかんだで、今年はこれで7本目の26BY──ろくまる (60) 八反/山田錦/雄町、篠峯愛山45、千代キヌヒカリ60、櫛羅50──そして今回の篠峯八反50。 しかしまあ、26BYの篠峯 (櫛羅/千代) は流石の完成度ですね。去年に飲んだ雄町50も含めれば、☆7が2本、☆6が1本、☆5が3本、☆4.5が1本──もうこれ、異常でしょ。 年初めに「純米吟醸 五百万石 中取り生原酒」を飲んだ時に少し違和感があって、徐々にそれが確信へ...
Read More

◤赤武 -AKABU- 純米酒 NEWBORN (直汲み 中取り生) 11月ロット 28BY ── dಠಠb「ちゃんと〝自分のやりたいこと&目指したいこと〟が素直に表現されてると思う」#Fresh, Sweet 

 赤武です。東日本大震災の津波で蔵が流され、様々な苦難を乗り越えて2013年に新たな蔵が竣工。翌2014年には、東京農大を卒業した古舘龍之介氏が酒造りに合流──現在は6代目を継ぎ、杜氏も務める。そしてぬわんと1992年生まれの24歳、今期で3造り目のホープです──って、おいおい、1992年と言えば、オレが大学に入ってレコードをバカみたいに買い漁ってた年じゃねえか。だから1992年の記憶はいろいろあるけれど、龍之介くん、キミが...
Read More

◤長陽福娘 - 限定直汲み 山廃純米 山田錦60 無濾過生原酒 27BY ── dಠಠb「マズイ酒は歴然とマズイし、旨い酒は何よりも減りが早い」#Spicy 

 photo: Last Shot 1週間も過ぎれば──いや、実際にはそこまではかからないであろう──、この酒をオレがいつ開けたかという話に特別の意味はなくなるのだが、今回ばかりは少しだけそれに触れることに意味はありそうだ。なぜなら驚くべきことに、オレは11月27日に開けた「小左衛門 - 純米吟醸 出羽燦々60 初のしぼり 池袋西武限定 直汲」以来、☆4以上のマトモな酒を呑んでいないのだ──ただし「メガネ専用カルピスサワー」は除く (笑...
Read More

◤酉与右衛門 - 純米 直汲み 亀の尾60 無濾過生原酒 27BY ── dಠಠb「酸っぱ旨いエッジの効いた次世代フルーティー酒ですね」♡☺♡「旨いね!」#Fruity, Wine Oriented, Fresh 

「南部杜氏のふるさと」と言われる岩手県花巻市石鳥谷町で唯一残った造り酒屋、それが酉与右衛門 (よえもん) を醸す川村酒造店です。地元銘柄は「南部関」で、この「酉与右衛門」は、名杜氏であった創業者の名前から取った、いわゆる一つの「特約店限定ブランド」の模様。ラインナップがRS向けの直汲み無濾過生原酒ばかりだけど、造ってる本人は「熱燗が好き」だそう (笑) 。 今年の3月に、TVのバラエティ番組に蔵元がシレっと登...
Read More

◤北安大國 - 純米 無濾過生原酒 27BY ── dതതb「普段ブログで息巻く文学的不良中年のこのオレを、不意にホっとさせるNGMフィールド全開 (なごみふぃーるどぜんかい) な愛くるしさがある」#Umakuchi, Okan 

 特に生産地を気にせずに思うがままに買っていると、ある日、冷蔵庫を見て、ふと気づくことがある──あれ? なんか長野の酒、多くね? というわけDE、北安大國 (ほくあんだいこく) です。オレは初呑み。moukan1973♀は記憶にないだろうけど2度目 (詳細は後述) 。先日──と言っても「だいぶ前」──に8本まとめ買いした「地酒屋こだまシリーズ」の1本です。これで7本目。これまでに空けた6本については、☆7が1本、☆5が3本、☆4.5が2本と...
Read More

◤村祐 - 茜ラベル 特別純米酒 一夏生熟成 27BY ── dಠಠb「意外と酸に魅力のある酒」#Umakuchi 

 様々な挫折や苦労や試練を乗り越え、ドイツワインにヒントを得つつ、村山健輔氏の独自世界を体現した銘柄「村祐」が誕生したのは2002年。使用米や精米歩合や日本酒度や酸度など、基本的にスペックは非公開ながら、一応の等級 (のようなもの) はあって、今回の「茜」が特別純米、「紺瑠璃」が純米吟醸、「常盤」が純米大吟醸、甘さの度合いも、ドイツワインの等級を意識して、それぞれ「カビネット=茜」「シュペトレーゼ=紺瑠璃...
Read More

◤十六代 九郎右衛門 - 山廃特別純米 雄町 無濾過生原酒 仕込58号 27BY ── dಠಠb「造った本人は『ジューシー雄町 vs 魅惑の酸』、呑んだオレは『フルーティー酒 vs ポスト・フルーティー酒』」#Umakuchi 

 十六代九郎右衛門──はじめて呑みます。地元銘柄には「木曽路」と、地元米のヨネシロで仕込んだ「燦水木 (さんみずき) 」があります。先日まとめ買いした「地酒屋こだまシリーズ」の1本です。当初、愛山55の4合瓶をオーダーしたんだけど、売り切れということなので、迷わず「山廃雄町生」に変更しました。こだまの新着情報によると、つい最近「仕込59号」の同じ酒がリリースされたようだけど、こちらは6月出荷の「仕込58号」です...
Read More

◤萩の鶴 - 特別純米 山田錦 無加圧直汲み 処暑の酒 27BY ── dಠಠb「言うならばこれは『萩の鶴/日輪田27BYのBEST盤』──少しシニカルな含蓄をもって補足するなら、それはすなわち・・・」#Fruity, Wine Oriented, Women 

 久々に前説とレポートの同時仕上げ──年に2〜3回しかないはず。 1月 (リリース直後) と7月 (半年熟成) に「萩の鶴 - 別撰 純米吟醸」を呑んで完全にノックアウトされて以来、今年は随分と「萩の鶴/日輪田」を空けてきた。銘柄癖というか傾向はだいぶ掴んで来たつもり。それでも「別撰」だけは「別格」というか「別人格」というか「別物」──つまり「別撰」だったということがわかった。もちろん、萩の鶴の輪郭をなぞってる部分も...
Read More

◤作 - 槽場直汲み 純米原酒 PROTOTYPE G 27BY ── dಠಠb「味わいは60だけど、香りは50」#Fruity 

 作 (ザク) です。今年のトピックとしては、2016年5月に開催された「G7伊勢志摩サミット2016」で、1日目の昼食会の乾杯酒として「作 智 (さとり) 純米大吟醸 滴取り (750mlで税込16,200円!) 」が提供されたことでも話題になった。 近場で扱ってる店が3軒ほどあるので、何度も買う機会はあったのに、ようやく初呑みです。もう一つの銘柄「鈴鹿川 (すずかがわ) 」は逆に東京ではあまり見かけない──特に地元限定銘柄というわけでも...
Read More

◤仙禽 - ナチュール トロワ 〜共鳴するカタチ「愛おしくて深くなるもの」〜 無濾過生原酒 27BY ── dಠಠb「秋山のあんちゃん、旨かったよ、ありがとう」#Sweet, Clear, Umakuchi 

 27BYから本格スタートした仙禽の新ブランド「ナチュール」の3作目。共通するのは「磨き90%以上の亀ノ尾の生酛仕込み」という点──でいいんだよね? 2016年3月の「若手の夜明け」というイベントでも、順番で回ってきたマイクに向かって「日本酒の未来は生酛が担っています!」と叫んでいた薄井氏。要するに、酵母&乳酸菌無添加の古代生酛 (あまり磨かない生酛) を仙禽流にアップデートしたということなのかね。細かいニュアンス...
Read More

◤豊盃 - Houhai Drip 2016 純米吟醸55 雫取り 生原酒 27BY ── d۝۝b「豊盃プレゼンツの謎チーズとは一体・・・」#第29回日本メガネベストドレッサー賞, iOFT, Fruity, Umakuchi 

 今年ブログで紹介したのは豊盃米39の純大やモヒカン娘だったので、純吟スペックの豊盃を呑むのはちょっと久々です──26BYの華想い55 (毎年3月にドロップ) 以来かな。 こちらのまるでビールみたいなラベルの豊盃は、三鷹の碇屋酒店オリジナルの「雫取り 生原酒」です。造った本人 (写真右) に確認したところ、 中身は通年商品の純吟 (豊盃米55) の生原酒とのこと。 一応、買う前にそのことを店主っぽい爺様 (社長?) に訊いたん...
Read More

◤姿 - 味ノマチダヤ限定 純米吟醸 雄町 袋吊瓶囲い 901号 無濾過生原酒 27BY ── dಠಠb「タイトなフルーティネスも力強く、もう完全にライスワインです」#Wine Oriented, Fruity, Women 

 初姿です。とはいえ、少し番外編的な901号酵母で仕込んだ、酸っぱい姿──つまり姿酸 (すがたさん) です。こちらのスペックは毎度マチダヤ限定の袋吊りの雄町50。昨日の試飲会で杜氏が語っていたところによると「火入れ」ということなんだけど、うちのラベルには「無濾過生原酒」と書いてある。うーん、謎です (笑) 。ま、生だろうと火入れだろうと呑んで感想を伝えるだけのブログなので、そこはあまり気にする必要もないか。 実...
Read More

◤亀甲花菱 - 純米吟醸 美山錦50 甕口直汲み生原酒 赤ラベル ── dಠಠb「これが南国の晴れた昼間の青空なら、どれだけ楽しい表情をこの酒は見せてくれたのだろう」 

 大好きな銘柄、亀甲花菱です。家には純吟雄町の一升瓶もあるんだけど、なんとなく今日は4合瓶の美山錦を開けようかな。こちらの赤ラベルは中川商店のオリジナルです。全ての銘柄がネットでポチれるわけじゃないけど──しかも今は一時的に買い物カゴそのものが使えない模様──、別に他のお酒も電話やメールで対応してくれるはずです。 そうそう、お店のブログには「インスタグラムやFacebookには、ほぼ入荷と同時にUPしております...
Read More

◤芳水 - 山廃純米生 27BY?→26BY (27年10月出荷分) ── dಠಠb「地酒としてのキレた固有性もありつつ、全体としては洗練された酸のストラクチャーの中に適度な複雑味を携えて、それでも決して押しつけがましい味の喧騒はない」#Fruity, Wine Oriented 

 徳島の芳水 (ほうすい) です。毎度マチダヤで買ってきたんだけど、去年の10月出荷ロットです。周りにわかりそうなスタッフがいなかったので確かめなかったけど、27BYの新酒なのか、26BYを1年寝かせたものなのか、ちょっと分かりませんが、いずれにせよ、出荷から1年ほど寝てることに変わりはないので、そこはあまり深くは掘り下げません──GA、あらためて蔵元のHPを調べたら、どうやらこのお酒は毎年3月にリリースされる限定品み...
Read More