もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 キミは〝一滴試飲〟をしたことがあるか?
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤Guy Larmandier / ギィ・ラルマンディエ ブリュット ブラン・ド・ブラン「クラマン」グラン・クリュ NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 シャルドネの聖地「コート・デ・ブラン」地区のヴェルテュ/Vertus (プルミエ・クリュ) のレコルタンです。去年の「ノエル・ア・ラ・モード 2017 伊勢丹新宿店」で試飲してスゲえフルーティーで旨かったので、さっそく買ってみた。 このドメーヌはクラマン (グラン・クリュ) に多くの区画を持っていて、今回のNVは、このクラマンのシャルドネを中心に造られる看板キュヴェ。実は楽天でも扱...
Read More

◤Etienne Lefevre / エティエンヌ・ルフェーヴル キュヴェ「ブラン・ド・ノワール」グラン・クリュ NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 去年の11月に同じドメーヌのスペック違い (PN=75%、C=25%) を飲んでます。ちょっと我々にはキュートに甘やかだったので、今回はピノ・ノワール100%のブラン・ド・ノワールを飲みます。 エティエンヌ・ルフェーヴルはヴェルジー / Verzy (グラン・クリュ) で1977年に創設されたRM (レコルタン・マニピュラン=自家栽培醸造家) だが、一族のブドウ栽培そのものの歴史は1621年まで遡ると...
Read More

◤Paul Bara / ポール・バラ ブリュット ミレジメ2007 

 毎度アクセスありがとうございます。 えーと、飲んだのは先週なんですが、今回は2007のブラン・ド・ブラン「ジョセフ・ロリオ・パジェル」も同時に開けてます。 販売店 (ヴェリタス) の商品説明を読む限り、どう考えても黒ブドウ100%のブラン・ド・ノワールと判断するしかないんだけど、他の酒屋や蔵のHPを見ると「ピノ・ノワール90%、シャルドネ10%」と書いてあるので、問い合わせたら「その通りです」と来たもんだ。あと...
Read More

◤Joseph Loriot - Pagel / ジョセフ・ロリオ・パジェル ブリュット ブラン・ド・ブラン グラン・クリュ 2007 

 毎度アクセスありがとうございます。 ちょっとシャン記事が溜まってますが、ちゃちゃっと片付けます。これぞまさに「備忘録」ってなもんで、こうでもしないと、地理が苦手なオレはなかなか覚えられないんだよ (笑) 。 ムニエの栽培が盛んなヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区のフェスティニー (Festigny) に居を構えるRMだけど、コート・デ・ブランのアヴィーズ、クラマン、オジェにも畑を持っていて、今回のキュヴェはここのシャルド...
Read More

◤Vincent Couche / ヴァンサン・クーシュ シャルドネ・ド・モンギュー エクストラ・ブリュット NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 ちょっとマニアックなドメーヌなので、とにもかくにも、まず買うのが難しいです。現在、ロゼとラタフィアを除いて、楽天での扱いはナシ。オレはたまたま去年の秋の伊勢丹新宿のシャンパンイベントで試飲して気に入ってすぐにヴェリタスで買ったんだけど、とにかく値段の差が凄まじいのなんの (笑) 。 オレが去年の暮れに4,395 円 (税込/ポイント6倍) で買った全く同じキュヴェが──ロットは...
Read More

◤Baron Dauvergne / バロン・ドーヴェルニュ キュヴェ・サフィール ドサージュ・ゼロ グラン・クリュNV 

 毎度アクセスありがとうございます。 ちょっと前日に飲んだブジーのピノ主体のシャンが値段の割りにイマイチだったので──つうか、少し甘くて弛緩していた──、だったら同じ100%ブジー産 (PN=80%、C=20%) のノンドゼで酸を取り戻すぜ (笑) 。2013年に相続絡みで業態をNM (ネゴシアン・マニピュラン) に変更してるけど、今でもこの銘柄は100%自社畑のブドウのみで造られてるので、実質的にはRMです。 ▲「私たちのシャンパン...
Read More

◤Gaston Collard / ガストン・コラール ブリュット グラン・クリュ NV #三幸製菓『よくばりあられ』 

 毎度アクセスありがとうございます。 新人系のレコルタンですね。蔵に戻ってドメーヌを継承したのは2012年みたい。キャッチコピー (売り文句) は「ブノワ・ライエの愛弟子!」というもの。所有する畑はすべてグラン・クリュのブジー (Bouzy) なので、必然、RMである以上、出来上がったキュヴェも全て「グラン・クリュ100%」になる。 ま、こればかりは御先祖様に先見の明があったことに感謝という一面もあります。なにせ有力な...
Read More

◤Vve Fourny & Fills / ヴーヴ・フルニ エクストラ・ブリュット ミレジメ「モン・ド・ヴェルテュ」プルミエ・クリュ 2009 (Dégorgement:2015/12)  

 夏場にCOOL配送しないとシャンはすぐに死にます。 いつからかmoukan1973♀の職場の部下が誕生月にお酒をくれるんだけど、実は6〜7年前にはモエシャンやヴーヴ・クリコなんかも貰ってた。貰う立場で偉そうに言うのもアレなんだけど、友好平和のために心を鬼にしてアドバイスすると、素人は、まず我々のような面倒臭い人間にお酒の贈り物をしてはいけない。そればかりか、そこそこ腕に覚えのあるマニアでも、オレだけには酒の贈り...
Read More

◤Paul Sadi ( Virgile Portier) / ポール・サディ (ヴィルジル・ポルティエ)「オマージュ」ブリュット グラン・クリュ NV 

 金曜にトゥウェシャン (24 with シャンパン) です。 これまた少し珍しいマニアックな1本。いわゆる一つの〝秘境グラン・クリュ〟ですかね (笑) 。要するに、あまりレコルタンやネゴシアンが存在しないマイナー系グラン・クリュで瓶詰めされたシャンパーニュというわけ。特にグラン/プルミエ・クリュのブドウ農家は (自分でシャンパーニュを造るという) 苦労を背負い込まなくてもブドウが高く売れるので暮らしも豊かで、逆に自分...
Read More

◤Jean Lallement (ジャン・ラルマン) 最終決戦! グラン・クリュ ロゼ レゼルヴ NV 2本目! 

 こんにちは、新宿のラル男こと、moukan1972♂です。 まさかジャン・ラルマンのNVをこの1年で7本も開けることになるとは、人生何が起こるか本当にわからないものだ。ワインそのものは劣化やハズレやブショネばかりだったのでアレだが、ジャン・ラルマンのコルクのことならオレに何でも訊いてくれ (笑) 。 このロゼ、前回は酷いブショネ (下の写真) で、オレにとっては完全にドブ (汚れた川の水) 。買った店はウメムラなんだけど...
Read More

◤J-M Seleque / ジャン=マルク・セレック「ソレサンス」ブリュット NV (Dégorgement:2017/4) 

 ▲最近、近所のマルエツに農家直売の野菜コーナーがあることを知り──moukan1973♀は以前から認識していたそう──、そこで売ってるクレソンとルッコラが安くて旨いということに気付く。 ▲半端ない〝アジト感〟の松屋酒店 (=フィッチ) 。せっかく行くなら宮崎社長のいる時がいい。 毎度アクセスありがとうございます。 昨年末にフィッチの実店舗 (松屋酒店) へ宮崎社長に挨拶に伺った際、手ぶらで帰るのもアレということで事前に...
Read More

◤Infinite Eight / インフィニット・エイト エクストラ・ブリュット2004 (Dégorgement:2016) 

 毎度アクセスありがとうございます。 飲んだのはちょっと前 (2018/1/13) なんですが、ちょうど来客があったので、うちで一番高いヤツを開けました。とはイエイ、これ1本を裸で買ったわけではありません。ウメムラの「社長セレクト・お任せ6本3万コース」の中に入ってたと、そういうわけです。箱付きが14,040 円 (税込) なので、さすがに自分で買うことはないです。 インフィニット・エイトは、前回「ドサージュ:16g/1L」の少...
Read More

◤Sadi Malot / サディ・マロ ブリュット「ヴィエイユ・レゼルヴ」ブラン・ド・ブラン NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 NVシラミ潰し大作戦@フィッチの1本なので、購入に至る経緯に深い理由はありません。日本酒は約1,500の蔵元があって制覇は大変だけど、シャンなら案外4〜5年で全制覇できるかもです。 なぜなら、山本昭彦著『50語でわかる! 最初で最後のシャンパン入門』──当然これを読んだだけじゃ本質的なことはわからないし、事前の知識や自分なりの知見がないと情報が血肉化されず、読んだそばから内...
Read More

◤Dominique Boulard / ドミニク・ブラール ブリュット グラン・クリュ マイィ・シャンパーニュ NV 

 素敵な夜を必ずしも素敵ではない台所で愛する人と笑顔で過ごしたいのなら、保険は大事です。 というわけDE、話が前後してますが、こちらはジャントラ (ジャン・ラルマンのトラディション) の保険として冷やしておいた、ドミニク・ブラールというドメーヌのシャンパーニュです。かなりマニアックなので、このキュヴェは楽天ではもう売ってないです──青ラベルのレゼルヴが残2本のみ。ドミニクの兄貴が立ち上げたフランシス・ブラ...
Read More

◤Vve Fourny & Fils / ヴーヴ・フルニ ロゼ「レ・ルージュモン」エクストラ・ブリュット (Dégorgement:2017/1)  

 毎度あと4本残ってます、シャン記事の宿題、今回はトゥウェシャンです。 (※トゥウェシャン=深夜に『24 Twenty Four』を観ながらシャンパンを飲むこと。)  このへんは「別に」という酒ではあるんですが、実は日本酒以上に「備忘録的DATA」をオレ自身が必要としてるので、一応。 ヴーヴ・フルニはコート・デ・ブランのVertus/ヴェルチュ (プルミエ・クリュ) に拠点を置く家族経営のドメーヌで、基本的にはシャルドネ・フィール...
Read More

◤Petit Camusat / プティ・カミュザ ブラン・ド・ブラン ブリュット NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 正月&三連休で開けたシャンの記事は残4だけど、たぶん今夜も開けるので、少しでも消化しておきます。これ、ちょっと珍しい「ピノ・ブラン」という品種を100%使って造られたキュヴェで、シャンパーニュの原料になるケースは非常に少ないです。最近はマイナー品種の栽培に力を入れてるドメーヌや栽培農家も徐々に増えてるものの、ここのドメーヌが際立ってるのは、完全にピノ・ブラン100%...
Read More

◤Miniere / ミニエール「アンフリュアンス」NV (Dégorgement:2016/11) #ジャック・セロス 

 まだ5本もシャン記事がタマってます──正月&三連休で飲みすぎなんだよ。 明日も1本開ける予定なので、さっさと借金を返したいんですが、いちいち酒と関係のない余計なことを書かなきゃいいんだよ。誰がオレに無口になる薬をくれ──必要なのはむしろ指に巻く包帯か。 というわけDE、先に言っておくと、これ、なかなかいいですね。ジャック・セロスで修行して自身のブランドを立ち上げた、いわゆる〝セロシアン〟一派の新鋭です。...
Read More

◤G.Richomme / G.リショーム「13' オリジナル」ブリュット プレスティージュ ブラン・ド・ブラン NV #新海誠/秒速5センチメートル 

 ところで〝トゥウェシャン〟ってご存知ですか?──知るわけない。 深夜に『24 Twenty Four』を観ながらシャンパンを飲むことをうちでは〝トゥウェシャン〟と言うんですが、正月休み中は何話か〝トゥウェシャン〟しました。ところがこの日はタマタマ新海誠の『秒速5センチメートル』をTVでやってたので、予定を変更してこれ観ながら飲んでました。新海誠は〝村上春樹とほぼ同じ意味とレベル〟で苦手なんですが、ラストの衝撃的か...
Read More

◤Jean Lallement / ジャン・ラルマン ブリュット「キュヴェ・レゼルヴ」グラン・クリュ NV 2本目! 

 毎々度々 (まいまいどど) ラルマンでごめんなさい。 えーと、一応、個人的に検証した結果をフィッチの宮崎社長にメールで報告して電話をもらって少し意見交換をして、ロット丸ごとコルク不良ということで結論付けました。普通はそうならないんだけど、セラーで寝かせて管理するとコルクの先が過度に縮んで僅かな隙間から空気が侵入して、それでワインが劣化したということです。ただ、これは輸入元や販売店が瓶を立てて保管して...
Read More

◤Jean Lallement / ジャン・ラルマン ブリュット「トラディション」グラン・クリュ NV 4本目! 

 毎度ラルマンでごめんなさい。 えーと、一応、個人的に検証した結果をフィッチの宮崎社長にメールで報告して電話をもらって少し意見交換をして、ロット丸ごとコルク不良ということで結論付けました。普通はそうならないんだけど、セラーで寝かせて管理するとコルクの先が過度に縮んで僅かな隙間から空気が侵入して、それでワインが劣化したということです。ただ、これは輸入元や販売店が瓶を立てて保管していることが前提の推測...
Read More

◤Dhondt Grellet / ドント・グルレ ブリュット「ダン・ザン・プルミエ・タン」NV (Dégorgement:2016/6/6、2012年ベース) 

 毎度アク強めで申し訳ありません。 正月休み&3連休で11本も空けてしまったので、ちょっと急ぎます。まあ、詳しい情報は販売店や輸入元のページに書いてあるので (笑) 。日本酒組の読者で「俺もタマにはチャンパンでも飲みてえぜ」という人は気軽に御相談ください。まあ、オレもまだ御馳走分も含めて100本くらいしか飲んでないけど、アタリ/ハズレくらいは飲んだ瞬間にわかるようになってますので、頑張って旨いヤツを案内させ...
Read More

◤David Coutelas / ダヴィド・クートラ ロゼ・ド・セニエ「キュヴェ・セザール」NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 現在、日本酒も含めてブログをリニューアル中でして、シャンパーニュの記事も徐々に体裁を整えて行こうと思ってます。シャンパーニュに関してもほぼほぼ似たようなガイドラインになるとは思いますが、最終的にはこんな風に分類します──日本酒とは細かい部分で違いがありますので、近日中にシャンパーニュ用のガイドラインも用意します。 ワイン/シャンパーニュの世界は既に一定の評価基準...
Read More

◤Pierre Legras / ピエール・ルグラ ブリュット グラン・クリュ ブラン・ド・ブラン NV #Petitメガネ警察 

 ここをご覧の、おそらく超少人数のシャンパン・ラヴァー読者の皆様、新年あけましておめでとうございます。今年も適当に宜しくお願い致します。 現在、日本酒も含めてブログをリニューアル中でして、シャンパーニュの記事も徐々に体裁を整えて行こうと思ってます。シャンパーニュに関してもほぼほぼ似たようなガイドラインになるとは思いますが、最終的にはこんな風に分類します──日本酒とは細かい部分で違いがありますので、近...
Read More

◤Pehu Simonet / ペウ・シモネ「ファス・ノール」グラン・クリュ 2006 

 毎度アクセスありがとうございます。 今回は「フィリポナ “グラン・ブラン” 2006」と同時に飲んでます。そしてペウ・シモネも飲むのは二度目です。前回はアントナン・ペウという銘柄を飲みましたが、今から思うと、税込 3,699 円がやたら安く感じるという (笑) 。これはこれでバニラ爆発の女性的なキュヴェでしたが、やはり今回のミレジメは全くの別物。  ペウ・シモネと言えば、誰もが欲しがるヴェルズネイの畑を所有するドメ...
Read More

◤Philipponnat / フィリポナ「グラン・ブラン」ブリュット 2006 (Dégorgement:2014/10)  

 ▲まるで大学教授のような風情の16代目当主シャルル・フィリポナ氏。我が家では彼を勝手に「フィリポナ先生」と呼んでいます。 毎度アクセスありがとうございます。 本格的に一定のペースでシャンを飲み始めたのが今年の4月頃からなので、まだまだ潰さなくてはいけない基本銘柄も数多くありますが、少なくとも日本酒目線でなら──日頃BBSなどで互いの嗜好を確認し合ってる読者なら尚更──、現時点でその人に相応しいキュヴェをご...
Read More

◤Pierre Callot / ピエール・カロ「ノン・ドゼ」ブラン・ド・ブラン プルミエ・クリュ NV #Champagneコラム『ピエール・カロに寄せて、ノンドゼに関する雑感』/Closerie des Alisiers (クロズリー・デ・アリズィエ) シャブリ グラン・クリュ「ヴァルミュール」2008/Calbee『ポテトチップス 厚切りモッツァレラアボカドバーガー味』 

 ▲左から「ノンドゼ NV」「グラン・クリュ NV」「ミレジメ2009」「グラン・レゼルヴ NV」で、右が新ラベル。最新ミレジメは「2010」で、つい最近リリースされた。 毎度アクセスありがとうございます。 普段シャンパンを滅多に飲まない/買わない読者さんがこちらの「ノンドゼ (=ドサージュZERO=ノン・ドサージュ=デゴルジュ後の門出のリキュール無添加) 」を買ったみたいなので我が家も一緒に飲んで行きます。まず言っておく...
Read More

◤P. Guerre&Fils / P.ゲール&フィス ブリュット キュヴェ「コクリコ」NV 

 超絶ジューシイ☆これはオススメです!!! ▲「餃子」より断然「焼売」派のオレ。理由は単純。「餃子」は食べ頃の温度帯が狭いので、ダラダラ飲みのツマミにはなりにくい。その点「焼売」は冷めてもツマミとして機能する。 毎度アクセスありがとうございます。 ジャン・ラルマンがブショネで飲めたもんじゃなかったので、保険で冷やしておいたP.ゲールが急遽中継ぎ登板。販売店にも丁寧にメールして「こっちで処理した」旨を伝...
Read More

◤A.Margaine / A.マルゲーヌ (アルマン・マルゲーヌ) ロゼ・ド・セニエ エクストラ・ブリュット プルミエ・クリュ 2011 

 毎度アクセスありがとうございます。 ワイン経由の読者が何人いるかは不明ですが、基本的に〝そっちの世界〟とは常に距離を取る姿勢を貫きますので──日本酒も音楽もそうだけど──、あまりオレの言うことは鵜呑みしない方がいいですが、少なくとも誰に対してもイイ子ちゃんでいる必要がない立場なので、主観的な言説に関してウソや誇張はありません。 というわけDE、こちらのロゼは別に大した酒ではありません。たまたまウメムラ...
Read More

◤Claude Cazals / クロード・カザルス グラン・クリュ「カルト・オール」ブラン・ド・ブラン NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 先に言っておくと、このクロード・カザルスのブラン・ド・ブラン (シャルドネ100%の白シャン) はアタリなので、同じくアタリの「ベルナール・ブレモン ブリュット グラン・クリュ NV」との「2本セット・10,000円 (税込送料無料) 」は非常にオススメだし、ここは会員登録すると、初回から使える1,000円クーポンを貰えるので、初めての人だと、実際には9,000円で買えます。 届いてから最低...
Read More

◤Jean Lallement / ジャン・ラルマン グラン・クリュ ロゼ レゼルヴ NV 

 ジャン・ラルマンの呪い、再び──。 毎度アクセスありがとうございます。 どうやら今年一番たくさん開けることになりそうなジャン・ラルマンです。理由は主に2つあって、1つは最初に飲んだ1本が美味かったからで、もう1つはハズレ瓶を引き続けてその度に代品が送られて来るから (笑) 。特に最初の1本は、ちょうど客人が来ていたので、オレは諸々のサーブに忙しく、じっくり飲めなかったんだよ。それでも美味かったので即リピー...
Read More