◤Veuve Clicquot / ヴーヴ・クリコ・ポンサルダン ブリュット イエローラベル NV 

 ▲引き続き〝ややウザ〟なスタンドシャン食 -Tokyo 新橋虎ノ門- Champagne & GYOZA BAR。 毎度アクセスありがとうございます。 これまたモエ・エ・シャンドンと並び、どこでも──そのへんのスーパーでも売ってるモンスターメゾンですね。むしろ普通の人がクリスマス・パーティーにお呼ばれして「シャンパンでも手土産に・・・」なーんて考えたら、おそらくモエかクリコかの二択に迫られるケースが全国的な光景だろうと思います。...
Read More

◤Philipponnat / フィリポナ ロイヤル レゼルヴ ブリュット NV 

 ▲16代目当主シャルル・フィリポナ氏。 毎度アクセスありがとうございます。 昨晩のモエ・エ・シャンドンが余りにもクソだったので、今夜こそはハズしたくないフィリポナです。ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区マルイユ・シュール・アイ (プルミエ・クリュ) に拠点を置く老舗メゾンで、年間生産量は50万本クラスと、そこらのRMモノに比べれば歴然と大規模です──年間3,000万本のモエ・エ・シャンドンに比べれば零細企業ではあるが。 ...
Read More

◤Moet et Chandon / モエ・エ・シャンドン ブリュット アンペリアル NV 

 ▲2017年9月18日撮影。 毎度アクセスありがとうございます。 ついにこの日が来たか (笑) 。ご存知、世界で最も売れてるシャンパーニュです。モエ全体の出荷数は年間3,000万本以上で、なんと世界のどこかで6秒に1本のペースでモエの何らかのボトルが抜栓されてるんだとか。むかーし (7〜8年前?) moukan1973♀がロゼを貰って来たけど、味も香りも全く覚えてないです。 ▲たぶん「飲む」より「美女にかけられる」方が楽しいお酒で...
Read More

◤Louis Roederer / ルイ・ロデレール ブリュット プルミエ NV  

 ▲可愛いくて好きなんだけど、残念ながらこの子も色黒なので、30を過ぎたら主役はできません。 毎度アクセスありがとうございます。 こちらの酒は旅行から戻った9/14 (木) に開けてます。一緒に日本酒も飲みました。我々のような酒ライフを送る身の宿命ですが、外に出ると、まあマトモな酒にありつくのは極めて困難になります。日本酒は単価が安いので、専門居酒屋に行けば、コンディションは不明ながらもそこそこの酒が気軽に...
Read More

◤Thierry Houry / ティエリー・ウリー ブラン・ド・ブラン アンボネイ グラン・クリュ NV #ギルガメッシュC-HOP IPA/カルビー Jagabee 魔除けのマヨ&ケチャップ味/グリコ PRETZ パクチー味 

 毎度アクセスありがとうございます。 こちらのシャンパーニュは旅行の前夜 (9/9) に飲んだ酒になります。いろいろと後が詰まってますので、ささっと。 シャルドネ100%のブラン・ド・ブランですが、少し変わった属性を持っていて、それはピノ・ノワールの聖地として有名なモンターニュ・ド・ランス地区のアンボネイ (グラン・クリュ) のシャルドネを使用しているということ。いつもはコート・デ・ブランのシャルドネを使用した...
Read More

◤Petitjean Pienne / プチジャン・ピエンヌ エクストラ・ブリュット ブラン・ド・ブラン グラン・クリュ NV 

 ▲おいっ、サイズサイズぅっ! しかもこのコ (よく知らない) 、たぶん元々少し寄り目気味だと思うからデカイ眼鏡は御法度も御法度。誰か注意してやれ。 毎度アクセスありがとうございます。9/10 (日) 〜9/14 (木) まで旅行に出ますので、準備やら何やらで慌ただしく、前説も本編も今日こそ省略気味で参ります。まさに「自分用の備忘録」です。 シャルドネの聖地「コート・デ・ブラン地区」のクラマン (グラン・クリュ) を拠点と...
Read More

◤J.Pierron - Leglise / ジ・ピエロン・レグリーズ ブリュット ブラン・ド・ブラン NV 

 毎度アクセスありがとうございます。9/10 (日) 〜9/14 (木) まで旅行に出ますので、準備やら何やらで慌ただしく、前説も本編も省略気味で参ります。まさに「自分用の備忘録」です。 酒を飲みながら旅の計画を練るとか、そもそも無理なんだよ (笑) 。ブリュン・セルヴネイの1本だけでやめときゃいいのに、この流れで飲む日本酒は重いので、それで予定にはなかったけど、開けてしまったジ・ピエロン・レグリーズです。 シャルド...
Read More

◤Brun Servenay / ブリュン・セルヴネイ ブリュット “セレクション” NV 2本目! 

 ▲イカついツーブリッジがよく似合う (笑) 。年齢的にゴールドはまだ早いのでシルバーがいい。 毎度アクセスありがとうございます。9/10 (日) 〜9/14 (木) まで旅行に出ますので、準備やら何やらで慌ただしく、前説も本編も省略気味で参ります。まさに「自分用の備忘録」です。 というわけDE、早くも2本目の登場です。前回のモノとはおそらくロット違いなので、そこも含めて楽しめれば──多くのNVシャンパーニュがそうであるよう...
Read More

◤Bruno Paillard / ブルーノ・パイヤール エクストラ・ブリュット プルミエール・キュヴェ NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 写真写りの良いフォトジェニックな造り手──イケメンだったり、キャラ立ちの良い変わり者だったり──というのは日本酒の世界にもワインの世界にもそこそこに存在するわけだが、このブルーノ・パイヤール氏の場合は、どちらかと言うと〝テキストジェニック (ストーリージェニック) 〟なヴィニュロン (ワイン醸造家) と言えるだろう。 モンターニュ・ド・ランス地区のブージーとヴェルズネイを...
Read More

◤Pierre Callot / ピエール・カロ ブリュット ミレジメ “レ・ザヴァ ヴィーニュ・アンシエンヌ” アヴィーズ グラン・クリュ 2009 

 ▲「日輪田 山廃 純米 雄町 生原酒 28BY」はシャン前に飲んでます。旨いよ。☆4.5です。 毎度アクセスありがとうございます。 某ワインコレクターの読者さんが「買え買え (買った方がいいですよ) 」うるさいので買いました (笑) 。なんでも2009というヴィンテージはシャンパーニュにとってそこそこ「当たり年」だそうです。人に買わせたがるくせに自分で飲まないのはナシダロとせっついたらオレが買う前に毒味してくれました。そ...
Read More

◤Bereche et FIls / ベレッシュ・エ・フィス ブリュット レゼルヴ NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 人に薦められたり、闇雲に自分で当たりに行ったり、数少ない小さな冒険の幾つかの中で、ようやく納得の行くピノ (黒ブドウ種) 主導のNVモノに出会いました。今年のクリスマスまでには自分一人で「シャンパーニュ特集」を組めるくらいにはなってると思いますが、問題は同じロット (同じデゴルジュマンDATA) の酒を紹介できるかなんですよね。 まさか自分が飲んでもいない酒を人に薦めるとい...
Read More

◤Henriot / アンリオ ブリュット スーヴェラン NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 日本酒ラヴァーの皆様、まさかのシャンパーニュ3連発、誠に申し訳ありません。更新は順番通りなので、もう少し雄町ください。 教科書的な解説は飲んでから読むので──なにより都会の不良中年は、自信なさ気な田舎者のように、飲む前に読むという野暮はしない──、飲んでる間、ずっと「シャルドネ・パートが眩しいなあ」と思っていたら、何のことはない、それがアンリオ!というのがシャンパ...
Read More

◤Franck Bonville / フランク・ボンヴィル ブリュット プレスティージュ ブラン・ド・ブラン NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 ここ最近は同じコード・デ・ブラン地区でもメニル産のシャルドネばかり飲んでいて──適当に買ってるから偏る──、先週は「セロス・パジョン グラン・クリュ “アヴィーズ” ブラン・ド・ブラン NV」を通じて、しばしば〝鉛筆の芯〟と表現されることの多いシャープな酸と鋭いミネラルを含むアヴィーズ産のシャルドネを再確認しようと意気込んではみたものの、どうにも (アンセルム・セロスの) ...
Read More

◤Bollinger / ボランジェ スペシャル・キュヴェ ブリュット NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 連休中は土曜に1本、月曜に2本も開けてしまったシャンパーニュです。なにげにビッグメゾンのNVをブログで取り上げるのは初めてなので──6〜7年前にmoukan1973♀の部下からモエ・エ・シャンドンの白&ロゼとヴーヴ・クリコのNVを3年連続で1本ずつ貰って飲んだことはあるけど味も香りも覚えてない (今年はヴーヴ・フルニの2009!) ──、こうして改めてその〝神業的なブレンド術〟とやらを堪能で...
Read More

◤Pertois - Moriset / ペルトワ・モリゼ ブラン・ド・ブラン ブリュット グラン・クリュ NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 珍しく日曜の夕方にmoukan1973♀とチャリで新宿のビックカメラに行きまして──家電の下見──、dಠಠb「アチいなあ」♡☺♡「アチいなあ」という話になり、ちょうどマクドナルドに行かねばなるまい用事もあったので、♡☺♡「ナゲットはビールかシャンでしょう!」ということで、予定にはなかったんですが、開けてしまいました。もちろん、これだけじゃ足りないので日本酒も少し飲みました──「篠峯2種」...
Read More

◤Selosse Pajon / セロス・パジョン グラン・クリュ “アヴィーズ” ブラン・ド・ブラン NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 「モウカンの野郎、最近あんま日本酒を飲んでねえんじゃねえか!?」というお叱りを受けそうですが、呑んでます。単にシャンだと飲める量が増えるので──750mlを二人でペロリ──、それでそう見えるだけで、基本、土曜以外は日本酒ですよ。それにほら、もはや量じゃないからさ。クソ酒をいくら飲んでも「下手な考え休むに似たり」という言葉もあるし。ここ最近は「得意銘柄」ばかり呑んでるから...
Read More

◤Jean Lallement / ジャン・ラルマン ブリュット “トラディション” グラン・クリュ NV 

 ▲斉吉商店の我が家的鉄板は、やはり「〆さんま 檸檬」でした。光モノや青魚系が苦手でなければ満足できると思います。サバは近所のスーパーでも買えるがサンマの酢〆は珍品。サラダにドカンと乗せてもいいし、刺身のように醤油にチビリと付けて食べても旨い。友人親子はパンに挟んで食ってました (笑) ──ま、オレが薦めたんだけど、鯖サンドもあるし、別に問題なく旨いはず。 毎度アクセスありがとうございます。 普段は「日本...
Read More

◤De Sousa / ドゥ・スーザ ブリュット・トラディション NV (Dégorgement/2015/9/28)  

 毎度アクセスありがとうございます。 前回飲んだ同じキュヴェの別ロット (Dégorgement/2014/12/15) が「醤油? 重油?」な味わいで、全体の五味パラメータが凄まじい寝グセ並みに全方位に張り出していたのでフィッチに何となくそのことを伝えたら「サーセンでした」ということで次回の買い物分から該当金額分を差し引いてくれて、後日「新しいロットが入荷しましたぜ旦那」というメールをもらい「じゃったら買うけのう」となり...
Read More

◤Francois Billion / フランソワ・ビリオン “マリー・カトリーヌ” エキストラ・ブリュット NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 仕上げないとイケない記事が溜まってますので、今回はささっと──イキたい。さて、こちらのメゾンの触れ込みはこれに尽きます。「元サロンの醸造長だった叔父貴 (ロベル・ビリオン) が育てたドメーヌ」──。 ロベルの兄貴 (フランソワ・ビリオン) が1959年に立ち上げたこのメゾンを腕利きの弟が牽引し、今は兄貴の息子 (ロベルの甥っ子、ジャン=ポール・ビリオン) が三代目の当主になり、叔...
Read More

◤Pierre Gerbais / ピエール・ジェルベ “ロダス” ブリュット・ナチュール NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 記事の更新が後回しになってますが、土曜 (7/22) に開けてます。今回は他に「ベルナール・ペルトワ ブリュット ブラン・ド・ブラン グラン・クリュ NV」も同時に開栓してますので、一応「ブラン・ド・ブラン (シャルドネ100%) 」と「ブラン・ド・ノワール (ピノ・ノワール100%) 」の味クラーヴェという感じで。しかもこの「ピエール・ジェルベ」はドサージュ0なので、ちょい楽しみ。 実...
Read More

◤Bernard Pertois / ベルナール・ペルトワ ブリュット ブラン・ド・ブラン グラン・クリュ NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 記事の更新が後回しになってますが、土曜 (7/22) に開けてます。今回は他に「ピエール・ジェルベ “ロダス” ブリュット・ナチュール NV」も同時に開栓してますので、一応「ブラン・ド・ブラン (シャルドネ100%) 」と「ブラン・ド・ノワール (ピノ・ノワール100%) 」の味クラーヴェという感じで。しかも「ピエール・ジェルベ」はドサージュ0なので、ちょい楽しみ。 「ベルナール・ペルトワ...
Read More

◤Pierre Callot / ピエール・カロ ブリュット グラン・クリュ ブラン・ド・ブラン NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 不幸にも書けるタチなんで、書けと言われれば書けますよ──少なくとも日本のワイン評論家くらいには。でもまあ、そうなると、せっかくの息抜きが台無しになるので、今回は省エネで。幸い、コメ欄で絡んでくるジジイがいるので、マニアックな話はそっちでしましょうか (笑) 。 先週末の酸連休に「リシャール・フリニョー」と連続で開けてます。結果的にこっちを後回しにして正解でした。まあ...
Read More

◤Richard Fliniaux / リシャール・フリニョー カルト・ペルル キュヴェ・スペシアル NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 すぐに飲める (休息済みの) シャンが残り2本ということで、3連休は土曜と日曜に1本ずつ飲んでます。混醸タイプとブラン・ド・ブランなので、初日は混醸をチョイス。最近はチラ見レベルですが、ワイン的な言説に触れる機会も増え──主に販売ページの解説だけど (笑) ──、さっそく世間一般との齟齬に苦しんでます。もちろん「苦しんでる」というのはウソで、要するにピノ種のブドウの方が「フ...
Read More

◤Laherte Freres / ラエルト・フレール ウルトラディション グラン・ブリュット NV 

──金曜、職場の仲間との飲み会にて。 ♡☺♡「最近、土曜は泡を飲んでるんだ〜」 職場の♂二名「泡盛?」 実話です。毎度アクセスありがとうございます。 実は先週の日曜に開けてます──昼間に日本酒を飲み散らかしたので。正直、その週は「ブリュン・セルヴネイ」が旨すぎたので他が霞んでしまったというのもあるけど、これもまあ、イマイチというか、周りが騒ぐほどではないカナート。所詮はNVなので、これ1本でアーダコーダヨー...
Read More

◤Serge Mathieu / セルジュ・マチュー ブリュット “トラディション” ピュール・ピノ ブランド・ノワール NV 

 夏だ、泡だ、シャンだ!!! ▲意識高杉晋作な小栗旬に不謹慎な中年夫婦 (オレたち) は大爆笑。キミが一人で背負うことではない (笑) 。 ▼67歳でもビンビン感じれるんだからさ!  毎度アクセスありがとうございます。 普段は「日本酒」を飲んでますが、ここ最近は「土曜はシャンの日」になってます。贅沢と知りつつも、基本「一度に2本」開けてます。酒に限らず「意味とは差異のことである」わけで、それがそれであることを...
Read More

◤Brun Servenay / ブリュン・セルヴネイ ブリュット セレクション NV 

 夏だ、泡だ、シャンだ!!! ▲意識高杉晋作な小栗旬に不謹慎な中年夫婦 (オレたち) は大爆笑。キミが一人で背負うことではない (笑) 。 ▼67歳でもビンビン感じれるんだからさ!  毎度アクセスありがとうございます。 普段は「日本酒」を飲んでますが、ここ最近は「土曜はシャンの日」になってます。贅沢と知りつつも、基本「一度に2本」開けてます。酒に限らず「意味とは差異のことである」わけで、それがそれであることを...
Read More

◤Nathalie Falmet / ナタリー・ファルメ ブリュット NV 2本目! 

 ▲三幸製菓『塩せんべい』は比較的レア。最大のウリは小分け包装により、みんなでサラセンをシェアできること──あるいは、好きなタイミングで手に取れるというツマミ的モーション性の高さ。最大の欠点はウリと表裏。つまり、個体が小さいので、焼き目が縞模様に入らず、全体に掛かり、その小ぶりのBodyがこの焦げフレイヴァーを支えきれない。ゆえに、この大きさであれば、焼き加減は抑えめに──さらに言えば、Bodyそのものはもっ...
Read More

◤Guy Thibaut / ギィ・チボー ブリュット グラン・クリュ NV 2本目! 

 ▲三幸製菓『塩せんべい』は比較的レア。最大のウリは小分け包装により、みんなでサラセンをシェアできること──あるいは、好きなタイミングで手に取れるというツマミ的モーション性の高さ。最大の欠点はウリと表裏。つまり、個体が小さいので、焼き目が縞模様に入らず、全体に掛かり、その小ぶりのBodyがこの焦げフレイヴァーを支えきれない。ゆえに、この大きさであれば、焼き加減は抑えめに──さらに言えば、Bodyそのものはもっ...
Read More

◤Michel Turgy / ミッシェル・チュルジー ブラン・ド・ブラン “レゼルブ・セレクション” NV 

 ▲「FGBシャンパンストッパー」は少しコツが要るのと、不完全な締まり方だと勝手に取れる可能性有り。ま、見た目がスリムなので気に入ってます。 毎度アクセスありがとうございます。 もはや「週末のお楽しみ」──なのか?──シャンパーニュで息抜きです。普段は主に日本酒を家で呑んでます。これを開ける前日、義父にゴチになった中華屋でボランジェのスペシャル・キュヴェを見送ったので──義父は酒を飲まないからボトル12,000円...
Read More

◤De Sousa / ドゥ・スーザ ブリュット・トラディション NV (Dégorgement/2014/12/15)  

 毎度アクセスありがとうございます。 最近はなんだかんだで月に5〜6本くらいは飲んでるはずなので、そろそろここのカテゴリーや記事も真面目に整理しようカナート思ったりもしますが、あまりに本気を出してやっても「貴重な息抜き」にならなくなるし、ゆくゆくシャンパーニュ・ブログとして注目されても面倒なので──「日本酒」とは違い、センスも才能もないくせにプライドばかりが高いスノッブな輩 (つまりは鼻に付く東京在住の...
Read More