もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 日曜に高いワイングラスを1つ割ってしまったので、前から欲しかった「REIDEL - Sommeliersシリーズ (シャルドネ) 」の創業260周年記念バリューパック (2脚で1脚分の値段=特製ケース無し) を買った。ついでに〝脚無し〟の「Oシリーズ (ピノ・ノワール) 」を買ってみたら、金魚は無理でもメダカなら何とか飼えるデカさだった。実は「Sommeliers」より「Superleggero」の方がリム (口) も薄くステム (脚) も細くて長いんだけど、安定感 (重さは似たようなもん) は「Sommeliers」の方がある。「Superleggero」はスタイリッシュでカッコイイし飲み口もスムースだけど、扱いが・・・。ハンドメイドが怖い人は「Veritasシリーズ」が4,950円なので割っても涙はギリこぼれない。日本酒用に「リースリング」か「シャルドネ」が1つあると便利──な時もある。ただ、ハンドメイドとマシンメイドとでは、重さがじぇんじぇん違うのと、体感上の精米歩合も変わります。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤L.Aubry Fils / L.オブリ・フィス ブリュット プルミエ・クリュ NV ◤本日の1曲♪【ELECTRO】Justice feat. Aubrey Allegretti - D.A.N.C.E. (2007) 

 photo: 図書委員@Cinderella7th ▲ドメーヌは双子のピエールとフィリップ兄弟によって運営されている。さすが双子。ハゲ方まで同じ (笑) 。 毎度アクセスありがとうございます。 L. オブリ・フィスはモンターニュ・ド・ランス地区のジュイ=レ=ランス/Jouy-lès-Reims (プルミエ・クリュ) のRM。このドメーヌの名前を一躍世界的な位置にまで押し上げたのは、なにより、今ではほとんど使われなくなった古代品種である「ピノ・ブ...
Read More

◤Jordan de Asso / ホルダン・デ・アソ ブリュット ナチュール NV #吉永敬子/子猫物語/坂本龍一/大貫妙子/畑正憲 (ムツゴロウさん) /ワイン/ソーヴィニヨン・ブラン/猫のおしっこ (尿) /ソムリエ/田崎真也 

 毎度アクセスありがとうございます。 よせばいいのにそれでも買う、ヒシャアワ (非シャンパーニュの泡) です。スペイン産のシャンパーニュ方式 (瓶内二次発酵) の泡ですが、DOカヴァではないようです。 これまで何本か飲んできたヒシャアワに共通するのは、足りない果実味&余計な甘さという属性ですが、こちらの泡はぬわんとドサージュZERO (糖類無添加) ということで、とりあえず甘口問題は回避できそうです。マカベオ80%の...
Read More

◤本日の1曲♪特別連載 (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11) d@@b「CLUB MUSICにおけるREMIXについてのアレコレを徹底解説!」【ACID JAZZ】The Brand New Heavies - Never Stop (Single Edit Remix) 1991 #WALTER GIBBONS, SALSOUL, LARRY LEVAN, PARADISE GARAGE 

༒ 注意 ༒ 未来の子供たちの為に書いています。長いので、興味のない方、根気のない方、斜め読みの方は、出口はコチラになっております。 INDEX▶︎ (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) genre tag:UK SOUL/ACID JAZZ ▪︎とか大袈裟なこと言ってますが、一度は書いておく必要があると思ったので、基本的なことを音源を通じて整理できれば。さて、昨日のFrankie Knucklesの曲で名前の...
Read More

◤初日の出を拝みながら聴くとヤバい1曲♪【FUTURE JAZZ】D*Note - D*Votion (RM:A's Extended Edit) 1993 

genre tag:ACID JAZZ, JAZZY VIBE, AMBIENT, TECHNO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎我々はさっさと寝ますが、きっとこの中には初日の出を拝むために今まさにスピリチュアルな状況に身を置いている読者さんもいるかと思いますので、そんな人に──スマホの電波が届くなら、この曲を捧げます。最後の最後でBeat-Onします。新年のカウントダウンにも最高の1曲です──3分52秒付近でちょうど鐘が鳴るし (笑) 。今回は個人がLongにRe-Edi...
Read More

༺2018 winter collection༻【02】Way Out West feat. Miss Joanna Law - The Gift (1996)  

genre tag:CHILL OUT/AMBIENT, TECHNO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎創作的な選曲としては昨日のつづき。ちょっと「真冬の夜」というテーマで軽くセレクトして行こうカナート。時間ないから無理か。←いや、「༺2018 winter collection༻」を更新中。 VOCAL HOUSEDEEP HOUSELATIN HOUSEDOWN TEMPO/R&B HOUSEINST/DUB HOUSEJAZZY VIBETECHNO/ELECTROAFTER HOURSCHILL OUT/AMBIENT DANCE CLASSICSSOUL/FUNK...
Read More

༺2018 winter collection༻【18】Yellow Magic Orchestra - Wild Ambitions (1983)  

genre tag:TECHNO/ELECTRO, DOMESTIC  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎只今、気まぐれ起こして軽く「༺2018 winter collection༻中」というわけDE、昨日のつづき。簡単に言えば〝オレが選曲/制作する極上のコンピレーション〟だと思ってくれて結構──もしくは〝疑似Radio Show〟とでも。全YMO作品を通じても〝極めて珍しい〟細野晴臣と坂本龍一との共作。まあ、二人は仲悪くて有名だから (笑) 。それでも歌メロディーそのものはほと...
Read More

༺2018 winter collection༻【26】Tullio De Piscopo - Stop Bajon (Instrumental/1984) 

genre tag:AFTER HOURS, TECHNO/ELECTRO, ROCK/POPS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎只今、気まぐれ起こして軽く「༺2018 winter collection༻中」というわけDE、昨日のつづき。簡単に言えば〝オレが選曲/制作する極上のコンピレーション〟だと思ってくれて結構──もしくは〝疑似Radio Show〟とでも。既出です。Rhodes一発で並べたような気がしないでもないけど (笑) 、コントラストは強め──【25】=「off-beat (on-beat) /slow-tem...
Read More

◤深夜の1曲♪【JET STREAM】Eric Kupper Presents K-Scope - Planet K (1995) #DEF Mix 

genre tag:DEEP HOUSE, INST/DUB HOUSE, TECHNO/ELECTRO, AMBIENT  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎これぞまさに『21世紀のジェットストリーム』に相応しい宇宙遊泳な亜空間飛行トラック。当時バキバキにDEF Mixで精力的に仕事をこなしていたEric Kupperによる〝オレ的課外授業〟といった面持ちの怪作。ま、キーボーディストがテクニカル方面で本気を出すと常にテクノ風情を身に纏うのは音楽的必然ですね。この課外授業には、もう...
Read More

◤今夜の1曲♪【MODERN ELECTRIC BOOGIE】Modaji - Journey Through Utopia (1997)  

genre tag:TECHNO, INST/DUB HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎Modajiのデビュー作にしてLaws Of Motionレーベルの1番。先日コレのA面を紹介したけど、こっちも負けじとヤバめ。むしろ今のシーンで需要のあるのはこっちだろうね。それこそSadar Baharあたりが何かのコンピの1曲目に選曲すれば一気に高騰するはずだよ。20年前の曲だけど、今こそ最高度にその魅力の秘密が暴かれる怪作。YouTubeに誰もUPしてないので今回もオレ...
Read More

◤脳細胞ウニョウニョの1曲♪【TECHNO】Morph - Our Future (Pt. 1) 1994 

genre tag:TECHNO/ELECTRO, INST/DUB HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎たぶんTechno好きが自慢のコレクションを何千枚と聴かせようとも、オレが気に入る曲は数えるほどしかないだろう──黒いDetroit Houseなら別だが。基本的にテクノハウスやトランス系は聴かないが、コレだけは昔から好きだし今も久々に聴いて脳味噌がクリア化してる (笑) 。クレジットを見て驚いた。MorphってDamon WildとDennis Ferrerのユニットなのな。...
Read More

◤今夜の1曲♪【JET STREAM】Modaji - Starburst Over Orion (1997)  

genre tag:TECHNO, JAZZY VIBE, CHILL OUT/AMBIENT  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎20年前のカルトな怪作。ある意味、オレの奏でる究極のジェットストリーム。酒ブログでここまでやる必要があるのかは疑問ですが (笑) 、Laws Of Motionレーベルの1番にして最高傑作? むしろこれ以上の同レーベル作品があれば是非教えて欲しいです。Modajiにとってもデビュー作だけど、結局これが最高傑作なのでは? B面の「Journey Through Utop...
Read More

◤今夜の1曲♪【FUTURE JAZZ】Audiomontage - What You Gonna Do? (2000) #Jimpster 

genre tag:JAZZY VIBE, MELLOW, TECHNO/ELECTRO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎熱帯夜の続く夏の夜に〝音楽の風鈴〟をお届けします「今夜の1曲」は、実はオレの持ち出し音源で「Snert」というどえりゃあカッコイイ曲を紹介済みのAudiomontageです。これはJimpster (本名Jamie Odell) の別名義なんだけど、オレ自身は逆にJimpster名義の楽曲で心踊るモノにはまだ出会ってない。今回は選曲的にLow-Beatなモノをセレクトしたが、個...
Read More

◤今夜の1曲♪【INST HOUSE】Chez Damier&Ron Trent - Foot Therapy (1995)  

genre tag:INST/DUB HOUSE, DEEP HOUSE, TECHNO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎熱帯夜の続く夏の夜に〝音楽の風鈴〟をお届けします「今夜の1曲」は、おそらく世界で初めてSwing Out SisterとカップリングされたバキバキのChicago/Detroitハウスです (笑) 。ま、このへんの選曲スタイルもオレにとっては普通も普通ですね。むしろどうしてみんなこれが出来ないのかが全く理解できない。やっぱ頭硬いんだな。別に方法論としては極...
Read More

◤今夜の1曲♪【AMBIENT】TCP - Desert Rain (1984) #Tony Carey/Rainbow 

genre tag:CHILL OUT/AMBIENT, TECHNO/ELECTRO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎熱帯夜の続く夏の夜に〝音楽の風鈴〟をお届けします「今夜の1曲」は、元RainbowのキーボーディストTony Careyが1984年にTCP名義でリリースした超カルト盤を御紹介。オレも何かでたまたま知っただけですが、2016年に再発盤も出てます。なにげにサンプラーによる♂コーラスのLoopが「YMO - Neue Tanz (1981) 」の影響を受けてる (笑) 。1984年だと「Emu...
Read More

◤今夜の1曲♪【AMBIENT】Art Of Noise - Camilla (1986)  

genre tag:CHILL OUT/AMBIENT, TECHNO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎熱帯夜の続く夏の夜に〝音楽の風鈴〟をお届けします「今夜の1曲」は、オレが小6の時に初めて買った洋楽アーティストArt Of Noiseの、少し地味だが、好きな人にはタマらない珠玉の名曲「Camilla」を選曲。小6でArt Of Noiseは少しませてるけど、子供の頃から鍵盤楽器が好きだったので、まあ、自然の流れですね。ちなみにギターなんかに興味を持ったことは一度...
Read More

◤本日の1曲♪【JET STREAM】The Orb - Little Fluffy Clouds (Cumulonimbus Mix/1991) #Pal Joey 

genre tag:INST HOUSE, TECHNO, CHILL OUT/AMBIENT    ▼CLICKでDATA表示 ▪︎ 昨日のつづき。初期Pal Joeyの名作リミックスですね。もはやコレ1発でレジェンドという。オレの言う、夜空を駆ける、まさに〝ジェットストリーム〟な1枚。上モノの透き通るような浮遊感とは対照的なボトムラインの、柔らかくもファットな骨格こそがNYスタイルの証。1989〜1991年頃のイタリア産アンビエントハウス系的な意匠も継承しつ...
Read More

◤危険な1曲♪【DEEEEEEP HOUSE】Elastic Reality - Cassa De X (Deep Dish Does X) 1994 

genre tag:DEEP HOUSE, INST/DUB HOUSE, TECHNO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の記事の中で「彼ら (Masters At Work) が大量に散布した様々なアイディアの中から、それが熟成し定型化し、数年後に他のHouseジャンルにおける定番フォーマットになったケースは少なくない」と書いたけど、たとえばその具体例がこれ──素早い追随だけど (笑) 。なんだかんだで前年の「Soul II Soul - Back To Life (Masters At Work 'Vocal Dub...
Read More

◤本日の1曲♪【PIANO HOUSE】The Shapeshifters & C-Dock - Nothing But Love For You (Director's Cut Breathtaking Adventure/2012)  

genre tag:INST/DUB HOUSE, TECHNO/ELECTRO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき。Frankie Knuckles (DJ) とEric Kupper (Keyboardist) が2009年に立ち上げたユニットDirector's Cutからのセレクト。いわゆる「EDM (Electronic Dance Music) 」と呼ばれる白人がバカ騒ぎするための野外フェス系な4つ打ちサウンドは全く聴かないけど、珍しくスレスレな線を突いて来てますね。ま、ピアノのコード進行なんかは極めてDEF MIX...
Read More

◤本日の1曲♪【ELECTRO POP】Yukihiro Takahashi (高橋幸宏) - Flashback (回想) (1982)  

genre tag:TECHNO/ELECTRO, DOMESTIC, NEW WAVE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の続き。ここまで来たら高橋幸宏もやっとかNight (笑) 。1982年はYMOが「活動休止中」ということで、教授は『戦場のメリークリスマス』に参加する一方、高橋幸宏と細野晴臣はYen Recordsを立ち上げたりしてました。とはイエイ、この「Flashback (回想) 」は作曲&キーボードが教授で、ベースが細野晴臣なので、実質「YMO」ですね。翌年の『浮気...
Read More

◤本日の1曲♪【TECHNO/ELECTRO】Haruomi Hosono (細野晴臣) with Friends Of Earth - Strange Love (1984)  

genre tag:TECHNO/ELECTRO, DOMESTIC  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の続き。1984年リリースのAlbum『S-F-X』より。傾倒的鑑賞や個人的私淑としてはともかく、少なくとも伝統的かつ系譜的なNY Club Music史の中でYMOやメンバーのソロ作品が大きく語られることは──「坂本龍一 - Riot In Lagos (1980) 」を除くと──実はあまりないのだけれど (要するに今でもNYやChicagoのDJにプレイされるような曲は〝ほぼヌワイ〟と言ってよ...
Read More