◤本日の1曲♪【UK ELECTRO DANCE】The Blow Monkeys - This Is Your Life (1988)  

genre tag:NEW WAVE/UK ROCK, AOR/BLUE-EYED SOUL, UK SOUL/ACID JAZZ  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日たまたまCuriosity Killed The Catを紹介する流れになったので、同時期のブルーアイド (Blue-Eyed) なUKグループの曲を。The Blow MonkeysしかりSwing Out Sister (写真右下) しかり、Lisa Stansfieldの実質的母体であるBlue Zoneしかり、いわゆる〝Brit Funk (1978〜1984年頃) 〟と〝Acid Jazz (1987年頃〜) 〟とのミッ...
Read More

◤本日の1曲♪【UK SOUL】The Style Council - Wanted (1987)  

genre tag:UK SOUL/ACID JAZZ, AOR/BLUE-EYED SOUL, NEW WAVE/UK ROCK  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎専門外ですが、話のついでにチャチャっとセレクト。The Style Councilというのは不思議なグループで、やってることは「Funk」だったり「Soul」だったり「Jazz」だったりするのに、Brit Funkムーヴメントが終焉に向かい始めた1983年に結成されて、Acid Jazzムーヴメントが隆盛し始めた1990年に解散するんだよな (笑) 。オレに...
Read More

◤今夜の1曲♪【Alternative Rock】Cocteau Twins - My Truth (1993)  

genre tag:NEW WAVE/UK ROCK, QUIET STORM  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎熱帯夜の続く夏の夜に〝音楽の風鈴〟をお届けします「今夜の1曲」は、おそらくSOUL/DISCO/CLUB系のDJ的人種が選曲に取り入れることは少ないであろうCocteau Twinsの名盤『Four-Calendar Café』から飛び切りのマイナスイオン炸裂ソングをピック。つうか、今Discogsを見たらアナログ盤がスゲえ高騰してるんすけど (驚) 。たしかに1993年リリースなのでプレ...
Read More

◤本日の1曲♪【VOCAL HOUSE】Christian Falk feat.Demetreus - Make It Right (The Sub-Urban Excursion Mix) 1999 #Tommy Musto 

genre tag:VOCAL HOUSE, NEW WAVE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎これは特に〝Stevie Wonder節ジャンル〟というわけではないけれど、昨日の「Don-E ‎- Don't She?」つながりで同系統のマイルド路線のTommy Musto大先生の良いお仕事を御紹介。Christian Falkは元々オルタナ系ロックバンドImperieを率いていたスウェーデンのミュージシャンで、その前はMadhouseというバンドにも所属していた模様。その後、どういう経緯を辿ったの...
Read More

◤本日の1曲♪【BLUE-EYED SOUL】Jaki Whitren & John Cartwright - Stay Cool (1983)  

genre tag:NEW WAVE/UK ROCK, AOR/BLUE-EYED SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎1983年の変わり種。ジャンル的にはUK ROCKからの派生だと思うけど、極めてFUNK寄り。近年再発を通じて再評価が高まってるみたいね。オレもどこで知ったんだろう。適当にYouTubeやDiscogsの浜辺をウロウロしてる時かな (笑) 。「Go With The Flow」の方がClub Music寄りだけど、音楽そのものの力は「Stay Cool」の方が強い。セッション一発録りだ...
Read More

◤本日の1曲♪【FUSION/NEW WAVE】Everything But The Girl - Letting Love Go (1990)  

genre tag:FUSION, NEW WAVE, BLUE-EYED SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎どういう話の流れかは忘れたけど、「Mica Paris & Bobby Womack - I Wish I'd Met You」や「Calvin Brooks feat. Hari Paris - My Favorite Thing 」でFusionライクなUKモノを紹介したので、そこから少し斜め上に展開して、こんな曲なんかどうでしょう。このへんはオレの隠しネタなので、世間的に定番なのかとか、そんなことは知らない。Album Onlyで...
Read More

◤本日の1曲♪【BLUE-EYED SOUL】The Style Council - Shout To The Top (1984) 

genre tag:AOR/BLUE-EYED SOUL, NEW WAVE/UK ROCK, POPS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「SouLutions - Listen」なんかを聴いていると「やっぱどいつもこいつもスタカン (The Style Council) の子供なんだなあ」と感じてしまう。薄々バレてるかとは思うが、オレ自身は人生で一度もスタカンにハマったことはない (笑) 。日本酒で言えば「新政」みたいなもんで、どうにも心揺さぶられるテイストを探せない。もちろん、音楽...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZ FUNK】Freeez - Carribean Winter (1980)  

genre tag:FUSION/RARE GROOVE, NEW WAVE ▪︎昨日の「Atmosfear - Dancing In Outer Space」が既存のJazz FunkやFusionを最先端のDiscoサウンドのフィールドに落とし込んだ流れに沿うように、'80sの幕開けと共にUKのナイトシーンで活性化したキーワードは意外にも「Jazz」であったわけだが、初期のFreeez最大の音楽成果が何かと問われれば、オレは疑いようもなく、この「Carribean Winter」を推す。微かに漏れ滲むUK的なN...
Read More

◤本日の1曲♪【DUB DISCO】The Clash - The Magnificent Dance (1981)  

genre tag:UK ROCK, RETRO DISCO ▪︎昨日、約1ヶ月ぶりに『REMIX講座』の新しい記事が上がったので、1981年当時のNYのアンダーグラウンドなClubでWalter GibbonsやLarry LevanたちがPLAYしまくっていた他ジャンルのクラシックスを紹介。ご存知UKのパンクバンドThe Clashの「The Magnificent Seven」のDubヴァージョンです。イギリスの音楽誌Uncutが発表した『ザ・クラッシュのベスト・ソング TOP30』でも「The Magnificen...
Read More

◤本日の1曲♪【VOCAL HOUSE】Everything But The Girl - Temperamental (DJ Spen & Karizma Remix) 2000 

genre tag:VOCAL HOUSE, NEW WAVE/UK ROCK ▪︎昨日に引きつづきBASEMENT BOYSモノを。兄貴分のDJ Spenとのコンビで数々の上質リミックス作品をこの時期に残したKarizmaの傑作。'80年代初頭のUKネオアコ・ブームに乗っかってデビューしたEverything But The Girlですが、この人たちは'90年代中期以降はあからさまに最先端のClub Musicへと傾倒していきます。そんな文脈の中でのBASEMENT BOYSクルーとのマッチング。NEW WAVE的...
Read More

◤本日の1曲♪【NEW WAVE/FUSION】Rah Band - Slide (1981)  

genre tag:NEW WAVE, FUSION ▪︎スーパーの食品売場のBGMじゃないよ。 VOCAL HOUSEDEEP HOUSELATIN HOUSEDOWN TEMPO/R&B HOUSE INST/DUB HOUSEJAZZY VIBETECHNO/ELECTROAFTER HOURSCHILL OUT/AMBIENT DANCE CLASSICSSOUL/FUNK'80s MODERN SOULRETRO DISCO R&B/MODERN SOULSLOW JAM/BALLADQUIET STORMMELLOWHIP HOP/RAP UK SOUL/ACID JAZZCLUB JAZZ/LATINSAUDADESUMMER GROOVE FUSION/RAR...
Read More

◤本日の1曲♪【VOCAL HOUSE】Novecento - Day And Night (Morales Mix) 1992 #David Morales/谷村有美/最後のKISS 

genre tag:NEW WAVE, POPS, VOCAL HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎David Moralesによる1992年最大の置き土産といえばコレですね。なぜか1995年に再発というわけでもないのにUS盤がリリースされたので手に入りやすくなったけど、このイタリア盤は入荷数が少なかったので当時は凄くレアでした。たぶん当時は日本に200枚も入ってないんじゃないかな。ところが、Discogsを見るとデンマーク盤だのフランス盤だのドイツ盤だのヨ...
Read More

◤本日の1曲♪【UK ROCK】Tasmin Archer - Sleeping Satellite (1992)  

genre tag:NEW WAVE/UK ROCK  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎ここんところUK産の白人サウンドでDanceしちゃったみたいな曲をいくつか取り上げたので、今日はその真逆。UKの黒人がRockしちゃったTasmin Archerです。アナログの12inchなんかもリリースされてるので、当時もHouseやHip HopやAcid Jazzなんかに混じって輸入レコード屋に並んだわけだけど、この手のジャンルは更に出回る数が少ないです。日本も含めいろんな国からリリ...
Read More