◤本日の1曲♪【FUSION】Walter Murphy - Afternoon Of A Faun (1979) #Moodymann 

genre tag:FUSION, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎Moodymann絡みで、まずはネタから先見せという逆パターンでWalter Murphyを紹介します。わかりやすい例えで言うと、日本だと『ルパン三世』の音楽でお馴染みの大野雄二みたいな人かね。ちゃんとした音楽教育を受けた人で譜面も書けて指揮もできて、たまに商業音楽でマグレのヒットも飛ばしちゃう (笑) 。この人の曲で一番有名なのはベートーヴェンの『運命』をディスコ...
Read More

◤本日の1曲♪【URBAN SOUL】Second Image - Starting Again (Extended Version) 1985 

genre tag:UK SOUL, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のCollageの記事の中で軽く触れたけど、聴いてて真っ先に頭の中で連結されたのはUKのSecond Imageね。一番流行ったのは「Can't Keep Holding On (1981) 」だけど、2ndアルバム収録の本作の方がシックでアダルト。もちろん、USのウエストサウンドとNYに感化された'80sのUK SOULとの間にはモダニティ指数で比較にならないほどの差はあるけど、まあオレはUK贔屓のNYヲ...
Read More

◤本日の1曲♪【SUMMER GROOVE】Collage - Groovin' (1981)  

genre tag:SOUL/FUNK, MELLOW, SUMMER GROOVE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Winners & Losers」に引きつづき、本日もCollage作品を。実はちゃんと聴いたことなかったので今回YouTubeで〝ほぼ全曲〟聴きましたが、王道系のファンクに突出した──つうかオレ好みなサウンドはなく、むしろミディアム以下のBeat Grooveの楽曲にイイやつがあるグループなのね。アルバム3枚で真に聴くべき曲は昨日の「Winners & Losers」も含...
Read More

◤本日の1曲♪【URBAN SOUL】Collage - Winners & Losers (1985)  

genre tag:SOUL/FUNK, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Klymaxx - Girls Will Be Girls」に引きつづき、本日もSolar (Sound Of Los Angeles Records) 作品をCollageの3rdアルバムからピックします。1985年産なのでブラコン指数が相当高めになってますが、ウエストサイドなAOR的なニュアンスもあり、なかなかのアーバニズムを感じさせる良作ですね。アルバムが3枚しかないので、1stと2ndも全曲チェックして、イイや...
Read More

◤本日の1曲♪【'80s MODERN SOUL】Garfield Fleming - Don't Send Me Away (1981)  

genre tag:'80s MODERN SOUL, SOUL/FUNK, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎東京は一日中雨で寒いみたいなので、音楽くらいはWell-Madeで少し温かくなれるものを。12inchオンリーの人気盤ですね。このGarfield Flemingという人はシングル2枚しかレコード・キャリアがないんだけど、なぜか画像検索には割りと引っ掛かる (笑) 。まさかこれ1曲のみで今でもお呼びが掛かるのだろうか。ややヘタウマ系ですが、Trackは完璧な出来...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW】Don Blackman - Holding You, Loving You (1982)  

genre tag:MELLOW, SOUL/FUNK, FUSION  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎Twennynine脱退後に発表したDon Blackmanの名盤から極美Mellowチューンを御紹介。ま、このへんは我々のような人種にとってはもはや「子守歌」ですね。つうか、Simply Redあたりが「心の1曲」にしてそうだけど (笑) 。腰を上下前後左右に揺さぶる粘り気のあるシンコペーションには不具合な高速ハイハットが通常のFunkマナーに照らすと異質だが、このあたりがJ...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW】Twennynine feat. Lenny White - Best Of Friends (1979)  

genre tag:MELLOW, SOUL/FUNK, FUSION  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Gene Dunlap - There Wil Never Be Another」の流れを引き継いで、軽くFusionやAORの香りのするNice Grooveを。Twennynineというグループは、王道のソウルからは少し脇道に逸れた独特のライトネスがあって、長い間その扱いと評価に困っていたジジイたちも多かったんですが──と若い頃のオレは思っていたが、今やオレ自身がジジイになってるという時の...
Read More

◤本日の1曲♪【FUSION】Gene Dunlap - There Wil Never Be Another (Like You) 1981 

genre tag:FUSION, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎もう一丁ナイスなインスト楽曲を。これはファンクではなく完全にフュージョンだけど、このGene Dunlapという人 (ドラマー) は'80年代に2枚のみアルバムを残していて──スタジオ・セッションはたくさんあるだろうけど──、両方ともDJ界隈に人気で、逆にフュージョン畑で熱く取り上げられることの方が稀かもしれない。つまり、AOR/MELLOW星人の間では案外ノーマークという。...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW】Watsonian Institute - Pretty Miss T (1979)  

genre tag:FUNK, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎インスト系ファンクの隠し球を、生姜ない、教えちゃうか。まあ、このへんはDJアイテムとしては完全にノーマークです。10年くらい前は300〜500円とかで買えたけど今はどうか知らない。違いのわかる大人リスナーに、オレから捧げる「連休明けの後夜祭ソング」です。しっかし沁みるわ〜。オレもよく知らなかったんだけど、Watsonian Instituteというのは、1950年代〜60年代に...
Read More

◤本日の1曲♪【VOCAL HOUSE】Seikou Nagaoka - I Thought It Was You (2000) #長岡成貢 

genre tag:VOCAL HOUSE, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎「Herbie Hancock - I Thought It Was You」の傑作カバー。この長岡成貢という人はジャニーズ関連の楽曲を──主に「編曲」で──数多く手掛ける業界仕様の職人系音楽家みたいね。この曲はアルバム『PURPLE』からのシングルカット。ヤフオク出品者時代に渋谷のDisk Unionの「R&B」の箱からMint Conditionを100円で2枚抜いて「数量2」で出品して4,000円以上で落札された...
Read More

◤本日の1曲♪【AFTER HOURS】Two Tons O' Fun - Just Us (1979)  

genre tag:AFTER HOURS, FUNK, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎「Sharon Ridley - Changin'」同様、このへんもNY派のHouseリスナーにとっては子守唄レベルにド定番です。Two Tons O' FunはMartha WashとIzora Armsteadの女性デュオで、'80年代にはThe Weather Girlsとしてもヒット曲を出したみたいだけど、そっちはマトモに聴いたことない。アッパーディスコなGarage Classics「I Got The Feeling」は今でもHouseネタにな...
Read More

◤本日の1曲♪【'80s MODERN SOUL】Quincy Jones feat. Patti Austin - Betcha' Wouldn't Hurt Me (1981)  

genre tag:'80s MODERN SOUL, MELLOW, SOUL/FUNK  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎オレの頭の中では、このへんの音は昨日の「Dego & The 2000Black Family - Don't Stop」とまるで同列。音楽との距離の取り方が同じだし、そもそも基本的なサウンド・エンジニアリングは完全にQuincy Jonesを意識しまくり──しまくってなくても多大な影響を受けていることは聴けばすぐに分かる。反対面に収録されてる「Razzamatazz」も同様なので、...
Read More

◤二日酔いの1曲♪【MELLOW】Madcliff - It Takes A Little Time (1977)  

genre tag:MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨晩はちょっと呑みすぎました──正しくは喋りすぎた。頭の周辺に「天使の輪」ではなく「悪魔の兜」が軽くへばりついてる感じなので、少しメロウな曲でCool Downします。中心メンバーのChris HillsはThe Players Associationなんかでも活躍したオールラウンダーで、この才人は一体どこへ消えてしまったのだろうか。しかし染みる曲だわな。レコードはずっとレアなコレクターズアイ...
Read More

◤本日の1曲♪【FUSION/UK SOUL】Calvin Brooks feat. Hari Paris - My Favorite Thing (1992)  

genre tag:UK SOUL, MELLOW, FUSION, SLOW JAM  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎20年以上前からExpansionというレーベルが好きで──最近じゃ『Soul Togetherness』というコンピ・シリーズで傑作工場化してる──、当時は中古屋で誰も見向きもしなかったら100〜600円くらいで買いまくってたんだけど、'90s前半の、このレーベルカラーの作品群の中で一番好き──つうか最高傑作なのがコレ。昨日の「Mica Paris & Bobby Womack - I Wish I...
Read More

◤本日の1曲♪【胸キュン♡】Dee Dee Bridgewater - That's The Way Love Should Feel (1980)  

genre tag:SOUL, MELLOW, RETRO DISCO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎直接の関係も音楽的相関性もないのだけれど、昨日の「The Style Council - Shout To The Top」における〝ややファッション化されたストリングス・アレンジ〟というアプローチに呼応するモノとして頭にパっと浮かんだのでチョイスしてみた。ま、カッコつけて言うなら、これが「選曲」ってやつ (笑) ? ▪︎Dee Dee Bridgewater作品の中にあって、「Sweet Rai...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW】Patrice Rushen - Remind Me (1982) 

genre tag:MELLOW, SOUL/FUNK, FUSION, LIVE ▪︎ド定番過ぎて──もはや「宇宙的名作」なので、ここでわざわざ取り上げること自体が野暮だけど、かつて哲学者のカントが語ったという言葉「わたしは出来の悪い生徒と優秀な生徒には力を入れて教えません。普通の生徒を一番懸命に教えます。出来の悪い生徒は教えても無駄ですし、優秀な生徒は自分で勝手に勉強しますので、私がわざわざ教える必要はありません」──に倣うなら、...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZY RAP】Tone Loc feat. El DeBarbe - All Through The Night (The Brand New Heavies Remix) 1991 

genre tag:HIP HOP, UK_SOUL, MELLOW ▪︎「Acid Jazz meets Hip Hop」な、1991年という時代だからこそ生まれた「傑作リミックス by The Brand New Heavies」です。特に意識してClub Musicの12inchを集めていない限り──洋楽の一環としてアルバムをCDでちょろっと聴いてる程度だと、かりに同時代のThe Brand New Heaviesを知っていたとしても、なかなかここまでの仕事を知る機会は得られないでしょう。 ▪︎あまり他の...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW】Robin Bramlett - This Is My Life (2013)  

genre tag:MELLOW, FUSION, R&B ▪︎オレ御用達の最強音楽サイトDiscogsにも登録されてないので、世間的な (DJ的人種における) 認知度は〝ほぼZERO〟と思っていいでしょう。女性ベーシストみたいです。さっきたまたま海外ラジオから流れてきた。おそらくは「コンテンポラリー・フュージョン (Smooth Jazz) 」にジャンル分けされるサウンドなので、なかなかDJ的人種の畑にまでは、こうした果実は落ちて来ないんでしょう。で...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Odyssey - Inside Out (1982)  

genre tag:DACE CLASSICS, SOUL/FUNK, MELLOW ▪︎イマサラこの曲を取り上げる人間は誰もいないくらい定番で人気の曲。むしろ当時は日本のディスコでの方がヒットしたらしいので、それこそ生まれつきセンスの溶解著しい老害、DJ OSSHYがホストを務める「TOKYO MX - Disco Train」なんかでも頻繁にPLAYされてそうだけど (笑) 、オレはあくまでもキーボードを担当したLenny Underwoodの流れで取り上げるぞ。完全な余談だけど...
Read More

◤本日の1曲♪ <場外市場>まとめ&The Fatback Band - Is This The Future? (M&M Mix) 1985 

音楽経由の読者の皆様、新年あけましておめでとうございます。通常の「本日の1曲♪ 」は1/5頃から再開予定ですが、実は酒の記事で<場外市場>という形で地味に日々更新しています。本日はそちらのまとめを。◤本日の1曲♪ <場外市場>  関係ないけど、ジョージ・マイケル (George Michael) が死にましたね。ニュースでは「Last Chrismas」ばかり流れてるけど、これ、単なる「Kool & The Gang - Joanna」のパクリなんだよね (笑) 。...
Read More