◤本日の1曲♪【SUB TEXT Of Phyllis Hyman】Odyssey/Pointer Sisters/Chaka Khan (1980/1980/1978)  

genre tag:SOUL/FUNK, DANCE CLASSICS, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のPhyllis Hymanで取り上げた曲のうち、実は3曲がカヴァー。本日はそのオリジナル (のはず) を御紹介。こうして見ると、なかなかニクいセレクトでカヴァーしてるけど、なんと言っても目玉は「Chaka Khan - Sleep On It (1978) 」でしょう。これ、ずっと未発表音源だったんだけど、後年 (2003年) 、コンピCD『In Between The Heartaches - The S...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW】J.R. Bailey - Just Me 'N You (1974)  

genre tag:MELLOW, SOUL/FUNK  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「The Trumains - Ripe For The Pickin'」を聴いていて、随分と手馴れたサウンド・メイクをするなと思ってプロデュースのJerome Gasper関連のレコードをDiscogsで見てたら、昔よく中古屋の壁に飾ってあったジャケを発見、こりゃ好きな人には珍棒玉乱わな──と激しく納得した、いわゆるニューソウル系メロウの金字塔の御紹介です。正直、オレはこの手のジャンル...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW】The Trumains - Ripe For The Pickin' (1977) #Stan Lucas 

genre tag:MELLOW, SOUL/FUNK  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎ちょっとStan Lucas関連を漁ってたらイイやつ見つけたので。彼がかつて在籍していたThe TrumainsというNYのソウル・ユニットで、7inchが4枚しかリリースされてないみたいね。そして「Ripe For The Pickin'」の正規盤だけがバカ高い──というのも、Promo未収録の甘茶ソウル「Mr. Magic Man」がB面に入っていて、ここにStan Lucasが作曲でクレジットされてる。一体いつ...
Read More

◤本日の1曲♪【SWEET&MELLOW】Ecstasy - It's Good For You (Long Version) 1980 #Leroy Burgess 

genre tag:SOUL/FUNK, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎本日も「Leroy Burgess特集」ですが、いよいよ「終わり」が見えてきました。それなりにSoulやDance Classicsを聴いてきた人ならIntroが始まった瞬間にキタコレと悶絶する極上Mellowな1枚を御紹介。今回いろいろ発掘というかDiscogsを掘り直した中では最強クラスの破壊力を持つ作品。1980年にシングル3枚 (うち1枚はアセテート) を出してるだけの謎の兄弟系コーラ...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW BOOGIE】Dazzle - It's Not The Same (1979) #Leroy Burgess 

genre tag:MELLOW, RETRO DISCO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎本日で「Leroy Burgess特集」はひとまずオシマイです。本日はサヨナラを素敵に演出する泣きイズムほのかな隠れた名曲をお届けします。先日紹介したDazzleのAlbumオンリーの作品で、Patrick Adams軍団の隠れメロディーメイカーStan Lucasが作編曲だけではなく、ぬわんとボーカルまで披露してます! 他に彼が歌ってる曲ってあっただろうか。ちょっと記憶にない...
Read More

◤本日の1曲♪【'80s MODERN SOUL】Dino Terell - You Can Do It (It's So Easy) 1986 #Darryl Payne/Leroy Burgess 

genre tag:'80s MODERN SOUL, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎「Darryl Payne特集」の最後を飾るのはコレしかないというわけで、もう一人の偉大なるレジェンドLeroy Burgessとの奇跡の共作を御紹介。1989年にリリースされた『Darryl Payne ‎– Past, Present & Future』というUKコンピにも収録されてます。しっかし、ここまで密接な共作って他に知らないなあ。もうこれ、完全に「二人だけの後夜祭」ですよ。'80s初期の...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW】Charme feat.Luther Vandross - Georgy Porgy (1979)  

genre tag:SOUL, MELLOW, AOR/BLUE-EYED SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日はちょっと渋谷で寄り道をしてしまいましたが、今日は一昨日の続きです。Luther Vandrossは『Never Too Much (1981) 』でメジャーデビューするまでは様々なセッションに参加するゲスト・ボーカリストの仕事が多かったわけだけど──インディーズとしてはLuther名義の『This Close To You (1977) 』が特に人気──、それらを一つ一つ洗っていくとキリ...
Read More

◤本日の1曲♪【哀愁DISCO】Vance And Suzzanne - I Can't Get Along Without You (1980)  

genre tag:MELLOW, RETRO DISCO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎この12inchシングル1発で終わった男女デュオ──よく写真が残ってたもんだ──しかも宣材写真並みのNice Shot。ちなみにオリジナル盤は30,000円以上で取引されてます。1980年産ですが、この何とも言えないカテゴライズ不能の不思議な音楽的意匠こそが高額アイテムならではの異質感の証左とも言えるでしょう。ハーモニーやメロディー取りには'80s的なモダニティがあるも...
Read More

◤本日の1曲♪【哀愁DISCO】Sergio Mendes & The New Brazil '77 - The Real Thing (12'' Extended) 1977 #Stevie Wonder 

genre tag:MELLOW, RETRO DISCO, AFTER HOURS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Mas Que Nada」は人類史上の大ヒット曲ですが、こちらは特にNY House系リスナーに一番人気のスウィートな哀愁ディスコ路線でAfter Hoursなどの朝方にフロアを優しく包んでくれる定番。作曲はStevie Wonderです。個人的にそこまでツボな曲でもないんだけど、話のついでに (選曲の流れで) 。いろいろ漁っていたら「Stevie Wonder - Don't You W...
Read More

◤本日の1曲♪【VOCAL HOUSE】Pacha - One Kiss (Urban Mix) 1991 #Joey Negro, Blaze 

genre tag:VOCAL HOUSE, MELLOW, LATIN HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎「Blaze - Wishing You Were Here」の記事に中でBlazeとJoey Negroとの友情について触れたが、その最初の美しい結晶が本作であることに異論を挟む余地はないだろう。作曲にはBlazeがクレジットされており、そのテイストは十分に感じれるし、Josh Milanはキーボードにもクレジットされているが──ブラス・アレンジはいかにもBlazeライクで、使用してる...
Read More

◤本日の1曲♪【FUSION】Walter Murphy - Afternoon Of A Faun (1979) #Moodymann 

genre tag:FUSION, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎Moodymann絡みで、まずはネタから先見せという逆パターンでWalter Murphyを紹介します。わかりやすい例えで言うと、日本だと『ルパン三世』の音楽でお馴染みの大野雄二みたいな人かね。ちゃんとした音楽教育を受けた人で譜面も書けて指揮もできて、たまに商業音楽でマグレのヒットも飛ばしちゃう (笑) 。この人の曲で一番有名なのはベートーヴェンの『運命』をディスコ...
Read More

◤本日の1曲♪【URBAN SOUL】Second Image - Starting Again (Extended Version) 1985 

genre tag:UK SOUL, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のCollageの記事の中で軽く触れたけど、聴いてて真っ先に頭の中で連結されたのはUKのSecond Imageね。一番流行ったのは「Can't Keep Holding On (1981) 」だけど、2ndアルバム収録の本作の方がシックでアダルト。もちろん、USのウエストサウンドとNYに感化された'80sのUK SOULとの間にはモダニティ指数で比較にならないほどの差はあるけど、まあオレはUK贔屓のNYヲ...
Read More

◤本日の1曲♪【SUMMER GROOVE】Collage - Groovin' (1981)  

genre tag:SOUL/FUNK, MELLOW, SUMMER GROOVE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Winners & Losers」に引きつづき、本日もCollage作品を。実はちゃんと聴いたことなかったので今回YouTubeで〝ほぼ全曲〟聴きましたが、王道系のファンクに突出した──つうかオレ好みなサウンドはなく、むしろミディアム以下のBeat Grooveの楽曲にイイやつがあるグループなのね。アルバム3枚で真に聴くべき曲は昨日の「Winners & Losers」も含...
Read More

◤本日の1曲♪【URBAN SOUL】Collage - Winners & Losers (1985)  

genre tag:SOUL/FUNK, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Klymaxx - Girls Will Be Girls」に引きつづき、本日もSolar (Sound Of Los Angeles Records) 作品をCollageの3rdアルバムからピックします。1985年産なのでブラコン指数が相当高めになってますが、ウエストサイドなAOR的なニュアンスもあり、なかなかのアーバニズムを感じさせる良作ですね。アルバムが3枚しかないので、1stと2ndも全曲チェックして、イイや...
Read More

◤本日の1曲♪【'80s MODERN SOUL】Garfield Fleming - Don't Send Me Away (1981)  

genre tag:'80s MODERN SOUL, SOUL/FUNK, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎東京は一日中雨で寒いみたいなので、音楽くらいはWell-Madeで少し温かくなれるものを。12inchオンリーの人気盤ですね。このGarfield Flemingという人はシングル2枚しかレコード・キャリアがないんだけど、なぜか画像検索には割りと引っ掛かる (笑) 。まさかこれ1曲のみで今でもお呼びが掛かるのだろうか。ややヘタウマ系ですが、Trackは完璧な出来...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW】Don Blackman - Holding You, Loving You (1982)  

genre tag:MELLOW, SOUL/FUNK, FUSION  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎Twennynine脱退後に発表したDon Blackmanの名盤から極美Mellowチューンを御紹介。ま、このへんは我々のような人種にとってはもはや「子守歌」ですね。つうか、Simply Redあたりが「心の1曲」にしてそうだけど (笑) 。腰を上下前後左右に揺さぶる粘り気のあるシンコペーションには不具合な高速ハイハットが通常のFunkマナーに照らすと異質だが、このあたりがJ...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW】Twennynine feat. Lenny White - Best Of Friends (1979)  

genre tag:MELLOW, SOUL/FUNK, FUSION  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Gene Dunlap - There Wil Never Be Another」の流れを引き継いで、軽くFusionやAORの香りのするNice Grooveを。Twennynineというグループは、王道のソウルからは少し脇道に逸れた独特のライトネスがあって、長い間その扱いと評価に困っていたジジイたちも多かったんですが──と若い頃のオレは思っていたが、今やオレ自身がジジイになってるという時の...
Read More

◤本日の1曲♪【FUSION】Gene Dunlap - There Wil Never Be Another (Like You) 1981 

genre tag:FUSION, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎もう一丁ナイスなインスト楽曲を。これはファンクではなく完全にフュージョンだけど、このGene Dunlapという人 (ドラマー) は'80年代に2枚のみアルバムを残していて──スタジオ・セッションはたくさんあるだろうけど──、両方ともDJ界隈に人気で、逆にフュージョン畑で熱く取り上げられることの方が稀かもしれない。つまり、AOR/MELLOW星人の間では案外ノーマークという。...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW】Watsonian Institute - Pretty Miss T (1979)  

genre tag:FUNK, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎インスト系ファンクの隠し球を、生姜ない、教えちゃうか。まあ、このへんはDJアイテムとしては完全にノーマークです。10年くらい前は300〜500円とかで買えたけど今はどうか知らない。違いのわかる大人リスナーに、オレから捧げる「連休明けの後夜祭ソング」です。しっかし沁みるわ〜。オレもよく知らなかったんだけど、Watsonian Instituteというのは、1950年代〜60年代に...
Read More

◤本日の1曲♪【VOCAL HOUSE】Seikou Nagaoka - I Thought It Was You (2000) #長岡成貢 

genre tag:VOCAL HOUSE, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎「Herbie Hancock - I Thought It Was You」の傑作カバー。この長岡成貢という人はジャニーズ関連の楽曲を──主に「編曲」で──数多く手掛ける業界仕様の職人系音楽家みたいね。この曲はアルバム『PURPLE』からのシングルカット。ヤフオク出品者時代に渋谷のDisk Unionの「R&B」の箱からMint Conditionを100円で2枚抜いて「数量2」で出品して4,000円以上で落札された...
Read More