◤本日の1曲♪特別連載 (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11) d@@b「CLUB MUSICにおけるREMIXについてのアレコレを徹底解説!」【ACID JAZZ】The Brand New Heavies - Never Stop (Single Edit Remix) 1991 #WALTER GIBBONS, SALSOUL, LARRY LEVAN, PARADISE GARAGE 

༒ 注意 ༒ 未来の子供たちの為に書いています。長いので、興味のない方、根気のない方、斜め読みの方は、出口はコチラになっております。 INDEX▶︎ (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) genre tag:UK SOUL/ACID JAZZ ▪︎とか大袈裟なこと言ってますが、一度は書いておく必要があると思ったので、基本的なことを音源を通じて整理できれば。さて、昨日のFrankie Knucklesの曲で名前の...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Dynasty - Here I Am (1981)  

genre tag:SOUL/FUNK, DANCE CLASSICS, SUMMER GROOVE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎一昨日の「Klique - I Can't Shake This Feeling」の中でチラっと話に出たDynastyの爽やかな名曲なんぞを。このへんもド定番ですね。NY系のサウンドとは異なり、少し朗らかに田舎臭いですが (笑) 、それでもこの「Here I Am」は十分に洗練されたタッチがあって昔から大好きな曲。後半のFusionライクなギターソロなんか夏仕様で爽やかの極致。...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Rose Royce - Best Love (Special Extended Version) 1982 

genre tag:SOUL/FUNK, DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Klique - I Can't Shake This Feeling」同様、Early '80s最後のキラメキとしてのトラッド・オーケストレイションによるストリングス部隊が現存する1982年サウンドの超ド鉄板。ジャケはアルバムのモノですが、ご紹介の音源はレアな12inchヴァージョンで、US/UK盤共にPROMOのみです。「I Can't Shake This Feeling」の後半ブレイクの中盤に「Best Love...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Zingara - I Surrender (1981) #Lamont Dozier 

genre tag:SOUL/FUNK, DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎ほとんどLamont Dozier作品と言っていいほど彼が全面に出て大活躍してる超カルト盤で、ボーカルにはスタジオ系ギタリストのWali Aliを起用。なんというか、たまたま時間があったからサクっと自腹で作っちゃったようなアルバムなのかね (笑) 。人並みにソウルを集めてる程度じゃなかなかここまでは辿り着けないでしょう。たまたまオレも2001年に出た再発盤が...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Klique - I Can't Shake This Feeling (1982) #Con Funk Shun 

genre tag:SOUL/FUNK, DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎ちょっとウエストサイドな──ShalamarとかDynastyなんかと同様のテイストを持ってますが、何を隠そうCon Funk ShunのFelton C. Pilate-IIとKarl Fullerがプロデュースで参加してることで有名なKliqueの最強クラシックスを御紹介。まあ、このへんは個人的にUltra-ど-ストライクです。ブっちゃけ、'80sの王道ダンクラの中で指折りに好きな曲。どこをどう取って...
Read More

◤本日の1曲♪【GARAGE CLASSICS】 Lamont Dozier - Going Back To My Roots (1977) 

genre tag:SOUL/FUNK, DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎ここのところ'90年前後のイタロハウスが続いたけど、諸説あるものの、一つ言えるのは、なぜかイタリア人の作るDance Musicには、'80年代のハイエナジー (ユーロビートの原型) 以降〝パターン化されたバッキングピアノ〟という存在が常にチラついていたことに異を唱える者は少ないだろうということだ。こうしたイタリア癖を説明するのに「伝統」や「文化」と...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Richie Havens - Going Back To My Roots (1979) #Lamont Dozier 

genre tag:SOUL/FUNK, DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のLamont Dozierのカバー。Richie Havensはどちらかと言うと「ソウル」というより「ブラック・ロック」なんかの文脈で語られることも多いし、このカバーを収録したアルバムにはフュージョン系のミュージシャンが多数参加しているということで、AORサイドのリスナーからのオファーも絶えないようだけど、やはり、このピアノ使いは極めてClub Music的と言...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Sharon Redd - Can You Handle It (Special Remixed Version) 1981 

genre tag:DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Kumano - I'll Cry For You」はPrelude作品としては異質なキワモノでしたが、このへんは王道の幕の内弁当で、この手のジャンルを聴く人なら知らない人を探す方が難しいくらいの曲です。Sharon Reddの二大ヒット曲のうちの1つ。オレなんかは19歳の頃から知ってるし聴いてたけど、最近「Special Remixed Version」を改めて聴き直したらスゲえよくできたDub Versio...
Read More

◤本日の1曲♪【'80s MODERN SOUL】Denroy Morgan - Happy Feeling (1982)  

genre tag:SOUL/FUNK, 80s_SOUL, DANCE_CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Garfield Fleming - Don't Send Me Away 」と同じBecket Recordsから。Denroy Morganは「I'll Do Anything For You」の方がGarage Classicsとして有名だけど、音楽的には今回の方がWell-Madeでしょう。プロデュースを手掛けたのは、名曲「Far Out」を生み出したCrown Heights Affairの「Bert-Reid。ちなみにジャケ写はレアなフランス盤か...
Read More

◤本日の1曲♪【GARAGE CLASSICS】Northend Feat. Michelle Wallace - Happy Days (1981) #Arthur Baker, Tee Scott 

genre tag:DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Jimmy Ross - First True Love Affair」に引きつづき今日も1981年産のNY DISCOクラシックスを。まあ、このへんも超定番です。プロデュースというか、Northend自体がArthur Baker (写真右下) による限定ユニットのようなもん。このArthur Bakerっつうオッサンも数々のヒット曲を手掛けた大物なんだけど、どちらかと言うと打ち込み全盛のミドル80s以降のメ...
Read More

◤本日の1曲♪【GARAGE CLASSICS】Jimmy Ross - First True Love Affair (A Larry Levan Mix) 1981 

genre tag:DANCE CLASSICS, FUNK  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Tracy Weber - Sure Shot」と同じリリース年、同じレーベル、同じLarry Levanミックスの超ド定番クラシックスです。HouseリスナーにとってはGarage Classicsという位置付けだけど、昔からソウル親父の間でも人気の曲。ディスコでもあり、'80s NYサウンドでもあり、モダンソウルでもあり、幅広い層のレコード・ジャンキーから愛される、独特のリリシ...
Read More

◤本日の1曲♪【GARAGE CLASSICS】Tracy Weber - Sure Shot (A Larry Levan Mix) 1981 #Eric Matthew 

genre tag:DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Gary's Gang - Let's Lovedance Tonight」に引きつづき、稀代の天才クリエイターEric Matthewプロデュースの作品を。まあ、このへんは超絶クラシックスなので、この手の音楽に馴染みのある人なら誰でも知ってますが、今一度Eric Matthewサイドから聴き直してみるのも無駄な作業にはならないと思います。DE、ミックスをLarry Levanが手掛けてる点だけど、...
Read More

◤本日の1曲♪【NY DISCO CLASSICS】Gary's Gang - Let's Lovedance Tonight (12'' Extended) 1979 #Eric Matthew 

genre tag:DANCE CLASSICS, RETRO DISCO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎稀代の天才クリエイターEric Matthewが在籍していたGary's Gangのド定番クラシックスで──彼の完璧なる天才性を確認したい人はコチラの曲をどうぞ──、House系の楽曲では何度もネタにされてます。ボーカルが始まると少し〝麦っちく〟なりますが──花畑のド真ん中で麦わら帽子をかぶった太郎と花子が手と手を握り合って陽気にダンスみたいな垢抜けない田...
Read More

◤本日の1曲♪【FUSION DISCO】Herbie Hancock - Saturday Night (Special Disco Remix) 1980 

genre tag:FUSION, DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Benny Golson - I'm Always Dancin' To The Music」絡みで。まあ、Jazz界からDisco/Funkのジャンルに流入してきた人間の中で、一番商業的に成功したのはHerbie Hancockじゃないだろうか。Roy AyersやDonald Byrdほどの〝溶け込み具合〟はないけれど、この人の独特のポップ・センスは侮れない。まあ、Roy Ayersなんかは完全に「再評価組」だけど。この「...
Read More

◤本日の1曲♪【FUNK!!!】Positive Force - We Got The Funk (U.S. Re-edit) 1979 

genre tag:FUNK, DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎すっかり言うの忘れてたけど、昨日の「C&C Music Factory - Do You Wanna Get Funky 」はこの曲のセミ・カバーみたいなもん。これ、Dance Musicの世界ではよくあるんだけど、「カバー」と「パクり」の中間ゾーンで露骨なオマージュ作品を仕立てるんだよ (笑) 。オレの知る限り、この手の「影響受けまくりな愛の溢れるオマージュ作品」が裁判なんかでモメた案件は...
Read More

◤本日の1曲♪【FUNK!!!】Reggie Griffin - Be Myself (1982)  

genre tag:FUNK DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎「女・子供は黙ってスっこんでろ!」系の便秘によく効くウンチぼっとんファンクの超絶チューン。日本酒換算だと「生酛純米 酵母無添加 阿波山田錦70 参年熟成」のような曲。オレが20歳の時、学祭最終日に所属してたサークル主催のディスコでMUMMY-Dがプレイして真の意味で「ファンク・バージン」失いました (笑) 。まあ、日本酒もそうだが、初心者時代というのは、...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Evans Pyramid - Never Gonna Leave You (1978)  

genre tag:RETRO DISCO, SOUL/FUNK,DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Ms. Sharon Ridley - Changin'」の関連動画を何となくクリック。Introの3秒を聴けば完全にロン。これ、ヤバイです。1978年でこのモダニティは奇跡ですね。1番の2番の間に2分弱のブレイクがあるという、通常のポップ・ミュージックではありえないマナーなんだけど、これが実にリリカル。しかも2番かと思ったら何となく歌っただけで再びブ...
Read More

◤本日の1曲♪【UK SOUL】Tom Browne - Funkin' For Jamaica (Driza Bone's 1991 Extended Remix)  

genre tag:Driza Bone特集 UK SOUL, FUNK, DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎Driza Boneが手掛けたリミックス作品の中で最も人気の1枚のはずなのだが、YouTube上での再生回数やUP数などを見ると、どうやらこの人気は過去のモノ、かつ日本だけのモノのようだ。後年、粗悪なUnofficialの国内再発が出るまでは、OriginalのUK盤が25,000円くらいまで高騰したこともあったけど、オレは1991年の暮れに、今はなき新宿アル...
Read More

◤本日の1曲♪【UK SOUL】Driza Bone - Real Love (1991) #「McFadden & Whitehead - Ain't No Stoppin' Us Now」の三段活用 

genre tag:Driza Bone特集 UK SOUL, DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎Drizaboneが残した唯一のアルバム『Conspiracy』にもセルフカバー版が収録されていてシングルカットもされましたが──そしてここでようやくHIP HOP/R&B系のDJ連中がDriza Boneの価値を本気で認めはじめましたが──、この1991年のOriginal Versionに比べれば、1994年版は糞も糞ですね。バンド・セッション風のサウンドメイクでチャンチャンと気軽...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】George Benson - Turn Your Love Around (1981)  

genre tag:DANCE CLASSICS, FUSION ▪︎1981年にリリースのベスト盤『The George Benson Collection』に収録された新曲で、日本でも大人気の曲。高度な取り込み方だけど、昨日の「Rocket - Here Comes My Love (1982) 」はこの曲のパクリね。そして、この手のジャンルではよくある話だけど、たいていはパクった亜流 (モドキ) の方がアイテムとしてレアで高くなるっていう (笑) 。直接的に露骨に似てる部分はないけど、全体...
Read More