◤本日の1曲♪【BRIT FUNK】The Warriors - Destination (1982) #Incognito/Jean Paul Maunick 

genre tag:FUSION/RARE GROOVE, UK SOUL/ACID JAZZ, CLUB JAZZ/LATIN  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎YouTubeの宇宙を徘徊してたら適当なBrit Funkの束を見つけて辿ったら結局Joey Negroが編纂した『Backstreet Brit Funk (2010) 』というコンピに行き着いたという (笑) 。The WarriorsはIncognitoを率いるJean Paul Maunickが1982年に立ち上げたグループみたいだけど、アルバムは1枚のみ。そもそもIncognitoも1981年に『Jazz Fu...
Read More

༺2018 winter collection༻【17】Block 16 feat. Jhelisa - Find An Oasis (2001)  

genre tag:CLUB JAZZ/LATIN, JAZZY VIBE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎只今、気まぐれ起こして軽く「༺2018 winter collection༻中」というわけDE、昨日のつづき。簡単に言えば〝オレが選曲/制作する極上のコンピレーション〟だと思ってくれて結構──もしくは〝疑似Radio Show〟とでも。Street Corner SymphonyのGlen GunnerとPete Z.の別ユニットですね。ま、ココで曲単体について語ることに意味はヌワイわけだけど。当初【15】...
Read More

◤今夜の1曲♪【CLUB LATIN】The Heartists - What A Diff'Rence A Day Makes (Montefiori'S Duetto Rmx) 2001 

genre tag:CLUB JAZZ/LATIN, MELLOW, SAUDADE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎熱帯夜の続く夏の夜に〝音楽の風鈴〟をお届けします「今夜の1曲」は、この流れで選曲できるのは〝世界でただ一人オレだけ〟であることは〝ほぼ〟間違いない「The Heartists - What A Diff'Rence A Day Makes 」の極上Mellowヴァージョン──たぶんRemixを手がけたのはMontefiori Cocktail。たしかなんかの12inchにも入ってた記憶もあるけど、まあ、この...
Read More

◤本日の1曲♪【CLUB JAZZ】Eve St. Jones - Space Cowboy (2006) #Jamiroquai 

genre tag:CLUB JAZZ/LATIN  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎本日も在庫整理。ブログ用にストックしておいた曲 (特に専門外のジャンル) を脈絡なくバンバンUPします。ご存知Jamiroquaiのカヴァー。ま、このへんも何かの脈絡を待っていたら紹介することもないのでこの機会に。別に悪くはない。ただ少し〝あざとい〟だけ。なんでもかんでもアコースティックでJazzyでLatinな感じに仕上げれば〝オサレになる〟という発想がそもそも田...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZ FUNK】The Lyman Woodard Organization - Theme In Search Of A Sportspectacular (1979)  

genre tag:CLUB JAZZ, FUSION/RARE GROOVE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎本日も在庫整理。ブログ用にストックしておいた曲 (特に専門外のジャンル) を脈絡なくバンバンUPします。このへんは基本的に専門外。この手の音が好きな人がオレにトビキリの100曲を薦めたとしても、たぶんオレが気に入るのは2〜3曲でしょう。それは酒も同じ。基本的に好みがうるさいんですよ。似たような曲のほとんどは嫌いだけど、これは最高です。ち...
Read More

◤本日の1曲♪【NY BOOGIE DISCO】Herbie Mann - Stomp Your Feet (1978) #Leroy Burgess/Patrick Adams 

genre tag:RETRO DISCO, CLUB JAZZ/LATIN  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎本日も「Leroy Burgess特集」です。レアでもなんでもないけど少し変わり種を──昔からDisk Unionで500〜600円で売ってる。Herbie Mannは多作のJazzフルーティストだけど、DJアイテムとしてRare盤があるわけでもなく、なぜかこのアルバムだけ、Leroyを始めPatrick Adams軍団が全面参加していて、まさに歌唱力で引っ張るリードボーカル不在のInner Life...
Read More

◤本日の1曲♪【LATIN HOUSE】Sérgio Mendes - Mas Que Nada (12" Vocal: The Justin Strauss Remix) 1989 

genre tag:VOCAL HOUSE, LATIN HOUSE, CLUB JAZZ/LATIN  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎なんかスゲえ雨だけどラテンな曲を (笑) 。少なくともオレの中では、昨日の「Stardust - Love Will Find A Way」とはまるで「音楽的体温」の異なるサウンドではあるが、同じ1989年ということで、当然使ってる機材なんかは似通ってくるわけで、ある種この時代に特有の、モタつきのあるゴツゴツしたサウンド・エンジニアリングという側面を理...
Read More

◤本日の1曲♪【NY LATIN BOOGIE】Clyde Alexander & Sanction - Got To Get Your Love (1980) #Peter Brown, Joey Negro 

genre tag:CLUB JAZZ/LATIN, RETRO DISCO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Pacha - One Kiss」のインスパイア元──コード進行は丸々拝借、歌い出し部分のメロディーはブレイク前のコーラス部分に応用。実際、Joey Negro本人が選曲した『Disco Spectrum (1999) 』というコンピ (Rare Disco音源コンピの先駆け) にも収録されてます。プロデュースを手掛けたのは、以前「Cloud One feat. The Musicmakers - Jump, Jump, Jump...
Read More

◤本日の1曲♪【BRAZILIAN DEEP HOUSE】Frankie Valentine feat. Alegre Correa - Brazil 1 (2002)  

genre tag:DEEP HOUSE, LATIN HOUSE, CLUB LATIN  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎話としては一昨日の続き。久々に選曲的な話ですね。「Loose Ends - Silent Talking (1985) 」の次にこのへんを選曲すると「非常に都会的でセンスがある」という具体例です。Frankie Valentineは数少ないオレが影響を受けたDJのうちの一人で、90's初期はUS Garageを中心に独自のセンスで縦横無尽な選曲をしてたけど、やがてRaveシーンの隆盛と共に...
Read More

◤本日の1曲♪【LATIN FUSION】Loose Ends feat. Tom Browne - Silent Talking (1985)  

genre tag:FUSION, CLUB LATIN, UK SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日に引きつづきLoose Ends。個人的に若い頃から最もネタにしていたLoose Ends作品と言えばコレ。MIX TAPEのラストにシレっと入れると非常に収まりがイイ。2nd Album『So Where Are You?』収録だけど、まさか限定12inchにTom Browneをフィーチャーしたヴァージョンがあったとは・・・。ちなみにこのアルバムだと「Hangin' On A String (Contemplating) 」...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZY VIBE】East West Connection - Cuppa Chino (1999)  

genre tag:UK SOUL/ACID JAZZ, JAZZY VIBE, CLUB JAZZ/LATIN  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎ごめん、これを忘れてたよ。昨日と一昨日に引きつづき、本日もEast West Connection作品を。いや〜、久々──10年ぶり?──に聴いてるけど、マジでコイサー (最高) ですね。このへんはR&B界隈のリスナーにとっては盲点だと思います。是非「Acid Jazz」の一環で聴いてみてね。Introのワクワク&ドキドキ感に股間も濡れます。これも昔は100...
Read More

◤本日の1曲♪【CLUB LATIN】Karen Ramirez - Troubled Girl (1997)  

genre tag:LATIN HOUSE, DEEP HOUSE, VOCAL HOUSE, CLUB JAZZ/LATIN  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日からの流れで。当時はまるで意識してなかったけど、これ、プロデュースがSouled Outなのな。12inchはイタリア盤の5枚組が一番音イイです。おそらくIbizaあたりじゃ、裸のネーチャン連中がコレ聴きながら夕暮れのビーチで腰クネクネですね。 VOCAL HOUSEDEEP HOUSELATIN HOUSEDOWN TEMPO/R&B HOUSEINST/DUB...
Read More

◤本日の1曲♪【CLUB JAZZ】Sleepwalker - Into The Sun (2004) #Pharoah Sanders 

genre tag:CLUB JAZZ, ACID JAZZ, DOMESTIC, JAZZ  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎和製Club Jazzですね。なんとなく昨日の記事に触発されて──というわけでもないけど──、細部を整えての焼き増し記事です。パクリと言われても一切動じない、Pharoah Sandersへの清々しいまでのオマージュ。ついでにカップリングの「The Voyage」と「You've Got To Have Freedom」ネタのAcid Jazzも足しておきました。 VOCAL HOUSED...
Read More

◤本日の1曲♪【ACID JAZZ】Dilouya feat. Sly Johnson & N'Dea Davenport - Runnin' Away (2012)  

genre tag:ACID JAZZ, MELLOW, SOUL/FUNK, JAZZY VIBE, CLUB JAZZ  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき。N'Dea Davenportが参加してます。ブっちゃけDilouya (Ben Molinaro) は〝才人〟ではなく〝怪人〟ですね。2012年にまるで〝Acid Jazzの忘れ形見〟としてこの作品を産み落としたかのよう。パリ在住のマルチ・プレイヤー&プロデューサーみたいだけど、これ以降にCDアルバムがリリースされていないところを見ると、世...
Read More

◤本日の1曲♪【CLUB LATIN】Joyce Cooling - It's You (1988) #Sunaga T Experience 

genre tag:CLUBJAZZ/LATIN, FUSION, SUMMER GROOVE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづきというわけでもないけど、ここは素直に「Come With Me」と来れば「It's You」で返しておきますか。ま、このへんの音は個人的に〝新政を飲んでる気分〟に近いものがあるのでそこまでじゃないんですが (笑) 、ここが入り口になる人も多いと思うので。1988年産なのでアナログ盤は数が少なくレア。 VOCAL HOUSEDEEP HO...
Read More

◤本日の1曲♪【CLUB LATIN/FUSION】Tania Maria - Come With Me (1983)  

genre tag:CLUBJAZZ/LATIN, FUSION, SUMMER GROOVE, LIVE VIDEO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日チラっと触れたPaprika Soul絡みで。とはイエイ、この曲は過去記事のリメイクです。諸々のリンクをキチンと整理したし、日曜だし夏だし暑いしで少し手抜きで勘弁。その代わり、Paprika Soulの曲を1つ追加しておきました。 VOCAL HOUSEDEEP HOUSELATIN HOUSEDOWN TEMPO/R&B HOUSEINST/DUB HOUSEJAZZY VIBETEC...
Read More

◤本日の1曲♪【GARAGE/LOFT CLASSICS】George Duke - I Want You For Myself / Brazilian Love Affair (1979)  

genre tag:FUSION, RETRO DISCO, SUMMER GROOVE, CLUB LATIN  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき。George Dukeと言えば、NY系のHouseリスナーにとってはこの2曲が鉄板。基本中の基本ですね。特に「I Want You For Myself」のUS盤12inchは昔からレアで高いです。「Brazilian Love Affair」は45回転のUK/EUR盤しかないので高くはないです。マニアは33回転のUS盤に特別な意味を見い出すんですよ (笑) ──気持ちはわかる──だ...
Read More

◤今夜の1曲♪【CLUB LATIN】Freeway - Freeway (1981)  

genre tag:FUSION, CLUB LATIN, AOR/BLUE-EYED SOUL, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日に引きつづき、Rickey Washington関連。カリフォルニアのAOR系バンドのカナダ盤オンリーのアルバム。ホーント、どうして彼が絡むと全てレア盤になるんでしょうか (笑) 。ま、そういう〝☆〟の下に生まれたんでしょね。代わりに息子のKamasi WashingtonがJAZZ界の大スターになったので、オヤジとしては満足だろうし、息子からすれば...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZ FUNK】Stanton Davis' Ghetto/Mysticism - Album『Brighter Days』(1977)  

genre tag:SOUL/FUNK, RARE GROOVE, CLUB JAZZ  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎4日前に引きつづき、世界的コレクターPeanut Butter WolfとEgonが率いるSoul Calの『Soul Cal: Disco & Modern Soul 1971-1982』コンピから。トランペッターとして数々のセッションに参加したStanton Davisが1977年に産み落とした怪作中の怪作。正直、アルバムをトータルで評価するほどじゃないけど、まあ、幾つかの曲はブっ飛んでるし、何より──リ...
Read More

◤本日の1曲♪【CLUB JAZZ】Clifford Nyren - Keep Running Away (1979)  

genre tag:RARE GROOVE, CLUB JAZZ, ACID JAZZ, AOR/BLUE-EYED SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日に引きつづき、2007年にアメリカでリリースされた『Science Class: Heavy Funk + Raw Disco Soul』というコンピから。1979年のカリフォルニア産で、オリジナルは『A Little More Time - Featuring the Artists at Golden West College (1979) 』という、これまたコンピ収録で、左の12inchは新たに「Egon's Extended Edit」...
Read More