◤De Sousa / ドゥ・スーザ ブリュット・トラディション NV (Dégorgement/2014/12/15)  

 毎度アクセスありがとうございます。 最近はなんだかんだで月に5〜6本くらいは飲んでるはずなので、そろそろここのカテゴリーや記事も真面目に整理しようカナート思ったりもしますが、あまりに本気を出してやっても「貴重な息抜き」にならなくなるし、ゆくゆくシャンパーニュ・ブログとして注目されても面倒なので──「日本酒」とは違い、センスも才能もないくせにプライドばかりが高いスノッブな輩 (つまりは鼻に付く東京在住の...
Read More

◤本日の1曲♪【UK ELECTRO DANCE】The Blow Monkeys - This Is Your Life (1988)  

genre tag:NEW WAVE/UK ROCK, AOR/BLUE-EYED SOUL, UK SOUL/ACID JAZZ  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日たまたまCuriosity Killed The Catを紹介する流れになったので、同時期のブルーアイド (Blue-Eyed) なUKグループの曲を。The Blow MonkeysしかりSwing Out Sister (写真右下) しかり、Lisa Stansfieldの実質的母体であるBlue Zoneしかり、いわゆる〝Brit Funk (1978〜1984年頃) 〟と〝Acid Jazz (1987年頃〜) 〟とのミッ...
Read More

◤本日の1曲♪【UK SOUL】The Style Council - Wanted (1987)  

genre tag:UK SOUL/ACID JAZZ, AOR/BLUE-EYED SOUL, NEW WAVE/UK ROCK  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎専門外ですが、話のついでにチャチャっとセレクト。The Style Councilというのは不思議なグループで、やってることは「Funk」だったり「Soul」だったり「Jazz」だったりするのに、Brit Funkムーヴメントが終焉に向かい始めた1983年に結成されて、Acid Jazzムーヴメントが隆盛し始めた1990年に解散するんだよな (笑) 。オレに...
Read More

◤本日の1曲♪【UK SOUL】Curiosity - Hang On In There Baby (Extended Club Mix) 1992 #Johnny Bristol 

genre tag:UK SOUL/ACID JAZZ, AOR/BLUE-EYED SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎ちょうど昨日Johnny Bristolの話が出たので、彼の代表曲のカヴァーなんぞを。まさにPhil Harding & Ian Curnowによる職人芸的なポップセンスの光る好盤です。1987年にアイドル的な熱狂の下で大ヒットをかました「Ordinary Day」が有名なCuriosity Killed The Catですが、それなりの沈黙期間を経て、1992年に突如「Curiosity」として復活。「Hang...
Read More

◤本日の1曲♪【AOR】Richard Stepp - Caught Up In A Whirlwind (1979)  

genre tag:AOR/BLUE-EYED SOUL, SUMMER GROOVE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎完全なるNY派のオレにとってはクワナリ穀物臭い野暮ったいサウンドではありますが、悪天候な3連休に対する音楽的抵抗とでも申しましょうか、せめてサウンドくらいは爽やかにということで、LA録音のCanadian AORなんぞを。このへんはオレ的にはギリギリでアリな感じです。フリーソウルに寄せると萎えるけど、JALなフライト感 (ジェットストリーム...
Read More

◤本日の1曲♪【BLUE-EYED SOUL】Robert Palmer - Every Kinda People (Joey Negro Multicultural Multitrack Mix) 2016 #吉川晃司/The Power Station/Jam & Lewis 

genre tag:AOR/BLUE-EYED SOUL, MELLOW   ▼CLICKでDATA表示 ▪︎もうすぐ第三弾がリリース予定ということで『Remixed With Love By Joey Negro』シリーズをおさらい。これは方々で有名な曲ですね。うちら世代のリアルタイム観だとRobert Palmerと言えばJam&Lewis作曲/プロデュースのCherrelleのカヴァーを元ChicのBernard Edwardsがプロデュースした「 I Didn't Mean To Turn You On (1985) 」やDuran DuranのAndy Tay...
Read More

◤本日の1曲♪【ROCK/POPS】Nicolette Larson - Lotta Love (Joey Negro Yacht Disco Mix) 2014 

genre tag:ROCK/POPS, AOR/BLUE-EYED SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎もうすぐ第三弾がリリース予定ということで『Remixed With Love By Joey Negro』シリーズをおさらい。元々はPopsジャンルの曲 (邦題『溢れる愛』作曲:Neil Young) だけど──1979年に全米8位の大ヒット──、1978年という時代柄、音は緩ぅ〜くディスコっぽくて──要するに当時のコンテポラリー・サウンド──、Jim Burgessによる12" Remixなんかも当時リリース...
Read More

༺2018 winter collection༻【20】Alex (Alexandra Naumik Sandøy) - I Gotta Feel Something (1977)  

genre tag:FUSION/RARE GROOVE, MELLOW, AOR/BLUE-EYED SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎今、気まぐれ起こして軽く「༺2018 winter collection༻中」というわけDE、昨日のつづき。簡単に言えば〝オレが選曲/制作する極上のコンピレーション〟だと思ってくれて結構──もしくは〝疑似Radio Show〟とでも。細かくリセットしながら前に進んでるので、実はコレ、いつまでも続けられるんだけど、ボチボチ終わりにしようかな (笑) 。自然...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW】Charme feat.Luther Vandross - Georgy Porgy (1979)  

genre tag:SOUL, MELLOW, AOR/BLUE-EYED SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日はちょっと渋谷で寄り道をしてしまいましたが、今日は一昨日の続きです。Luther Vandrossは『Never Too Much (1981) 』でメジャーデビューするまでは様々なセッションに参加するゲスト・ボーカリストの仕事が多かったわけだけど──インディーズとしてはLuther名義の『This Close To You (1977) 』が特に人気──、それらを一つ一つ洗っていくとキリ...
Read More

◤本日の1曲♪【CONTEMPORARY FUSION/NEW WAVE】Everything But The Girl - Album『The Language Of Life』(1990)  

genre tag:FUSION, NEW WAVE, BLUE-EYED SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎ココからの続き。「Roberta Flack - Uh-Uh Ooh-Ooh Look Out (Here It Comes) 」を久々に聴いていたら、真っ先に「Everything But The Girl - Album『The Language Of Life』(1990) 」を想ひ出して、ムワサカ (まさか) と思って辿ったら、同じくJerry Hey絡みでしたとさ。「Letting Love Go」は以前にも単体で記事にしてるけど、アルバム全体としても...
Read More

◤今夜の1曲♪【BLUE-EYED SOUL】Daryl Hall - I'm In A Philly Mood (1993) #タモリ倶楽部「空耳アワー」 

genre tag:AOR/BLUE-EYED SOUL, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎タモリ倶楽部「空耳アワー」の名作「揚げ豆腐だ! 今日のおかずは 揚げ豆腐だ!」──「I Can't Go For That (No Can Do)」でお馴染みHall & OatesのDaryl Hallが1993年にリリースした、ソロとしては三作目のアルバム『Soul Alone』からのシングルカット。完璧にClub Music-Orientedな名曲「Stop Loving Me, Stop Loving You」(Marvin Gayeネタ) の方がDJ的...
Read More

◤今夜の1曲♪【AOR】Ned Doheny - What Cha' Gonna Do For Me? (1988) #「Quincy Jones - Stomp!」経由でリーチ。 

genre tag:MELLOW, AOR/BLUE-EYED SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎今夜も昨日も取り上げたQuincy Jonesの1995年のアルバム『Q's Jook Joint』からピックしようと思って実際に音源も並べたんだけど、関連事項をサーフしてるうちに他の曲にリーチしちゃったので、変則的ではありますが、そこにフォーカスして記事にしてます。ま、DJ的な思考迷路の典型例として。要は「Stomp (The Remixes) 」から話は始まって、これのAlbumヴ...
Read More

◤本日の1曲♪【FRENCH DISCO BOOGIE】Over Drive - Lady Jones / Original Funky (1975)  

genre tag:NEW WAVE, RARE GROOVE, FUNK, AOR/BLUE-EYED SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎一昨日の続きで、今日からは『Boogie Times Presents The Great Collectors Vol. 16』に移行します。コンピ収録曲は「Taste」だけど、問題作は1975年のキテレツ盤の方。時代的には当時のJazz Funk (Rare Groove) を下敷きにした意匠だけど、白人中心のフランスのバンドだけあって、奇跡的に〝その音楽的訛り〟が〝あらぬ方向〟に作用...
Read More

◤本日の1曲♪【80's FRENCH BOOGIE】Plaisir - Visa Pour Aimer (1984)  

genre tag:DANCE CLASSICS, 80's MODERN SOUL, AOR/BLUE-EYED SOUL, SUMMER GROOVE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎話としては昨日の続きだけど、今日からは『Boogie Times Presents The Great Collectors Vol. 15』に移行します。この曲は2000年代に入る前に突如として勃興した「Italo/French Funk発掘ブーム」の時にリストアップされてましたね。よくレコ屋の壁にも飾ってありました。同時代のUSファンクやNYサウンドのマナー...
Read More

◤本日の1曲♪【BLUE-EYED SOUL】James Walsh Gypsy Band - Cuz It's You Girl (1978) 

genre tag:AOR/BLUE-EYED SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎在庫整理気味で。7inchはバカ高いけど、アルバムは普通。やや「フリーソウル指数」タカーメなのでそこまで得意なサウンドではないけれど、この季節の午前中に聴く分には悪くない。 VOCAL HOUSEDEEP HOUSELATIN HOUSEDOWN TEMPO/R&B HOUSEINST/DUB HOUSEJAZZY VIBETECHNO/ELECTROAFTER HOURSCHILL OUT/AMBIENT DANCE CLASSICSSOUL/FUNK'80s MO...
Read More

◤本日の1曲♪【BLUE-EYED SOUL】Jaki Whitren & John Cartwright - Stay Cool (1983)  

genre tag:NEW WAVE/UK ROCK, AOR/BLUE-EYED SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎1983年の変わり種。ジャンル的にはUK ROCKからの派生だと思うけど、極めてFUNK寄り。近年再発を通じて再評価が高まってるみたいね。オレもどこで知ったんだろう。適当にYouTubeやDiscogsの浜辺をウロウロしてる時かな (笑) 。「Go With The Flow」の方がClub Music寄りだけど、音楽そのものの力は「Stay Cool」の方が強い。セッション一発録りだ...
Read More

◤本日の1曲♪【DOWN TEMPO HOUSE】Richard Darbyshire - This I Swear (Morales & Knuckles Radio Mix) 1993 #Lisa Stansfield/Frankie Knuckles/David Morales 

genre tag:UK SOUL, DOWN TEMPO/R&B HOUSE, AOR/BLUE-EYED SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎この機会にDavid Moralesのちょっと痒いところをさらってます (笑) 。DEF Mixモノが得意とする、いわゆる「Down Tempo」系のハウスの中でも抜群の完成度を誇るマイナー盤。2000年前後のUK SOULバブルの際に掘り起こされてますが、2000年に出た再発盤以外ではアナログ未収録のAlbum Version (Original Version) がなかなかイイじゃな...
Read More

◤本日の1曲♪【FUSION/NEW WAVE】Everything But The Girl - Letting Love Go (1990)  

genre tag:FUSION, NEW WAVE, BLUE-EYED SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎どういう話の流れかは忘れたけど、「Mica Paris & Bobby Womack - I Wish I'd Met You」や「Calvin Brooks feat. Hari Paris - My Favorite Thing 」でFusionライクなUKモノを紹介したので、そこから少し斜め上に展開して、こんな曲なんかどうでしょう。このへんはオレの隠しネタなので、世間的に定番なのかとか、そんなことは知らない。Album Onlyで...
Read More

◤本日の1曲♪【BLUE-EYED SOUL】The Style Council - Shout To The Top (1984) 

genre tag:AOR/BLUE-EYED SOUL, NEW WAVE/UK ROCK, POPS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「SouLutions - Listen」なんかを聴いていると「やっぱどいつもこいつもスタカン (The Style Council) の子供なんだなあ」と感じてしまう。薄々バレてるかとは思うが、オレ自身は人生で一度もスタカンにハマったことはない (笑) 。日本酒で言えば「新政」みたいなもんで、どうにも心揺さぶられるテイストを探せない。もちろん、音楽...
Read More

◤本日の1曲♪【AOR/MELLOW】Chime - Love Come Back (1980)  

genre tag:80's MODERN SOUL, AOR/BLUE-EYED SOUL, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎一昨日に引きつづき『Boogie Times Presents The Great Collectors Vol. 7』から。Chimeはドイツのスタジオ・ミュージシャンの集まりみたいね。1980年産ということに着目すると、実は本家NYサウンドが手にするよりも少し早い段階でこの手の練れたMellownessを獲得してるという事態になるわけだけど、要するにミュージシャン流儀なスタジ...
Read More