◤黒澤 - 生酛 純米 直汲み生原酒 仕込45 赤ラベル 28BY ── dಠಠb「オレが飲んだ他のどの黒澤とも違う」#Fresh, Fruity, Spicy 

検索ワード:黒澤 生酛 純米 直汲み 赤黒澤 生酛黒澤洋平 杜氏 まーた飲んでる黒澤です。これもそのうち「得意銘柄」に昇格しそうだな (笑) 。「いろいろな銘柄の酒を飲みたい」──もちろん、この気持ちは強いし、常にそう思ってる。だけど、結果的に「その銘柄のことがもっと知りたい」という気持ちの方が勝つ、それだけ。そしてつい最近気づいたのは、そうして「得意銘柄」を増やした方が、他の銘柄の酒を飲んだときの集中力も高...
Read More

◤長陽福娘 - 限定直汲み 純米 山田錦 無濾過生原酒 27BY 2本目!── dಠಠb「大事なのは、その女性が47歳になっても変わらずに持っている彼女なりのコアな人間性について語ることじゃないのか」#Well-Cured 

 というわけDE、山を飛び、谷を越え、ぼくらの町へやってきた、長陽福娘 (ちょうようふくむすめ) です。サンジュリアンさんに3,000円で譲ってもらいました。去年の2月末に全く同じモノを呑んで☆6を付けてます。今この瞬間に同じ状態の同じ酒が現れても☆6を付ける自信ありますね。 そして 最近思うのは、オレにとって「篠峯」や「長陽福娘」は「好きな銘柄」ではなく「得意な銘柄」だということ。どうこれ? 結構「新しい表現」だ...
Read More

◤五橋 - 生酛 純米大吟醸 馨嘉 生酒 28BY ──dಠಠb「720mlなら☆2を付けていた可能性もあったが、木香は3日目から気にならなくなった」 

検索ワード:五橋 馨嘉 生酛五橋 木桶五橋 酒井酒造 つい最近呑んだ「六十餘洲 純米吟醸 雄町 生酒 28BY」を買うついでに何となく同梱してみた五橋 (ごきょう) の馨嘉 (けいか) です。 ちょうどこの頃、イケセイ (池袋西武) に蔵元の若いアンちゃんが試飲イベントに来てたからいろいろ訊いたんだけど、彼は何を質問しても手短かつプラスαのことまで要領よく答えてくれて、そういう意味ではなかなか頭の良い若者ではあった──それ...
Read More

ტ 本日までの転入生 ── dಠಠb「山を飛び、谷を越え、ぼくらの町へやってきた、☆6娘がやってきた」 

  毎度アクセスありがとうござます。 山を飛び、谷を越え、奈良と長野から我が家に酒が届きました。時間なくて酒屋の巡回はサボり気味です。まだまだ買いたい (買わねばならない) &飲みたい酒がオッパイあるので、Twitterも含め──そもそもやってない (笑) ──、ネット周辺の話題酒の情報集めは読者さんに丸投げします。なにかあればBBSよりタレコミください。 最近はますます日本酒ソサエティの中でガラパゴス化してる──ような...
Read More

◤黒澤 - 生酛 純米 穂積 蔵付酵母仕込 蔵熟生酒 27BY ── dಠಠb「遂に服を脱ぐ、黒澤ほづみ 27歳 独身」#Wine Oriented, Clear, Well-Cured 

検索ワード:黒澤 生酛 純米 穂積黒澤 生酛黒澤洋平 杜氏 photo: 木ノ下淳一 アトリエ・キノチッタ ブログ そろそろアタリを出さないと「Type-7」の美しい想ひ出が青い鳥となって北八ヶ岳の空の彼方に飛び去っていきそうな危うい気配を感じつつ、満を持して登場、黒澤ほづみ 27歳 独身 (黒澤 穂積 27BY 生酒) です。 ここまで来るにはスッタモンダありまして、注文したはずの酒屋から「HP上の在庫表示が間違ってた。えっ? ビ...
Read More

◤風の森 - 純米大吟醸 山田錦45 しぼり華 無濾過生原酒 28BY ── d++b「とにかく平凡、元気がない、病気、つまり風邪の森さん、この蔵はもう黄昏間近」#Fresh, Fruity, Women 

 ちょっと久々?──いや、少し違う。久しく本当に旨い風の森を呑んでないだけ。去年の12月に「純米 露葉風70 笊籬採り 28BY」を呑んだ時、クワナリの違和感があった。それを当時のオレはこう書いていた。 この銘柄こそ官能を刺激するレベルでの旨さを体現しなくては嘘だろう。この程度の出来栄えでもそれなりに「風の森っぽさ」が表現されているところにオレは危険な兆候を感じざるを得ない──つまり、創作に付きものの「自己模倣...
Read More

【SUB TEXT】「酉与右衛門 亀の尾60 直汲み生」を速醸・山廃で飲み比べ! 

 毎度アクセスありがとうございます。 ☆付けがあるので、個別記事はそれとして上げたいんだけど、二度手間になってもあれなので、ここは簡易版の速報として。ま、BBSに毛の生えた──というか、BBSがアフロボンバーになった感じでササっと紹介します。 というわけで、週末だし、適当にワイワイ飲んだだけですが、注目すべきは数値です。「アミノ酸度」がキッチリ「山廃」の方が低い数値に仕上がってます。つまりは「カロリーオフ...
Read More

◤酉与右衛門 - 山廃 純米 直汲み 亀の尾60 無濾過生原酒 28BY ── dಠಠb「山廃を先に飲むべき、そうしないと水になる」#Fresh, Dry, Clear 

検索ワード:酉与右衛門 山廃 純米 直汲み 亀の尾川村酒造店 よえもん  28BY的M@FG (にじゅうはちびーわいてきみるくあっとふらわーがーでん) に対する、酸族moukanファミリーにとっての救世主となるのか、ドライ一徹、セメダイン上等の酉与右衛門 (よえもん) です。27BYは同じ酒の速醸を呑んで堂々の☆4.5です。今季も高めの日本酒度から繰り出される果実ビームに期待です。ちなみに杜氏本人 (写真右) は「熱燗」が好みだそう (...
Read More

◤酉与右衛門 - 純米 直汲み 亀の尾60 無濾過生原酒 28BY ── dಠಠb「速醸らしいリアルな果実感がシカーリ出てます」#Fresh, Fruity 

検索ワード:酉与右衛門 純米 直汲み 亀の尾川村酒造店 よえもん  28BY的M@FG (にじゅうはちびーわいてきみるくあっとふらわーがーでん) に対する、酸族moukanファミリーにとっての救世主となるのか、ドライ一徹、セメダイン上等の酉与右衛門 (よえもん) です。27BYは同じ酒の速醸を呑んで堂々の☆4.5です。今季も高めの日本酒度から繰り出される果実ビームに期待です。ちなみに杜氏本人 (写真右) は「熱燗」が好みだそう (笑) 。...
Read More

◤千代 (篠峯) - 純米 キヌヒカリ60 無濾過生原酒 26BY 2本目!── dಠಠb「26BY再び、伝説は死なず!」#Well-Cured, Umakuchi 

 毎度「篠峯」でお馴染み、千代酒造の番外編的なお酒になります、26BY再び。ちなみに27BY/28BYは未発売なので、単発モノなのかな。地元産のキヌヒカリを60%まで磨いた無濾過生原酒の純米スペックで、「日本酒度:+2.3、酸度:2.5、酵母:協会6号」というスペック。ちなみに「夢山水」は以前にリリースされていた商品で、ラベルが蔵に余ってたから再利用したとのこと。 実はこれ、ちょうど去年の同じ時期に全く同じモノを1年熟...
Read More

◤黒澤 - 生酛 純米 穂積 蔵付酵母仕込 蔵熟生酒 28BY ── dಠಠb「相変わらず香りは完璧だけど、含むと過剰なる黒澤チョークの砂塵、この段階では少し薄くて細いです」 

 今夜は昔moukan1973♀とよく行っていた中華屋 (香港屋台料理) に友人 (春のシャン祭りにも参加した王の従者=カナリア2号=黒澤の使者) を交えて3人で十数年ぶりに足を運ぶわけだが、当然ながら酒に関しては外でロクなモノは飲めないので、それならばということで、 dಠಠb「だったら軽くうちで黒澤の穂積28BYでも毒味してから行くか」という話になった。というのも、前にも書いた通り、たまたまカナリア2号の自宅の近くに「黒澤」...
Read More

◤仙禽 - かぶとむし 山田錦50 無濾過生原酒 28BY ── dಠಠb「まさに飛んで火に入るカブト虫、ハニーレモンジーナ割りは太陽棒!」#レモンスカッシュと白ワインに失礼 

 27BYから突如はじまった「仙禽 甘軽時代」に全く興味のない、酸をつなぐ者、鬼の子シャンシャンmoukan1972♂です。ここの蔵は一生「赤とんぼ 生酛 亀ノ尾」だけ通年で造ってりゃいいんだよ。 だったら買うなよ──。 ちげえよ、もらったんだよ (笑) 。というわけDE、すでに昨日「軽く2杯だけ」飲んでます。旨けりゃ3杯でも4杯でも飲むんだけど、残念ながらそうはならなかった。ま、一緒に飲んでた酒が「百春」だの「黒澤」だの「...
Read More

◤多賀治 - 純米 雄町 限定直汲み 無濾過生原酒 28BY ── dಠಠb「いわゆる一つの『俺称:赤い実の酒』なので飲めるは飲めるが〝その秘密〟を全ては語ってくれない」#Fresh, Dry 

検索ワード:多賀治 純米 雄町 限定直汲み多賀治 十八盛酒造居酒屋兆治 遂に男と男の約束を果たす時が来た──「タカオマ」こと多賀治の雄町、お待ちどおさまです。関係ないけど、なんか「多賀治 (たかじ) 」という字ヅラを見ると「居酒屋兆治 (いざかやちょうじ) 」とリンクするんだよな。そして「多賀治=高倉健」というビジュアル的な相互関係が勝手に頭の中で構築される (笑) 。 ここ数日はダラダラと「百春#15」を飲んでま...
Read More

◤百春 - 特別純米 直汲 五百万石 #15 (仕込み15号) 無濾過生原酒 28BY ── dಠಠb「仕込み5号とは全くの別物、そしてオレの百春体験の中では最もハードボイルドにホロ苦ジューシイ」#Fresh, Spicy, エアリアル「焼きとうもろこし味」 

検索ワード:百春 五百万石 直汲百春 小坂酒造場花の子ルンルン つい先日飲んだ「仕込5号 (雄山錦) 」が驚くべきほどの「イマドキ牛乳@お花畑なクソ酒」だったので、思わず鈴木雅之の『違う、そうじゃない』の替え歌まで飛び出してしまった百春 (ひゃくしゅん) の、今度こそ頼むぞ1800mlで買っちまったんだからなコノヤロウ、五百万石です。 主に「百春」の直汲みシリーズは「麹米」に酒造好適米を使用して、一方「掛米」に安価...
Read More

ტ 本日までの転入生 ── dಠಠb「男は黙って辛口セメダイン」#酉与右衛門/黒澤 

 毎度アクセスありがとうござます。 ちょっと抜け出す時間があったので、パーっと行ってサクっと買ってきました。「黒澤」は先日酒屋の手違いで買えなかった27BYです。歩いてたら空から降って来たので仰け反りながらキャッチしました。危うく落としそうになりましたが、割れなくてよかったです。 ▲隣人さんは見た──火曜ドラマ『あなたのことはそれほど』より。見事なまでにベタな展開 (笑) 。しかしここまで主人公がアーパーな...
Read More

◤MONTHLY REPORT - 2017/5 (日本酒:米鶴/六十餘洲/众/菊鷹/黒澤/福田/十旭日/萩の鶴/冩樂/田光/儀助/百春/巖 etc.) 

MONTHLY REPORT ── 2017年5月に呑んだ日本酒のまとめ ▪︎2017/5月 (合計18本=1升瓶×5本、4合瓶×13本)Moukan's tag:MONTHLY REPORT ▼画像CLICKで該当記事にJUMP  ヘトの泪 (4.0)  萩の鶴 (3.5)  黒澤 (4.0)  福田 (4.0)  冩樂 (3.0)  黒澤 (4.0)  十旭日 (4.0)  米鶴 (4.5)  ヘトの泪 (3.5) ...
Read More

◤众 -gin- 山廃 純米 生原酒 仕込み28号 2本目 28BY ── dಠಠb「草度は生酛より低め、ちゃんと酸っぱいが果実味はない、いい意味でその世界で泳ぐことに心地よさ、楽しさを感じる、いわば素直な観測者 (鑑賞者) になれる」#Unique 

検索ワード:众 山廃众 柴田酒造場「众」ブランド誕生秘話 前回の「生酛 純米 生原酒 仕込13号 1本目 28BY」がニャカニャカ (なかなか) のインパクトを残した众 (ぎん) の山廃ヴァージョンです。「あべ」しかり、この手の風変わりな味わいの銘柄はスペックが変わったくらいで急なキャラ変を起こしたりはしないとは思うけど、众だし山廃だし、今オレが当たりに行く酒でこれくらい条件の揃ってるモノはないということで、ちょうど「...
Read More

◤百春 - 特別純米 直汲 雄山錦 おりがらみ #5 (仕込み5号) 無濾過生原酒 28BY ── d▅ ▅b「違う違う、そうじゃ、そうじゃない、草を探せない」 

 今季初エントリーの百春 (ひゃくしゅん) です。日曜に『第4回・味クラーヴェ大会』の中で呑んでるので、初日の感想はコチラをご覧下さい。 我が家における「百春」に対する信頼度は非常に高いと言えます。26BYの雄山錦は☆6、27BYは3本呑んで☆5、☆4.5、☆4と、アベレージで言えば27BYの「長陽福娘」を超えるほど。 そして「百春と言えば甘辛スパイシーで草!」というのが夫婦の共通理解。直汲みらしいガスの爽快なBGMに乗ってシ...
Read More

◤篠峯 - 純米大吟醸 雄町 中取り生酒 Type-M 28BY ── dಠಠb「出逢った頃は、こんな木香、するとは思わずにいた」#三幸製菓/白米せんべい 

 時期をあけて呑んだ2本の26BYに対して両方とも☆7を付けた篠峯 (しのみね) の看板商品「純米大吟醸 雄町 中取り生酒」です。日曜に『第4回・味クラーヴェ大会』の中で呑んでるので、初日の感想はコチラをご覧下さい。http://www.chiyoshuzo.co.jpMoukan's tag:篠峯味クラーヴェ大会杜氏のfacebook 『シノミネを飲みながら』   お気に入りの酒 一人唎いてみるの シノミネはボヤけた味覚 (を)  指導してくれるから 木香 (き...
Read More

◤黒澤 - 生酛 純米80 うすにごり生 963 80 (クロサワハマル) 28BY ── dಠಠb「場面場面ではラブリーなシーンもあったけど観終わればツライ話だった映画みたい」#Shuwa-Shuwa, Nigori 

 すでに今年5本目の黒澤 (くろさわ) です。日曜に『第4回・味クラーヴェ大会』の中で呑んでるので、初日の感想はコチラをご覧下さい。 出荷が2016年の12月だし、商品属性的にも新酒の第一弾っぽい気もするけど、詳細は知りません。ちょっと変な酒屋で買ったんだんだけど──別に詐欺とか転売屋とかそういうのではない──、店主とのマジカルなやり取りはコチラをご覧いただくとして、徐々に〝ある一つの懸念〟が現実のモノになろうと...
Read More