◤Domaine Rossignol-Cornu et Fils (ロシニョール・コルヌ) AOC Volnay 1er Cru「Robardelles」2008【ドリフ早口言葉BGM元ネタ】Wilson Pickett - Don't Knock My Love PT. II (1971)  

 ▲桜の木に雪が積もる光景の目視は、たぶん、実体験としては、記憶にヌワイ。2020年3月29日 (日) の珍事。 毎度アクセスありがとうございます。 ヴォルネイ1級の「2008」が5,000未満だったので同梱してみました。ボルドーなんかもそうだけど、マイナー銘柄の「蔵出しオールド」にはタマに安いヤツありますよね。 正直、今はまだ、似たような値段の有名ドメーヌの味乗り良くフレッシュな出来良いACブル (Ghislaine Barthodとか)...
Read More

◤Domaine Hudelot-Baillet (ユドロ・バイエ) AOC Bourgogne「Pinot Noir」2017 

 毎度アクセスありがとうございます。 というわけDE、moukan1973♀は無事に〝ミイラ化〟しましたので、独りで二次会です。ジュヴレのACブル (Henri Magnien) を開けてしまったら、シャンボールのそれも飲みたくなってしまうのは資格はないけど仕方ない。つうか、フィッチ (松屋酒店) にも来店したんですね。写真は現当主 (嫁婿) のDominique le Guen (ドミニク・ル・グエン) 氏と宮崎社長です。この感触は何かに似ていると思った...
Read More

◤Domaine Henri Magnien (アンリ・マニャン) AOC Bourgogne Pinot Noir「Moutier」2015 

 毎度アクセスありがとうございます。 キュヴェの名前が違うけど、この「AOC Bourgogne “Moutier” 2015 」は先日に飲んだ「AOC Bourgogne Côte d'Or 2017」の以前のキュヴェ名です。 「2017」からは「AOC Bourgogne Côte d'Or」に変更されてます。この「AOC Bourgogne Côte d'Or」は2019年頃から市場に出回り始めた「新設アペラシオン」で、ぬわんと準備期間に20年も掛かったらしいです。[AOC Bourgogne Côte d'Or?] という...
Read More

◤Quentin Jeannot/Domaine Valerie & Philippe Jeannot (クイントン・ジャノ/ヴァレリー&フィリップ・ジャノ) AOC Maranges「Vieilles Vignes 」2017 

 ▼5分で200円だからバイトとしては悪くもない。 毎度アクセスありがとうございます。 なんでか買ってるValerie & Philippe Jeannot (ヴァレリー&フィリップ・ジャノ) です (笑) 。「ブルピノ処女時代」に何を買っていいのか分からなかった時、たまたま近くにいた不井裸出酢 (ふぃらでぃす) くんと付き合ってしまった〝か弱かった私〟だけど、牛 (もう) 、アナタからは卒業します! Firadisのワイン (特にシャンパーニュ) は好...
Read More

◤Domaine Bruno Clair (ブリュノ・クレール) AOC Marsannay「Marsannay Rose」2018 

 毎度アクセスありがとうございます。 Bruno Clair (ブリュノ・クレール) は「ウメムラお任せ赤」に入ってた「Chambolle-Musigny “Les Véroilles” 2013」を飲んでいて、さほど印象には残らなかったんだけど、元々はマルサネ生まれの造り手なので、ロゼを買ってみたら──Jean Fournier (ジャン・フルニエ) のロゼがフィッチで即行SOLD OUTしたからという事情もあったんだけど──、こっちの方が好きでしたというお話です。 ブルゴー...
Read More

◤Jean Fournier (ジャン・フルニエ) AOC Marsannay「Cuvée Saint-Urbain」Rouge 2017 

 ▲ちなみに我が家ではこの組み合わせを「アカワサンド (赤ワインサンド) 」と呼んでます。タマタマmoukan1973♀が仕事で〝そっち方面〟に行くというので、運良く〝ブッツ・チャンス〟到来となりました。左から「ケイジャンチキン」「ローストビーフ」「海老&ブロッコリーサラダ」。 右は期間限定のスイーツ系。[Instagram][facebook][浦安に住みたい!web] ▼遂に2号店が銀座にOPEN!  毎度アクセスありがとうございます...
Read More

◤& Arlaud (エ・アルロー) AOC Bourgogne「Oka」2015 

 ▲いつも言ってるが、早く誰か貰ってやれ。<わたしは仕事で海外に来たいわけじゃない・・・> ←心の声。 毎度アクセスありがとうございます。 というわけDE、同梱ピノです。そこそこアタリだったので、余計な出費にならなくて良かったです (笑) 。正直「3,544円」という値段だけで適当にチョイスしたに過ぎなかったんだけど、実は「楽天最安値」だったみたいです。 若手人気ヴィニュロン (Domaine Arlaudのシプリアン・アルロ...
Read More

◤Domaine Henri Magnien (アンリ・マニャン) AOC Bourgogne Côte d'Or「Pinot Noir」2017 

 ▲Cook Doの「中華が、家族を熱くする。」シリーズの本格的な新作は約2年ぶり。二人の連ドラ主演作品がそれぞれ放映中のこのタイミングで公開とは賢いな。[広東式・四川式麻婆豆腐 コクうま・辛うま篇 36秒][回鍋肉 夜風篇 30秒][麻婆茄子 茄子飯篇 36秒][2018-2019年の過去作品まとめ] 毎度アクセスありがとうございます。 ちょっと久々のブルピノです。Henri Magnien (アンリ・マニャン) はジュヴレ・シャンベルタン...
Read More

◤Ghislaine Barthod (ジスレイヌ・バルト) AOC Bourgogne「Rouge」2015 

 ▲東京在住歴ウン十年。〝代官山大好き〟の未だに垢抜けないフミヤくん。きっと衣装は自前なんでしょうね (黙ってスタイリストの用意する服を着とけ) 。これじゃ、田舎のガソリンスタンド (or フードコートのホットドッグ屋) の店長が余興でギターを弾いてる風にしか見えないよ。チェッカーズの当時の人気ぶりは今の男性アイドルグループの比じゃないですよ。まさに昭和のスーパースターですよ。クラスの女子 (小6) が「フミヤが ...
Read More

◤Domaine Lécheneaut (レシュノー) AOC Bourgogne/Hautes-Côtes de Nuits「Rouge」2016 

 ▲BSの正月特番で観て、moukan1973♀と超ウケたんだけど、今は世知辛い時代ですね。とっくにYouTubeでネタばらし (営業妨害) されてました。どうりで最近、地上波のマジック系特番が減ったわけだ。別に種が分かっても普通の人には再現不可能だし、オレは好きなんだけどね、マジックもマリックもアート・オブ・ノイズも。 photo: wine-mart.net 毎度アクセスありがとうございます。 Domaine Lecheneaut (レシュノー) はNuits-Sai...
Read More

◤Domaine Marquis d'Angerville (マルキ・ダンジェルヴィル) AOC Volnay 1er Cru「Fremiet」2006 

 ▲メイキングまだー? もしかしたら別撮りかもな。[ららぽーと BARGAIN!! 12月26日から!][CMギャラリー2019][2018年まとめ][2017年まとめ] 毎度アクセスありがとうございます。 JTBのトラベルポイントが失効するというので〝実質半額〟くらいで買ってみたけど@JTB SHOPPING──商品代金の50%までしかポイントを使えない糞なルールがある──、それでもマトモに買って9,900円 (送料込) は割高だし、そればかりか年々値上...
Read More

◤Frédéric Esmonin (フレデリック・エスモナン) AOC Bourgogne「Les Genévrières」Pinot Noir 2017 

 ▲いつまで経っても面白いCMを作れないdocomoが遂にドーピングまがいの禁じ手を使って来た。まるで「タラコを食いながらイクラを噛んでる」かのような、効果的な配役ケミストリー皆無の浅はかな戦略。そもそも「同じクラスの親友同士」という設定に無理がある。美波ちゃんが「カンナ」と相手を呼び捨てにするのも激しく違和感アリマクリータだが、更なる違和感は、受験勉強のことで弱音を吐く美波ちゃんを橋本環奈が励ますという...
Read More

◤Domaine Bruno Clair (ブリュノ・クレール) AOC Chambolle-Musigny「Les Véroilles」2013 

 ▲英語表記にすると微妙 (笑) 。[TVer - アナザースカイII]※12月13日 (金) 23:44 配信終了。 ▼「6本3万コース」だと、だいたい税込43,000〜45,000円分くらいのセットになる。部分的なリクエスト (商品指定) も可能。今だと「新春福袋」の方がバリエが多い。 毎度アクセスありがとうございます。 いつだったかの「ウメムラの3万コース・ブルゴーニュ6本」の中の「お任せボトル」です。ここのセットは、常識の範囲内であれば、...
Read More

◤Frédéric Magnien (フレデリック・マニャン) AOC Chambolle-Musigny「Vieilles Vignes」2013  

 毎度アクセスありがとうございます。 Frederic Magnien (フレデリック・マニャン) は「信濃屋」が推してるネゴシアンながら、輸入元のHPにも書いてある通り──「畑の所有者から委託を受け、栽培チームを派遣し畑の管理を全て自分達で行う新しい形のネゴシアン。書類上はネゴシアンだがドメーヌと変わりない仕事をしている。」──という、ちょうどシャブリのCloserie Des Alisiers (クロズリー・デ・アリズィエ) なんかにも近いア...
Read More

◤Michel Lafarge (ミシェル・ラファルジュ) AOC Bourgogne「Pinot Noir」2015 

 ▲外で何かを食っても滅多に褒めないオレが珍しく「旨い、旨い」言うもんだから、いつしかmoukan1973♀の頭の中で強大な存在にまで──半ば妄想的に──膨張していた、只今、JR京葉線「新浦安」の改札を出てすぐのアトレにしか店舗を構えていない「Bütz Sandwich (ブッツ・サンドウィッチ) 」が遂に我が家の台所に光臨。どれもブルジョア価格 (500円前後が中心) ではあるが、もしも「新浦安」に降り立つ機会があれば。ディズニーランド...
Read More

◤Joseph Voillot (ジョセフ・ヴォワイヨ) AOC Volnay「Vieilles Vignes」2015 

 ▼写真クリックで説明箇所が拡大。 毎度アクセスありがとうございます。 フランスはブルゴーニュ地方、Côte d’Or (コート・ドール) の南エリア「Côte de Beaune (コート・ド・ボーヌ) 」にある「Volnay (ヴォルネイ) 」の村名ワイン。近所の信濃屋で購入。スポット商品で5,500円だったけど、楽天だとトスカニーのみの扱いで7,040円なので、まあ安くは買えたのか。基本的には「安売り」を高らかに謳う店でもないけど、シャンパー...
Read More

◤Philippe Leclerc (フィリップ・ルクレール) AOC Bourgogne Rouge「Les Bons Bâtons」2015 

 毎度アクセスありがとうございます。 ジュヴレ・シャンベルタンのドメーヌですが、ACブルはシャンボール・ミュジニーの区画のブドウを使用してるみたいです。まるでプレスティージュ・シャンパンみたいなデブ瓶なので、家庭用冷蔵庫だとちょっと邪魔です。 ちなみに「Les Bons Bâtons (レ・ボン・バトン) 」という区画は下の地図には載ってませんでした。 photo: bourgogne-wines.jp 「Les Bons Bâtons (レ・ボン・バトン) 」...
Read More

◤Charles Noellat (シャルル・ノエラ) AOC Ladoix Rouge 2006 

  ▲『HELLO WORLD』のサントラはあくまでもOKAMOTO'Sが中心の音楽プロジェクトなので、最も大衆的でキャッチーな作りである「Official髭男dism - イエスタデイ」を大々的に前面に押し出して刷り込めない (音楽ベクトルでの洗脳的な印象付けができない) という問題 (主題歌が3つあること) がここへ来て小さくない障害に。先に配信した「OKAMOTO'S - 新世界」なんかまるでチャートインしてないけど──普通の人々の「OKAMOTO'Sは洋楽...
Read More

◤Charles Noellat (シャルル・ノエラ) AOC Ladoix Rouge「Les Briquottes」2008 

 毎度アクセスありがとうございます。 Côte de Beaune (コート・ド・ボーヌ) 地区の北に位置するアペラシオン「Ladoix (ラドワ) 」の「2006」と「2008」を味クラーヴェしてますが、Charles Noellat (シャルル・ノエラ) はネゴシアン (ブドウやワインを買い付けて瓶詰めする業態) なので、たぶん両ワインの生産者 (ブドウ栽培者) は別です。評価が異なるのでそれぞれ個別にUPしてますが、初日までの内容は同じです。 結論を先に...
Read More

◤Frédéric Magnien (フレデリック・マニャン) AOC Chambolle-Musigny「Vieilles Vignes」2015 

 毎度アクセスありがとうございます。 Frederic Magnien (フレデリック・マニャン) は「信濃屋」が推してるネゴシアンながら、輸入元のHPにも書いてある通り──「畑の所有者から委託を受け、栽培チームを派遣し畑の管理を全て自分達で行う新しい形のネゴシアン。書類上はネゴシアンだがドメーヌと変わりない仕事をしている。」──という、ちょうどシャブリのCloserie Des Alisiers (クロズリー・デ・アリズィエ) なんかにも近いア...
Read More