もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 今週の『歌謡ゲスオテン (通うゲス男テン) 』、初登場1位。一番悲惨なのは桐谷くん。ヒット&当たり役の予感もあっただけに。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤Feudo Arancio (フェウド・アランチョ) DOC Sicilia「Grillo」2018 

 毎度アクセスありがとうございます。 Feudo Arancio (フェウド・アランチョ) は、イタリアはシチリア州のトレンティーノに拠点を置く「Mezzacorona (メッツァコロナ) 」グループ (※1904年に創業、グループ全体でイタリア国内第6位の規模を持つ) が2001年に新天地を求めて新たに創業した旨安ワイナリーですね。 この「カラフルな品種違いシリーズ」はそのへんのスーパーや酒屋でもよく見掛け、しかも値段が1,000円前後とアホ安...
Read More

◤Villa Sparina (ヴィッラ・スパリーナ) DOCG Gavi「Gavi Del Comune Di Gavi」2018 

 ▲むしろ武田真治より美波ちゃんの「しくじり授業」を観たいぞ。 毎度アクセスありがとうございます。 今では全国のアチコチ──でもないのか?──で展開している、ファミレス形態の「サイゼリヤ」っつう、イタリアン (とも言いたくないようなイタリアン) があるんだけど、オレが初めてこの店を訪れたのは1993年だったと記憶していて、何が言いたいかというと、我々世代における「ワイン・ヴァージン」の口切りは、意外にファミレ...
Read More

◤Feudo Arancio (フェウド・アランチョ) DOC Sicilia「Chardonnay」2018 

 毎度アクセスありがとうございます。 Feudo Arancio (フェウド・アランチョ) は、イタリアはシチリア州のトレンティーノに拠点を置く「Mezzacorona (メッツァコロナ) 」グループ (※1904年に創業、グループ全体でイタリア国内第6位の規模を持つ) が2001年に新天地を求めて新たに創業した旨安ワイナリーですね。 photo: イタリアワイン専門店 トスカニー この「カラフルな品種違いシリーズ」はそのへんのスーパーや酒屋でもよく...
Read More

◤Anselmi (アンセルミ) IGT Veneto「San Vincenzo」2018 

 🎉祝🎉『アナザースカイ II』出演!!! ▲遂にこの時がキタっ。〜12月6日の『アナザースカイ II』は浜辺美波がイタリア・サルデーニャ島へ〜[予告]  photo: 楽天フェシリティー 毎度アクセスありがとうございます。 今年の4月に飲んだ「2017」が気に入ったので、さっそく「2018」を買ってみました。 イタリアはヴェネト州、ソアーヴェ地区のカリスマ生産者ですが、協会に対する改善案が受け入れられないことを理由に「DOCソ...
Read More

◤San Michele Appiano (St. Michael-Eppan / サン・ミケーレ・アッピアーノ) DOC Südtirol - Alto Adige「Sanct Valentin」Sauvignon 2017 

 ▲資生堂「MAJOLICA MAJORCA」のWEB CM第2弾。TVのOn Airはナシゴレン。撮影時、そのあまりの可愛さに感動して泣いてしまう女性スタッフもいたとか (笑) 。[「自分にぴったりの、トーンアップ。」篇 (第2弾) ][「自分だけの、大きな瞳へ。」篇 (第1弾) ][特設サイト] 毎度アクセスありがとうございます。 北イタリアは「Trentino=Alto Adige (トレンティーノ=アルト・アディジェ州) 」の白ワインです。ちょうどスイスと...
Read More

◤Pieropan (ピエロパン) DOC Soave Classico「La Rocca 」2016 

 毎度アクセスありがとうございます。 イタリアのヴェネト州の「ソアーヴェ地区」で作られる辛口の白で、Pieropan (ピエロパン) はGini (ジーニ) やInama (イナマ) と並んで「三大ソアーヴェ」と呼ばれるほどの名門。一番安いスタンダード・キュヴェが近所で1,743円で買えるので、これまでに「2016」と「2017」を合わせて5本ほど飲んで来たけど、出来は明らかに「2017」の方が上です。 今回は2つある最上区画「Calvarino (カル...
Read More

◤Stocco / ストッコ IGTヴェネツィア・ジュリア「Sauvignon / ソーヴィニヨン」2017 

 ▲ココは一度喧嘩が始まるとお互いに全く噛み合わねえぞ〜。「理屈 (ネチネチ) vs 感情 (ギャーギャー) 」の闘い (笑) 。是非、添い遂げて下さい。山ちゃんが激ヤセし始めたら要注意。[「永遠にともに」唄・陣内智則] 毎度アクセスありがとうございます。 イタリア北東部に位置する「フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州」の白ワイン。アルト・アディジェと並び、今ではイタリアを代表する「白ワインの銘醸地」として知られて...
Read More

◤MASI / マァジ DOCソアーヴェ・クラシコ「Levarie / レヴァリエ」2016 

 ▲『賭ケグルイ』メンバーの高杉真宙くんと森川葵が4年前に共演していた芳根京子・主演の『表参道高校合唱部!』がHuluで配信されてたから軽い気持ちで何となく観てみたら、ツッコミどころ満載ながらスゲえ笑えたわ。なんか昭和のNHKドラマみたい。ミュージカル版『中学生日記』というか (笑) 。メインキャストが全員オーディションで選ばれたから、当時はみんな無名の10代で視聴率は散々 (TBS金曜22時〜の1時間ドラマ全10回で平...
Read More

◤Mastroberardino / マストロベラルディーノ  IGTカンパーニャ「Neroameta' / ネロアメタ」ブランコ (ブラン・ド・ノワール) 2016 

 ▲2019年5月3日 (金) 映画『賭ケグルイ』初日舞台挨拶@TOHOシネマズ六本木。事前に告げられていた経路をスカーリ忘れ、左端の通路を独り旅する美波ちゃんと、それを止めようと懸命に声を発するマッヒー (※最初はマッヒーも美波ちゃんに釣られて途中まで後ろをついて行ってた) 。どこの誰が撮ったかは知らないけれど、これは何かの「写真コンクール」で入選するレベルの良い写真。二人の性格や力関係を正確かつナチュラルに捉えて...
Read More

◤Pieropan (ピエロパン) DOC Soave Classico「Calvarino」2016 

 ▲映画『エイプリルフールズ (2015) 』の地上波放送より。浜辺美波、撮影時14才 (暗黒期=女性ホルモン増量中) 。まさに醜いアヒルの子 (笑) ! ♡☺♡「アタシも経験あるけど、女のコはこの時期ムクむのよ (笑) 〜」。ちなみに、三幸製菓『ぱりんこ 減塩』だけど、確かに味は薄いんだけど、逆に米の甘みがより強く感じられ、これはこれで嫌いじゃないです。ただ、結構レアであまり売ってない。 ▼2015年3月3日@TOKYO DOME CITY HAL...
Read More

◤Ca'rugate / カ・ルガーテ DOCソアーヴェ「Monte Fiorentine / モンテ・フィオレンティーネ」2015 

 photo: ワイン専門店カーヴ・ド・ヴェレゾン 毎度アクセスありがとうございます。 なんだかんだでこのミネラル感がシャンパン飲みの舌にはよく馴染むということで、ソアーヴェです。2,000円前後の白ワインを考えるとき、ブルゴーニュやボルドーでは少し物足りない (アタリを引くのが難しい) けれど、ソアーヴェなら何とかイケるというか。 楽天におけるイタリアワインの扱いではTOPクラスのトスカニーですら今現在「52種類」...
Read More

◤Anselmi / アンセルミ IGTヴェネト「San Vincenzo / サン・ヴィンチェンツォ」2017 

 ▲いつも使ってる安物のデジカメが遂に壊れたのでiPadで撮影。これからチャリで新宿に買いに行く。 photo: 楽天フェシリティー 毎度アクセスありがとうございます。 イタリアはヴェネト州、ソアーヴェ地区のカリスマ生産者ですが、協会に対する改善案が受け入れられないことを理由に「DOCソアーヴェ」を名乗ることをやめたので、このワイン自体は「IGTヴェネト」── ざっくり「ヴェネトのワイン」──という格付けです。むしろ使...
Read More

◤Cantina Bolzano / カンティーナ・ボルツァーノ DOC Südtirol - Alto Adige / ジュード・ティロール - アルト・アディジェ「ミュラー・トゥルガウ」2015 

 毎度アクセスありがとうございます。 北イタリアは「Alto Adige / アルト・アディジェ」の白ワインです。ちょうどスイスとオーストリアと国境を共にするエリアで、日本語だと「南チロル地方 (Südtirol) 」という呼称の方が馴染み深いです。 セパージュの「ミュラー・トゥルガウ」はヘルマン・ミュラーという植物学者によって1882年に「リースリング」と「シルヴァーナ」を掛け合わせて作られた「新品種」ではあったが、最近のD...
Read More

◤Pieropan (ピエロパン) DOC Soave Classico 2017 

 ▲結局「ラーメン」って食べる機会がないんだけど──夜は外食しない、昼に食うと夜にお腹が空かない──、ちょっとコレは食ってみたいような。神保町の三省堂書店の並び。[蘭州ラーメン 馬子禄 牛肉面] ▲生産者一族。 毎度アクセスありがとうございます。 イタリアのヴェネト州の「ソアーヴェ地区」で作られる辛口の白で、ピエロパンはジーニやイナマと並んで「三大ソアーヴェ」と呼ばれるほどの名門です。過去にコレの「2016」...
Read More

◤Balestri Valda / バレストリ・ヴァルダ DOCソアーヴェ・クラシコ 2016 

  ▲混ざりがいい (笑) 。[Making][Get Wild '89][「Get Wild」TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-] 毎度アクセスありがとうございます。 なんだかんだで買ってる「DOCソアーヴェ・クラシコ」です。どのワイナリーもエントリークラスのキュヴェが1,000円台で買えるのと、シャンパーニュ基準で接してもそれなりの酸とミネラルを感じれるのと、何より、値段的に気にせずいつでも開けられる気軽さがある。ちな...
Read More

◤Azienda Agricola di Lenardo / アジィエンダ・アグリコーラ・ディ・レナルド IGTヴェネツィア・ジュリア ビアンコ「THANKS.」2017 

 毎度アクセスありがとうございます。 イタリア北東部に位置する「フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州」の白ワイン。アルト・アディジェと並び、今ではイタリアを代表する「白ワインの銘醸地」として知られてるらしいので、まあ、今後も適当に拾って行きます。土着品種だけでなく、シャルドネやソーヴィニヨン・ブランやピノ・グリージョ (ピノ・グリのイタリア名) などの「国際品種」も盛んに植えられています。 この「THANKS...
Read More

◤J. Hofstatter (J. ホフスタッター) DOC Südtirol - Alto Adige「Cereseto」Sauvignon 2015 

 ▲ヒドい間違い。日本アカデミー賞を貰ったのは17才の時だし、そもそも今はまだ18才。一体どこから「19才」という数字が出て来るんだ。 毎度アクセスありがとうございます。 北イタリアは「Alto Adige (アルト・アディジェ) 」の白ワインです。ちょうどスイスとオーストリアと国境を共にするエリアで、日本語だと「南チロル地方 (Südtirol) 」という呼称の方が馴染み深いです。 先日「コルテレンツィオ」の記事の中で「いろん...
Read More

◤Feudo Arancio / フェウド・アランチョ DOCシチリア「Pinot Grigio / ピノ・グリージョ」2017 

 ▲まるで充実感のない煎餅です。 毎度アクセスありがとうございます。 フェウド・アランチョはイタリアはシチリアの、トレンティーノに拠点を置く「Mezzacorona / メッツァコロナ」グループ (※1904年に創業、グループ全体でイタリア国内第6位の規模を持つ) が2001年に新天地を求めて新たに創業した旨安ワイナリーですね。先日飲んだ「Dalila / ダリラ」がそこそこ良かったので、次は上級キュヴェでも買おうと思ってたんだけど、...
Read More

◤Feudo Arancio (フェウド・アランチョ) DOC Sicilia「Inzolia」2017&2018 

 毎度アクセスありがとうございます。 フェウド・アランチョはイタリアはシチリアの、トレンティーノに拠点を置く「Mezzacorona / メッツァコロナ」グループ (※1904年に創業、グループ全体でイタリア国内第6位の規模を持つ) が2001年に新天地を求めて新たに創業した旨安ワイナリーですね。先日飲んだ「Dalila / ダリラ」がそこそこ良かったので、次は上級キュヴェでも買おうと思ってたんだけど、実はそれが上級レンジで、この「...
Read More

◤Colterenzio / コルテレンツィオ DOC Südtirol - Alto Adige アルトキルシュ「シャルドネ」2017 

 ▲オレにとっては彼らよりも松田聖子 (1962年3月10日生まれ) や柳沢慎吾 (1962年3月6日生まれ) の方が年齢が近いという事実・・・。 毎度アクセスありがとうございます。 北イタリアは「Alto Adige / アルト・アディジェ」の白ワインです。ちょうどスイスとオーストリアと国境を共にするエリアで、日本語だと「南チロル地方 (Südtirol) 」という呼称の方が馴染み深いです。『イタリアワイン最強ガイド』 (楽天ブックス45%OFF -...
Read More