もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 昨日1日、うちのパソコン (Safari) から「Discogs」にアクセスできなくなって「死ぬ」かと思ったけど、起きたら復活してました。冗談抜きで「Discogs」は完全に電脳状態 (外付け音楽脳) です。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤Domaine Viticole de la Ville de Colmar (ヴィティコール・ド・ラ・ヴィル・ド・コルマール) AOC Alsace Grand Cru「Florimont」Riesling 2015 

 ▲ドラマ『ピュア!〜一日アイドル署長の事件簿〜<第2話>』より。さすがにDVDは「2月19日」に予定通り発売されるみたいだけど、これで完全に「続篇」の可能性は潰えたわけか。共演者リスク、あるよねえ〜。成田凌もクワナリ危険な存在。北村くんも実は危ない。 毎度アクセスありがとうございます。 この時は月替わりの「送料込み商品」だったので、Feudo Arancio (フェウド・アランチョ) を一気に取り寄せる際に同梱してみま...
Read More

◤Sons Of Wine (サンズ・オブ・ワイン) Vin de France「Pinot Escobar」2017 

 毎度アクセスありがとうございます。 不自然なピノ・ノワールです。以前飲んだPierre Frickのピノ・ブラン (AOCアルザス) が旨かったので、店主に「これのピノ・ノワールあります?」と訊いたらヌワイということで「じゃあ、アルザスのピノ・ノワールで何かあります?」となり、すると何やら裏から出して来て、なんでも「数が少ないのでインポーターさんも表のラインナップには載せてません、先日、うちで試飲会やった時に大人...
Read More

◤Cave de Orschwiller / カーヴ・ド・オルシュヴィレール AOCアルザス「Les Faîtières」 ピノ・ブラン 2016 

 ▲まさにツッコんだら負けな〝ウザさ〟の権化。ここまで来ると逆にスゴい (笑) 。 毎度アクセスありがとうございます。 先日、ちょっとお高めだけど、Pierre Frickのピノ・ブランを飲んで結構旨かったので、ポイント15倍だったし、楽天信濃屋の店頭受け取りで購入。「信濃屋オンリーの独占販売ワイン」みたい。もっと〝梅っぽい〟ニュアンスを期待してたんだけど、このワインに関しては〝はんなりしたアルザスワイン〟という感...
Read More

◤Pierre Frick / ピエール・フリック AOCアルザス「Pinot Blanc / ピノ・ブラン」2017 

 ▲前から思ってたけど、この人 (読売テレビ解説者・春川正明氏) 、野球キャップを被ると〝ほぼプリティー長嶋〟ですね。 ▼これら6本と持ち帰り2本の合計8本を同じ店で買った。というわけDE、今回のピエール・フリックが最後の1本。 毎度アクセスありがとうございます。 遂に「第一回・不自然祭り」が最終日を迎えました。いわゆる「自然派ワイン (Van Nature / ヴァン・ナチュール) 」と呼ばれるジャンルをまとめて8本ほど同じ...
Read More

◤Marcel Deiss (マルセル・ダイス) AOC Alsace Grand Cru「Altenberg de Bergheim」2001 

 ▲田舎の神父様みたい (笑) 。 毎度アクセスありがとうございます。 マルセル・ダイスは、簡単に言えばアルザスワイン界の生きる伝説ですね。グラン・クリュはアルザス全体の4%ほどしかなく、51の「Lieux-dits (リュー・ディ/命名畑・小区画) 」があり、ラベルでの表記が義務付けられてます。中でも「Altenberg de Bergheim / アルテンベルグ・ド・ベルグハイム」には面白い例外が認められていて、それが「複数品種のアサンブ...
Read More

◤Domaine Zind-Humbrecht / ツィント・フンブレヒト AOCアルザス Turckheim / トゥルクハイム「リースリング」2016 

高貴なテロワールとビオディナミへの情熱が醸す芳醇で複雑な味わい世界のワイン専門誌から90点以上を1,000回以上獲得した銘醸ワイナリー 毎度アクセスありがとうございます。 フランスのアルザス地方のワインですね。ライン川を挟んでドイツと国境を共にするので、縦長の瓶やブドウ品種など、ドイツワインとの共通点も多いゆえか、フランスワインとしての地位は〝やや低め〟です (笑) 。AOCも「アルザス (1962年制定) 」「アルザ...
Read More

◤TRIMBACH / トリンバック AOCアルザス「リースリング」2015 

 ▲ババア、グラスに氷をバコバコ入れて高級ワインを一気飲み。「金」ではなく、もはや「人生」の無駄使い。 photo: 酒類の総合専門店 フェリシティー 毎度アクセスありがとうございます。 フランスのアルザス地方のワインですね。ライン川を挟んでドイツと国境を共にするので、縦長の瓶やブドウ品種など、ドイツワインとの共通点も多いゆえか、フランスワインとしての地位は〝やや低め〟です (笑) 。AOCも「アルザス (1962年制...
Read More

◤Domaine Charles SPARR / チャールス・スパ AOCアルザス・グラン・クリュ トゥルクハイム (Turckheim)「Brand」2011 

 リースリングとピノ・グリのブレンドの模様。だいぶ前に諏訪のワイン王が薦めてくれたけど、彼は必ずしも自分が実際に飲んで旨かったモノだけを薦めるわけでもないので、まあ、今さら彼を責める気はないのだけれど──飲むより調べて集めるのが好きな人 (笑) ──、これはアルザスワインの2011という、少し古いヴィンテージであることを考慮して、あまり他人には薦めない方が良い類のモノであることは否定しようがない。◤Domaine Cha...
Read More

◤Domaine Charles SPARR / チャールス・スパ AOCアルザス「アルテンブール・キエンツハイム」ピノ・グリ 2011 

 これの「グラン・クリュ」の方を諏訪のワイン王に以前薦めてもらったんだけど、オレもオレで「プルミエ・クリュ」を気づかずに同梱してました (笑) 。なので、ここのワインはもう1本あります。◤Domaine Charles SPARR / チャールス・スパ AOCアルザス アルテンブルグ キエンツハイム ピノ・グリ 2011(2,990 円)Tag:アルザス Link:販売店輸入元参考 立ち香──梅酒? あとは火入れの熟成純米酒のような琥珀カラーのナッツ...
Read More