もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 ようやく今夜私はひとり。
〜 日本酒の家呑みレポ&本日の1曲、安センベイ評、時々メガネ警察〜

◤黒澤 - 生酛 純米 穂積 蔵付酵母仕込 蔵熟生酒 28BY ── dಠಠb「相変わらず香りは完璧だけど、含むと過剰なる黒澤チョークの砂塵、この段階では少し薄くて細いです」 




kurosawa_hozumi_nama28by3.jpg 今夜は昔moukan1973♀とよく行っていた中華屋 (香港屋台料理) に友人 (春のシャン祭りにも参加した王の従者=カナリア2号=黒澤の使者) を交えて3人で十数年ぶりに足を運ぶわけだが、当然ながら酒に関しては外でロクなモノは飲めないので、それならばということで、

 dಠಠb「だったら軽くうちで黒澤の穂積28BYでも毒味してから行くか」

という話になった。というのも、前にも書いた通り、たまたまカナリア2号の自宅の近くに「黒澤」の扱い店があり、例によってオレが「お土産指定」をしたというわけだ。

 この「穂積」最大のウリは蔵付きの天然酵母で醸した完全なる生酛であるということ。秋には火入れVerもリリースされるが、毎年この時期に限定生酒が出るようだ。27BYは「仙禽 赤とんぼ 生酛 亀ノ尾」を彷彿させるという話もあり、オレもこれを何とか手に入れてはいるが、今日は28BYだけ毒味します。ヤバかったら即行で1800mlを買います。




kurosawa_hozumi_nama28by1.jpg

kurosawa_hozumi_nama28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆½

【379】黒澤 -くろさわ- 生酛 純米 穂積 蔵付酵母仕込 蔵熟生酒 28BY <長野>

黒澤酒造 株式会社:http://www.kurosawa.biz


Moukan's tag:



※今日はほんの軽い味見です──これから店で酒飲むし。


kurosawa_hozumi_nama28by4.jpg
 ▲頼んでもいないのに、なぜか飛んで火に入るカブトムシ。バカ舌連合の酒屋HPによると、どこもかしこも28BYは「レモンスカッシュ」なんだって。仕方ない、面倒だけど一緒に毒味してやりますよ。



 飛んで火に入るカブトムシ──水です。以上。

 黒澤──相変わらず香りは完璧。天然酵母だけあって、異常なまでに上質なカルピス──香りだけは。含むと薄いです。チョークな過剰ミネラルもビシバシータ。27BYの「日本酒度:−1、酸度:3.0」に対して28BYは「日本酒度:+8、酸度:1.9」ですと。これでは流石の無頼派も「数値なんか関係ねえ」とは言えないだろ (笑) 。

 明日ちゃんと飲むけど、これを1800mlで買い直すことは──ほぼ間違いなく──ないでしょう。今日のところは☆3.5という感じ。仙禽? それに関しては後日ボロカス書くので待ってて。

 DE、噂の中華屋だけど・・・。



DSCN8204.jpg
 ▲次の店まで潰れていたという驚愕の展開・・・。



 廃墟になってました!!!──しかも違う店になってて、その店まで潰れてるというダブル廃墟 (笑) 。つうか事前に電話しろよという話もあるけど、アイツは必ずそこにいると思ってたんだよ。少なくとも4〜5年前まで営業してたという裏は取れてたし。マジでここの豚耳は至高だった。もう食べれないのか。悲しい。仕方ないから──その話は「つづき」で





── つづき。


 この店の想ひ出をここで語るにはあまりにも壮大な物語を必要とするし、時間も気力もないのでやめておこう。どうやら2014年6月25日に閉店──しかも理由はマスターの体調不良だという。

 さて、困った。店に来るときは自宅前からタクシーでピュゥ〜と650円だったが──ちょうど5年前、偶然こんな近くに引っ越してきたのに一度も行かなかった──、帰りは電車で少しの試練を得て高田馬場に出た。スーパーで簡単な買い物をしてうちで仕切り直すという話も出たが、女という生き物は一度腹が減ると1秒でも早く口に何かを入れないと気が済まないタチである。

 その通りには何軒かの飲み屋があるが、味ノマチダヤが酒の世話をしている「やきとん 木々家 高田馬場店」は避けて──コンディション謎の割高な日本酒と向き合うのが面倒くさい──、その先の「やきとん みつぼ 高田馬場店」で手を打った。ひとたび日本酒を飲まないと決断すれば店選びに困ることもない。



DSCN8211.jpg
 ▲少なくともこの3年くらい、moukan1973♀とジョッキのビールで乾杯した記憶がない。


DSCN8212.jpg
 ▲業務用のマヨネーズというヤツはどうしてあんなにも白いんだ!? 仕方ないからカブの皿に盛られた味噌をマヨネーズとポテサラにも添加する──味噌マヨの表情がどことなくサンジュリアン夫人の用意してくれたものと似たようなマーブル模様になっているのは気のせいか。あと、セロリの水はよく拭いておけ。

 ▼奇跡の類似性。


DSCN8217.jpg
 ▲結局この店は「やきとん」だけ食ってりゃいいという話だった。今でもたまにテイクアウトしてます。


DSCN8218.jpg
 ▲気分のインフレを起こしたカナリア2号がポッピーに当たりに行く。周囲を見渡せばどこもかしこもポッピーだらけであることに少し驚く。我々はひたすらビール。サッポロを頼んだら語学力に少し以上の問題を抱えたアジアン娘が堂々とドライを持ってくる。いちいち取り替えさせるのも面倒だからそのまま飲んだが、比べるとサッポロ黒ラベルの方が遥かにマシであることに改めて気づく。


 そして生まれて初めてホッピーを一口だけ飲みました。正直な感想は「薄い、マズイ、ビールの模造品ですらない」というもの。今ここに☆3以下のクソ酒が舞い降りたなら、その輝きがインフレを起こして心のシリウスになっていただろう。

 学生時代の伝説級のバカ話を披露してカナリア2号の腹筋をさんざイジメたあと、歩いてうちに戻り、軽く美味しいお酒で乾杯。



DSCN8222.jpg
 ▲昼間「新宿 伊勢丹」に出向いたmoukan1973♀に買わせておいたが、これがまさかここで役に立つとは。スポット展開はまだ続いてるようなので、お近くまでお寄りの際は是非。





──話は少し戻って。

DSCN8199.jpg



 出掛ける前に「黒澤 穂積 28BY」を味見するついでになんでか4種類も味クラーヴェしてしまったわけだが、同時に飲めばわかりやすいもので、酒の出来は「百春」が一番良いし、事実、カナリア軍団の意見も同じ。「リトマス米子」は相変わらず軽くてペタンコ・ジューシイで、実はこの中で一番旨いんじゃないかという話にすらなった。「かぶとむし」は今夜あらためて飲みます。

「黒澤」はまだまだ「薄い」というか「細い」んだな。一応は「蔵熟」を謳ってる商品なので、おそらくは1月とか2月に搾ったモノを瓶で囲って出荷してるはずだけど、これは「軽さ」とは別の意味での「薄さ」──言うならば「存在感の希薄さ」といったような類のもの。香りは「キャンロップ炸裂」で完璧なんだけど、含むと味気ない。残りは少し常温で放置してみます。こうなると、俄然「日本酒度:−1、酸度:3.0」の27BYへの期待が高まる





── 3日目。

kurosawa_hozumi_nama28by5.jpg
 ▲ついに「エアリアル・コンプリート」です。残念ながらこの「しお味」は☆3.5。つうか、いくらなんでも塩っぱ過ぎる。単に塩が多いというよりは、薄めてない塩ラーメンの塩だれのような塩っぱさ。食べてて少しノイズに感じる塩みです。食感は相変わらず最高なんだけど。やはり鉄板は「濃厚チェダーチーズ味」と「焼きとうもろこし味」ですね。moukan1973♀はチーズ派みたいだけど、オレは意外にもヤキモロ派。チーズはパウダー頼みなアメリカンな大味感があるので、ヤキモロの方がスナックとしての全体性は上──って、ここで真面目に菓子評してどうする (笑) ! 実は近所で一番利用してるスーパーで扱いがあったので──基本「煎餅」にしか興味ないから気づかなかった──、これで安定供給が約束された。以下のTV CMは観たことないな。





※今は「ナビスコ」ではなく「YBC (ヤマザキ・ビスケット・カンパニー) 」です。あきらかに社名作りで失敗してますね、これ。むしろ「山崎パン」に「エアリアル課」を作ればいいんだよ。

 


 


 






 DE、黒澤の3日目です。

kurosawa_hozumi_nama28by6.jpg 水曜に開けてイマイチ (薄くて細いけど軽くはない) だったけど、2日目を飲んだmoukan1973♀は♡☺♡「昨日より旨く感じたんだけど」だって──オレも残りを一口だけ飲んだけど、まあ、そういう感じもしなくはないか。それから残り1合半くらいの状態で丸1日常温放置。金曜の夕方に冷蔵庫に戻して少し味見してみた。

 ちょっと黒澤チョークが過剰かなあ。直汲み三兄弟のイエローの彩度を下げて砂塵エフェクトを強くした感じ。生酛由来の乳酸フレイヴァーは一番あるんだけど、それは香りだけで、含むとそうでもない。やや薄さも感じるので、買ってしまった人はしばらく冷蔵庫で寝かせて秋以降に開けることをオススメします。酒質そのものはストロングだと思うので、そう簡単にヘタることもないと思います。

 ま、金曜は先に飲んでた酒が☆4.5だったので、少し霞んじゃった部分もあるだろうし、本日 (土曜) は先に飲んでみます。もともと720mlは試飲目的で旨かったら1800mlで買い直す気でいたけど、この感じだと試飲のみで終わりそうです。

 ますます27BYへの期待が高まる。


moukan1972♂






日本酒 生酛 山廃 黒澤

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To おみずさん



毎度です。

穂積の27BY生ですが、昨晩、あろうことか「風邪の森さん 山田町45番地で倒れる 28時」と一緒に開けました。記事にするのは木曜ですかね。あまりここでネタバラシするのもアレですが──やめときますか (笑) 。ある意味、火入れに対する興味は沸きました。


──しかしtype-7ですが7号酵母使用というのが一つのポイントでもあるんですかねぇ。 蔵の造りとの酵母のマッチングというのも思考に入れていこうかなぁなんて思ってます。

7号酵母使用というのが一つのポイント」──これ、絶対にあると思います。はじめてType-7を飲んだ時に確かそう思ったはずですが、液に対する鏡面仕上げのようなテカリが出るような気がします。この銘柄がもともと持ってる「赤い果実」や「食用セメダイン」などの属性にある種の洗練さ、ゴージャスさを与えると思うんですよね。この商品がいつからあるのかは知りませんが、もっと7号でやって欲しいですね。


──勿論、杜氏のほうがそんなの十二分にわかってると思うんですケド(笑)

いや、意外にわかってないですよ。マンガや小説の作者が自分の作品について一番わかってるわけではないのと同じです。「創作」と「評論」では、使用する技術とセンスの質が違います。

杜氏が知ってるのは「酒の造り方」であって「出来上がった酒の味」ではないと思いますね。僕も何人かの杜氏とイベントなんかで少し話をしますが、「コイツわかってるな」と思った人は今までに一人もいません (笑) 。だからエンドユーザーがどんどん声を上げるべきだと僕は思うんですよね。余計な忖度や思い遣りは酒屋が防波堤になってやってりゃいいんですよ。「仙禽」の薄井のヤロウも「山田錦 26BY生」の偉大さについて何もわかってないですからね (笑) 。「三千櫻」の山田杜氏も「さくらにごり愛山 26BY」の味なんかまるで覚えてませんから。

2017.06.14 Wed 14:40
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - No title

お疲れ様です。
穂積火入れ僕のでラストでした・・・すみません(笑)
多分イケるでしょうからひやおろしと一緒にボチボチ飲んでみたいと思います。
生Verのレヴュー楽しみに待ってます。

しかしtype-7ですが7号酵母使用というのが一つのポイントでもあるんですかねぇ。
蔵の造りとの酵母のマッチングというのも思考に入れていこうかなぁなんて思ってます。
勿論、杜氏のほうがそんなの十二分にわかってると思うんですケド(笑)
2017.06.14 Wed 13:36
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To おみずさん



毎度です。


──買おうか悩んでましたがレビュー見てスルーしました。

ちょうど直汲み三兄弟のイエローの機嫌を少し悪くした感じですかね (笑) 。今のところ「Type-7」だけが別格で、☆4組の中では「特別純米 生原酒」が一番バランス良かったですかね。「純吟」は少し艶のある色気が強く、エロめです──ややクドい。

実は昨日も少し「穂積 28BY」を舐めましたが、味は少し開いて、口の中を部屋の壁塗りのように酒でまぶすとド頭にはイエローで感じたような果実味が一瞬だけ青い鳥 (不意に現れる幻惑的美酒の亡霊) として通過しますが、最後は黒澤チョークの砂塵が吹き荒れます。全体にまだまだ薄いので、少なくとも買ってすぐ飲む酒ではありません。というのも、直後に飲んだ「酉与右衛門 山廃 亀の尾」ですら濃く感じたので、この薄さは本物です (笑) 。


──で、27byのひやおろしと穂積(火入れ)を買いました(笑)

やるなあ (笑) 。穂積の火入れは僕も狙ってましたが、たぶん、おみずさんに持って行かれたと思います。ついこの間まで1800mlが2本あったんですが (笑) 。27BYの生は火曜に開けると思います。記事にするのは水曜ですかね。さすがにこれは簡単には手に入らないので、もしも旨すぎたら単なる自慢話で終わりそうですが、なるべく28BYの他の黒澤と相対化して書くようにはします。


2017.06.12 Mon 14:39
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - No title

毒見お疲れ様です。

買おうか悩んでましたがレビュー見てスルーしました。
で、27byのひやおろしと穂積(火入れ)を買いました(笑)

ひやおろしは日本酒度-1、酸度1.8で若干の不安はありますがお試しで。
27byには期待してます!
2017.06.12 Mon 12:05
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

──柔なモーカンさん 如何ですか?

次回があるならマイペースかつ、事前の準備を怠らないので大丈夫です (笑) 。
要は山ジュリアン総督のペースに合わせないことが肝心です。

2017.06.11 Sun 17:30
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - to カナリヤ2号さん 北岳は無理ですよ

毎度です。

流石に北岳は無理ですよ。
片道1時間が今のコースがいいところです。

まあ、滝巡りで涼しさを楽しむくらいにしておきましょうよ。

柔なモーカンさん 如何ですか?

2017.06.11 Sun 15:47
Edit | Reply |  

Name - Canaria NO.2  

Title - Saint-Julien 王 弾丸登山で一緒に泣きませんか?

Saint-Julien 王

新橋方面に飛んで行って帰ってこない
Canaria No.2です。
アホなコメにお付き合いいただき恐縮に存じます。

王からのお誘い、超嬉しいのです。
ただ、王の庭でピヨピヨ舞うのは外れなしでしょうけど、王はつまらんでしょう。
一緒に無理しませんか?

富士山徹夜弾丸はこれまで2度やってお鉢巡りもやって流石に飽きたので、城から窓越しに見える 北岳を日帰り弾丸で攻めませんか?

王の最寄り駅まで高速バスで行くので、王の車で登山口まで送ってください。一緒に登山口で車中泊して高度順応し、朝4時位からダラダラと登りましょう。

Saint-Julien 王ご自慢シチューが食べたいです。ジップロックに入れてご持参ください。あと、ホッピーセットで恍惚する〝バキューム〟Canariaの嗜好性を封じるような飛び切りのシャンをザックに入れてきてください。重いものは、Canaria No.2が背負います。


僕は、プリムスのP153とアルミの安物のコッヘルと折りたたみシャンパンフルートを持参します。
http://blog.aandf.co.jp/blog/?p=16997

登頂に成功したら、頂上で調理&乾杯です。

梅雨明け若しくは秋口アタックで。

okならば、それまでに体重5kg落として臨みます。



2017.06.11 Sun 15:07
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 石ちゃんの酒旅

毎度です。

いつも家内が類さんアル中になるんじゃない〜 と言ってますよ。

酒旅Ⅱ そろそろ出ても良さそうですね。

アマゾンプライムで見える石ちゃん(石塚ひであき)の酒旅 よく似て展開で毎週末更新しています。
2017.06.10 Sat 18:09
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です。

吉田類は食欲というより、飲み方が問題ですよ。生ビールだのホッピーだのレモンサワーだの飲んでから普通に日本酒を2杯くらい飲んでますからね。番組だから素人臭い飲み方してるんでしょうけど、結構ベロベロになってますよね、最後は (笑) 。

あおい輝彦の「酒旅」はなかなか見応えあったんですけど、シーズンIIとかやるんですかね。撮り溜めするなら仕込みを終えた今時期ですよね。

2017.06.10 Sat 17:35
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - カナリヤ2号さん、モーカンさん

かなり〜さん毎度です。

>踏み入れてはいけない世界です。

もう体(胃腸)が付いていけないのでこの種の酒屋には入れませんよ。
吉田類さん68歳であの食欲 半端じゃないです。

かなり〜さんも飯盛山〜シャンのコースに来ませんか?
この暑い時期なら、乙女滝〜おしどり隠しの滝 の滝巡りコースが涼しくていいですけど、帰りに温泉入るのも良いですよ。


モーカンさん

ゲテモノ料理は元々好きじゃないです。
若気の至りで何度が行きましたが、いい思い出ないですよ。

海の幸の旨いのとシャンかSBの良い奴、一品ならウナギですね〜
ウナギに熟成したブルゴーニュの赤合わせると最高なんですが、、、、
2017.06.10 Sat 10:31
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To マイルドさん



毎度です。

「穂積 28BY」は少し「薄さ」を感じましたね。それで相対的に黒澤チョークも割増に。香りは完璧なんですけどね (笑) 。まさに「食べる (飲む) 前が一番うまい」状態。

そのまま冷蔵庫で放置して、室温が20℃を切ったら常温に切り替えて、秋が深まったら「ひやおろし大会」の特別ゲストとして「黒澤ほづみ 28歳 長野県出身」を参加させるのが一番ドラマティック (盛り上がる) かもしれません (笑) 。

27BYをネットで探すのは難しいでしょうね。地元のなんでもない酒屋にシレっと残ってそうですが、そもそも「黒澤」自体が限定ラインなので数は少ないようです。

ホッピーは初めて飲んだんですが、勝手に「ノンアルビールに薬品入れた感じ」だと思ってたんですけど、まさか「ただの薬品」だったとは (笑) 。これならノンアルに消毒用エタノールを入れた方がマシですね。ま、実は旨いらしいんですけど。


ノンアルコールビールにアルコールを入れると激ウマ! 激ウマ! 激ウマ!
http://rocketnews24.com/2012/03/04/188541/


──そしてこの店の最大の特徴は、焼きおにぎりから串カツから何から何まで「ニッスイ」です(笑)

昔moukan1973♀と入った怪しげなインド料理屋で、他に誰も客がいない中、静かな店内で「チーン♪」と鳴ってから出てきたタンドリーチキンが不味かったという記憶が今、鮮明に蘇りました (笑) 。

せめてその店は「ニッスイ」ではなく、

マルハニチロ あら挽き肉しゅうまい
http://www.maruha-nichiro.co.jp/products/product.php?j=4902165380811

これくらいは常備しておく必要がありそうです。これは我が家でも常備してます。スーパーで半額だと160円くらいですかね。タケノコVerより、通常Verの方が旨いです。「益荒男飲み会」のツマミに (笑) 。


2017.06.10 Sat 10:23
Edit | Reply |  

Name - マイルド  

Title - 

こんばんは。

あらら。。。
まだ開けてませんでしたが、これだと冷蔵庫に入れておいても
うまくなる可能性は低いですねえ。
バクチですが、常温熟成しようかな。。。

27BYは、どこかにないものか・・・。


そしてまさかのホッピー(笑)
濃いです。ホッピーで乾杯する飲み会のメンツも場所も
その店のおばちゃん(というかババア軍団)すべての濃さが
ハンパないです。私はその飲み会は、考える間もなくスルー(笑)
乾杯酒が生ホッピーのキンミヤ割りなので、飲めないのです。
そしてこの店の最大の特徴は、焼きおにぎりから串カツから
何から何まで「ニッスイ」です(笑)



2017.06.10 Sat 01:34
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん with 王の従者



毎度です。


──やきとんとホッピー まるで酒場放浪記ですね〜

なにげに「酒場放浪記」に出てくる店って、料理は「ちょい高め」ですが、ここは安い店です。同じ並びの「木々屋」は少しハイソですが、日本酒と真面目に向き合うのが面倒だったので回避しました。


──下町ハイボールやこのホッピーを居酒屋で飲んでる所をTV見ますが味を楽しむ酒類ではなく、腹に流し込む酔えるチェイサーみたいなもんですね。

最近は日本酒のほとんどもロクデナシですし、シャンのNVも別にそれなりなので、酒そのものに対して感動できるとか、それは「事故」だと思うようにしてます。そういう意味では「伊勢角屋ペールエール」はいつ飲んでも旨いですね。「仙禽 かぶとむし」の残り半分は捨てましたよ。ここまで薄くて酸っぱいと料理酒にすらなりゃしないです。


──カナリヤ2号さん居酒屋で本領発揮されたんじゃないですか?

彼は与えるとなんでも黙って口に入れますので、面白がって日本酒もいろいろ飲ませてみました。シャンは春以来一度も口にしてないようなので、僕が責任を持って再教育しておきます。

高田馬場にもゲテモノ料理屋ありますが、行ったことはありません。


米とサーカス
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13124219/

2017.06.08 Thu 21:40
Edit | Reply |  

Name - Canaria No.2  

Title - 炭鉱のカナリアのサガ

サンジュリアン王

従者のくせに王の目を盗んで
==Saint-Julien城から抜け出し==
高田馬場くんだりで飲んでおりました Canaria"炭鉱" No.2 です。

背伸びをしてmoukan♂♀ご夫婦としゃれ込んだのですが、元々センベロ酒屋で恍惚とするタイプですので、

・煙もくもく
・煤けた店内
・ホッピーセット

de自摸。

お里が知れるという展開に。

まあ、所詮私は炭鉱のカナリア。
ダークでディープな雰囲気を感じると、当たりに行く運命です。
役目はきちんと果たせたという自負しております。

あ、サンジュリアン王の従者 Canaria No.2 として、事後報告いたします。

「王は足を踏み入れてはいけない世界です。」

もうお城には戻りません。

今宵は、新橋方面にパタパタパタ・・・
2017.06.08 Thu 19:22
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 酒場放浪記みたい

毎度です。

やきとんとホッピー まるで酒場放浪記ですね〜
私、50歳過ぎまでホッピーの存在知らなかったんですけどコレ自分には不要な存在ですは、尿酸値が高くて痛風が怖い人向けのビール擬きでしょうが、それならプリン体ゼロの偽ビール飲めばいいんじゃないかと!

下町ハイボールやこのホッピーを居酒屋で飲んでる所をTV見ますが味を楽しむ酒類ではなく、腹に流し込む酔えるチェイサーみたいなもんですね。

屋台中華料理 食べられずに残念でしたね。

そう言えば、再開発前の新宿南口 今のバスタのトイ面辺りで、多分1983-5年ごろかな怪しげな台湾料理屋に数回行った事ありました。生まれて初めてピータン食べたのも其処だったし、イモリかヤモリの唐揚げみたいなゲテ料理が有ったのを覚えて居ます。その後台湾に15-18回行きましたがあの様なゲテな台湾料理見た事ありませんでした。

カナリヤ2号さん居酒屋で本領発揮されたんじゃないですか?
彼 吉田類さんの隣で飲んでる常連さんという雰囲気ありますよ。
2017.06.08 Thu 16:01
Edit | Reply |  

Add your comment