もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 日曜に「黒澤 Type-9」の1800mlを開けました。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤黒澤 - 生酛 純米「Type 7」仕込17 直汲み生原酒 29BY 5本目!1800ml <長野> ── dಠಠb「このクラスから、ようやく世界の酒たちと互角に張り合える」 




 「じゃかましい、クソババア!!!」──いよいよ今夜『トクサツガガガ』最終回。
kurosawa_type7_29by_5_1.jpg
 ▲ちゃんと真横からヒットする瞬間をガチで撮ってたら名シーンになれたのに。残念ながら美波ちゃんは時期を逃した。朝ドラの次期ヒロイン候補最右翼はオスカープロモーションの若手ホープ筆頭、小柴風花 (こしばふうか=本名) ちゃん、21歳 (今年22歳) 。この子は絶妙に野暮ったいので〝頑張るヒロイン〟資質が高い──と書いた後に2020年春は久々の男の主人公であることが発表された (笑) 。しかも窪田正孝くんじゃないか。ヒロイン (奥さん役) は久々のオーディションだと。[NHK ドラマ10『トクサツガガガ』

 ▼サイコ (粘着) 系の薄ら怖い役をヤラせたら必ずハマる松下由樹 (笑) 。[週末婚
kurosawa_type7_29by_5_3.jpg



 さて、黒澤、Type-7 (29BY) の5本目ですね。今回いろいろ分かったことも多いけど、話が複雑に入り組むので、質問あれば下さい。3本目の1800mlとは異なるキャラクターですが、やはり「marvelous」です。

 もしも30BYが有望な場合、早くしないと1800mlが買えなくなるからボチボチ味見しないとな。3月だし、そこそこ飲める段階に突乳してるとは思うんだよね。ちなみに28BYの1本目は3月末に飲んで☆5ですね。むしろ透明感を楽しみたいのなら、あまりに引っ張ってもキャラ変するから注意が必要。



 ▼この絶妙な野暮ったさ&普通っぽさが極めてNHK向き (笑) 。
kurosawa_type7_29by_5_2.jpg
 bottle size:1800ml





【754】黒澤 -くろさわ- 生酛 純米「Type 7」仕込17 直汲み生原酒 29BY <長野>

黒澤酒造 株式会社:http://www.kurosawa.biz


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:長野県産 美山錦/65%
▪︎酵母:協会701号
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:非公開 (※一部で「±0/2.2」という表記もある。)
▪︎ALC:18%
▪︎処理:直汲み生原酒 (たぶん無濾過)
▪︎酒造年度/詰め日:H29BY/2017年12月 (詰め日での記載は長野ルール)
▪︎管理状況:2018/1/7に購入後、ずっと3℃で管理。
▪︎試飲日時:2019年2月27日 (水) /1本目に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




kurosawa_type7_29by_5_4.jpg
 ▲ハマリ役。ババア、怖えよ (笑) 。



 立ち香──〝らしい〟フランボワーズ感ハーブアロマ。少し麦チョコ&ボンタン飴 (日本酒的なヨード感) もあるような気もするけど、思ってたよりは爽やかなトーン。そしてジュリっと滲むような濃いめの酸シルエット。この段階では生酛由来の乳酸はそれほどでも。

 この瓶は完全我が家熟成です──。

 ガスはほとんど消えてるけど、メガ・ジューシイ (味の濃いジャム的な果肉感) 。なんか若い頃の「直汲み赤」みたいな表情 (チェリーのコンポートにシナモンパウダーちゃっちゃ) もありつつ、28BYの熟成瓶よりも力強い仕上がりで、甘酸のコントラストは「キラキラ」に濁点が付いた「ギラギラ仕様」です (笑) 。さすがにヘッポコな新酒連中とは桁違いに旨いな。

 もちろん、この酒の青年期 (熟成の第一段階) が含み持つ透明感や異次元な軽さは後退してるけど、ある意味、7号酵母の「生酛」で他にこんな酒あるか? もはや村名アペラシオンのブルゴーニュ・ルージュとか、そういう次元。ワインなら5,000円〜の世界観だと思います。これが1800mlで2,804円とかどうかしてるぜ!



kurosawa_type7_29by_5_5.jpg



 ワイングラス──。

 やはり、このクラスにまで仕上がってる酒だと、高級ワイングラスが酒の素顔を正しく映し出してくれますね。ここでようやく透明なエキス感に出会えます。

 実は今、リーデルの260周年記念で「ソムリエ・シリーズ」のワイングラスがネットSHOP限定で「実質半額セール」をやってるので、2つ必要な人は買い時です──※ただし筒型のケースは付きません。オレも「シャルドネ」グラスを買う予定です。うちで使ってる「スーパーレジェーロ・シリーズ」よりステム (脚) が短いので、伊勢丹で試しに持ったけど、サイズ感がちょうどいいです。

 ちゃんと仕上がった「excellent〜marvelous」クラスの酒をこのレベルのグラスで飲むとビックリするくらいイイ方向に味が変わるので──味が暴れ荒れ狂う新酒をワイングラスで飲むヤツは素人──、720mlが10本買える値段だけど、後悔はしないと思います。正直、3,000〜5,000円クラスのマシンメイドは「安物買いの銭失い」なので、どうせ買うならハンドメイドをオススメします。



kurosawa_type7_29by_5_6.jpg



 香りには柔らかミルキーな表情もあるんだけど、酸の出方は意外に直線的で力強く、広がる甘みと旨みをギュっと握り潰すプレス感もしっかりあり、手仕舞った後には透明なエキス感に酸シャワーが降り注いで、ここでようやく「ギラギラ」から濁点が取れて「キラキラ」に。

黒澤」らしいチョーキーなミネラル感もあるにはあるけど、余韻が柔らかく優しいあたりは、さすがに円熟の証ですね。ちょっと予想外というか、ブっちゃけ、ここまで旨いとは思ってなかったので、少し驚いてます (笑) 。残念ながら、キミの知らない日本酒の世界というものがココにはあるのだよ。





── 2日目。

kurosawa_type7_29by_5_7.jpg

 
 ▲『キミスイ』コンビ、再び。



 素晴らしい凝縮感。なんかスゲえ濃醇に甘酸っぱいな。新酒の頃はフェミニンな (可愛い) 表情のある酒だったけど──今も美麗なエレガンスがあるにはあるが──、それよりも「力強さ」というか「芯の強さ」を感じる。それでいて酒の重心はそこまで低いわけでもなく、特に高級ワイングラスで飲むと高貴な酸に導かれて、エキスの切面がまるで研磨されたクリスタルのように輝き出す。

 ここの酒は開栓後のダレがほとんどないので、明日以降は逆にもっともっと輝ける液性になることが期待できる。現代日本酒において、ここまでの「生酛」が他にあるのなら是非教えて欲しいけど、どうせダメだろうから、タレコミは特に要らないです。 





 1973チャレンジ!!!
kurosawa_type7_29by_5_8.jpg



 ♡☺♡「なんだこれ、超旨めえ。甘酸っぱい。凝縮感がスゴい。久々に超旨い日本酒を飲んだ。ヤバイ、これ飲んじゃうやつだ。」
 dಠಠb「スーパーレジェーロで飲むと更に旨いけど、洗い物が面倒だから、それは週末な (笑) 。」


 軽くまとめ



 本目 (2018年1月7日/720ml/On My List/good) ──愛らしいアロマがあるものの、酒そのものはスカスカ。小学生以下の女の子という感じ。

 本目 (2018年6月3日/720ml/液漏れ瓶/On My List/excellent) ──ややハイチュウなクニュリの旨口。求めていた透明感はヌワイものの、しっかりと味は乗ってる。

 本目 (2018年6月10日/1800ml/On My List/marvelous) ──完璧。「夜明けを失った 国道7号線 いつも二人で聴いた 青いラブソング あのとき感じた あなたへの想ひ クリスタルレイン 曇っていたのは ヘッドミラーじゃないの 見えない明日に 濡れた瞳が歌いあげる 涙のクリスタルレイン♪」(昭和のシティーポップ風)

 本目 (2018年8月14日/1800ml/On My List/excellent) ──透明感が後退し、少し肉付きに重みも。「第2章の入り口」なので、なんとも中途半端な仕上がり。

 本目 (2019年2月27日/1800ml/On My List/marvelous) ──ちょうど③と④のイイとこ取り。エキスに透明感もありつつ、ジャムっぽい果肉感もある。タンニックなズシリとした止め感もあるにはあるが、余韻のミネラル感は柔らかい。これ以上熟成させたいとは思わないが、さて、⑥本目の720mlはどうしよう。ここまで来たら最後は遊ぶか (笑) 。



 他、質問あれば下さい。


moukan1972♂






日本酒 生酛 山廃 黒澤 on_list_marvelous

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

僕は720mlで「marvelous」は付けられなかったので、美味しく飲めたようで何よりです。30BYは29BYより早く仕上がると思うので、深追いは禁物です。


──Regulusの後に開けたんですが、あちらはジャギーが酷いように感じてしまう。レゴで作った絵みたいでもうダメ(笑)

って、29BYの「火入れ」ですか? だとすれば、そこまで悪い酒でもないですけどね。


2019.05.26 Sun 22:45
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今夜はこのお酒を開けました。

今年に入ってもうすぐ5ヶ月、一番美味いお酒です。

まだうっすらガスあります。色はほとんど付いてません。

完熟デラウェアのような香り、酸味。甘さはパンっと弾けて、渋味も溶けてしまったかのようで、雑味もなく、嚥下後にほんのわずかな、葡萄の皮のような香り(笑)
モダン生酛の完成形を見ている思いがします。「marvelous」間違いなしです。

良いタイミングで開けたと思います。

Regulusの後に開けたんですが、あちらはジャギーが酷いように感じてしまう。レゴで作った絵みたいでもうダメ(笑)
2019.05.26 Sun 21:18
Edit | Reply |  

Add your comment