もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 さて、今宵は初乃寒梅でもするか。バブルの頃は純大が投機対象になったとか、今じゃ信じられない話だ (笑) 。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤篠峯 - 純米大吟醸 雄町 中取り生酒「Type M」29BY 3本目!<奈良> ── dಠಠb「ココが旨さの始まり」#Fresh/Fruity/Wine Oriented 

 5月11日に届いてセラー温度 (9-10℃) で仕込んでおいた篠峯 (しのみね) です。まだまだフレッシュさを残しつつも、ようやく〝最初のピーク〟を迎えつつあるようです。26BYのようなグラマラスな量感はないものの、ラインには力強さと気品があり、極めてモダンで洗練された雄町50になってます。よくよく考えると──「雄町」という酒米に限らず──9号酵母と明利系酵母をダブルで投入した酒というのは他であまり見かけないけど、ここま...
Read More

◤本日の1曲♪【BRIT FUNK】52nd Street - Look Into My Eyes (1982)  

genre tag:DANCE CLASSICS, 80's MODERN SOUL, FUSION/JAZZ FUNK,UK SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき。52nd Streetのデビュー曲で、ボーカルはBeverly McDonald。12inchのみでアルバム収録はなく、しかも未再発なのでそこそこレアです。ややダンクラやハッシュ系NYサウンドのニュアンスもあるけど、実際はUKの「80's Jazz Funk/Fusion (Brit Funk) 」の流れを汲む意匠。(売れたという意味での) このジャンルの...
Read More

◤仙禽 - 秋あがり 赤とんぼ 生酛 亀ノ尾 2018 (28BY) <栃木> ── dಠಠb「これが仙禽であり、仙禽とはこれのこと」#Fruity/Unique/Well-Cured 

 秋の生酛は最高です。長期戦の亀ノ尾はすさまじい生命力です。 仙禽の秋上がりの解禁です。昨年から発売している「ナチュール」シリーズですが、このナチュールの一年間熟成したものが今回の「仙禽 秋あがり 赤とんぼ」なります。時の経過による熟成は円熟した旨味に。芳醇でグラマラス。体に染み渡るような生命力の強さを感じます。 空気の匂いが変化し、心身秋を感じるようになりました。ようやく秋上がりが美味しい時がやっ...
Read More

◤本日の1曲♪【80's ELECTRO FUNK/GARAGE CLASSICS】52nd Street - Twice As Nice (1983)  

genre tag:TECHNO/ELECTRO, DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎「Bruno Mars - 24K Magic」なんかじゃなくて、ホンモノのピコピコエレクトロの名盤を教えてやるぜ。よくCool Down Zoneの前身バンドみたいな言い方をされるけど、この頃はまだDiane Charlemagneは未加入で、ボーカルはBeverly McDonaldです。そして誰が何と言おうが、この曲に関してはDub Versionの「Twice As Nice」で決まりでしょう。この時代のUK産...
Read More

◤八海山 - 特別本醸造 30BY? <新潟> #Okan 

 ▲まるで闘うようにお父ちゃんが育てた上州地鶏に食らいつく少女 (笑) 。 今やむしろロクでもない派手な生原酒より明らかにこっちのがマシだろ、八海山 (はっかいさん) のド定番、居酒屋の覇者「特別本醸造」の1800mlです。さすがは大手だけあって、製造年月の印字が「2018.8.18」と細かい (笑) 。 実は以前 (2016年1月) に人生で初めてコレの300mlを飲んで「貴の特別純米より旨いじゃん」という印象があって、いつか再飲したい...
Read More

◤本日の1曲♪【80's POPS】Murray Head - One Night In Bangkok (1984)  

genre tag:ROCK/POPS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎直接的には決して昨日のつづきというわけでもないけど、想ひ出してしまったので。オレが小6か中1の時のヒット曲で、当時アメリカのビルボードでも5位まで行ったんじゃないかな。後から知ったけど、日本のディスコでも普通に流行ったみたいね。当時から子供なりに少し変わったサウンドだとは感じていて、大学に入ってから中古で拾って聴き返したら、やっぱ4つ打ちのエンジニア...
Read More

◤本日の1曲♪【80's LAID BACK SOUL】Bruno Mars - 24K Magic/Treasure (2016/2012)  

genre tag:R&B, DANCE CLASSICS, FUNK/SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のKylie Auldistに限らず、2000年代に入ってからレアなDisco/Funkの再発ブームというのがあって──1999年にJoey Negroがコンパイルした『Disco Spectrum』あたりが起爆剤になってるかもだけど──、そうして若い世代が古い音源を「新しい」とか言い出して、最近はインスパイアどころではなく、最初から〝まんま'80年代ファンク〟みたいな新曲をリリー...
Read More

◤本日の1曲♪【VOCAL HOUSE】Lenno vs Cookin' On 3 Burners feat. Kylie Auldist - Mind Made Up (2016)  

genre tag:VOCAL HOUSE, R&B, DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづき。〝現代のシスター・ファンカー〟の異名をとる──なんだそれ (笑) !?──オーストラリアのドスコイ歌姫Kylie Auldist関連を。Cookin' On 3 Burnersっつう、これまたオーストラリアのファンクバンドにボーカルとして招聘されて、それを野外イベント系DJっぽい兄ちゃんが野外仕様にリミックスしたモノだけど、これが案外イイ出来 (笑) 。Ky...
Read More

◤J-M Seleque / ジャン=マルク・セレック エクストラ・ブリュット「Le Quintette / ル・キャンテット」ブラン・ド・ブラン NV 2013年ベース (Dégorgement:2017/2)  

 毎度アクセスありがとうございます。 セレックはヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区のPierry / ピエリー (プルミエ・クリュ) のRM。跡取り息子のジャン=マルクはアヴィーズの醸造学校を卒業後、カルフォルニアのナパ・ヴァレーとオーストラリアのヤラ・ヴァレーで各4ヶ月ほど研修に参加、2009年に実家に戻ってからは積極的にリュット・レゾネ栽培から実質的なビオロジー栽培およびビオディナミへの切り替えを行なっており、ここ最近は...
Read More

ტ 本日までの転入生 ── dಠಠb「この機会に老舗の定番酒を洗い直すか」#八海山/仙禽 

 毎度アクセスありがとうござます。 今日、新宿に行く用があったので伊勢丹で買って来ました。なにげに日本酒を買うのは8月10日以来ですね。火曜にはワインが12本ほど届くので、日本酒は静かにストックを消化しつつ、飲み頃に仕上がってそうな何かの売れ残りを年末にかけて拾えれば。ტ 本日までの転入生◤仙禽 秋あがり 赤とんぼ 生酛 亀ノ尾 2017 (28BY) <栃木>◤八海山 特別本醸造 30BY? <新潟> 仙禽 (せんきん) の「秋あ...
Read More

◤櫛羅 - 純米吟醸 中取り 無濾過生原酒 2017 (29BY) 4本目!<奈良> ── dಠಠb「より長命で熟成向きなのは1stロットで間違いない」#Fresh/Fruity/Dry  

 ▲出たァ──! 懐かしの江口洋介カット!! 当時23歳!!! 只今フジテレビの死に時間にて『東京ラブストーリー』を絶賛再放送中!!!! しかしタイトルにわざわざ「東京」と付けるあたりが恥ずかしさMAXという (笑) 。『茨城ラブストーリー』じゃイケナイのかいっ!!!!! だったら出生率トップ都道府県の『沖縄ラブストーリー』を今こそ作らんかい!!!!!!  ▲丸ノ内線!!!──おい、2番まで歌うんかいっ。 2月瓶 (1st...
Read More

◤山泉 (黒澤) - 生酛 純米 無濾過生原酒 清水屋オリジナル限定予約酒 29BY <長野> #Okan/Rich/Umakuchi 

 長野県南佐久郡小海町の「清水屋」という酒屋が出来の良いタンク──中身は「マルト (◯の中に「ト」と書く) 」という「井筒長 (地場ブランド) 」の商品──を選抜して詰めてもらってるオリジナル酒で、造ってるのは黒澤酒造です。この山泉 (やまいずみ) というのは、その清水屋が戦前に酒造りをしていた時の銘柄みたいね。 なんでも「予約限定」ということで〝旨すぎリスク〟に備えて720mlを2本ほど買って、1本は3℃ (冷蔵庫) 、もう...
Read More

◤Vincent Couche / ヴァンサン・クーシュ エクストラ・ブリュット「エレガンス」NV 2本目! 

 ▲左はナンチャッテ系スパークリング「ラ・グランド・コート AOCクレマン・ド・ブルゴーニュ」です。たまの贅沢すらケチるド素人以外、店の煽り文句に乗せられて買ってはイケません。 毎度アクセスありがとうございます。 ヴァンサン・クーシュは、シャンパーニュ地方の最南エリアに離れ小島のように広がるコート・デ・バール地区のビュクセイユ/BuxeuilのRM。2008年からは完全にビオディナミ栽培に移行してます。コート・デ・...
Read More

◤Domaines Leflaive / ドメーヌ・ルフレーヴ AOCマコン・ヴィラージュ「Mâcon-Verzé / マコン・ヴェルゼ」2015 

 毎度アクセスありがとうございます。 諏訪のワイン王お薦めのスティルワインの白ですね。ブルゴーニュ界の鉄板&人気生産者みたいです。値段は畑の格付けに比例するので、これは4,000円以下で買える唯一のルフレーヴとして一定の人気がある模様。 ピュリニー・モンラッシェのプルミエ・クリュだと17,000円〜、 シュヴァリエ・モンラッシェのグラン・クリュだと70,000円じゃ足りないということで、まずはココから──というより、...
Read More

◤La Grande Côte / ラ・グランド・コート AOCクレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュット「キュヴェ・プレスティージュ」NV&他スティルワイン2本 

 ▲我らがキムタクが遂にゲームの登場人物に。中尾彬の方が目立ってるけど (笑) 。[予告][ゲーム内容]  毎度アクセスありがとうございます。 よせばいいのにクレマンです。一応「泡モノ」なので個別記事にしてますが、今後は対象外になるかもです。詳細は販売ページを御覧ください。シャンパーニュの旨さを知ってる人がこれで満足することは死んでもアリエナイです。ただ、香りだけはリアルです (笑) 。飲まなきゃ騙される...
Read More

◤櫛羅 - 純米吟醸 中取り 無濾過生原酒 2017 (29BY) 3本目!<奈良> ── dಠಠb「さて、来年のKodama Tuningはどうなるか」#Fresh/Fruity/Sweet/Rich 

 3本目の櫛羅 (くじら) です。「篠峯」でお馴染み千代酒造の、自社田で収穫した「山田錦」で醸す特別のテロワール銘柄ですね。「日本酒」は「ワイン」と違って、なかなかダイレクトにテロワールが反映されるジャンルではないですが、それでも自分の田圃で自分が育てた酒米で造る酒には「特別の意味」──「特別の味」になるかは米の出来と杜氏の腕と酵母の気まぐれ次第──があることだけは確かです。 うちに2月瓶と4月瓶の720mlが2...
Read More

◤Brun Servenay / ブリュン・セルヴネイ ヴィエイユ・ヴィーニュ ブリュット「Exhilarante/エグズィラロント」2008 

 ▲docomo新CM「星プロ」シリーズは9月7日 (金) よりオンエア。[『はじまりの物語』篇][『キャラクター紹介』篇][modelpress] 毎度アクセスありがとうございます。 もはや我が家の定番&鉄板銘柄になってます、毎度ブリュン・セルヴネイです。コート・デ・ブランのアヴィーズ/Avize (グラン・クリュ) に拠点を置くRMです。アヴィーズには日本でもお馴染みの実力派RMがひしめく、まさに現代ブラン・ド・ブランにとっての聖...
Read More

◤裏篠峯 - ろくまる 八反 うすにごり 生酒 29BY 2本目!<奈良> #Fresh/Fruity 

 ▲これは嫌味ではなく、小木博明はメガネを少し外し気味に野暮ダサく着こなすことにかけては芸能界随一かもしれない。とにかく、他の人が掛けたらクワナリやばいデザインでも何とか収まる。通常、ヨーロッパのイケメンモデルがスーツ姿でダンディーに決めに掛かるモデルをこの男が乗りこなすとは (笑) 。ただ、我々くらいの年齢だと、まだゴールドパーツは似合わない。よく若いコがゴールドのメガネを掛けたりするけど、子供の〝...
Read More

◤Clos des Lunes / クロ・デ・リュヌ AOCボルドー「リュヌ・ダルジャン」2014 

 ▲写真は「2016」です。ご注意ください。輸入元も異なります。 毎度アクセスありがとうございます。 ここ1ヶ月くらい新しい日本酒を買ってないので──つまり、ストックしているモノは飲み頃でなかったり貴重だったりするので気軽に開けられる瓶が少なく──、それに暑いし買ってもロクな酒なんかないし、シャンパンは平日に開けるには高級過ぎるので、ちょいちょいスティルワイン (still wine=静かな/動かないワイン=発泡してな...
Read More

◤Domaine Jacques Selosse / ジャック・セロス ブリュット ブラン・ド・ブラン「INITIAL / イニシャル」NV (Dégorgement:2016/7/21)  

 毎度アクセスありがとうございます。 クリュッグやサロンやルイ・ロデレールやボランジェなどの老舗のゴージャス蔵を除けば、間違いなく一番高くて人気品薄のシャンパーニュ──それがジャック・セロスだ。かつて諏訪のワイン王が「日本酒で言えば『十四代』のようなスター蔵」と形容したけど、これはある意味で正しく、ある意味で正しくない。 まず、それまでの既存の価値を転換 (転覆) させた革命児という意味では正しい。「十...
Read More