【3日間TOP固定】※コメントの「承認制」について〜【MY VOICE】コメント不可のオレ専用BBS 

◎ガイドライン▪︎オレからの一方的な情報発信です。▪︎用途は様々ですが、主に写真付きの発信になります。▪︎基本的に最新情報はageませんので、右のLATEST UPDATEから入って下さい。▪︎コメントはできません。質問等は通常のBBSから下さい。▪︎ページが重くなるので、過去の情報は適当なタイミングで削除します。▪︎大切なことは二度言いません。2019年4月23日 (火) 12:46『コメントの承認制について』 以後、コメントは「承認制」に致...
Read More

◤Dominique Laurent / ドミニク・ローラン AOCマルサネ「Champs Perdrix / シャン・ペルドリ」ヴィエイユ・ヴィーニュ 2015 

 ▲撮影:moukan1973♀@新宿西口地下通路。もちろん瓶の撮影はパソコンの前な。 毎度アクセスありがとうございます。 Jean Fournier / ジャン・フルニエのついでに適当に買った「AOCマルサネ」です。調べ物は飲んだ後にするんだけど、やはりDominique Laurent / ドミニク・ローランはブルゴーニュ界の超有名ネゴシアンでした。だってこのクラスのキュヴェでも抜かりなく旨いもの。いやー、少しずつ勝手に知識が増えて行くのって...
Read More

◤本日の1曲♪【UK BOOGIE DISCO】Imagination - Burnin' Up (1981)  

genre tag:INST HOUSE, DANCE CLASSICS, RETRO DISCO, FUSION  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日のつづきというわけで、かつてLeee Johnがボーカルを務めていたUKのディスコバンドImaginationのウルトラ大クラシックスです。1990年代に中古でこのへんを普通にサクっと500〜800円で拾ってたか否かで結構「SOUL/FUNK」に対するアプローチが分かれますね。少なくともオレの周りではNY HouseやGarageを聴いてる人間以外からは悉く...
Read More

◤Chateau Lagrange / シャトー・ラグランジュ AOCボルドー「Les Arums De Lagrange / レ・ザルム・ド・ラグランジュ」2016 

 ▲徐々にピンクレディーの「未唯」的〝美魔女〟性が顕在化して来た深田恭子 (今年37歳) ──不自然に表情筋がリジットな点も含めて。マンネリ (人の求めることをそのまま演る) もここまで極めれば一芸 (まさにベテランのお笑い芸人のよう) 。もしくは「女優」というよりは、むしろ「叶姉妹」とか、ああいうジャンル。「職業:深田恭子」的な (笑) 。できる役柄が限られる大根だから、あとは沢口靖子 (科捜研の女) のように死ぬまで...
Read More

◤本日の1曲♪【R&B】Leee John - Sensuality (Skalp Remix/2005)  

genre tag:R&B, JAZZ  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日に引きつづきSkalp (Pascal Lemaire) です。ひとまず今日でオシマイ。Soundcloud上には他にもアンオフィシャル系のリックスがオッパイ上がってるけど、まあ、気になる人は自主的にチェックしてみて下さい。期待を裏切らず「George Duke - Brazilian Love affair」等のウルトラ王道系も用意されてます。さて、Leee John。Garage好きなら誰もが知ってるUKのナヨナヨ系ディ...
Read More

◤Cantina Sociale Di Monteforte D'alpon / モンテフォルテ・ダルポーネ地区のカンティーナ協同組合 DOCソアーヴェ・クラシコ「Clivus / クリヴス」2017 

 2本目 (2019/4/22)  今年のお値打ち「ヴェネトNo.1」!イタリアで最も権威あるガンベロロッソ誌『ベーレベーネ2018』で州第1位! ▲ラベルが違うけど中身は同じです。 毎度アクセスありがとうございます。 イタリアのヴェネト州の「ソアーヴェ地区」で作られる辛口の白です。それこそムカーシムカーシ (昔々=約20年くらい前) 、サイゼリヤなんかにも安いだけが取り柄の旨くも何ともない甘苦くて薄いソアーヴェのボトルが1,00...
Read More

◤Pierre Gerbais / ピエール・ジェルベ エクストラ・ブリュット「L'Osmose / ロスモス」ブラン・ド・ブラン 2011年ベース(Dégorgement:2016/06) 

 毎度アクセスありがとうございます。 Pierre Gerbais / ピエール・ジェルベはシャンパーニュ地方の最南エリアに離れ小島のように広がるコート・デ・バール地区のセル=シュル=ウルス / Celles-sur-OurceのRMで、我が家では3種類目のキュヴェになります (割りとお気に入り) 。初心者にアリガチな粋がり (通ぶりたがり) に縛られて、斯く言うオレも一番最初にノンドゼのブラン・ド・ノワールをチョイスするという愚行を冒してし...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Earth, Wind & Fire - September/Brazilian Rhyme/Runnin' (Skalp Remix/2017)  

genre tag:DANCE CLASSICS, SOUL/FUNK, SUMMER GROOVE, ACID JAZZ  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日に引きつづきSkalp (Pascal Lemaire) です。EWFの中でも大ネタ中の大ネタばかりをよくもまあ (笑) 。「September」そのものは聴いてるだけで恥ずかしくなる曲だけど、このリミックスは昨日の「Michael Jackson - Rock With You」同様、なんかスタジオ・ライブ風で結構イイ感じです。しかし「Runnin'」のバッキング・ギターは...
Read More

◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】Michael Jackson - Rock With You (Skalp Remix/2014) 

genre tag:MELLOW, DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日に引きつづきSkalp (Pascal Lemaire) です。どうやらプライベートで作っただけのラフ・トラックみたいだけど、なんかスタジオ・ライブ風で、これはこれでまあまあですね。ちなみに我々のような音楽的嗜好の持ち主にとってのMichael Jacksonと言えば、やはりStevie Wonderが作曲に絡んでる「I Can't Help It (1979) 」が最高傑作ということになります。異論...
Read More

◤Invivo / インヴィーヴォ × 信濃屋 マールボロ 「LOG ZIPANGU」ソーヴィニョン・ブラン リザーヴ 2017 

 ▲「漢字1文字&カタカナ5文字」と言われてるのに・・・。[デザートにぴったりイモ]←渾身の11文字。 photo: www.southerncrossltd-wine.com 毎度アクセスありがとうございます。 ニュージーランドの白です。「花粉症・第二章」がウザいので土曜の昼間にヤケ酒です。つい最近、このワイナリーのスパークリングを飲みましたので、流れでスティルワインの、同じソーヴィニヨン・ブランを買って来ました。実は諏訪のワイン王もこ...
Read More

◤本日の1曲♪【ELEGANT FUNK】Lisa Cole - Lost Love (Skalp Remix/2017) 

genre tag:VOCAL HOUSE, DEEP HOUSE, UK SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日に引きつづきSkalp (Pascal Lemaire) です。いろんなヴァージョンがあるけれど、オリジナルも含めて、まあ、どれも漏れなく💩ですね。そこへ来るとSkalp先生には「さすが!」と言わざる得ない。個人的にも、この〝まるで1985〜1986年ライクなハーモニーとタイトなGroove感〟は大好物。ただ、当時のモノで本当にイイやつは限られるけどね。先日紹介...
Read More

◤黒澤 - 生酛 純米「Type 9」仕込18 直汲み生原酒 29BY 1800ml 5本目!<長野> 

 ▲ドラマ『賭ケグルイ Season 2 (全5話) 』第3話より、かねてからの懸念だった歌唱&ダンスシーン (※写真クリックでテイク2) 。思ってたより全然マトモだった (笑) 。歌は事前レコーディングの口パクだけど美波ちゃん本人の声で、アニメ版とは別の曲。『咲 -Saki-』や『LINE MUSICのCM』で披露した伝説級の音痴 (特に『咲 -Saki-』は危険水域を余裕で突破) を多くのファンが危惧していた〝割りには〟マトモでした。おそらくそれな...
Read More

【浜辺美波最強論】vsシリーズ──石原さとみ3 (16歳対決) /井川遥1&2/優香/葵わかな/滝沢カレン1&2/ジャネット・ジャクソン/三船剛 (マッハGoGoGo) /有村架純3/高畑充希/宮崎あおい/桐谷美玲4/etc. 

▶︎What's New !! (2018/10/15/14:57)  2018/10/15 (月) ☆「anがあんじゃん!」新作CM放映開始!!! ▲割りと機能を失ってるダジャレ選考。 ▲今回のコスプレは7種類。一応、向きと配色を考えて並べてみた。たぶん、これがベスト。  ▲前作の方がGrooveがあって中毒性が高かったのと、新作はバイトのコスプレ衣装よりデフォルトの学生服が一番カワイイという問題が・・・。次はLINE MUSICの「Xmas篇」あたりか?[公式サイト][...
Read More

◤Chateau Lanessan / シャトー・ラネッサン AOCオー・メドック 2015 

 photo: ENOTECA 毎度アクセスありがとうございます。 諏訪のワイン王&ロバート・パーカー推薦の〝お値打ちシャトー (ブルジョワ級) 〟ですね。タマに良心的な価格で蔵出しのオールド・ヴィンテージなんかも出回りますが──「程よく熟成したボルドーならラネッサンがお薦めです。サンボネより格上のワインですので、ハレの日に飲むには良いでしょう。2003/2006とも飲み頃のはずです。私は1986/2000/2005年を飲みましたが、どれ...
Read More

◤Invivo / インヴィーヴォ スパークリング「Sauvignon Blanc / ソーヴィニヨン・ブラン」NV 

 ▲HIKAKINがダウンタウンを1988年のロマネ・コンティ (350万円) でおもてなし。他人が金を何に使おうが自由だけど、せめて飲む前に香りくらい嗅いだら? 尚、何を食っても亀田製菓は基本フツー。「人気・知名度・無難さ」で言えば、さしづめ「米菓界の新垣結衣」と言ったところ。 photo: www.southerncrossltd-wine.com 毎度アクセスありがとうございます。 ソーヴィニヨン・ブラン100%のニュージーランドの泡です。特にやる...
Read More

◤J.L. Vergnon / ジャン・ルイ・ヴェルニョン ブリュット「CONVERSATION / コンベルサシオン」グラン・クリュ ブラン・ド・ブラン NV(Dégorgement:2017/10/19) 

 ▲中条あやみ (22) 初主演ドラマ『白衣の戦士!』の初回視聴率は10.3%。 毎度アクセスありがとうございます。 J.L.Vergnon / ジャン・ルイ・ヴェルニョンはシャルドネの聖地「コート・デ・ブラン」の特級村「Le Mesnil-sur-Oger / ル・メニル=シュール=オジェ」のRM。ブドウ栽培農家としての創業は1950年で、RMとして自らのワインの元詰めを始めたのは1985年から。 ▲職人的生産者6人の作品を集めた「極上のシャンパーニュ体...
Read More

◤Anarkos / アナルコス (Felline / フェッリーネ) IGTプーリア・ロッソ 2016 

 ▲4月11日 (木) 映画『賭ケグルイ』完成披露試写会イベントに登壇。[俺たちのTOKYO POP LINE][modelpress][完成披露試写会の動画①][② (生徒会長の真似をする) ][③ (生徒会長にジャンケンで負ける) ] ▼一人ファンの子 (素人) が紛れ込んでるな。あと、どうしても最初に監督に目が行くのヤメタイ。おっさん目立ち過ぎなんだよ (笑) ! 毎度アクセスありがとうございます。 イタリアはプーリア州 (ブーツ状の国土におけ...
Read More

◤Les Caves de la Loire / レ・カーヴ・ド・ラ・ロワール AOCクレマン・ド・ロワール ブリュット Diamant de Loire「Cuvée Regént / キュヴェ・リーゼント」NV 

 ▲誰かが「浜辺美波は笑うと目の形が缶詰のミカンみたいになる」と言っていたが、素晴らしい表現だな──少なくとも竹内涼真の「美波ちゃんの睫毛はロバみたいに長い」よりは。[MELSPLAN「1DAYだってメルスプラン」篇][Making]←監督が一番目立ってます。 毎度アクセスありがとうございます。 「AOCクレマン」はフランスのシャンパーニュ地方以外で作られるスパークリング・ワインのうちの一つです。 AOC以外の泡モノは「Vin M...
Read More

◤Villa Davini / ヴィッラ・ダヴィーニ (Fattoria La Lecciaia / ファットリア・ラ・レッチャイア) DOCモンテクッコ ロッソ レゼルヴァ 2010 

 毎度アクセスありがとうございます。 輸入元のフィラディスが運営する販売サイトで組まれている『映画や読書・音楽のお供にゆっくりと愉しむ、イタリア赤ワイン3本セット』のうちの1本。正直、ココは楽天最安値のワインはほとんどありません──つまり同じフィラディスのワインでもフィッチの方が基本的には安いです。ただ、日々あれやこれやでテーマ別のセールをやってたりするので、タイミングが合えば一気に12本買うのがベター...
Read More

◤Jean Fournier / ジャン・フルニエ AOCブルゴーニュ ピノ・ノワール 2016 

 毎度アクセスありがとうございます。 飲んだのは先週末だけど、一応。結局薬局放送局「なんだかんだでブルゴーニュ好きかも」という感じなので、まずは手当たり次第に (でもないけど) 懇意にしてる店が推す「AOCブルゴーニュ」を3,000〜5,000円くらいで漁りつつ、気に入ったら「村名アペラシオン」に進むという方針で、しばらくはイキます。 photo: WINE WHAT online ブルゴーニュ地方コート・ドール地区の「コート・ド・ニュ...
Read More