◤本日の1曲♪【DANCE CLASSICS】B.T. Express - Have Some Fun (1980)  

genre tag:FUNK, DANCE CLASSICS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の話の流れ (ガットゥビ=スウェイ・ビート) とはいえ、あまりにベタですが (笑) 、改めて聴くとサウンドもメロディーも完璧だし、何よりボーカルが最高ですね。あとは「1980年」という制作年ですよ。たった1年で「1979年」とはまるで別次元の洗練さ。まさに'80s NYサウンドの本格的開花という、この時期特有の垢抜けた華やかさが最高というわけ。 ▪︎プロ...
Read More

◤六十餘洲 - 純米吟醸 雄町 生酒 28BY ── dಠಠb「今オレが甘めの酒を飲んで旨いと思えるのはもはやこの酒くらいだと思います」#Fruity, Sweet 

検索ワード:六十餘洲 純米吟醸 雄町 生酒六十餘洲 今里酒造 今年3本目の六十餘洲 (ろくじゅうよしゅう) です。「純米吟醸 山田錦 生酒」と「純米 山田錦 生酒」がそれぞれ異なるタイプの酒質ながら両方とも☆4.5というのは最近のオレの中では相当にハイアベレージな銘柄と言える。結論から先に言うと、今回の「雄町」も☆4.5です。 驚くべきは、その表現の多彩さで──タマタマか!?──、とにかく、3本それぞれが全く異なる味わいと...
Read More

【旅行記】諏訪のサンジュリアン邸を訪ねて <03>:5月19日 (金)「秘密基地」 

◎あらすじ〜日本酒ブログの筆者であるオレ (moukan1972♂) と妻 (moukan1973♀) の二人で、当ブログの名物読者であり、筋金入りのワインコレクターでもあるサンジュリアンさんの御宅を旅行がてら訪問した際の、心のアレコレと現実のモロモロを、特に旅行好きでもないオレがそこそこ本気を出して書き綴った旅行エッセイ。 【注意】※外から見ると普通の一軒家です。 入って左が赤、真ん中のウォークイン・スペースに積まれた箱がシャ...
Read More

◤本日の1曲♪【R&B HOUSE】Luther Vandross - Heaven Knows (Classic 12" Mix) 1993 #Frankie Knuckles, David Morales  

genre tag:VOCAL HOUSE, DOWN TEMPO/R&B HOUSE, R&B/MODERN SOUL,  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎キリがないのでLuther Vandross関連はひとまずこれで終了。またそのうち話の流れで勝手に再登場するでしょう。さて、本日の「Heaven Knows」だけど、これ、別にこの時代の一連のDef Mixモノとして傑出した完成度でもないと思うんだけど、昔からオレの周囲で好きな人が多かった曲。どちらかと言うと、1993年にしてはまるでメジャ...
Read More

◤田光 - 純米吟醸 雄町 無濾過中取り生 28BY ── dಠಠb「タビ子、オマエもか!」 

検索ワード:田光 純米吟醸 雄町 無濾過中取り生田光 早春 先日の「転入生」の中で「田光 (たびか) は意外にも初呑み」などと書いてましたが、いよいよオレもアタマがヤラれて来たようです。バカ言っちゃいけない。2015年の1月に26BYの新酒を呑んでるよ (笑) 。MEMOも記録もないけど、これは確かな記憶なので間違いないです。買った店もそのとき店主と交わした会話の内容もバッチリ覚えてる。 「正直、新酒だし、味は乗ってないよ...
Read More

ტ 本日までの留学生 ── dಠಠb「さすがに今週は日本酒は買ってないけど、米鶴の新しいヤツが出たみたいね」 

 毎度アクセスありがとうござます。 ひとまず家庭用冷蔵庫の中の一段をシャン専用にしたので、隙間ができないようにコマメに買い足すことにしました──隙間が出来ると庫内で瓶が転がる可能性が出てくる (笑) 。今回はシャン2本と、店のお任せで白を1本。 ▲買ったのは左の3本。右は最近自分で買って飲んだ中で一番旨かった「ナタリー・ファルメ ブリュットNV」って、MJK (マジか) 、再入荷してるやん。ヤバイ。さっそくカートに...
Read More

◤本日の1曲♪【SOUL】Soiree - Close To You (1979) #Luther Vandross 

genre tag:SOUL/FUNK  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎あまり興味もないので、ずっとカーペンターズがオリジナルだと思ってきたけど、この曲を初めてレコーディングしたのはRichard Chamberlainという人で1963年。Dionne Warwickが1964年にカバー。カーペンターズは1970年だから、当時は懐メロ扱いですね。しかし若い時のDionne Warwickの美声にはシビれるわ。DE、このSoiréeっつう、よくわからんファンクバンドは昨日の「Mascara...
Read More

【旅行記】諏訪のサンジュリアン邸を訪ねて <02>:5月19日 (金)「再会」 

◎あらすじ〜日本酒ブログの筆者であるオレ (moukan1972♂) と妻 (moukan1973♀) の二人で、当ブログの名物読者であり、筋金入りのワインコレクターでもあるサンジュリアンさんの御宅を旅行がてら訪問した際の、心のアレコレと現実のモロモロを、特に旅行好きでもないオレがそこそこ本気を出して書き綴った旅行エッセイ。 現地もこの快晴! ▲電車は予定通り目的地に到着。2時間ちょいなので、意外に近い。 (photo:004) INDEX▶︎<00...
Read More

◤儀助 - 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒 28BY ── dಠಠb「正直イヤな予感が不幸な確信に変わるまで1秒もあればオツリが来るほどだけど、それでも人は捜すんだよ、お花畑で果実をさ!」 

検索ワード:儀助 純米吟醸 無濾過生原酒豊祝 豊澤酒造 ひとは誰でも、うまざけ捜す、当たり屋のようなもの。こんにちわ、諏訪零士 (すわ れいじ) ことmoukan1972♂です。いわゆる一つの〝同梱チャレンジ酒〟としての儀助 (ぎすけ) です。飲んだことも見た記憶もないですが「豊祝 (ほうしゅく) 」という銘柄を醸している奈良豊澤酒造が27BYより「旨くて透明感ある究極の食中酒を造りたい」という想いからスタートさせたのが、蔵の...
Read More

◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Mascara feat.Luther Vandross - See You In L.A. (1979)  

genre tag:RETRO DISCO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Charme feat.Luther Vandross - Georgy Porgy」に引きつづきLuther Vandrossの裏モノを。〝俺たちのdiscogs〟で関連事項をクリックしまくって〝高いヤツ〟を抜いてきました──なんと不純な選曲基準 (笑) 。というわけDE、こんなもん、今日はじめて知ったよ。これで2万とかするのありえねー。RAREというだけで中身が伴ってないモノは音楽に限らず日本酒でもよくあり...
Read More

【旅行記】諏訪のサンジュリアン邸を訪ねて <01>:5月19日 (金)「出発」 

◎あらすじ〜日本酒ブログの筆者であるオレ (moukan1972♂) と妻 (moukan1973♀) の二人で、当ブログの名物読者であり、筋金入りのワインコレクターでもあるサンジュリアンさんの御宅を旅行がてら訪問した際の、心のアレコレと現実のモロモロを、特に旅行好きでもないオレがそこそこ本気を出して書き綴った旅行エッセイ。 ▲この日は朝から暑くなりそうな予感があった。 (photo:002) INDEX▶︎<00><01><02>EP-01:5月19日 (金)「...
Read More

◤菊鷹 - 山廃 純米吟醸 雄飛 静岡系酵母 無濾過生 26BY ──dಠಠb「この2年モノの中ではクリスタルなカロリーオフ感には出会えない」#Fruity, Wine Oriented 

 さっき爽やかな春風に誘われて心の中の散歩コースをボーっと思惟的に歩いていたら、現代社会には便利な言葉があることを都合よく思い出しました。それは「手抜き」を偽装するには余りにも素晴らしいキーワード「リハビリ」──というわけDE、毎度アクセスありがとうございます、旅行から帰って来たmoukan1972♂が久々に飲む日本酒、菊鷹の2年熟成モノです。去年も全く同じモノを呑んでます。 「旅行記が先か、日本酒が先か」で1分悩...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW】Charme feat.Luther Vandross - Georgy Porgy (1979)  

genre tag:SOUL, MELLOW, AOR/BLUE-EYED SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日はちょっと渋谷で寄り道をしてしまいましたが、今日は一昨日の続きです。Luther Vandrossは『Never Too Much (1981) 』でメジャーデビューするまでは様々なセッションに参加するゲスト・ボーカリストの仕事が多かったわけだけど──インディーズとしてはLuther名義の『This Close To You (1977) 』が特に人気──、それらを一つ一つ洗っていくとキリ...
Read More

【旅行記】諏訪のサンジュリアン邸を訪ねて <episode-00>:5月18日 (木)「前夜祭」 

◎あらすじ〜日本酒ブログの筆者であるオレ (moukan1972♂) と妻 (moukan1973♀) の二人で、当ブログの名物読者であり、筋金入りのワインコレクターでもあるサンジュリアンさんの御宅を旅行がてら訪問した際の、心のアレコレと現実のモロモロを、特に旅行好きでもないオレがそこそこ本気を出して書き綴った旅行エッセイ。 出発〜諏訪滞在中〜帰路と、まるで余裕の晴天3連発──晴れ男の本領発揮。 ▲旅行で雨とかありえん──ほとんど経...
Read More

【試飲レポート】新宿伊勢丹「舞美人」5/23で終了。今後の取扱は未定。利き酒師のネエチャンは派遣。そしてなぜかスポットで伊勢角屋のペールエールが限定入荷中。 

 毎度アクセスありがとうございます。 先に言っておくと、 もうほとんどが売り切れていて、中身のある記事にはなりません。BBSから書いてもいいんだけど、写真を貼れないので、それで記事にしただけ。なので、軽くです。インスタに毛がボウボウ生えた程度の記事です。 「カネセ商店」の商品ページで詳細が見れます。 ▲イマドキの地酒屋に置いてあるので飲めたのはこれだけ。◤sanQ 舞美人 山廃純米 無濾過生原酒 28BY -sold out-...
Read More

◤Chinchilla / シャンシーラ ブラン・ド・ブラン グラン・クリュNV 

 あまり深く考えずに「グラン・クリュのブラン・ド・ブラン (特級畑のシャルドネ100%のシャンパーニュ) 」ということで同梱してみた。飲む前の楽しみを助長させるに足るウンチクや煽りの文言は販売ページに書かれてるので、下の写真をクリックして下さい。 なんだかんだでブラン・ド・ブランのNV (ノン・ヴィンテージ) で大当たりを引くのは難しいわけだが、まだまだ数を飲んでないので、今はたまたまイマイチの方に偏ってるだ...
Read More

◤本日の1曲♪【DOMESTIC】鈴木雅之&菊池桃子 - 渋谷で5時 (1996 Chocolate Mix) 1996 

genre tag:DOMESTIC  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日「Luther Vandross & Janet Jackson - The Best Things In Life Are Free」の中で関連事項として軽く触れたんだけど、作業中にヤミツキになってしまったので、たぶんすぐに削除されるだろうし、一軍に昇格です (笑) 。当時もテレビから流れてくるレベルで何度か聴いてたけど、改めて聴くと、これ、サビ部分のコード進行とアレンジがほんのり「Earth, Wind & Fire - Septem...
Read More

◤本日の1曲♪【VOCAL HOUSE】Luther Vandross & Janet Jackson - The Best Things In Life Are Free (C.J.'s U.K. 12" w/o Rap) 1992 

genre tag:VOCAL HOUSE, R&B HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Robyn - Good Thang」の中でたまたまJanet Jacksonの話も出たし、この曲は旅行前からすでに選曲されていたわけだけど、ちょうどタイトル『人生において最も素晴らしいことって自由であることだよね!』も他の記事との流れにピタリとリンクするし、この名曲を最高のタイミングで紹介できた偶然にまずは感謝しよう。 ▪︎リミックスを手掛けたのは1989〜...
Read More

◤本日の1曲♪【VOCAL HOUSE】Robyn - Good Thang (1999) #Masters At Work 

genre tag:VOCAL HOUSE, POPS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎ちょっとカジュアルで軽めの、チャチャっとしたエンジニアリングのMasters At Work作品を。音楽的な偏差値はさほど高くなく、ボーカルのRobynもスウェーデンのシンガーなので、特にハウス畑の人間というわけでもない。それでもこの曲が好きなのは、とにかくメロディーが素晴らしいのと、それにも増して後半のブレイクにおけるオッパイの高鳴りが尋常じゃないから。あ...
Read More

◤巖 - 生酛 特別純米 赤ラベル ”改” 本生 28BY ── d99b「ひとは誰でも よねつる捜す 旅人のようなもの 理想の酒に めぐり逢うまで 試しつづけるだろう」 

検索ワード:巖 特別純米 赤ラベル 改巌 高井株式会社巖 高井幹人 ♫ Ronnie Laws - Let's Keep It Together (1976)   ▲突然ですが、イベントっぽく前説のBGMなんぞを。 久々に本格的な読者さんからのチャレンジ酒、巖 (いわお) です。「チャレンジ酒」というのは、別にオレが名付けたわけじゃないぞ (笑) 。「巌」なのか「巖」なのか迷うけど、ラベルは後者だね。上の検索BARはヒット数の多い方を選択してます。 どちらさんも...
Read More