◤上喜元 - 純米吟醸 無濾過生原酒 渾身 仕込第61号 28BY ── dಠಠb「初日は『篠峯ろくまる26BY』の想ひ出に浸れたが、2日目以降はモダンな辛口酒という感じ、でも普通に呑めます」#Fresh, Fruity, Dry 

検索ワード:上喜元 渾身 61号上喜元 酒田酒造佐藤正一 (日本醸造協会『いい醸!』より)  読者さんオススメの上喜元 (じょうきげん) の渾身です。28BYは「仕込61号」ですが、27BYは「仕込55号」なので、毎年ラベルの数字が変わる商品のようです。掛米に復活米としても有名な「白玉」を、麹米には兵庫県特A地区の「山田錦」を、酵母は熊本系を独自に分離採取したものを使ってるので、大筋では「9号系」という理解でいいでしょう。...
Read More

【シャン飲み比べ】Pierre Gimonnet/ピエール・ジモネ  “キュイ" 1er Cru ブリュット・ブラン・ド・ブラン NV ⇔ Guy Thibaut/ギィ・チボー ブリュット ナチュール NV 

 本業じゃないので軽く写真中心で。今は「体験数」を稼ぐ時期なので、あまり専門的なことは追求しないし勉強もしない。音楽や日本酒もそうやってここまで来たし、好きなコができればそのコのことをもっと知りたくなるのと同じで、どうにも旨いヤツに出会った時、勝手に調べ始めるのがオレ。 今回はこの2本。◤Pierre Gimonnet/ピエール・ジモネ  “キュイ" 1er Cru ブリュット・ブラン・ド・ブラン NVhttp://item.rakuten.co.jp/...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZY VIBE】Moodymann - Black Mahogani (1998)  

genre tag:JAZZY VIBE, INST/DUB HOUSE, DEEP HOUSE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日先見せした「Walter Murphy - Afternoon Of A Faun」をまんまサンプリングしたMoodymannの人気曲で、NY系のDJもパワープレイしてました。元々は12inchで1998年にリリースされてたけど、後年 (2004年) リリースされたAlbum『Black Mahogani』のタイトルにもなってるので、彼を代表する名Trackであることに異論を挟む余地はないでしょう。言...
Read More

◤本日の1曲♪【FUSION】Walter Murphy - Afternoon Of A Faun (1979) #Moodymann 

genre tag:FUSION, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎Moodymann絡みで、まずはネタから先見せという逆パターンでWalter Murphyを紹介します。わかりやすい例えで言うと、日本だと『ルパン三世』の音楽でお馴染みの大野雄二みたいな人かね。ちゃんとした音楽教育を受けた人で譜面も書けて指揮もできて、たまに商業音楽でマグレのヒットも飛ばしちゃう (笑) 。この人の曲で一番有名なのはベートーヴェンの『運命』をディスコ...
Read More

◤众 -gin- 生酛 純米 生原酒 仕込13号 1本目 28BY ── d++b「なんすかコレ!? アマクサニガくもあり、シュガートーストでもあり──つまり、おじいちゃん家の高級のど飴でもあり、永田製飴のバター飴でもあり」#Unique, Spicy 

検索ワード:众 生酛众 柴田酒造場「众」ブランド誕生秘話 TOP画面の似非Tweetスペースに「昨晩はスゲえ風変わりな酒を飲んだ」と書いたらさっそく反応があった众 (ぎん) です。例によってあまり考えずに──ネットで調べもせずに、単に「見たことない生酛の生酒だから」という理由だけで同梱しました。 地元銘柄は「孝の司」で、蔵元の柴田酒造場は普通酒〜純米大吟醸まで何でも造る典型的な地方の中規模蔵という感じなのだが、27...
Read More

◤本日の1曲♪【JAZZY VIBE】Moodymann - Technologystolemyvinyle (2007)  

genre tag:JAZZY VIBE, INST/DUB HOUSE, DEEP HOUSE, FUSION/RARE GROOVE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Tullio De Piscopo - Stop Bajon (Instrumental)」なんかと並べて選曲しちゃいますね、オレなら。このへんは得意分野でも専門分野でもないけど、流石に知ってる (笑) 。もはや知らないでは済まされない歴史的怪作と言っていいでしょう。また曲タイトルが洒落てるんだよ。「Technologystolemyvinyle」──テクノロジ...
Read More

◤本日の1曲♪【ITALO DISCO】Tullio De Piscopo - Stop Bajon (Instrumental) 1984 

genre tag:AFTER HOURS, TECHNO/ELECTRO, ROCK/POPS  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎いくら選曲の流れがElectro方向に舵を切ったからと言って、昨日の「Brooklyn Express - Sixty Nine」は少しカオスに過ぎたので、本日は「朝焼けタイム」に聴きたい最高のアフターアワーズを紹介します。当時は普通にポップチャートで流行ったみたいだけど、特にHouseリスナーの間ではインスト (カラオケ) が昔から人気。ジャンル的には「Italo ...
Read More

◤赤武 -AKABU- 純米吟醸 山田錦 28BY ── dಠಠb「それにしても退屈な酒を上手に造ったもんだ」#Fruity Sweet 

検索ワード:赤武 純米吟醸 山田錦赤武酒造 古舘龍之介 新酒の「純米酒 NEWBORN 11月ロット」が存外に良かった赤武 (AKABU) の、初の県外産米使用「山田錦50」です。火入れでALC.15度なので加水タイプなのかな。つい最近「雄町50」も出たので、今後は様々な酒米にチャレンジしていくんでしょう。ちなみに6代目の古舘龍之介氏は1992年生まれの24歳で、まだ3造り目のぺーぺー杜氏です。 造り手が「ドメーヌ」や「テロワール」と...
Read More

◤裏篠峯 - ろくまる 雄山錦うすにごり 生酒 26BY ── dಠಠb「この優雅にオイリーな香りは紛れもなく上質なシャンパーニュのそれ」#Wine Oriented, Shuwa-Shuwa, Nigori, Dry, Spicy, Unique, Well-Cured 

検索ワード:篠峯 ろくまる 雄山錦うすにごり篠峯 千代酒造雄山錦 酒米 人生に別れはつきものだ。サヨヲナラ、26BYの篠峯です。去年の12月に奈良の酒屋で売れ残りを拾いました──よくもまあ売れ残ってたもんだ。買った時に2年も寝てたので、さすがに少し不安だったけど、結論から言うと、今は本当に買ってよかったと、心からそう思ってる。 木香ファイヤーな28BYには☆2を付けたけど──27BYは呑んでない──、まあ、26BYとは全くの別...
Read More

◤本日の1曲♪【ELECTRO DISCO】Brooklyn Express - Sixty Nine (1981) #Tee Scott 

genre tag:TECHNO/ELECTRO, RETRO DISCO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎昨日の「Hi Voltage - Somewhere Beyond」に引きつづきTee ScottとBegan Cekicの変態コンビが打ち上げた壮大なNY怪気炎をご紹介。このへんは後のシカゴハウスなんかにも多大な影響を与えてるだろうね。本番は3分26秒から。当時のParadise Garageの雰囲気ってこんな感じだったはず。サイレンは鳴るわ、サンプリングボイスみたいに「Get Up!」とカットイン...
Read More

◤黒澤 - 生酛 純米 直汲み生原酒 仕込48 黄ラベル 28BY ── dಠಠb「黒澤としては必ずしも買いではないものの、ド頭に小さな果実感があって、一瞬だけキラリと光る部分がないわけじゃない」#Fruity, Spicy 

検索ワード:黒澤 生酛 純米 直汲み黒澤 生酛黒澤洋平 杜氏 現在、我が家の冷蔵庫に7本 (うち1800mlが5本) もある黒澤 (くろさわ) です。はじめて呑んだ「生酛 純米 直汲み生原酒 Type 7」は堂々の☆5で、熟成により☆6にリーチする可能性もあるという逸材。記事を読んで買って呑んだ読者さんの中にはイマイチだった人もいたようですが、我々夫婦にとっては「米鶴 山廃純米大吟醸」に次ぐ28BYの傑作。決して万人ウケするチャンチャ...
Read More

ტ 本日までの転入生 ── dಠಠb「イイ面構えの生酛が1本あります」#五橋 生酛純米大吟醸生酒 馨嘉 

 毎度アクセスありがとうござます。 今週も買ってます。相変わらずあまり考えずに──調べずに──闇雲に (笑) 。最近は速醸の「牛乳お花畑」のクソ酒を引く確率が異常に高くなってますので、そろそろ狙いを定めて「山廃/生酛」を集めて行こうと思ってます。今年の夏はスッキリ&シャッキリのカロリーオフな「山廃/生酛」をクイクイと呑みたいですね。「ポスト淡麗」「淡麗モダン」「淡麗ネクスト」「モダンクリア」──こういうキーワ...
Read More

◤房島屋 - 純米 超辛口おりがらみ 無濾過生原酒 28BY ── dಠಠb「我が家史上最強の辛口? なんというか、着てる服は不良だけど中身は誠実で真面目な人みたい」#Dry 

検索ワード:房島屋 純米 超辛口おりがらみ所酒造 房島屋 房島屋 (ぼうじまや) です。先日「みむろ杉 純米吟醸 露葉風」を薦めてくれた読者さんの〝好みドンピシャ〟ということで、最近は我々もドライな方向に舵を切りつつあるし、ちょうど未飲だったので同梱で取り寄せてみました。しかしまあ、遂にオレも商品に「超辛口」と書いてある酒に手を伸ばすようになったか (笑) 。 最近じゃ呑む前も呑んだ後もその酒の世間における評...
Read More

◤七田 - 純米吟醸 無濾過生 28BY ── dಠಠb「飲み頃はまだまだ先だけど、♡☺♡『久々に甘いお酒でマトモなのを呑んだ気がする』だってさ (笑) 」#Fruity 

検索ワード:七田 純米吟醸 無濾過生さがの華 酒米 28BYに黄色信号が点灯中の七田 (しちだ) です。去年☆6を付けた「純米 七割五分磨き 愛山 無濾過生」も読者さんによると今季はイマイチの模様。旨いと評判の人気商品「純米 おりがらみ 無濾過生」もハードボイルドな (何を考えてるのかわからない) 仕上がりで☆3。あとは新酒の純吟 (五百万石?) も苦くて超イマイチだったというタレコミもありました。そんな中、この純吟は旨かっ...
Read More

◤あべ - 純米吟醸 たかね錦 ピンクラベル生 28BY ── dಠಠb「なんだかんだで呑めばすぐに<あべ>と分かる特徴はある、これはこれか」#Fruity, Unique 

※こちらの記事は『第3回・味クラーヴェ大会』から個別にセパレイト&加筆したものになります。 photo:...
Read More

◤萩の鶴 - 純米吟醸 別仕込み 猫ラベル 桜Ver 生原酒 28BY ── dಠಠb「もういい加減にしてくれ、この香り」#Nigori 

※こちらの記事は『第3回・味クラーヴェ大会』から個別にセパレイト&加筆したものになります。 28BYの「別撰」が「別物」だったので、27BYの「別撰」と数値が近くて「微発泡」言うから思わず買ってしまった萩の鶴です。なんか売れてるみたいだけど、もはや記事を書くのが面倒で仕方ないほどにどうでもいい酒です。ラベルに「桜」があると「春ヴァージョン生原酒」で、「風鈴」があると「夏ヴァージョン加水火入れ」という、なかな...
Read More

◤三千櫻 - 純米 さくらにごり 愛山 生原酒 28BY ── dಠಠb「酒は別にどうでもいいので、山田杜氏プロデュースのメキシコ酒の話でも」#Shuwa-Shuwa, Nigori, Sweet 

※こちらの記事は『第3回・味クラーヴェ大会』から個別にセパレイト&加筆したものになります。 三千櫻です。この「さくらにごり」は3年連続 (26BY、27BY、28BY) で呑んでます。26BYは「旨すぎる完璧なカルピスソーダ」でしたが、27BYからサンタリーナ状態 (酸、足りてない状態) が続いてるので、要するに甘酸っぱさに欠ける、少しベタっと甘い酒になってます。今季はそれが増進しており、もはや「退屈な砂糖水」といった塩梅。「...
Read More

【第3回・味クラーヴェ大会】今回は散りゆく桜を惜しみつつ春酒を3本 ── dಠಠb&♡☺♡「今の我々にこのへんの甘口はもはや鬼門か・・・」#三千櫻/萩の鶴/あべ 

 SAKE GRADEへの振り分けもあるので、個別記事は後日セパレートしてUPします──我ながらメンドクセエ (笑) 。 特に「春酒」を意識して集めたつもりもなかったんだけど、結果的にサクラ色な酒が3本ほど揃ってしまったので、予め記念撮影しておきました。「三千櫻」は低アル原酒でALC.8度なんだけど普通に酔います。26BYと27BYも呑んでますが、26BYはオレの中のレジェンドで☆5は余裕。「萩の鶴」も27BYを呑んでます。ガスがなくて跳...
Read More

◤冩樂 - 純米吟醸 播州山田錦 生酒 28BY ── dಠಠb「別に呑めるけど<冩樂史上最強にミネラリー>というミステリー」 

 ちょっとお高めの冩樂 (しゃらく) 、播州山田錦の生酒です。火入れは7月かな。生酒ヴァージョンは去年も呑んでるけど、火入れはブログを始める前に26BYを1800mlで呑んでます。個人的には27BYの生酒より26BYの火入れの方が好きなんだけど、とりあえず、28BYは生酒にエントリーしてみた。 もうすぐ雄町の生酒もドロップされる頃だろうか。26BYに7〜8本ほど呑んだ「冩樂」の中では「雄町生」が一番旨いと思ったんだけど──「なごし...
Read More

ტ 本日までの転入生&留学生 ── ♡☺♡「シャンのストックがあると安心」#Guy Thibaut/Pierre Gimonnet/Agrapart 

 毎度アクセスありがとうござます。 まさかブログ開設記念日にシャンの紹介をすることになるとは、本当に人生はわからないもの。たった1年先に自分が何をやってるのかもわからんのに、ましてや20年先とか・・・。 日本酒も買い増してます。そういや「冩樂 雄町生」出ましたね。これ、今季は「赤磐」と「備前」の2種類同時リリースってこと? ちょっと酒屋を覗いてる暇がないけど、時間があれば日曜にでもマチダヤを覗いて来ます...
Read More