◤府中誉 - 槽搾り 渡舟 無濾過原酒 28BY ── dಠಠb「酒屋に『だったらこれ、ブっといスよ』と薦められた」#Fresh, Fruity 

検索ワード: 府中誉 槽搾り 渡舟 無濾過原酒 短稈渡船 山田錦府中誉 日本酒 ある酒屋の店主と「軽い篠峯談義」になったとき、彼 (歳は7〜8つ下?) が「だったらこれ、ブっといスよ」と薦めてくれた府中誉 (ふちゅうほまれ) の「渡舟 (わたりぶね) 」です。そもそも<篠峯はブっとい酒なのか>という疑問がなかったわけじゃないが、酒屋では鬼監督のいる少年野球の内野手並みに腰の低いオレは特に反論も補足もしなかった。オレが...
Read More

◤本日の1曲♪【MELLOW BOOGIE】Dazzle - It's Not The Same (1979) #Leroy Burgess 

genre tag:MELLOW, RETRO DISCO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎本日で「Leroy Burgess特集」はひとまずオシマイです。本日はサヨナラを素敵に演出する泣きイズムほのかな隠れた名曲をお届けします。先日紹介したDazzleのAlbumオンリーの作品で、Patrick Adams軍団の隠れメロディーメイカーStan Lucasが作編曲だけではなく、ぬわんとボーカルまで披露してます! 他に彼が歌ってる曲ってあっただろうか。ちょっと記憶にない...
Read More

◤大倉 - 山廃 純米大吟醸 雄山錦 直汲み 無濾過生原酒 28BY ── dಠಠb「下手すりゃ女・子供・素人は騙される、まるで用務員のおじさんが花壇で育ててるキレイでカワイイ花」#Clear 

検索ワード:大倉 山廃 純米大吟醸 雄山錦 直汲大倉 日本酒大倉隆彦 杜氏 初めて飲みます・買います・書きます、奈良の大倉 (おおくら) です。銘柄的な属性や味わいの方向性などは全く知らないけれど、何人かの読者さんも飲んでるようだし、山廃だし純大だし直汲み生だしと買わない理由を探す方が難しいので買いました。速醸のクソ酒のようなハズレ感さえなけりゃ──捨てずに最後まで飲めれば──、もうそれでいいよ (笑) 。 四代目...
Read More

◤本日の1曲♪【SWEET&MELLOW】Ecstasy - It's Good For You (Long Version) 1980 #Leroy Burgess 

genre tag:SOUL/FUNK, MELLOW  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎本日も「Leroy Burgess特集」ですが、いよいよ「終わり」が見えてきました。それなりにSoulやDance Classicsを聴いてきた人ならIntroが始まった瞬間にキタコレと悶絶する極上Mellowな1枚を御紹介。今回いろいろ発掘というかDiscogsを掘り直した中では最強クラスの破壊力を持つ作品。1980年にシングル3枚 (うち1枚はアセテート) を出してるだけの謎の兄弟系コーラ...
Read More

【旅行記】諏訪のサンジュリアン邸を訪ねて <10>:5月20日 (土)「太陽目線法」 

◎あらすじ〜日本酒ブログの筆者であるオレ (moukan1972♂) と妻 (moukan1973♀) の二人で、当ブログの名物読者であり、筋金入りのワインコレクターでもあるサンジュリアンさんの御宅を旅行がてら訪問した際の、心のアレコレと現実のモロモロを、特に旅行好きでもないオレがそこそこ本気を出して書き綴った旅行エッセイ。 登りはなく、木の舗道を歩いて池を一周する──という話だった・・・。 ▲ボケてるな。INDEX▶︎<00><01><02...
Read More

◤黒澤 - 生酛 純米 直汲み生原酒 仕込45 赤ラベル 28BY ── dಠಠb「オレが飲んだ他のどの黒澤とも違う」#Fresh, Fruity, Spicy 

検索ワード:黒澤 生酛 純米 直汲み 赤黒澤 生酛黒澤洋平 杜氏 まーた飲んでる黒澤です。これもそのうち「得意銘柄」に昇格しそうだな (笑) 。「いろいろな銘柄の酒を飲みたい」──もちろん、この気持ちは強いし、常にそう思ってる。だけど、結果的に「その銘柄のことがもっと知りたい」という気持ちの方が勝つ、それだけ。そしてつい最近気づいたのは、そうして「得意銘柄」を増やした方が、他の銘柄の酒を飲んだときの集中力も高...
Read More

◤本日の1曲♪【'80s CULT BOOGIE】Gina - Hooked On Your Love (1984) #Aleem/Leroy Burgess/ケツメイシ 

genre tag:RETRO DISCO  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎今日も少し寄り道。先日紹介した「The Fantastic Aleems feat. Calebur - Hooked On Your Love」の珍品カバー。そして、かつてAleem兄弟が運営していたNIA Recordsの中で最もレアで高いのがコレ。Original盤は1000$以上で取引されてるようだけど、中身がどうのこうのというより、要は欲しい人に対して数が少なければ値段が上がるのはどの世界も同じ。もちろん、中には...
Read More

◤本日の1曲♪【NY BOOGIE DISCO】Curtis Hairston - Summertime (1983)  

genre tag:RETRO DISCO, SOUL/FUNK, '80s MODERN SOUL  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎ちょっと脇道。つうかなんすかコレ!? つい1週間くらい前に知ったよ (笑) 。基本のオケをそのまま使い回した、昨日紹介した「High Frequency - Summertime」のカバーです。しかもCurtis Hairstonがカバーするとかマニアック過ぎる。なんでこのタイミングでこの曲をカバーしたんだろう。オケも使い回しでミキシングとエフェクト処理が少...
Read More

◤長陽福娘 - 限定直汲み 純米 山田錦 無濾過生原酒 27BY 2本目!── dಠಠb「大事なのは、その女性が47歳になっても変わらずに持っている彼女なりのコアな人間性について語ることじゃないのか」#Well-Cured 

 というわけDE、山を飛び、谷を越え、ぼくらの町へやってきた、長陽福娘 (ちょうようふくむすめ) です。サンジュリアンさんに3,000円で譲ってもらいました。去年の2月末に全く同じモノを呑んで☆6を付けてます。今この瞬間に同じ状態の同じ酒が現れても☆6を付ける自信ありますね。 そして 最近思うのは、オレにとって「篠峯」や「長陽福娘」は「好きな銘柄」ではなく「得意な銘柄」だということ。どうこれ? 結構「新しい表現」だ...
Read More

◤本日の1曲♪【NY BOOGIE DISCO】High Frequency - Summertime (1980) #Leroy Burgess/Aleem 

genre tag:RETRO DISCO, SUMMER GROOVE  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎本日も「Leroy Burgess特集」です。ユニット名はHigh Frequencyですが、中身は「Hooked On Your Love」や「Get Down Friday Night」同様、完全なるAleemの別形態。ちょっとコンセプチュアルに夏を意識した曲でテイストも若干「西寄り」なので──特に5分07秒からのサイドギターのフレーズ、これはNYの音楽には存在しない飾り──、それで別名にしたのかもね...
Read More

◤本日の1曲♪【NY BOOGIE DISCO】Herbie Mann - Stomp Your Feet (1978) #Leroy Burgess/Patrick Adams 

genre tag:RETRO DISCO, CLUB JAZZ/LATIN  ▼CLICKでDATA表示 ▪︎本日も「Leroy Burgess特集」です。レアでもなんでもないけど少し変わり種を──昔からDisk Unionで500〜600円で売ってる。Herbie Mannは多作のJazzフルーティストだけど、DJアイテムとしてRare盤があるわけでもなく、なぜかこのアルバムだけ、Leroyを始めPatrick Adams軍団が全面参加していて、まさに歌唱力で引っ張るリードボーカル不在のInner Life...
Read More

【旅行記】諏訪のサンジュリアン邸を訪ねて <09>:5月20日 (土)「ダンス」 

◎あらすじ〜日本酒ブログの筆者であるオレ (moukan1972♂) と妻 (moukan1973♀) の二人で、当ブログの名物読者であり、筋金入りのワインコレクターでもあるサンジュリアンさんの御宅を旅行がてら訪問した際の、心のアレコレと現実のモロモロを、特に旅行好きでもないオレがそこそこ本気を出して書き綴った旅行エッセイ。 雲、どこすか? ▲「白駒の池 (白駒池・しらこまいけ) 」の入り口付近の駐車場。標高2115mのところにあり、「...
Read More

◤De Sousa / ドゥ・スーザ ブリュット・トラディション NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 最近はなんだかんだで月に5〜6本くらいは飲んでるはずなので、そろそろここのカテゴリーや記事も真面目に整理しようカナート思ったりもしますが、あまりに本気を出してやっても「貴重な息抜き」にならなくなるし、ゆくゆくシャンパーニュ・ブログとして注目されても面倒なので──「日本酒」とは違い、センスも才能もないくせにプライドばかりが高いスノッブな輩 (つまりは鼻に付く東京在住の...
Read More

◤Vve Fourny / ヴーヴ・フルニ グラン・レゼルヴ ブリュット プルミエ・クリュ NV 

 毎度アクセスありがとうございます。 最近はなんだかんだで月に5〜6本くらいは飲んでるはずなので、そろそろここのカテゴリーや記事も真面目に整理しようカナート思ったりもしますが、あまりに本気を出してやっても「貴重な息抜き」にならなくなるし、ゆくゆくシャンパーニュ・ブログとして注目されても面倒なので──「日本酒」とは違い、センスも才能もないくせにプライドばかりが高いスノッブな輩 (つまりは鼻に付く東京在住の...
Read More

◤五橋 - 生酛 純米大吟醸 馨嘉 生酒 28BY ──dಠಠb「720mlなら☆2を付けていた可能性もあったが、木香は3日目から気にならなくなった」 

検索ワード:五橋 馨嘉 生酛五橋 木桶五橋 酒井酒造 つい最近呑んだ「六十餘洲 純米吟醸 雄町 生酒 28BY」を買うついでに何となく同梱してみた五橋 (ごきょう) の馨嘉 (けいか) です。 ちょうどこの頃、イケセイ (池袋西武) に蔵元の若いアンちゃんが試飲イベントに来てたからいろいろ訊いたんだけど、彼は何を質問しても手短かつプラスαのことまで要領よく答えてくれて、そういう意味ではなかなか頭の良い若者ではあった──それ...
Read More

ტ 本日までの転入生 ── dಠಠb「山を飛び、谷を越え、ぼくらの町へやってきた、☆6娘がやってきた」 

  毎度アクセスありがとうござます。 山を飛び、谷を越え、奈良と長野から我が家に酒が届きました。時間なくて酒屋の巡回はサボり気味です。まだまだ買いたい (買わねばならない) &飲みたい酒がオッパイあるので、Twitterも含め──そもそもやってない (笑) ──、ネット周辺の話題酒の情報集めは読者さんに丸投げします。なにかあればBBSよりタレコミください。 最近はますます日本酒ソサエティの中でガラパゴス化してる──ような...
Read More

◤黒澤 - 生酛 純米 穂積 蔵付酵母仕込 蔵熟生酒 27BY ── dಠಠb「遂に服を脱ぐ、黒澤ほづみ 27歳 独身」#Wine Oriented, Clear, Well-Cured 

検索ワード:黒澤 生酛 純米 穂積黒澤 生酛黒澤洋平 杜氏 photo: 木ノ下淳一 アトリエ・キノチッタ ブログ そろそろアタリを出さないと「Type-7」の美しい想ひ出が青い鳥となって北八ヶ岳の空の彼方に飛び去っていきそうな危うい気配を感じつつ、満を持して登場、黒澤ほづみ 27歳 独身 (黒澤 穂積 27BY 生酒) です。 ここまで来るにはスッタモンダありまして、注文したはずの酒屋から「HP上の在庫表示が間違ってた。えっ? ビ...
Read More

◤風の森 - 純米大吟醸 山田錦45 しぼり華 無濾過生原酒 28BY ── d++b「とにかく平凡、元気がない、病気、つまり風邪の森さん、この蔵はもう黄昏間近」#Fresh, Fruity, Women 

 ちょっと久々?──いや、少し違う。久しく本当に旨い風の森を呑んでないだけ。去年の12月に「純米 露葉風70 笊籬採り 28BY」を呑んだ時、クワナリの違和感があった。それを当時のオレはこう書いていた。 この銘柄こそ官能を刺激するレベルでの旨さを体現しなくては嘘だろう。この程度の出来栄えでもそれなりに「風の森っぽさ」が表現されているところにオレは危険な兆候を感じざるを得ない──つまり、創作に付きものの「自己模倣...
Read More

【SUB TEXT】「酉与右衛門 亀の尾60 直汲み生」を速醸・山廃で飲み比べ! 

 毎度アクセスありがとうございます。 ☆付けがあるので、個別記事はそれとして上げたいんだけど、二度手間になってもあれなので、ここは簡易版の速報として。ま、BBSに毛の生えた──というか、BBSがアフロボンバーになった感じでササっと紹介します。 というわけで、週末だし、適当にワイワイ飲んだだけですが、注目すべきは数値です。「アミノ酸度」がキッチリ「山廃」の方が低い数値に仕上がってます。つまりは「カロリーオフ...
Read More

【当たり屋 - FILE:006】Guillaum de Vergy / ギョーム・ドゥ・ヴェルジィ ル・バロン ヴァン・ムスー・ドゥ・カリテ シャルドネ ブリュット NV <フランス> 

 ▲写真クリックで販売ページにJUMP! その週末、我々は泡が恋しくなっていた。次の5本を手配したのは6月3日の「Է ༀ 教育的指導ナイト」においてであったが、取り寄せてから1週間しか経っていなかった。シャンパーニュは最低でも10日は泡を休ませるべきという常識があり、その週末、我々はそれらを開けることができなかった。 金曜日に近所のスーパーに行くと、入り口付近で怪しげな泡モノが叩き売られていた──スパークリング! ...
Read More